タグ別アーカイブ: Hamamatsu Brewery

静岡地酒:浜松・天神蔵酒造Ten=Teki純米山廃


The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ

ten-teki-yamahai1

今年から浜mつ視にある浜松・天神蔵酒造が山廃を出した!
Ten=Tekiシリーズの二番目。

浜松・天神蔵酒造Ten=Teki純米山廃
米:山田錦100%
精米歩合:50%(とても贅沢!)
日本酒度:-13
酸味:3・1(静岡では非常に高い!)
酵母:協会No9 & 静岡NEW-5
限定品:1,000本
製造:2008年10月1日

透明さ:非常に透明
色:透明
香り:フルーテイーで辛口。青林檎、コーヒー豆、バニラ,蜜柑
ボデイ:滑らか
味:口当たりがフルーテイーで滑らかが早く消える。細かい。青林檎。口のん科かでいずれも酸味を出しながら辛口になる。柿、蜜柑、バナナ、杏が後で現れる。
何か食べるとより辛口になる。

コメント:非常にしっかりしている酒です。細かい。日本酒度にもかかわらず酸味のある辛口の印象が残る。
強い味の料理に合う酒です。
静岡県では珍しい特徴を持っている酒です。

————————-
英語を読めれば次のブログを是非ご覧になって下い!
Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi

静岡地酒:浜松・天神蔵酒造:Ten-Teki古酒


The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ

ten-teki-koshu

浜松市にある浜松・天神蔵酒造が年末の理想的な贈り物を提供しtくれました:古酒!

浜松・天神蔵酒造:Ten-Teki古酒 (普通酒!)

平成11年に仕込んで2008年9月に瓶詰された11年の古酒!

米:山田錦、40%、五百万石、60%
精米歩合:60%
日本酒度:-36
酸味:1.8
酵母:協会9号
製造:平成11年5月
アルコール分:15~16度
内容量:500ml

透明さ:非常に透明
色:金色
香り:豊かで強い。ポルトワイン、フルーテイー、柿、アーモンド
ボデイ:滑らか
味:豊かで始めに甘口。シロップっぽい。非常にフルーテイー:アーモンド、杏、柿、蜜柑。
  美味しい酸味が最後に現れる。
  何か食べると甘さと酸味の美味しいバランスが現れる。
  
コメント:とてもオリジナルな酒!
     静岡県で葉非常に珍しい甘さ!
     冷やしたら素晴らしい食前酒として飲める。
     室温でポルトワインに負けない!
     発見!

————————-
英語を読めれば次のブログを是非ご覧になって下い!
Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi

静岡地酒:浜松ー天神蔵酒造・出世城純米生原酒無濾過


The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ

shusseijo-nama-genshu.jpg

浜松ー天神蔵酒造中村社長はこの酒を強く勧めたから私の友達桜井美佳と彼女のお父さん俊夫に味わっていた来ました!(最後の一本だった!)

浜松ー天神蔵酒造・出世城純米生原酒無濾過
袋吊り19BY
米:山田錦(静岡県100%)
精米歩合:60%
酵母:静岡NEW-5
アルコール分:18~19度
生産:2008年2月

透明さ:非常に透明
色:薄い金色
香り:甘い。フル-テイ:バナナ
ボデイ:滑らか
あじ:口当たりは甘口とフルーテイ:バナナ。アルコールの味は強い。ゆっくり飲む酒。後美味しい酸味が現れる。

コメント:甘さと酸味の優れたバランスの酒です。
     無濾過酒の陰でボデイはフル香りが綺麗。
     香りとバランスが素晴らしいためこの酒をとても楽しく飲めました。(長野県出身である桜井俊夫様がとても良い酒だと認めた!)

Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet

静岡地ビール:天神蔵。PILSNER/ピルスナー


The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ

tenjingura-pilsner.jpg

浜松市にある浜松・天神蔵酒造の三番目のビール種類です。
チエコ伝統の下面発酵ビールです。

名前:Tenjigura-Pilsner/天神蔵・ピルスナー
無濾過
原材料:麦芽、ホップ
アルコール分:4.5%
内容量:330ml

色:橙色
泡:しっかりしている泡。長く残る。
香り:蜜柑。パイナップル
味:辛口。蜜柑。食パン。美味しい酸味。

コメント:新鮮な味と感度。食べ物と一緒に飲むと美味しい。

天神蔵・浜松酒造株式会社
430-463-3851 浜松市中区天神町3-57Tel.: 053-4616145
Fax: 053-463-3851
HOMEPAGE (Japanese)
営業時間: 10:30~21:00
定休日:火曜日

Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet

浜松酒造


The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ

tenjigura-int1.jpg

2月29日は晴れて素晴らしい日だった。浜松駅で桜井美佳様という友達と一緒にもう一人のAustralia人であるラヤン。マット友達に会いまして中村保雄社長の招待のお陰で浜松酒造を訪れに行きました。
浜松酒造は昔から天神蔵と酢津世城の銘柄で有名です1871年に中村五郎七(浜松酒造の贅沢な米焼酎の銘柄です!)に創立されました。
tenjigura-int2.jpg
実際1953年まで荷中村酒造と呼ばれましたけれども当時他の酒造を吸収下ため(日本政府の命令で)浜松酒造の名前になりました。
中村社長の父様が20年前にビール。ホールを開店した。1998年にビール製造の法律が変わったので遂にビール醸造も立てました。2003年(に米)焼酎と2005年に梅酒も製造が始まりました。
遂に今年初めて山廃地酒を造るようにできました。山廃派まだまだ静岡県で葉珍しい地酒です。

tenjigura-int3.jpg
その上今年から杜氏担当者は28歳増井美和とゆう女性の方二なりました!静岡県ではお酒を作る責任を受けた女性の方は初めてです!

tenjigura-int9.jpg tenjigura-int10.jpg tenjigura-int11.jpg
我々は本当に運がついた時に来ました。酒製造が終わりまして山廃乃仕込みになったばかりでした(次焼酎やビールや梅酒などなどで忙しくなります)。
tenjigura-int12.jpg
タンクの中にあった三段仕込みができたばかり酒を見せた時に中村社長がマット様に”中に落ちないように気をつけてね!しないと天国に行くのはちょっと早いからね。。。”注意した。友達は荒っぽいAustralianだから。。。

tenjigura-int5.jpg tenjigura-int6.jpg
浜松酒造は地酒や焼酎や梅酒とビールを造るだけでなく酒造をevent spaceとしても旨く使います:結婚式でもプライベート。ロック。コンサート空間としても使用することができる!

tenjigura-int7.jpg
焼酎といえばとでもない贅沢な米焼酎です!だって素晴らしい地酒の酒粕で醸造されていますね。!

店だけ十分訪問する理由になります。何を買うか本当に菜ヤマウかもしれない!カードで払えますからお土産を沢山を持って帰ることができる!

浜松酒造の生産量と原料
地酒:800石
梅酒:1,000リトル
焼酎:6,000リトル
梅酒:6,000リトル
ビール:2,000リトル

米:あいちの香り、山田錦、五百万石、誉富士(静岡県産)
  山田錦(兵庫県)、美山(秋田県)

酵母: SY103, HB-1, NEW-5 (静岡県産)、9号、10号

天神蔵・浜松酒造株式会社
430-463-3851 浜松市中区天神町3-57Tel.: 053-4616145
Fax: 053-463-3851
HOMEPAGE (Japanese)
営業時間: 10:30~21:00
定休日:火曜日

Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet

静岡梅酒:浜松ー天神蔵酒造/蔵元の梅酒

tenjin-umeshu.jpg

静岡県には日本のNO1地酒と贅沢な焼酎だけ出なくて素晴らしい梅酒製造されています!
静岡の酒造は梅酒を作る時に自分の地酒か焼酎をしようしてそれと静岡産の梅を入れるわけですから絶品!

浜松酒造(天神蔵ー出世城)は地酒、焼酎、ビールと梅酒を製造する(何時かワインも作ってくれるかしら?)。

蔵元の梅酒
アルコール分:15度
原材料:米焼酎、梅、砂糖。
香料や着色料は使用しない。
生産:2007年6月

ロック化冷やしてストレートで飲んで最適!
上品、飲みやすい、満足感。女性の方にも男性の方にも人気!
アペリテイフで完璧!

HOMEPAGE
     
Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet

静岡地酒:根上酒造。金明

kinmei2.jpg

金曜日10月26日御殿場駅には雨が降りました。でも雨が嫌いわたしが二つの理由の陰で心が明るかった:
kinmei1.jpg
一つは駅には金明の地酒を看板に発見!
もう一つは根上陽一杜氏はご親切に駅まで迎えに来てくれました。
kinmei3.jpg
フランス製Peugeot車(嬉しいね!)蔵まで乗せていただいて本当に助かりました!
根上酒造は富士山を上って550m高い位置にするかrね。。。実際は30年目に御殿場駅から水が汚いから離れた。
kinmei4.jpg
現在70mまで彫られた井戸から美味しい湧き水を利用して純米だけの地酒を造っている。
”純米だけって?”
蔵の杜氏になる前に葡萄酒を研究した根上様は次ようにこたえてくれました:
”葡萄酒だったらポートのようなクックド。ワインいがいアルコールを加えるわけはないでしょ?だから酒を変化させる気がありません!”
私どもこんな勇気のある心を尊敬する仕方がありません!つまり大変なリスクを取る:他の酒造と比べれば製造する酒種類は半分だから!それに金明の地酒はとても美味しい!
kinmei5.jpg kinmei6.jpg kinmei7.jpg kinmei8.jpg
根上杜氏は二人のスタッフが助けて家う時以外一人で自分で考えた伝統のと現代設備を使いながらさけを造っている。何回も”すみません、ちょっと汚いですから許して下さい”を言われてどうしてか酒造はピカピカだと思っており増しいた。綺麗にされた根上酒造はちょっと想像できません(笑)!
根上酒造は1870年代当時根上家の次男が創立した(長男はビールにしか興味持てかったそうです。)。元々の五件の酒造のなかで根組み酒造しかのこらない(戦前の春海酒造、戦後の山中酒造、富士自慢酒造と富士位置酒造)。
金明(富士の水)以外泉の館(清水町)と金太郎の里(小山町)とゆプライヴェーットブランドを造ります。
根上酒造金明地酒はつぎの方法で販売されちます:
根上酒造

株)根上酒造店
〒412-0046 静岡県御殿場市保土沢850-4
TEL:0550-89-3555
FAX:0550-89-7588

インター店 食彩の蔵
〒412-0043 静岡県御殿場市新橋737-3
TEL:0550-82-5000
TEL:0550-82-0009
FAX:0550-82-0367

またはHOMEPAGE

勿論東京の”地酒友達”の会のために金明地酒を買いました!又根上様に会う期待しますね!

英語を読めれば次のブログを是非ご覧になって下い!
Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet