タグ別アーカイブ: Fujinomiya City

まかいの牧場・富士宮市!

SN3O3295

サービス:非常に親切で大きいな家族みたい!
設備:全面的に非常に綺麗。素晴らしいお手洗い
値段:リーズナブル
得意:主に地元の非常に健康的な材料を使用する。乳製品。お土産。

静岡県臥大きいな県でその形の理由でもっと大きく感じさせる。だてさ、どんこ汽車で渡ればノンストップでも3時間がかかる!
先日車で富士宮市まで行きました。非常に農業が豊かである静岡県で富士宮市が富士山の西坂にあるため気候臥比較的にマイルドですから野菜栽培や動物育ちに恵まれる地域です。

SN3O3274

まかい牧場から見られる富士山の“崩れ”がパンフレットで見せられない・・・でも素晴らしい風景!

SN3O3286

外国人の客さんが良く来ると聞いた!

SN3O3273

ドイツでなくて日本です!

SN3O3275

アメリカもではないね!笑い

SN3O3276

午後浜松医学大生の地元の地産地消有機野菜生産者の取材の予定のために先に皆でまかい牧場のブフェレストランで食べるための訪問野目的だった。

SN3O3277

見る事と味わう事が色々ありますから入る前にゆっくり調べてね!

SN3O3278

中に有る猛一軒のレストランです。早め入った方がよい!

SN3O3282

牛乳、牛乳、牛乳!

SN3O3279

ゆっくりお土産のスタンドを見て!地元の牛乳と材料で作られているっ健康で美味しいものがいっぱい:チーズケーキ!

SN3O3280

自家製のアイスクリーム!

SN3O3281

素晴らしい地酒を含めて地元の生産者の美食が溢れる!

SN3O3282

高級の牛乳!

SN3O3283

まかい牧場と他の牧場のチーズ!

SN3O3287

富士宮市でステファン・ラガー山が造っている地ビールも売られている!

SN3O3284

プレミアムハムとソーセージ!

SN3O3285

時間がなかったがランチを是非訪問してね!

SN3O3288

”いただきます“ブフェレストランの玄関!

SN3O3289

中で待っている食事の材料!

SN3O3290

全部がセルフサービスです!

SN3O3291

食べ放題で種類が一杯!

SN3O3292

キチンの上にレストランで出される肉や魚や野菜と果物の生産者が紹介されている!

SN3O3293

何人も取材させていただきました!

SN3O3294

色々な暖かいスープ!

SN3O3303

システムが簡単:11:00砥15:00の間玄関で払ってメーンのクーポンをいただいて自分の席を選ぶ。メーン以外自由にどんな量でも取って自分の席で食べて飲む!

SN3O3295

自分の最初の前菜の皿とコーンスープ!

SN3O3296

もう食事見たい!

SN3O3297

自分のメーン:マスタードと蜂蜜のソースの地元の鶏!

SN3O3298

メーンのクーポンを持って自分が好き皿を選んで!

SN3O3299

自家製のパンの食べ放題!

SN3O3300

デザートの揃い!

SN3O3301

自分の茶を作って!

SN3O3302

これ以上は限界!でも、でも、別のテーブルを見れば少なかったかもしれなかった!
とても値段が優しい美味しくて健康的!

まかいの牧場・ブフェレストラン“いただきます“
418-0104富士宮市内野1327
Tel: 0544-54-0342
Fax: 0544-29-1027
HOMEPAGE
営業時間:ランチ (09:00~17:00, 08:00~18:00四月~十月)
ブフェレストラン (11:00~15:00)
定休日:水曜日か木曜日
パーキング有
ランチ野訪問:大人円700、小学生以下円500。(入場飲のみ。アクティビティーは別料金)

柿島養鱒の虹鱒・岩魚と桜鱒・富士宮市!

岩魚・イワナ!

先日静岡県在”山葵の会”のシェフと生産者と一緒におそらく静岡県(と日本)の一番有名な養鱒会社(富士宮市だけで5社がある!)を訪問するために富士の癒しへ云って富士山を700メートルまで登った!

柿島養鱒会社社長と話している静岡県内一所懸命に静岡産の美食と生産の知識を拡大する“山葵の会”のシェフ(フランス、イタリアとスペイン料理)と生産者(藤枝市在)!

岩本いづみ社長!

その朝は又猛熱(30度超える)にも拘らず二代目の岩本いづみ社長が素晴らしい説明をしながら柿島養鱒所で案内してくれました!

柿島養鱒会社が富士宮市35年前に創立されて(函南町と伊豆市にも養鱒所があってスタッフは全部で8人)。鱒を育つ一年中12度ぐらいで安定している温度一定の水供給の理想的の条件・環境を提供する富士山に登って700メートルという高さの場所に一意する。

山から流れる豊な河の水を一回見れば素晴らしい環境を十分解る!

富士山から水が鳥と落葉に対するネットで守られているコンクリート製のタンクの中に直接に流れる。

水をフィルターするためにそれぞれのタンクの入り口にネットが設備されている。

水が一定にタンクの中に流れる。

最後に水を自然に戻す。
魚の肉の安心・安全ヲ完璧に守るために同じ水を一回しか使用されていない。その上水が絶対に溜まらない。
スバrしい自然のお陰で人間の仕事が比較的に楽になりましたが魚に餌を与える事やネットをいつも調べて修理する事やタンクを掃除する事と周辺を綺麗にする事だけで御労働ですね!

養鱒所の周辺の自然の中に一切も農薬や人工製肥料が使用されていない!

2キロ超えてデカイな岩魚!
育ちが二年画かかる!

柿島養鱒社が一年間で200トンの岩魚や虹鱒と桜鱒を育っている。

2キロの岩魚!

虹鱒!

夜明けから夕暮れまでの仕事です。その日にもインタービューの前に5:00に起きて岩本社長が息子さんと一緒に魚に餌を与えた仕事下!

勿論毎日(夏沢山の氷を使って)魚をお客さんのために用意しなければならないが全国に釣り穴会社にも生きるままで送る!実際日本で両方ともにレストランと釣り穴会社に鱒ヲ提供する会社は柿島養鱒社しかないそうです!理由は岩本さんのsかなが美味しいだけでなく凄く丈夫で釣り愛好者に賭して本物のファイティンフィッシュですからね!

でも素晴らしい環境と厳しい日常的の手入れを提供しても一番用心が要るのは餌です!
そこで経験と一定の研究之35年間が宝です!
以前餌が半分自家製で(ペルー産のアンチョビー等)半分買った物だた。.

しかし同時に値段が高くなって質が落ちた理由だけでなく安心・安全のため日本産、特に焼津市産の鰹、餌をしか使用しないようになりました。
鱒が毎日朝餌を与えなければならないいつもお腹がペコペコ之魚です!

餌が厳選された一定の高質の魚や小麦やバイタミンと自然塩のミクスです!
魚の成長を加速するために油等も一切も使用しない。
今年からポリフェノールを含むココアの殻m、まで自然の材料しか使わない!
ところで岩本社長が魚の肉色を調べるために必ずカーラーメータを手鞄で囲んでいる!

贅沢な魚を提供するためにこんなに一所懸命働いても自然も大変な条件です:2年前恐ろしい台風の大損害で魚を全部失った!

富士宮市で花月日本料理土岩魚!

柿島養鱒の魚が静岡県で静岡県農産物として指名されて静岡県内外の美食派のシェフに注目されて地元の優れているレストランで期待して!

柿島養鱒株式会社

本社:419-0115静岡県田方郡函南町新田125-1
Tel.: 055-970-3031
Fax: 055-970-3032
携帯: 090-6942-3438 (岩本いづみ)
メール: izumi_iwamoto@kakishima-troutfarm.com

主養鱒所:418-0108静岡県富士宮市猪之頭中村495-1
Tel.: 0544-52-0181
Fax: 0544-52-0216

富士宮市花月日本料理で虹鱒・岩魚!

サービス:非常に親切で音無し
設備:伝統で非常に綺麗。古いけれども綺麗なお手洗い。
値段:適当~やや高い
得意:特に魚と野菜のような地元の惣菜を使用する本物の伝統の日本料理。優れている地酒野リスト。

先日富士宮市にある柿島養鱒の訪問の後岩本いづみ社長が進めた自分の魚を提供している花月日本料理にお昼ご飯を食べに行った!

レストランに入る前に周辺ヲゆっくり見てね!

伝統の玄関。

外野庭を覗きましょう・・・

その石の中に富士山の物が含まられている!

興味深いアンティーク・・・

玄関でデカイな鱒煮よって歓迎されて・・・!

典型的の伝統野日本の家の中の風景!

玄関で自由に持って行かれる自分野庭のゴヤ!御親切にありがとうございました!

我々は(8人)お造りのランチ定食を注文した。
先ず美味しい冷やされた赤シソのジュースをいただきました!熱い日にぴったり!

白いゴヤを含む自家製の漬け物。

いやしい冬瓜。

柿島養鱒産の岩魚の刺身と其の皮の料理!

/虹鱒と茄子の唐揚げとサラダ!

こんな素晴らしい魚を唐揚げ・・・贅沢!

民トマト野菜を含めて出してくれる野菜が自分の庭で栽培されている物!

海が遠いにも拘らずわかめいっぱいミソ汁とご飯!

デザートには地元の赤コケモモジャム付けの梨!

花月が柿島養鱒産の魚の新鮮さを守るために自分のガーデンプールで生きままで保存します!

花月
富士宮市矢立町737
Tel.: 0544-23-4141
営業時間:11:30~14:00, 17:00~21:00
定休日:月曜日

フランス風美食・Restaurant Bio-S・レストラン ビオス・富士宮市!

サービス:笑顔でプロのサービス。細かくて素晴らしい説明。熱心!
設備:非常に綺麗。素晴らしい男性と女性用の御手洗い!
値段:品質で考えれば本当にリーズナブル!
得意:主に地元の野菜や肉と魚を使用する。野菜は主に自分で栽培する有機の物。2週間ごとにメニューが変化する!

地図

富士山のふもとで3年間前に富士宮市に開店されたRestaurant Bio-S・レストラン ビオスヲ尋ねたがった!

悪い天気でも富士山が美食と美酒を楽しむ客さnを守る!

先日遂に訪問する機会を捕らえました!フランスのアンティーブ市から来た二人のフランス人のジャーナリスト、Camille Oger・オジェ カミユととJulien Morello・モレロ ジュリアンさん( 上野写真で松木一浩のそばに立っている)と一緒に富士宮市でBio Farm MatsukiとRestaurant Bio-SとBio-Deliと静岡市でComptoir de Bio-Sの経営者である松木一浩さんを取在させていただきました!

フランスと同じように外で発表されているメニュー!
長崎市で生まれた松木一浩さん(フランス語がペラペラ!)二年間パリのホテルニッコで働いて2000年に静岡県(奥さん臥静岡市の中心です!)富士宮市に来て有機栽培を始めた。2009年に遂に有機野菜の美味と健康を広く知らせるためにRestaurant Bio-Sを開店しました!

松木一浩さんと兵庫県生まれ若い力がいっぱい(猟師の免許を持っている!)川崎芳範シェフ!

玄関!

フランス産2CV Citroen車!

プレートナンバーが富士山で登録されている!

玄関でBio Farm Matsukiの有機野菜が販売されています!

色々な本を書いて色々な雑誌で現れた松木一浩さん臥全国でゆうめいですね!

説明がいっぱい!

デグソタションの美食の昼食を楽しむテーブル!

松木一浩さんが親切にサービスしてくれましたシャンペン!

勿論野菜が主食です!
さてと・・・何をいただきました?

この有機のやミントとローズメリーが飾りですが是非味わって!

ハーブのミニクロワッサン!

本当に可愛い!

ローハムが先ずスペインから輸入されて長い間レストラン内熟成されています!

松木一浩さんが自分で来て出してくれました!

ローハムと有機葉野菜サラダ!

別のアングルから見て!

鶏肉とマッシュルームのテリーヌ!写真を撮るために我慢する事は大変だった!

鶏肉が富士宮市で青木さんが生産して物でマッシュルームが富士市で長谷川さんが栽培した物です!

自家製の胡桃パン!

最初の魚の料理:クレッソンソースで調えた岩魚・イワナ!

石魚は富士宮市岩本さんが育った魚です!炒め・焼く前に一寸スモークされている!

クレッソンは全部富士山から流れている川で自然に成長したものです!

二番目の魚の料理:鱸と日本エシャレット!

鱸派駿河湾で釣られた!

日本エシャレットはカリカリ焼かれたBio Farm Matsukiの有機野菜です!

お肉料理の前に御口直しとして美味しい有機人参のポタージュ!

お肉料理:富士宮市岡村牧場の富士山和牛とBio Farm Matsukiの有機野菜!

野菜を見るために別のアングルから見て!

野菜の中に人参やレッドム0ンジャガイモや菜の花や筍や蕪と大根!

美食のお肉:富士山和牛。2006年静岡県農業経営士に認定された岡村さんの和牛です!
天国!

デザート:お前に又御口直しとして美味しいスルガエレガントミカンの冷や下スープ!

デザートを選ぶ前にそのデザートの材料を紹介してくれました。勿論皆を注文した!

スルガエレガントミカンの冷やしたスープに同じの材料のムース。その上にヘーゼルナッツとダークチョコレートチップス!

有機人参のクレームブルレとカーダモンのシェルベット・アイスクリーム!

富士宮市にある富士錦酒造の大吟醸の酒粕のブランマンジェとキウイソース!

