タグ別アーカイブ: Italian Restaurant

静岡農産海産物:イタリア美食・SOLOIO・ソーロイオ・深夜の脱線行為?Before & After!

サービス: プロで非常に親切
設備:全面的に非常に綺麗。素晴らしいお手洗い。
値段:リーズナブル
得意:できるだけ新鮮で地元の材料を使用する。伝統と現代イタリア料理を旨く合わせる!リーズナブルの値段のワインのリスト。遅くまで営業してくれる!

先日シェフや生産者と重要な会議の後ドラゴンと僕がまだお腹すいたため夜10時煮どしょうかなと思った・・・帰る前に何処へ行けばよいかな・・・
まあドラゴンがすでに心にすでに決めたので話しになりませんでした・・・
そういう時間でイタリア料理を食べたくて静岡市の一番美味しいイタリアレストランSoloio・ソーロイオを訪問した!
じゃあ何を食べましたか?

アンティパストミストの野菜の盛り合わせ!
勿論野菜臥殆ど静岡産!

その日のスペシャルがScampi al Form。手長海老!

素敵!美味しい!

駿河湾の真鯛炒め!

Soloio・ソーロイオが素晴らしい野菜の調理のお陰で有名!
ベジタリアンのイタリア料理の天国!

真鯛の皮カリカリで美味しかった!普段盛んの皮は一寸苦手ですけれどもこれはいつも美味しく食べる!

頭の上の看板で興味深い一品があった!

和牛イチボ肉タリアータ!

贅沢なカーパチョ見たい!

結果的にフルコースのディナーになった!
遂にパスタかリゾットの争いになった。長く悩んでリゾットにしました!

ピエモンテ産のトリュフのリゾット!
今年の最後のトリュフだったの!

やっぱり仕上げとして甘い物が欲しかった!

バニラアイスクリームの上に強いエクスプレッソコーヒーを注ぐ!

続く・・・

SOLOIO・ソーロイオ
420-0858静岡市葵区伝馬町9-7北1
Tel./fax: 054-260-4637
営業時間:16:00~24:00
定休日:月曜日
カード可
パーティは是非!
20:00まで全面禁煙!

静岡県農産物:ふじのくにの「旬」を食べつくす会(富士市・2011年9月)

9月22日に富士市にあるメゾン。ド。アニヴェルセルでふじのくにの「旬」を食べつくす会が行なった。その会は毎月違うところで静岡県の生産者を応援するために行う!

美食事が19:00で始まりましたから一寸早めに新富士駅に着いた時に素晴らしい夕焼けを見えました!
イベントの現場が遠かったから18:00に駅について良かった!

早く着くことのお陰で色々な方にお目にかかって余裕を持って挨拶できました:富士宮市にあるさの萬社長!

又ゆっくりレストランと自分のテーブルとメニュー覗いてから又色々な方と名刺を交換することができました!参加していた方は殆ど皆さんが静岡県生産や政府に関係する方と美食愛好者だった。
ところでアミューズが青木さん(富士市)の子軍鶏の仕立と萬玄豚(富士宮市)方ロースのエスカベッシュ!

ビールが静岡県の地ビール!富士宮市でステファン。ラガーさんが作ったBayern Meister Beer!

静岡地酒が富士宮市にある富士高砂酒造の物!

“楽”と呼ばれる本醸造!

ゲストさんたちがのんびりで楽しい話しながらに座りました。

その日のMC:静岡地酒の専門家である石神京子さん!

前菜がニジマスと有機野菜のジェリーテリーヌ!

ニジマスは功刀養鱒場で育てた魚で有機野菜は皆松木Bio Farmで栽培された。両方ともに富士宮市芝川にある

それぞれの生産者が自分のべんちゃーを紹介してくれました!さの萬社の佐野さん!

素敵な富士マッシュルームと里芋入りポタージュ。茸が長谷川さんが育た物です!

由比魚港で撮れた真鯛のポワレと桜海老のガレット!

野菜は松木Bio Farm産でベーコンがさの萬社産!

伊豆鹿ロース肉のチャーコール焼き!

やっぱりふぃランス風料理!

富士宮市にある富士高砂酒造の方!

デザート!

静岡県産無花果のミルフイーユ!

Financier・フィナンシェとブルーベリーソース!!

静岡県産の素晴らしい農産物を紹介してくれました美食!

来月どこで行うかな・・・

イタリア料理・イル・カスタニョ:早秋のディナー

サービス:非常に親切。良く説明してくれる。
設備:全面的に非常に綺麗
値段:リーズナブル
得意:前菜!自家製のパスタ!
全面的に禁煙!

季節が変わると必ず静岡市(できるだけ県!)の一番優れているレストランを訪問する!遂に静岡市にあるイル・カスタニョ二ディナーを食べに行きました!

Il Castagno・イル・カスタニョのワインリストに良い値段で面白いワインを発見!イタリアのヴェネト地方の赤ワイン!

Amarone della Valpolicella 2007年

専門家のため!

イル・カスタニョの前菜を絶対にアップリコーゼの6皿のセットとして注文してね!

勿論パン戸ビスケットは皆自家製!

魚の料理はCartoccio Di Patate。カルトッチョ・ディ・パターテで静岡産の鯛の包み焼き甘海老のクリームソース!

素敵なジャガイモの包み!

美味しいそうな海の幸!

ジャガイモの包みを壊すことは本当に丹氏買った!

赤わいが早く消えてしまったためフランスの白いAlsace Riesling 2009・Laurent Barthをいただきました
!

メーン葉やっぱりパスタ!
自家製のタリオリニ、帆立と緑野菜とセミドライド愛好トマトアサリソース!

野菜戸アサリは皆は静岡県産!

別のアングルから見て・・・
枝豆を見えますか?

デザートの盛り合わせのためなんとか熱腹が出来て良かった!

桃戸プラムのシェルベット!

無花果のタート!

“Pone”。ポネと呼ばれるエクスプレッソコーヒーとチョコレートのプディング!

勿論仕上げはExpressoコーヒー戸ビスケット!

続く・・・

Il Castagno・イル・カスタニィ
420-0843静岡市葵区巴町48
Tel/Fax: 054-247-0709
営業時間: 11:45~14:00, 17:30~21:00
定休日:月曜日と第3水曜日
カードOK(ディナーのみ)
HOMEPAGE

静岡県農産物Before & After:イタリア風ベジタリアン美食・Piatto/ピアット!

サービス: V非常に親切でクール。スローフード!
設備: 全体的に非常に綺麗。素晴らしいお手洗い!
値段: 適当
得意:できるだけ地元の有機野菜を使用する。短いけれども優れているフランストイタリアワインリスト!

自分がベジタリアンではないが美味しいそう野菜の料理を発見したらすぐに注文する!
その上その野菜が地元で有機の物だったら野菜だけの食事にします!(が・・・次回魚ト肉も注文する!笑い)

五十嵐一男親方がもともと東京人だったが静岡市の奥さんをもらって静岡県の野菜等の贅沢な材料を発見して2006年6月12日に静岡市でPiatto/ピアットを開店しました。
その時から有名になって何人も友達やほかのシェフに紹介されて遂に訪問する機会を見つけた。

一男さんの料理は本物のイタリア料理ですが彼の小さいレストランが面白いイタリアト伊ホン料理のフュージョンであり三人の陶芸者の作品の皿と容器で素晴らしい料理を出します!又素敵なボンや箸トスプーンは木製です(勿論頼めばフォークも出してくれる)。その上前菜トでz-多を綺麗なグラス製の容器で出します!まあピアットのデーサインを説明するのは別の記事が必要しますから次回にさせていただきます!

Mercurey/メルキュレの白いワインを発見して殆どう泣いてしまった・・・だって私の故郷(フランスのブルゴニュ地方のコーットシャロネーズ)の雨あいんです!
素敵なグラスの中で珍しくて美味しい前菜:湯葉ミルクやパーメジャノチーズや胡椒とオリーブオイルイ!

始めて味わった!

イタリア風野菜ディップ、”バーニアカウダ“!

この小さくて深い皿がもっと大きい!ポット”の上にのされて“ポット”の中から日が出て上のディップソースを温める!
皿とポットが両方伊千恵有の陶器!

