タグ別アーカイブ: Shizuoka Vegetables

静岡県農産物:ふじのくにの「旬」を食べつくす会(富士市・2011年9月)

9月22日に富士市にあるメゾン。ド。アニヴェルセルでふじのくにの「旬」を食べつくす会が行なった。その会は毎月違うところで静岡県の生産者を応援するために行う!

美食事が19:00で始まりましたから一寸早めに新富士駅に着いた時に素晴らしい夕焼けを見えました!
イベントの現場が遠かったから18:00に駅について良かった!

早く着くことのお陰で色々な方にお目にかかって余裕を持って挨拶できました:富士宮市にあるさの萬社長!

又ゆっくりレストランと自分のテーブルとメニュー覗いてから又色々な方と名刺を交換することができました!参加していた方は殆ど皆さんが静岡県生産や政府に関係する方と美食愛好者だった。
ところでアミューズが青木さん(富士市)の子軍鶏の仕立と萬玄豚(富士宮市)方ロースのエスカベッシュ!

ビールが静岡県の地ビール!富士宮市でステファン。ラガーさんが作ったBayern Meister Beer!

静岡地酒が富士宮市にある富士高砂酒造の物!

“楽”と呼ばれる本醸造!

ゲストさんたちがのんびりで楽しい話しながらに座りました。

その日のMC:静岡地酒の専門家である石神京子さん!

前菜がニジマスと有機野菜のジェリーテリーヌ!

ニジマスは功刀養鱒場で育てた魚で有機野菜は皆松木Bio Farmで栽培された。両方ともに富士宮市芝川にある

それぞれの生産者が自分のべんちゃーを紹介してくれました!さの萬社の佐野さん!

素敵な富士マッシュルームと里芋入りポタージュ。茸が長谷川さんが育た物です!

由比魚港で撮れた真鯛のポワレと桜海老のガレット!

野菜は松木Bio Farm産でベーコンがさの萬社産!

伊豆鹿ロース肉のチャーコール焼き!

やっぱりふぃランス風料理!

富士宮市にある富士高砂酒造の方!

デザート!

静岡県産無花果のミルフイーユ!

Financier・フィナンシェとブルーベリーソース!!

静岡県産の素晴らしい農産物を紹介してくれました美食!

来月どこで行うかな・・・

イタリア料理・イル・カスタニョ:早秋のディナー

サービス:非常に親切。良く説明してくれる。
設備:全面的に非常に綺麗
値段:リーズナブル
得意:前菜!自家製のパスタ!
全面的に禁煙!

季節が変わると必ず静岡市(できるだけ県!)の一番優れているレストランを訪問する!遂に静岡市にあるイル・カスタニョ二ディナーを食べに行きました!

Il Castagno・イル・カスタニョのワインリストに良い値段で面白いワインを発見!イタリアのヴェネト地方の赤ワイン!

Amarone della Valpolicella 2007年

専門家のため!

イル・カスタニョの前菜を絶対にアップリコーゼの6皿のセットとして注文してね!

勿論パン戸ビスケットは皆自家製!

魚の料理はCartoccio Di Patate。カルトッチョ・ディ・パターテで静岡産の鯛の包み焼き甘海老のクリームソース!

素敵なジャガイモの包み!

美味しいそうな海の幸!

ジャガイモの包みを壊すことは本当に丹氏買った!

赤わいが早く消えてしまったためフランスの白いAlsace Riesling 2009・Laurent Barthをいただきました
!

メーン葉やっぱりパスタ!
自家製のタリオリニ、帆立と緑野菜とセミドライド愛好トマトアサリソース!

野菜戸アサリは皆は静岡県産!

別のアングルから見て・・・
枝豆を見えますか?

デザートの盛り合わせのためなんとか熱腹が出来て良かった!

桃戸プラムのシェルベット!

無花果のタート!

“Pone”。ポネと呼ばれるエクスプレッソコーヒーとチョコレートのプディング!