静岡産抹茶のムースケーキと金柑のシェルベット!

最後に(別バラは本当にギリギリ!)エクスプレッソや紅茶とミニュアルディーズ!

小豆と抹茶のカステラと柚子マカロン!

松木さんと一緒に岡村牧場を訪問する前に松木さんが自分のお客さん野ために栽培する有機野菜の“庭”を覗きに行きました!

又土に植える間に注意深く苗を育っている!

松木さん砥スタッフが一所懸命育っている!

玉葱!

レストランで本当に沢山の葉野菜を使用する!

蚕豆!

勿論混同の取在のテーマがその有機の野菜の栽培です!

RESTAURANT BIO-S
419-0303富士宮市大鹿窪939-1
Tel.: 0544-67-0353
Fax: 0544-67-0098
営業時間: 11:30~14:30, 17:00~20:00
いぇい旧日:火曜日夜砥水曜日
特に夜に予約下方が良い!
カードOK
8台の車のパーキング有り
HOMEPAGE
全面的に禁煙!

富士宮市で富士高砂酒造蔵開き・さの萬社の共同イベント!

幸せそう参加者たち!

この8年間ほど富士宮市にある富士高砂酒造とさの萬社が毎年酒造開き共同イベントを主催しました。
このイベントが最近全静岡県で大きく注目されて静岡県の美食祭の重要な例になりました!

そのイベントの訪問者は西富士宮駅に大勢降りました!その中で数人が向こう側にある酒造を訪問する前にさの萬社で暖かい豚汁を飲んでいました!

その豚汁!

結構寒かったため美味しそうだった!

酒造の中で商品が売られていると解ったのでさの萬社の店の中を覗いた!

その後すぐ道を渡って富士高砂酒造へ!

若い経営者を含めて全スタッフが客を歓迎しました!

富士高砂の伊酒樽!

静岡市にある“うず“居酒屋吉村健也親方を含めて全県から来た有名人が大勢いました!

甘酒砥鮭鍋のために酒粕が大人気!

富士宮焼そば!

ダンスのイベントまで主催されました!

楽しんでいる観衆!

可愛いダンサー!

一寸疲れているダンサー!

しかし僕の最初の目的が能登派杜氏が出している地酒だったね!

たれくち試飲コーナー!

自分の生産を売っている地元の生産者が大勢いた!

苺のジャムとケーキ!

しかし寒かったためやっぱり暖かい食べものが大人気:さの萬社のコロッケ!

焼き芋!

豚汁!

満足感の笑顔!

それにしても沢山の人々が火の回りに立っていたね!

寒さを忘れるために無料の地酒サービス!

でも大勢の訪問社が地酒を買って家に持って帰りましたね!

地酒を買う事がバトルだったみたい!

地酒が美味しいがそれと一緒に何か食べたいから食べ物の屋台に早く戻りました!

地酒を飲まない人のため美味しい緑茶!

自家製天然酵母パン!

豚汁と唐揚げ!

この餡子は何のためかしら?

どら焼き!

富士高砂酒造とさの萬社以外二つのスターがインした:
先ず富士宮市の功刀の虹鱒!

一所懸命に働いている功刀夫妻!

待てなかった!

本間に美味しかった!

幸せな参加者たち!

珍味:虹鱒のイクラ!

また珍味:虹鱒の缶詰!

もう一つのスター:富士市の青木鶏の焼き鳥!

凄い注文!

大変な仕事!

待てて良かった!

来年はもっと早く来た方が良い!

静岡県地ビール: Bayern Meister Bier。バイエルンマイスタービール醸造・Edel Weiss First Class Premium Beer。エデルヴァイス・ファースト・クラス・プレミアム・ビール

封じの実や市に居るシュテファン・ラガーさん日本で唯一のドイツ人のビール杜氏砥ビール醸造の経営者です。
毎年特別な祝いのためによくドイツ大使館から特別な注文される!

シュテファンさんが英語と日本語をペラペラ話しますが時々日本語を解らない外国人から質問される!

カップに葉本物のドイツ語!
実際2年前にこのビールを味わってレポートしたがやっぱり久しぶりに記事を書くこと楽しかった!