ディップのレシピは勿論秘密ですがぱーめじゃのちーずとアンチョビーを含まれていました!
一滴も残さなかった!

皆は地元で殆どう皆が有機である野菜が日本のコンセプトかもしれないが一流の材料を使えば一流のイタリア料理をどこでも提供することができる!

そこでちょっと説明させていただきます:
水茄子ですから生で食べられる。蓮根と筍は勿論日本料理のコンセプトですけれども静岡県良く野菜として食べられる小メロント損組み合わせが本当に興味深い!

一男さんのフォカッチャ静岡市で有名です!
ディップソースを“大切“するたっめに人参フォカッチャ!

陶器ね・・・やっぱり素晴らしい!
日本人の友達が解らないが“外人”の友達はこんな理由だけ訪問したくなる!

勿論リゾットを作らせないと気が済まない・・・笑い
だからお任せの野菜リゾットを要求しました!

グリーン色・緑色も美味しいそう!まあシェフの腕が凄い・・・!?

デザートも地元の物!
解るかな?

殆どう同じな写真を撮った・・・:桜の花のアイスクリーム!
本間に!花!

明らかにこの記事が短いがご心配なく”紹介の記事”ですから期待してね!

PIATTO/ピアット
静岡市葵区紺屋町5-122F
TEl.: 054-253-8844
営業時間:ランチ、11:30~14:30(月、土、にち、祝)ディナー: 17:30~23:00
定休日:木曜日
カードOK
HOMEPAGE

静岡県農産物Before & After: Il Castagno/イル・カスタニでディナー!

サービス:非常に親切
設備:全体的に綺麗
値段:リーズナブル
得意:前菜、自家製パスタ!
完全禁煙!

静岡県でも日本でもイタリア料理レストランのシェフの中毎日自分のパスタを造るの葉少ない!それだけでイル・カスタニョを訪問するべき理由で十分!
が、南イタリアで長い間を過ごした稲見謙司シェフはできるだけ静岡県産の材料を使用しますから彼の料理を味わう理由が沢山あり案す!

すでに何回もランチでイル・カスタニョで食べましたがまだディナーの時に訪問した事がありませんでした!近所に引っ越ししたばかりため遂にディナーに行く機会成りました!

(沢山の)ワインなしでイタリア料理はならないね!
このLugano/ルガノ白いワインで初めてぴったり!

前菜のセットで始まりました!

野菜トパルメジャノのキッシュ!

パルメジャノのボール唐揚げ!

自家製スモークサーモン!

自家製ハム!

烏賊墨パスタ!

豚肉田舎パテ/ Pate di Campaniと自家製野菜ピクルス!

パンが全部自家製!

白いワインが早く消えたため美味しいMontalcino/モンタルチーノの赤ワインを注文した!

静岡県の駿河ワン二葉どんな料理に会う魚類がる!

真鯛!

次に勿論パスタ!
イル・カスタニョが静岡市内一番美味しいショートパスタを提供してくれる!

が、独特のボロニゼロングパスタも凄く美味しい!

もっと近く見て!
つぎパスタだけのコースにします!

勿論デザートのためちゃんと別バラを守った!

美味しいそうね!

イチジクコンポート

やっぱりチーズも注文しつしまった!

約束します!今度パスタだけのコースにします!

Il Castagno/イル・カスタニョ
420-0843静岡市葵区巴町48
Tel/Fax: 054-247-0709
営業時間: 11:45~14:00, 17:30~21:00
定休日:月曜日と第3火曜日
カードOK(ディナーのみ)
HOMEPAGE

静岡県農産物Before & After: Osteria Porta Porta/オステリア・ポルタ・ポルタのフェンネルグラタン!

日本語

サービス:非常に親切で説明が明るくて詳しい
設備:全体的に非常に綺麗
値段: リーズナブル
得意: 素晴らしい前菜。 主に地元の野菜を使用する。楽しいワイン・リスト
お昼に完全に禁煙!

鈴木秀武親方が自分の野菜の一部を藤枝市にある“秘密”の生産者に栽培させるわけです。
“秘密”というって本当の“秘密”の生産者です!
こいう日本産イタリアやフランス野菜が中々少ないから”秘密“にするのは納得!
いずれも一緒に訪れて取材させていただきますけれどもやっぱりその“秘密”を守る!

オステリア・ポルタ・ポルタというレストランでは常連や友達がメニューを気にしないでウェートレスを静かに呼んで(親方に軽い前菜盛り合わせお願いを云ってくれる?)直ぐに美味しそうアンティパスト・ミスティの皿が現れる!

アーティチョークも藤枝市の“秘密”の農園の物です!

静岡県産の綺麗で美味しいアメーラトマト(他の静岡県産の野菜の中)!

しかし今回の目的はこれです!:“秘密”の農園のフェンネル!

フェンネル・グラタン!
先日の“今日の進め”の黒板に書いてあったから又訪問したわけです!今回黒板に書いってなかったけれども冷蔵庫に残してたと知っていました!

ところが子供の時に僕がフェンネル葉野菜が好きではなかった・
別の世界にいる母は僕がその野菜が大好き様になった僕を見て怒るだろう・・・!?

ベシャメル・ホワイトソースが軽くてフェンネルの味と香りを守って美味しい組み合わせ。暑かったからゆっくり食べました!(笑い)

フランスではグラタンにするまえに普段フェンネルを柔らかくさせるために先に茹でるか蒸すか炒めますが完全に違う料理になります。
鈴木親方のやり方のお陰で穂の党の味と香りを守って美味しくて健康的の一つの絶品になります!

次回何を提供してくれるかな・・・!?

Osteria Porta Porta/オステリア・ポルタ・ポルタ
420-0839静岡市葵区鷹匠2-13-11トピア鷹匠103
Tel./fax: 054-266-7320
営業時間: 11:30~14:00, 17:30^22:00
定休日:水曜日
(7月から)カードOK

英語

Italian Cuisine: Shizuoka Agricultural products: Fennel Gratin at Osteria Porta Porta!

Service: Very friendly and attentive
Equipment: Great general cleanliness
Prices: reasonable
Strong points: Great appetizers. Mainly local vegetables. Good wine list.
Non smoking at lunch time!

Chef Hidetake Suzuki/鈴木秀武 has his own “secret” source of vegetables in his own home-town, Fujieda City, about 20 minutes away by train from Shizuoka City.
When I say “secret”, it is actually more or less true as the farmer who grows these Italian/French vegetables do it on the chef’s request.
Although the two of us will visit that particular garden very soon, I am not allowed to divulge the name or its address!

Regular customers or friends at such an establishment do not need to look through a menu. A quiet word to the waitress (“please ask the chef to prepare a small antipasto misti for a start”) and a succulent array of appetizers will quickly materialize!

The artichoke also comes from that “secret” garden in Fujieda City!

Beautiful Ameera Tomatoes (and other vegetables) from Shizuoka Prefecture!

But I came for this: fresh fennel grown in the “secret” garden!

Fennel gratin!
It was on the specialty of the day menu last week and although it had disappeared I knew there was still some of the vegetable in the fridge!

Incidentally, when I was a kid there were a lot of leafy vegetables I wouldn’t eat including fennel.
My departed Mum must be screaming at me from where she is seeing me having developed a craving for them!

A very light bechamel sauce emphasized the natural taste of the fennel.
As it was hot I did take my time to savor it! LOL

In France we usually boil or steam the fennel beforehand or even fry it to soften it first, but it becomes a totally different dish.
This gratin with its fennel just cooked enough to enjoy its true taste is not only delicious but also so healthy!

What will the chef come up with next time…

Osteria Porta Porta
420-0839 Shizuoka Shi, Aoi Ku, Takajyo, 2-13-11, Topia Takajyo, 103
Tel./fax: 054-266-7320
Business hours: 11:30~14:00, 17:30^22:00
Closed on Wednesdays
Credit cards OK from July

フランス語

Cuisine italienne: Produits agriculturaux de Shizuoka-Gratin de Fenouil au Restaurant Osteria Porta Porta!

