タグ別アーカイブ: Tomato

トマト天婦羅・うず・静岡市!

サービス:優れて非常に親切。伝統野雰囲気。
設備:前万的綺麗。綺麗なお手洗い
値段:リーズナブル
得意:静岡県産と全国産素晴らしい地酒と焼酎。自家製梅酒。主に地元の材料を使用する、特に有機野菜。
日曜日と祭日に全面的に禁煙!

日本人にとしても”海外人“煮しても”天婦羅”が日本料理の一番有名な一品のひとつに違いない!
単純な料理に見えますが実際は長い経験と”腕“がないと旨い天婦羅を作るのはちょっと無理だと思っております。
そのうえ水が溢れる野菜を天婦羅煮するのは誠名挑戦にねります!

以前結った通り長い記事を各よりも”レギュラー“な店・レストラン・居酒屋を訪問下レポートを特にお一糸一品の記事にさせていただきます!
吉村健也親方は野菜の“魔法使い“!
どいうタイミングかどんな温度かトマトを見たときに想像することができなくなりました!それにシンプルなプレサンテーションで感動的!

実際うずの通年野一品ですけれども季節・旬煮よってトマトの種類か熟成状態が変わる。
冬で未熟な緑色のトマト天婦羅をいただいた事がある。火のお陰で隠れていた旨味が現れて驚きました!
しかし今回の有機トマトが熟成していましたためどやて油に入れた時にばらばらならなかったさっぱり解りません!
柚子胡椒を付けて完璧な味野“結婚”煮なりました!

こいう風に自分で飾った!
ほんとイに色々な味と風味・・・!

続く・・・

うず
静岡市音羽町3-18
Tel.: 054-249-6262
営業時間17:00~23:00
定休日:月曜日と第1火曜日
予約下方が良い
カードOK
HOMEPAGE

静岡県農産物Before & After: 簡単な冷やアメーラパスタレシピ

素晴らしい材料が溢れる県(静岡県)で派料理が簡単だけでなく楽しい!

日本が、とくに静岡県、いろいろな種類のトマトで有名です。
昨夜家のドラゴンが静岡県西部で栽培されているアメーラをいっぱい持ってきました!サイズが大きいプラムトマトで肉がしっかりして非常に甘い!外個人で藻生で果物都市t食べられる!

天気がだんだん暖かくなりましたため(もうすぐ暑くなるんだ)冷やパスタが食べたくなります!

ドラゴンが先にSpaghettini/スパゲッティニーを用意して、パスタが冷やす時にソラマメとスナップエンドウを茹でた(あまり長く茹でてだめ!)。
あとはソアラ豆の川を剥いてすなっぷえんどうを斜めで切った。
トマトを大きくスライスして少しのオリーブオイルで軽く炒めた。
全部が同じ温度に冷やしてからバジルのペストベースのソースや胡椒と炒めたトマトの知ると一緒に適当に混ぜて出してくれた!
それだけ!でもその甘さや少しの塩っぱさとバジルのバランスが最適!

シンプル?はい!素晴らしい材料?はい!(Easy, yes! Great ingredients, yes!)

静岡農産物:畑田農園の葉生姜!

畑田農園の7代目:畑田敏克さん!

静岡県が千葉県や茨城県と日本で葉一番葉生姜を生産します。静岡県で一番有名であるものが静岡市久能で栽培されていると云われる。おそらく海の近くで砂土地がその理由!

先日朝畑田農園を訪問した時に皆さんがその朝収穫した葉生姜を出荷する前に綺麗にしたり分けたり切ったりと包んで非常忙しかった。邪魔させていただいて本当に有難うございました!
1500坪の面積のハウスで栽培してお父さんやお母さんや息子さんとスタッフ4人が葉生姜のピークシーズンに向かっています。

忙しい敏克さんのお父さん!
敏克さんのおじいさんが始め34年前に葉生姜の農業を始まった!

出荷の寸前、綺麗ですね!?

もっと近くから見ましょう!

生姜の根の先が手で取る!(ナイフで切らない!)