勿論仕上げはExpressoコーヒー戸ビスケット!

続く・・・

Il Castagno・イル・カスタニィ
420-0843静岡市葵区巴町48
Tel/Fax: 054-247-0709
営業時間: 11:45~14:00, 17:30~21:00
定休日:月曜日と第3水曜日
カードOK(ディナーのみ)
HOMEPAGE

静岡県農産物Before & After: 華音で中華料理!

サービス: 非常に親切
設備:全面的に綺麗。素晴らしいお手洗い!
値段:リーズナブル
得意:地元の材料を主に使用します!一流中華料理!焼酎!

国籍ト美食のジャンルにもかわら優れているシェフができるだけ地元の優れている材料を使用します!“腕”だけは優れていると素晴らしいシェフの間の差の証明です!

華音のシンプルな玄関と暖簾が良い感じ!

登崎雄介親方が、お客の人数が団ファン増えたためもっと大きいレストラン二引っ越し下ばかりです!
カウンターが畳の席を先に予約した方が良い!

ちょっと怖い笑顔の登崎さん!

飲み物ならなんでもある!

焼酎の天国!

焼酎を選ぶ前に登崎さんと相談した方が良い!
勿論ビールもワインを提供してくれる!

可愛い徳利!

日本酒なら種類が沢山があり静香の地酒が最低3種類以上もあります!

なお華音が静岡市で数場所しか出してない天城軍鶏を提供してくれます!その軍鶏が日本で一番贅沢!

その天城軍鶏の餌の中に伊豆半島の山葵葉と豆乳が含まられてある!

静岡産の山葵(と少しの醤油?)で十分!珍品!絶品!

今回静岡地酒を二種類を飲んだ:由比の英君ト藤枝市の杉錦!


/熟成とまとト卵ピリ辛炒め

登崎親方が静岡県産の一流野菜をよく使用します。
この熟成トマトが静岡市すずきとまと園で栽培されました!

満足で健康的で優れているバランス!

完璧に炒めあられた滑らかな卵!

茄子の生姜醤油炒め!

その茄子が清水区のある家族が栽培した有機の物です!
やっぱりシェフが凄い研究しているね!

松木ファームロメーンレタストひき肉のピリ辛炒め!

ロメーヌレタスが富士宮市の松木ファームの有機の物です!

やっぱりまだまだ始まったばっかりですから何回もレポートをさえていただきゃ!
次の記事を期待してね!

華音
420-0032静岡市葵区両替町5-8身加茂川ビル2F-D
営業時間: 17:30~24:00
定休日:月曜日

静岡県農産物Before & After: Il Castagno/イル・カスタニでディナー!

サービス:非常に親切
設備:全体的に綺麗
値段:リーズナブル
得意:前菜、自家製パスタ!
完全禁煙!

静岡県でも日本でもイタリア料理レストランのシェフの中毎日自分のパスタを造るの葉少ない!それだけでイル・カスタニョを訪問するべき理由で十分!
が、南イタリアで長い間を過ごした稲見謙司シェフはできるだけ静岡県産の材料を使用しますから彼の料理を味わう理由が沢山あり案す!

すでに何回もランチでイル・カスタニョで食べましたがまだディナーの時に訪問した事がありませんでした!近所に引っ越ししたばかりため遂にディナーに行く機会成りました!

(沢山の)ワインなしでイタリア料理はならないね!
このLugano/ルガノ白いワインで初めてぴったり!

前菜のセットで始まりました!

野菜トパルメジャノのキッシュ!

パルメジャノのボール唐揚げ!

自家製スモークサーモン!

自家製ハム!

烏賊墨パスタ!

豚肉田舎パテ/ Pate di Campaniと自家製野菜ピクルス!

パンが全部自家製!

白いワインが早く消えたため美味しいMontalcino/モンタルチーノの赤ワインを注文した!

静岡県の駿河ワン二葉どんな料理に会う魚類がる!

真鯛!

次に勿論パスタ!
イル・カスタニョが静岡市内一番美味しいショートパスタを提供してくれる!

が、独特のボロニゼロングパスタも凄く美味しい!

もっと近く見て!
つぎパスタだけのコースにします!

勿論デザートのためちゃんと別バラを守った!

美味しいそうね!

イチジクコンポート

やっぱりチーズも注文しつしまった!

約束します!今度パスタだけのコースにします!

Il Castagno/イル・カスタニョ
420-0843静岡市葵区巴町48
Tel/Fax: 054-247-0709
営業時間: 11:45~14:00, 17:30~21:00
定休日:月曜日と第3火曜日
カードOK(ディナーのみ)
HOMEPAGE

静岡県農産物Before & After:磐田市。レストラン・ハーモニー!

サービス:非常に親切
設備: 全体的に綺麗
値段:リーズナブル
得意: 殆ど財調が地元の物!
全禁煙!

忙し道路に沿って立っているレストランと御土産の店が“別の時代“のコンセプトかもしれないがそれを気にしないで!

中はちょっと昔の雰囲気ですけれども食事を本当に注目するべきだ思っております!

まあとにかくサインを見はずれるは無理!

レトロっぽい・・・?
そかもしれないが足立久幸親方が優れているシェフだけでなく自分の生産者(野菜も果物も肉も魚も)の一番熱心なファンです!一緒軒目地元の生産者の材料を使用して季節のメニューでどんなお客さんにもPRしてくれる方です!

毎月その時期の味を紹介する阿tらしいメニューを提供してくれる!

本当のことを云えば磐田市が日本でおそらく一番優れている“ガーデン”ですから一年中素晴らしい材料を手に入れるのは難しくないかもしれない!

周辺にある歩けば(次の周在の前に)色々な食料の元を発見することができます!

教えるまでやってくれる!

次の季節のため苺のランナを育つ!

足立親方と素晴らしいトウモロコシを栽培する地元の若い生産者、市川武史さん(次の周在・・・!)!

今回初めての訪問だったからハーモニーの美食をよく理解するために“お昼のおまかせの実にフルコース”を頼んだ!

大きい前菜の組み合わせ!

オリーブオイル漬けセミドライトマトとそのトマトのエッセンスジェリー!

地元の野菜と一緒にタコと地元の鱸炙り。

地元の野菜と果物!

浜名湖の鱸炙り!

美味しかった地元の野菜のスープ!

自家製の抹茶とツメリックパン!

“南フランス風”活鯛と地元の野菜!

もっと近く見て!

やっぱり新鮮な野菜は綺麗!

別のアングルから!
”白い花“環ユリの根!

遠州三河牛乳のヒレステーキ!

日本でも贅沢な柔らかい美味の牛肉!

地元の蒸し野菜をステーキのソースと一緒に食べてやっぱり美味!

とても健康的な古代米入りライス!

地元のデザート!

夏ミカンのブランマンジジェと苺!

静岡の抹茶のロールケーキ!

さあ足立親方の得意のクレームブルレはどしてそんなに有名ですか?
中身はその秘密!

磐田市トマトのシェルベット!
始めて!本当に素晴らしい作品!

又ハーモニーを又訪問するするべきだとわかるだろう(い時間を電車で過ごしても・・・)!?

HARMONY/ハーモニー
438-0831静岡県磐田市上新屋499-1
Tel.: 0538-21-1511
Fax: 0538-21-1515
営業時間: 11:00~14:00, 17:00~21:00
定休日:月曜日、第1と第3火曜日
大きいパーキング有
HOMEPAGE

静岡県農産物Before & After:駿河牛、広川さんの有機野菜と丸福の緑茶天婦羅・Pissenlit!

サービス:優れて非常に親切
設備:素晴らしいお手洗い。全体的に非常に綺麗
値段:リーズナブル
得意:面白いワインリスト。主に素晴らしい地元の材料使用
完全禁煙!

今日静岡市にあるPissenlit・ピサンリの有馬親方が造ってくれたこの素晴らしい料理には自分が参加した“歴史”がありました!
長い話を短くして今朝静岡市葵区平野の高山で丸福製社が持っている有機の緑茶(お茶についてこの記事の終わりに参照!)の収穫(拾う)に招待されあましたためお昼に帰りました時に本当にお腹がぺこぺこだった。それで”考えながら“Pissenlit
を訪問しました!

上のメーンの前後完全な食事を楽しましたが事実の静岡美食の出来事ですからそのメーンの料理だけを述べさせていただきます!
まず牛肉は静岡市葵区で育った駿河牛のヒレでフランス料理のクラシックなマデーラソースで調理していただいた!

緑茶の葉以外野菜は三島市にある広川農園の有機野菜です。
いつもどおり有馬親方がそれらを蒸して味、香りと歯ごたえを完璧に守りました!

静岡市葵区平野の丸福製社の茶畑!

伊藤文治さんが800mに安倍川に沿って平野で二種類の茶を有機栽培している。
彼と娘さん、麻美さん、と一緒にそこ畑の一番茶を拾う・収穫に参加させていただきました。
従業員が機械(やらせてくれました!)でお茶を切ったときに私に自分の手で茶を拾うことを許してくれました!本当に感謝します!

どんな葉とどのように選んで拾うことをなんとか知っていました。上の写真を見れば美味しいそう葉を丁寧に手で取った!
物すごく沢山を取らせたため私の”バッグ“が一杯だった!
そこで良い考えが私に来た(時々私にそいう事が行う!)!Pissenlitの有馬親方に持って行った!彼は本当に嬉しかった!一番茶だけでなく有機の物ですからね!勿論色々な調理出来ますがやっぱり天婦羅が一番美味しい!

新しくて柔らかい葉を天婦羅で食べると本当に珍しい経験ですね!だって東京でできるの???静岡で住んでほんまにラッキー!

次何どうなりますか・・・もうすでに考えがある!

PISSENLIT/ピサンリ
420-0839静岡市葵区鷹匠2-3-4
Tel.: 054-270-8768
Fax: 054-627-3868
営業時間: 11:30~14:30; 17:00~22:00
定休日:火曜日と日曜日夕食
HOMEPAGE: http://www.pissenlit2008.com/
カードOK

丸福製茶株式会社(伊藤文治)
静岡市葵区若松町25
Tel.: 054-271-2011
Fax: 054-271-2010

静岡県農産物:雉の卵のプディングと醤油アイスクリーム・Tetsuya Sugimoto!

Tetsuya Sugimoto/テツヤ・スギモト を訪れるべき流の中で一つは静岡県でおそらく一番優れているフランス料理シェフである杉本さんがいつも新しい方法と材料を研究してくれることです!
今回又僕を驚かせてくれました!(又杉本さんが割った!)

その通り!このプディングが雉の卵で造られている!
それに自然の季節の物ですから雉の卵が非常に少ない。その上静岡県では一人の生産者しかいません!浜松市にいます!
卵が小さめかもしれないがプディングに向いていると杉本さんが説明しました!

生産者は中部雉舎 です!
彼らのHOMEPAGEを是非ん御覧なさい

雉の卵!“

ところがカラメルソースが掛川市のサトウキビの砂糖で作られている!

本当です!このアイスクリームが醤油(とバニラ)で造られている!
醤油は掛川市にある栄会社の物です!
本間の地元の一品(珍品、絶品!)です!
醤油うの塩味とバニラの甘味がすごく面白いコンビになると杉本さん伝えました!
僕も本当にそおもう!

続く・・・

Tetsuya SUGIMOTO/テツヤ・スギモト
420-0038 静岡市葵区梅屋2-13,1F
Tel./Fax: 054-251-3051
営業時間:11:30~14:30,17:30~21:30
定休日:不定
カードOK
HOMEPAGE