Service: Très amical et attentif
Équipment: Très grande propreté
Prix: raisonables
Points forts: Grandes assiettes de hors d’oeuvres. Légumes principalement locaux. Bonne liste de vins
Non-fumeurs au déjeuner!

Chef Hidetake Suzuki/鈴木秀武 a sa propre source “secrete” de legumes dans sa Ville natale, Fujieda, à 20 minutes par train de la Ville de Shizuoka.
Quand je dis “secrete” je ne ments guère parce que le producteur qui cultive ces legumes italiens/français le fait sous requite du chef.
Bien que nous irons tous les deux visiter ce producteur dans les semaines qui suivenet je ne pourrais pas dévoiler le nom ou l’adresse de ce cultivateur!

Les habitués et les amis d’un tel établissement n’ont guère besoin de consulter le menu. Un mot tranquille à la serveuse (2dites au chef de me preparer une petite assiette d’ antipasto misti pour commencer “) et un assortiment succulent se materialise tout de suite devant vous!!

L’artichaut vient aussi du jardin “secret” dans la Ville de Fujieda!

De belles tomates Ameera cultivées dans la Préfecture de Shizuoka (et d’autres légumes!)!

Mais je suis venu pour çà: le fenouil du jardin”secret”!

Gratin de fenouil!
Il était sur le menu des spécialités l’autre jour, et qu’il n’y figurait pas cette fois-ci, je savais qu’il en restait dans le réfrigérateur!

Incidemment, qunad j’ étais gosse je refusais de manger bien de legumes feuillus tells que du fenouil.
Ma mere qui est passée dans un autre monde doit être bien en colère en constatant ce goût que j’entretiens pour ces légumes!

Une sauce béchamel qui fait ressortir le goût naturel du fenouil.
Comme c’ était très chaud j’ai prism on temps pour le savourer! LOL

En France d’habitude on fait bouillir, cuire à la vapor ou fait sauter le fenouil au préalable, mais celà deviant un plat totalement différent.
Ce gratin avec son fenoui jeyste cuit pour jouir de son vrai goût est non seulement délicieux mais aussi si sain!

Qu’est-ce que le chef va me préparer la prochaine fois?…

Osteria Porta Porta
420-0839 Shizuoka Shi, Aoi Ku, Takajyo, 2-13-11, Topia Takajyo, 103
Tel./fax: 054-266-7320
Heures d’ouverture: 11:30~14:00, 17:30^22:00
Fermé le mercredi
Cartes de crédit cards OK à partir de juillet

静岡農産物Before & After: リアルフードレストラン伊太利亭

サービス: 非常に親切!スローフード!
設備: 全体的に非常に綺麗
値段: リーズナブル
得意: 主に地元の材料。ベジタリアンOK!地酒もある!
完全に禁煙!

大勢の日本人と外国人に特別な食事の条件がる。
たとえば禁煙やベジタリアン、又は単純に云えば毛の公的な環境の中で健康的な食事!
静岡市にあるReal Food Restaurant Italytei/リアルフードレストラン伊太リ亭はそいうところです!

呉服町の地下道で見つけ難いが探すべきだとおもっております!

材料がどこからかはっきり知らせてくれる。野菜は半分富士宮市にある松木ビオファームか可なごみ農園、半分は圷奥さんの自農園の物!“
お肉もたとえば富士宮市のLYV豚も静岡県産が多い!

そこ食べる時間がなかったらテークアウットや弁当も買えば便利ね!

料理は基本的に雑食ですが先に云えば完全にベジタリアンもできる!とにかく圷有恒さんとゆっくり話してね!とても野菜い方ですから!彼の自家製野菜ジャムを味わってみて!

ディスプレーから選んで自分の食事をプランニングもできる!

中は田舎風雰囲気!

今回ランチセットを選んだ!
やっぱり健康的!

オーガニック人参スープ!

焼有機野菜と自家製ハムサラダ!

オーガニック野菜キッシュと玄米!Organic vegetables oepn Quiche and whole rice!

又調べなければならないね!

リアルフードレストラン伊太リ亭
静岡市葵区呉服町3-4地下道内
Tel.: 054-251-0456
営業時間: 11:00~20:00
定休日:火曜日
貸切パーティ可
HOMEPAGE