とられた部分を捨てるわけじゃない!ものすごく美味しいですからね!綺麗にして色々なやり方かレシピで美味しく食べられる。敏克さんが美味しいベーコンで包んでフライしてとの進め!

敏克さんが自分で蜂蜜だけ加えて美味しいジャムを作っている!正に健康食品!

または甘酢で漬ける!いただいた!やっぱり美味しい!弁当でいっぱいもらった!

出荷する前に葉生姜が厳選されています。

普段毎朝ボックス100個を主格しているけれども最近で行った東北地震のため現在40個に減らした。

ボックスが半分東京へ半分静岡県内出荷され地増す。

ハウスの中は本間に暑い!
入る前に服を半分脱いだほうがよいと云われた。
40度!なるほど!!
ハウスの中の温度が自動的に換気装置で調整されているが敏克さんが毎日朝と晩葉生姜の上のビニールを開いて調べないとそのビニールの下の温度が簡単に70度まで上がってしまう!

敏克さんが有機肥料しか使いません。農薬の場合は一年一回だけほんの少ししか使用しない。

葉生姜の健康と安全にこだわりますから無駄になるものが仕方がないと敏克さんが思っています。勿論枯れた物をすぐに取らなければならない。

敏克さんが寝紺を売ってないがそれらを“種”として使います。

その“種”を選ぶのは単純な事ではない。手や目と耳も(切り音が大切です!)使って選択しなければならない。
植える間に選ばれた根を分ける。一月から四月まで似植えて主格が三月から七月までです。
植えるだけは本間に労働です!

敏克さんとご家族が七月から十二月まで葉葱を同じのハウスで栽培しています。
300坪の別のハウスで一年中主に桃太郎と中玉トマトを栽培します。
やっぱり次の集材はトマト!

畑田さんのは生姜をたくさん静岡市の美食の居酒屋に持って行きましたからその記事を期待してね!

畑田敏克
畑田農園
422-8015/静岡市駿河区中平松

フランス料理:静岡産農業物ーTrattoria Il Paladino/トラトリア・イル・パラヂノ(アメーラトマトの前菜)


The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ

ランキング
サービス: 上品で優れて親切
設備: 大きくて素晴らしいお手洗い室。全体的に非常に綺麗の状態l
値段:~
得意:シチリア風の料理.高質なイタリア産ワインと素晴らしいGrappa/グラッパのセレクション.
no-smoking-logoテーブルは禁煙.
個室が有り
地図

こんな猛暑い天気で体のバランスを守りながら何を食べれば良いかやっぱり悩んでいるね。
この前静岡市にあるIl Paladino(絶対に静岡県の一番美味しいイタリア料理の一軒です)を訪れたときに親方・シェフが笑いながら次用に答えてくれました:野菜又野菜もっと野菜を食べな!

静岡県に野菜の種類で溢れていますから心配はありませんね!実際殆ど毎日新しい種類が出ているかもしれないから目や鼻や耳までちゃんと注意酢他方が良い!

現在のイタリア料理に葉トマトが欠かせない一つの材料です。又静岡県ですから心配はありません。県産のトマトで十分満足する!特に甘いいいいアメーラ!イタリア人の友達も好きで仕方がない!
Il Paladino乃シェフが大きいのも乃を使って美味しくて冷たい前菜を提供している。このトマトには”水”と”種”が少ないため綺麗にナイフで切ってゆっくり食べることができる。

先ずトマトの皮を抜いて大蒜や胡瓜やレモンや酢やオリブオイルやロレルや砂糖や塩屋胡椒と”秘密の材料”と一緒にマリネします。

冷やされているトマトと胡瓜をバジリコの葉と一緒に出してその上にマリネの汁をたっぷり流して美味しい自家製出来立てパンと一緒に召しあがります。野菜だけ食べる方に葉天国!

Trattoria Il Paladino/トラトリア・イル・パラヂノ
420-9839静岡市葵区鷹匠町2-8-19
Tel.: 054-253-6537
営業時間:11:30~13:30,17:00~22:00
定休日:月曜日
カード(夕食のみ)

————————-
英語を読めれば次のブログを是非ご覧になって下い!
Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi