タグ別アーカイブ: Local Products

静岡県産農産物Before & After:Cham/チャム!

サービス: 優れて親切
設備: 全面的に綺麗
値段: 良い
得意: 静岡県産の野菜と他の肉や海の幸。すばらしい中国産の茶!
no-smoking-logo昼食タバコ禁止/4月から完全禁止!

中国料理がもちろん大人気ですけれども材料が地元だけの野菜や肉や海の幸で作られていれば絶対訪問しなきゃ!

とても過ぎれているトムラ・アツシシェフが奥さんと弟子と一緒にChamを2008年9月回転しました。
実際4月に静岡市駿河区身案身町に動店します。弟子が藤枝市御家族と一緒にはたらくでしょ。
下に住所を調べてください!

はじめて(ごめんなさい!)の訪問でしたからランチセットを注文した。
本間に素晴らしい数えられないぐらいや愛種類と肉や海の幸の”美食結婚”だった!
野菜は全部契約の上でし阿須お菓子葵区麻端にある古谷さんの農園で栽培されている!
明らかに季節(旬)の野菜しか使わない何回も切手も早く変わる!

今回全部をうまく説明するの葉ちょっと難しい。なざなら愛からず喋べすぎてすべてを書くことが出来なかった!まあ次にします!約束!
上の写真で葉大根の5種類を使って肉と卵のそぼろ。アイスプラントとレタスで包んで食べる!

白菜で巻いてある豚肉バラを鰹菜と一緒に食べる

菊芋!

紫と白いコリーフラワーと珊瑚コリーフラワーと大根と株の色々・

あじわい鶏巻き・

ブロッコリーとえび
ソースがほとんど野菜の下にありました。祖すると綺麗に見えるね!

わかめと卵スープ。

自家製杏仁豆腐。

素晴らしい中国産茶も!贅沢!

私が選んだ葉西湖龍井茶!Beautiful!

もちろん人気メニューも提供している:醤油ラーメン、塩ラーメン、黒塩チャハン、焼き餃子
次注文するからね!

ところで一日前まで予約すれば野菜だけの完全食事も提供できます!

Cham/チャム
420-0072静岡市葵区2番町4-1
Tel/Fax: 054-253-1300
営業時間: 11:00~14:00; 17:00^22:00
定休日が月か火か水ですかr先に電話かけてね!
(三月まで)

静岡市駿河区南町6-7入船横庁内
Tel.: 054-285-71115
営業時間: 17:00~24:00; 昼食は一日前まで予約要
HOMEPAGE
BLOG
(4月17日から)

静岡県産農産物Before & After:野菜亭に野菜の刺身(2011年春)!

そろそろ野菜亭へ行くべきだった!
ちゃんといかないと彼女たちがどんな季節の野菜を出してくれるかもう解らなくなるからね!

野菜しか食べない友達がそこで野菜だけの食事を提供することが出来ると良く知っている!

おとうしから全野菜!!

野菜亭が格好をつけない居酒屋かもしれないがエレガントな店です!
箸が上品で紙が素敵!菜の花!

今日の野菜の刺身!
愛から図素晴らしい色!

アイスプラント、茗荷(ちょっと見えないが・・・)、セロリー、赤キャベツとみにラヂシュ

細切り冬玉葱の上に大根(甘くてジューシー!)、紫蘇と黄色人参。

横から見て!

かわいうるいとカリカリ胡瓜!

次何を提供してくれるかしら?

YASAITEI/野菜亭
静岡市葵区常磐町1-6-2グリーンハイツ輪門1-C
Tel.: 054-2543277
営業時間:17:30~22:00
定休日:日曜日
予約した方が良い!
セットメニュー: 3,000, 4,000, 5,000 yen
HOMEPAGE (Japanese)

静岡県産農産物と海産物:Before & After:Tetsuya SUGIMOTO/テツヤ・スギモト

ランキング
サービス: プロで親切
Equipment: Great overall cleanliness. Beautiful washroom
値段:~
得意:主に静岡県産の一番新鮮な農産物と海産物だけを使用。オーガニック野菜。季節の材料だけ

地図
タバコ完全に禁止!

今回私がAgrigraphの新しいドイツ人fabian/ファビアン君を面倒見る順番だったからすばらしいフランス料理のシェフが出来る作品を食べさせに連れて行きました:静岡市にあるTetsuya SUGIMOTO/テツヤ・スギモト!