名前:Edel Weiss First Class Premium Beer。エデルヴァイス・ファースト・クラス・プレミアム・ビール
内容:330ml
アルコール分:5.5%
原材料:南ドイツ産麦芽、ホップ、生酵母

透明さ:スモーキーで綺麗
色:橙か杏子色
泡:細かい泡。早く消える。
香り:強い。甘口っぽい。フルーティー。食パン、イースト、薄いミカン
鯵:口当たりが辛口で深くて新鮮です。複雑で上品。フルーティー、イーストっぽい、一寸酸っぱい。同士すぐにもう一杯を飲みたくなる。食パンと薄い蜜柑。口の中で長く残る。
しっかりしているビール。特に豚肉やジャガイモと居酒屋の味が濃い食べ物砥旨く合う。食事砥飲む砥あまり変化しない。ずっと深くて辛口。

コメント:新鮮でしっかりしているビール。美味しい鯵ヶ口の中で残る。酢sぐもう一杯を飲みたくなるビールです!

Bayern Meister Beer Co. Ltd.・バイエルンマイスタービール
静岡県富士宮市上井出字河原端1254-1
Tel.: 0544-443311

居酒屋美食・Villa D’Est Quisine/ヴィラ・デスト・クイジヌ・静岡市(2011年秋)

サービス:非常に親切
設備:伝統で非常に綺麗。可愛いお手洗い。
値段:リーズナブル
得意:自家製風季節の料理。ワインや地酒と焼酎。典型的な居酒屋の雰囲気!隠れ屋の美食の愛好者にぴったり!

美食の隠れ屋が溢れる静岡という市では大勢の居酒屋の愛好者は自分が一番好きな店を中々紹介してくれない。僕がこういう態度は間違っていると思っていますが同時にその店の雰囲気を守れない客に教えたくない。一方本気に地元の美食や“美飲“と優れている雰囲気を促進したかったらやっぱり紹介する義務がある!

僕の場合ですけれどもVilla D’Est Quisine・ヴィラ・デスト・クイジンが自分の職場の近くに有りますから方真音したい程できません。日本では職場の近く有る居酒屋にいくと一寸“危険”・・・
できるだけ大勢の客がいる週末を避ける。一方平日に行けば新しい“同考“の友達を作る機械が十分になる!

Villa D’Est Quisineヴィラ・デスト・クイジンを訪れる理由が沢山あります:
静岡市の中心から離れて人気ある鷹匠で残っている伝統の細道煮一位する。
殆どタイムスリップの雰囲気を持っている日本の伝統の作り方の中に古くて暖かい木材のカウンターやテーブルや畳の席で筆書きメニューから注文してオリジナルな陶器で料理を出してくれる。外の植え鉢や中の絵やオブジェ等等・・・
料理のジャンルが色々で主に地元の材料で作られて日本人の客も”外国人“の客も十分喜ばす。
飲み物のリストが短いが最適です:地酒、焼酎、ワイン等・・・
松浦敏春親方がプライバシーを守りながら一所懸命脚を喜ばす気がいっぱい。“音無し“かもしれないが会話に参加してくれる方です。

二日前は祝日の前だったから五月蠅い静岡市の中心から逃げてスローライフを楽しみに行きました。実際新しい友達ができて本間に瓜買った!
菊川市にある森本酒造の美味しい地酒飲みながら美味しい菊の花を含むお浸しをいただいた!
店の中は気持ち良い暗いが写真は一寸撮りつらい・・・

一枚がしかないのにメニューを読むのは時間がかかるびっくり!まあ注文する前にゆっくり考えてね!
いきなりメニューにこしょう鯛の刺身をはっけん!
敏春さん煮何処で見つけたか質問下けれども旨く返事から逃げた・・・
多分自分で駿河湾で釣ったかもしれないが、また僕が知っているマーケットかな・・・
刺身が一般の鯛よりも歯ごたえがしっかりして美味しかった

アミ茸下ろし大根和え

上の料理はやっぱりベジタリアン向け!実際ベジタリアンだったら親方が十分助ける事が出来ます!

手羽先と野菜クリームシチュー

寒い夜で欧米人が大好きな料理だろう!コンセプトが欧米風ですが典型的な居酒屋の美食!

牡蠣ふわふわ蒸し

度やって作ったか一寸解らないが日本料理ですね!牡蠣の愛好者が絶対に食べたい!

いざ伽のクラッシック!ユリ根と海老かき揚げ

やっぱり日本のかき揚げと天婦羅派最高!
僕がフランス人ですからユリ根を食べる事が楽しい!どうしてだろう・・・?

色々なポテトフライ

又居酒屋のクラシック!薩摩芋のチップ、ポテトと里芋!又ベジタリアンの天国!

メニュー煮会った料理を少ししか食べられなかった・・・まあ次にします!

VILLA D’EST QUISINE・ヴィラ・デスト・クイジン
静岡市葵区鷹匠3-10-19
Tel.: 054-251-4763
営業時間:17:00~24:00
定休日:木曜日
パーティー是非!e
HOMEPAGE/BLOG