杉本さんが親切に自分の宝をわれわれの若いゲストに見せてくれました!

二つの是祭を作ってくれました。最初は黄色人参のムースと牛蒡粉で包んだオーガニックラヂシュ(つなぎ材料がマヨネーズだった)。ラヂシュの葉っぱも美味しい!

二番目の前菜のために菜の花の三種類と

駿河湾にある由比で取られた鯖!
ソースが木苺の酢のドレッシングとオレンジオリーブオイル。粉が潰したせんべいです。

オーガニック多彩のメーン!

その野菜最後にソースをかける前!
ソースが粒マスタード+味噌+蜂蜜でピスタッチョオイル!.

出来上がった!
下から右から左へ:
黒大根、紅芯大根、ハアベ、ヤーコン。
あやめ有機蕪、紫人参、黄色人参、金色蕪・
プティベール、赤蕪、京人参、ひのな人参。
カリカリで神前名鯵で完璧!

デザートが掛川市産のサトウキビの砂糖を使用したムース。カラメルソースが同じ砂糖で作られた!

Tetsuya SUGIMOTO/テツヤ・スギモト
420-0038静岡市葵区梅屋20-13、1F
Tel./Fax: 054-251-3051
営業時間11:30~14:30,17:30~21:30
定休日:不定
カードOK
HOMEPAGE

静岡農産物Before & After: ピサンリ/Pissenlit (2011年春)

サービス: 優れて非常に親切
設備: 綺麗なお手荒い、全面的に非常に綺麗
値段: 良い
強い点: 興味深いワインリスト。すばらしい地元の材料
no-smoking-logo全面的にnon-smoking!

昨日の昼ごはんのときお腹がぺこぺこで職場の向こう側にあるピサンリを見るともう我慢できなかった!
まあ仕事でもですからアグリグラフ/Agrigraphの記事にもしました(笑い)!

注文が簡単だったけれどもスローフードのレストランですから料理が来るまでに我慢させるためジャガイモと蛸のサラダを意ただいました!

野菜の料理は皆三島市で広岡さんによて栽培されているオーガニック野菜だった!
下と右から::
スティック・ジュニオル・ブロッコリー、紅くるり大根、黒大根、青大根.
ミラノ大根、人参
珊瑚コリーフラワー、紅心大根、あやま蕪.

別アングルから見ると・・・
ドレッシングが木苺のクリーとオリーブオイルだった.

野菜のもちろん肉!赤ワインソースでいためた猪・
島田市野田の35kg野生の猪!

野菜を見るため・・・
藤枝市の葉大蒜.
広岡さんの菜の花、春菊、プティベールとメイクイーンのドヒノワ。

デザート!.
説明させていただきます!

苺は静岡県でしか栽培されていない(現在)桃薫 (右)と佐賀県と静岡県でしか栽培されていないおおきみ(左)
ソースが木苺のクリーです
ケーキはなんだろう?

静岡市の安部川の本山茶のビスクイ・ショ(暖かいケーキ)!

あけると茶のクリームが流れる!
素晴らしい!珍品!

コーヒーとオレンジと生姜のチョコレート!

いええ、次の記事はまだ解らない!笑い

PISSENLIT/ピサンリ
420-0839 静岡市葵く鷹匠町2-3-4
Tel.: 054-270-8768
Fax: 054-627-3868
営業時間: 11:30~14:30; 17:00~22:00
定休日:火曜日と日曜日晩
Homepage
カードOK

前進と進歩!若い生産者:杉本農園杉本政紘!

杉本政紘

日本(比較的に良い状態の静岡県でも)の農業には大きい問題が二つがあります:農業人口の老化と使用されていない¥農業地。
静岡県で葉老化の問題が少しずつ解決あされていますがまだ12,000haが無駄になりました.

幸い農業を就職したい若い人たちが増えるだけでなくその若手が”伝統”を破っても新しい“道”を朝鮮します。

その中にまだ26歳で農業2年目の杉本政紘さんがいる。

イタリア産のプタレラを研究する.

静岡市立商業高校から卒業してから普通に大学に入る代わりに本格的な勉強を選んで磐田農林大学校で野菜農家の11代目になるために研究した.

ハウスが7haを含めて80ha色々な研究しながらレタスと玉蜀黍を栽培します。

元近くから見るプタレラ.

玉蜀黍を二月~6月とレタスを9月~3月まで栽培してますから色々な野菜の研究する時間が十分。

ヨーロッパ産のキャベツ.

レタスと玉蜀黍を契約で静鉄などスパーに出荷するが他のマーケットとレストランを探しています。そのために変わっている野菜を栽培したいと思っています。

政紘さんのレタスのハウス.

らたすはしぅおかでは“big business”です!

政紘が美味しい野菜を提供するために出来るだけ農薬と人工性肥料を減ります!

いずれも無農薬栽培を朝鮮すると思っているから色々な日立から意見と提案を探しています>

外で栽培しているレタスを農薬を避けたり虫に対する守るためにネットでカバーする。.

自分のお母さんはわさび菜を研究している!

政紘さんがこの畑を近状の小学校に貸すつもりです。和歌の二素手に次の世代を考えているね!

杉村敦志 (33)と杉本政紘 (26)

政紘さんはまた周辺の生産者と一生懸命意見を交換したり相談したり将来を考えながらコミュニティーを応援します!

杉本農園  杉本政紘
427-0111静岡県島田市坂本
E-mail: masahiro@smile.tnc.ne.jp
Homepage & Blog: http://hatake.eshizuoka.jp/

下駄:下駄を履いて居酒屋さんまで歩こう

少し前までは都会でも田舎でも、季節に関わらず下駄で歩く音が一日中聞こえてきました。
下駄の音は、今日の生活で年輩の方々が最も懐かしむ音のひとつだと言われています。
慣用句で「下駄を履くまで分からない」という言葉があります。これは、勝負事の勝ち負けは終わってみるまで分からない、という意味です。
昔は居酒屋や寿司屋で料理人が下駄を履いていましたが、今では味気のない白のビニールブーツです。
日本人が西洋の履物を好み、下駄の存在を忘れてしまい、自分たちの健康までも忘れてしまったのは興味深い話です。というのも、西洋の靴は足を締め付け梅雨の時期や汗ばんだ靴下は皮膚病の原因になるのに対し、下駄は足に最も自然な環境で自由な動きをさせてくれる履物だからです。意外かもしれませんが、足の皮膚が木や塗の施された下駄に直接触れることにより、雪の中を歩いても足が適温に保たれるのです。
それのうえ日本製の良い下駄は平均5千~6千円で買うことができ、靴よりも安くずっと頑丈です! 静岡県の伝統下駄職人によれば、下駄は毎日履いても10年はもつそうです!
今日、下駄のほとんどが特に中国などの外国で作られていますが、まだ日本でも伝統的な職人さんはどうにか下駄を作っておられます。
広島県の福山市は全国の下駄の生産高の60%を占めており、大分県の日田市も下駄の主要産地です。
伝統的な質の高い下駄は福島、長野、新潟、秋田、静岡などの産地で作られています。

下駄は英語でwooden clogs(ウーデン・クロッグス)と呼ばれ、これは下駄がclogs(木靴)とflip-flops(サンダル)に見た目が似ているからです。下駄を簡単に説明すると、足を地面から遠ざけるため高さのある木の板に足を布のひもでくくりつけた履物です。下駄は着物や浴衣など和服と合わせて履かれますが、夏場は洋装で履かれることもあります。草履や他の履物に比べ下駄は高さがあり水が浸み込むこともないため、現在も雨や雪の日に下駄を履く人も見られます。
下駄の形にはいくつかの種類があります。欧米でもっとも知られている下駄の形は、台と呼ばれる足を載せる木の板に、足の親指と人差し指の間に鼻緒と呼ばれる布のひもを通して履く下駄です。靴下を履く必要はありませんが、芸子の見習い(舞妓とも呼ばれます)などは特別な下駄に足袋(日本式の靴下)を履いて履き具合を鼻緒と調節します。

女性の場合、天気の悪い日に雨や泥からつま先を守るため、爪掛け(つまかけ)と呼ばれるカバーを付け加えて下駄を履かれることもあります。
台の下に付ける部分を歯と呼び、これにも木が使われます。安い下駄では杉が使用され、高価な下駄では日本の北部の山から採れたとても軽い桐材が使用されます。
歯は通常、台とは別に作られ台の下の部分に取り付けられますが、高価な下駄では一塊の木材から歯と大が一緒に削られます。
今日、下駄の職人さんは珍しくなってきています(静岡県は産地として有名にもかかわらず5人しか職人さんがいません)。下駄を履く人にとって完璧に「足に合う」下駄を作るため通常は注文生産となっています。
下駄は実用的で健康に良くエコロジカルというだけでなく、そのうえ飾りやファッションとして海外でますます人気が高まり多くの人に認知されてきています。

台の形や色は様々です。例えば楕円形で横幅の狭い女性用の下駄や四角く幅の広い男性用の下駄、そして張下駄や塗下駄などがあります。
下駄の歯の先端部分には固い木材が穴を開けて固定されていますが、最近の下駄ではゴムの靴底が接着剤で張り付けられているものもあります。
鼻緒は幅が広くクッション加工されたものや幅が狭く硬いものなど、さまざまな種類の織物で作られています。鼻緒は綿織物に伝統的な日本のデザインなどがプリントされたものが人気です。鼻緒の中の部分(最近は合成繊維を使用、伝統手法は麻を使用する)にはひもが通っており、台に空いた3つの穴に特殊な方法で結びつけられています。鼻緒は付け替えが可能ですが、鼻緒がちぎれることは不吉なことと考えられています!
京都の舞妓さんは「おこぼ」と呼ばれる独特の高い下駄を履きます。「おこぼ」は子女が履く下駄でもあり、「ぽっくり」や「こっぽり」と呼ばれ、台の空洞部分に鈴をつけたりして履かれます。このような下駄は歩くのに支障が出ないように台を削り下駄が作られます。
大相撲の一番下とその上の番付の序の口と序二段は、いつも浴衣を着て下駄を履かなければいけないそうです!

コレクターのために下駄の種類を紹介します!(ここで紹介しているものはほんの一握りです)

・露卯下駄(ろぼうげた)、柳下駄(やなぎげた)
江戸初期に履かれた下駄。
・馬下駄(うまげた)
四角く杉材から作られていた。舗装された道で馬の蹄の音のように聞こえたため。
・駒下駄(こまげた)
明治以前に普及していたあらゆる天気に対応した下駄。
・桐下駄(きりげた)
桐を使用した高級下駄。初期は黒塗り。
・小田原下駄(おだわらげた)
高価な下駄にもかかわらず18世紀の漁港で働く人や漁師のあいだで人気であった。
・一本下駄(いっぽんげた)もしくは天狗下駄(てんぐげた)
歯が一本の下駄。子供から大人まで履いていた。
・高下駄(たかげた)
歯の高さが長い下駄。
・バンカラ
 歯の分厚い下駄。昔の学生に人気があった。

お勧めの工房/展示
静岡塗下駄工業組合
〒420-0047
静岡市葵区清閑町9-22
TEL& FAX:054-253-4917
ホームページ: http://www.shizuoka-kougei.jp/009.html

静岡産酒米地酒Before & After:花の舞酒造―純米しぼりたて原酒

静岡産酒米地酒Before & After:花の舞酒造―純米しぼりたて原酒

浜松市にある花の舞酒造が静岡県の意図版大きな酒造であり外国に結構に輸出しています。
長時間前から自分の酒米を栽培させています。静岡の酵母もよく使用したり井戸の水も使っているから完全静岡県産地酒を提供しています!

季節によって限定の地酒も作っています:しぼりたて純米原酒!

米:静岡県産山田錦
精米歩合:60%
日本鮭度:+3
酸味: 1.8
アルコール分:16~17度
製造:2010年10月

透明さ:非常に透明
色:非常に薄い金色
香り:フルーティーで強い。バナナ、パイナップル、カスタード
ボディー:滑らか
味:口当たりに強くって美味しいアルコー。フルーティー
口の裏を温める.
ちょっと辛口で純米の特徴が強い.
ちょっとの間残ってたくさんのアーモンドとコーヒー豆を出す。オレンジやマカダミアナッツとほんの少しのダークチョコレート
何かを食べるとまたマカダミアナッツが現れる.

コメント:花の舞い酒造だったら珍しくに強地酒です。
単純でフルーティー
何か食べると変化しやすくになります.
強い字の食べ物と飲むと最適。
居酒屋向けの地酒!