タグ別アーカイブ: Fruit

静岡クラウンメロン・CROWN MELON 贅沢場時間!

果物なら、特にメロン、日本の生産者と消費者は世界の一番贅沢と認められた!
静岡県産のメロンがイギリスのBBCによってまで認めれた!
英語で書いてるけれども次の生地を読めば信じてくれる!: Shizuoka Musk Melons-Japan’s obsession with perfect fruit by Roland Buerk of the BBC

昨夜運送会社に呼ばれた・・・“メロンを届きたい・・・”って!
午後4;30まで待たされたため日曜日なのに外に出なかった!

話を続ける前に袋井にある静岡クラウンメロンのHOMEPAGEを参照して下さい: SHIZUOKA CROWN MELONS.
ヴィデオ茂是非参照して下さい:CROWN MELON FARMERS INTERVIEW VIDEO!
凄い!

パッケージが来た安産を見事に守られている!

また中に別のパッケージ!
日本では本間に丁寧に包む!

農林水産大臣賞受賞!
やっぱり全日本で茂認められているね!

ボックス臥ほんとに可愛い!
開けましょう!

英語ヲ解りますか?笑い・・・

11月16~18日日頃が食べ頃ですから急ぎましょう!

消費者のための説明臥いっぱい!

御親切の説明!

パンフレットも非常に役に立つです!

クラウンメロン!

完璧なT型の茎が外国間で有名です!
クラウンメロンが毎日手袋でブラッシュされると信じられる?

WOW!
中身の色の統一性が凄い!同時に細かくて信じられないスムーズだった!
びっくり:種が本当に小さい!
一木一果!贅沢!

非常にジューシーにも拘らず歯ごたえ・食感の質臥又びっくり!

生地で味砥香りヲ述べる事が難しいが外国人にとしても天国を見せる・味わさせる果物です!実際欧米で贅沢な前菜として出されるだろう!
でも欧米に葉こんな美味しいメロンが有りません!

静岡クラウンメロン
437-0056静岡県袋井市小山239
Tel.: 0538-42-4146
Fax: 0538-42-3208
HOMEPAGE

イタリア美食・SOLOIO・ソーロイオ・“2012年度初夏のオヤツ” !

又素晴らしいリゾット!
下にちゃんと調べてね!

サービス: プロで非常に親切
設備:全面的に非常に綺麗。素晴らしいお手洗い。
値段:リーズナブル
得意:できるだけ新鮮で地元の材料を使用する。伝統と現代イタリア料理を旨く合わせる!リーズナブルの値段のワインのリスト。遅くまで営業してくれる!

16:00殻24:00まで営業してくれるから昼間で茂夜でもSOLOIO・ソーロイオは本当に便利ですね!しかしスバrしい美食を提供してくれるから 行き過ぎ危険もあります!

SOLOIO・ソーロイオに葉必ず忙しくてお腹がペコペコする人のた目に素敵な前菜揃いヲ出してくれます!
上は美味しいアスパラ砥海老のサラダです!
ショッピングばかりの日の後ビールを飲みながら最適!

印刷されているメニュー砥黒板辺発表されているその日のスペシャル以外必ず付加されている旬のメニューも御覧なさいね!
たとえば上の写真のような富山県産の白海老フライヲ発見する!
又ビールと最適ですね!
さてと・・・ワイン煮変わって何を食べましたかな?

ローマ風の米のコロッケ!
子供に見せないで!一寸贅沢すぎる事ですから!笑い・・・女性の方にぴったり!

自家製のソーセージ!
ビールを一寸持って良かったかもしれない・・・
中々こんな”エレガントな”ソーセージ臥めったに見つけられないね!

勿論メニューに必ずリゾットの二種類をいただきました!
ひ事情に柔らかくて甘い春のキャベツとアサリとその汁のリゾット

パスタにするかデザートにするか本当に悩んだ!
パスタヲ決めて又どんなパスタにするか悩んだ!

長野県産の野生猪のシチューとローズメリーのパルパデレ!
猛湖面たがいらないだろうね・・・

続く・・・

SOLOIO・ソーロイオ
420-0858静岡市葵区伝馬町9-7北1
Tel./fax: 054-260-4637
営業時間:16:00~24:00
定休日:月曜日
カード可
パーティは是非!
20:00まで全面禁煙!

静岡市興津のデコポン生産者:小沼宣彦さん!

睦代娘さんと良子奥さんの間立っている小沼宣彦さん!

デコポンは1972年に九州で最初に栽培されたキヨミとポンカン(ナカノ3号)のハイブリッドです。
元々ただのブランドの名前で最近完全にミカンの品周名になりました。現在本物のデコポンが不知火(シラヌヒかシラヌイ)と呼ばれている。
寒さに弱いデコポンが最近理想的の気候の静岡県産の農産名物になりました!

眩しい太陽の中の興津の山。

最近新しい友達になった静岡子供病院で勤められている小沼睦代さんから彼女の両親が静岡市清水区興津でデコポンの生産者で有る事を聞いたために邪魔させていただきました!
睦代さんの御両親がこんな“外人”と話してくれて本当に嬉しかった!
静岡県の興津産の柑橘が全国で有名です。それは海と太陽に向かっている坂の上に栽培されう事のお陰です。昼間と夜間の温度差が大きく違って柑橘の甘さが凄い!

あいにく収穫臥もう終わりだったけれども小沼さん野家の中で保存されているデコポンを見に行った。
小沼さんが毎年デコポンを3000キロと青島(青島シュタロウ)を1000キロを生産する。それ以外キヨミと駿河エレガントも栽培する。

典型的な静岡県の農家!

小沼さんが自分のミカンを一部JAで売りますが主に自分の客に直接に送ります。勿論電話かファクスの注文を受けてくれます!でも早く消えるから急いでね!

小沼さんが上の細かい説明まで書いて用意してくれた!やっぱり親切な方です!

でも神で書いた以外他の仕事臥いっぱい!

カビ等の病気を防ぐために一年間で12回農薬を使いますができるだけ少なくして他のアグリケミカル を使わない。

また柑橘を皆低い温度の暗い小屋で熟成させなければならない。
当度が13以上なってからだけデコポか不知火として売る事が出来る。
小沼さんがちゃんとう静岡県農林省からデコポンと不知火の公認と許可を得た!

実際小沼さんのデコポンが賞まで受け取った!

不知火砥いう感じを読めるか?

小屋の中の温度が安定しないと困る!

何時でも真っ暗!

それにしてもデコポンが一個一個ビニル袋で詰められている!
本間に大変な仕事!

後は10キロの箱を運ぶことも大変です!

私の弁当を飾る小沼さんのデコポン!

完璧で素晴らしい柑橘!
小沼さん!本当にありがとうございました!

デコポン生産者:小沼宣彦
424-0202静岡市清水区興津井上町177
Tel./Fax: 054-369-2670

シズオカ x カンヌウイーク2011

a href=”http://shizuokagourmet.files.wordpress.com/2011/05/shizukan-1.jpg”>

この人を知っているぞ!笑い

静岡市とフランスの(映画祭をご存じですか?)カンヌ市何年前から島市ですね。
静岡市民がまえから毎年五月中旬に葵区七間町でシズオカ x カンヌウィークというイベントを開く。.
今年Agrigraph/アグリグラフ静岡県の生産者と農産物を紹介する良い機会のためにそのイベントと参会した。
今年このイベントが七間町で5月24にちぃと15日で開く。まだ明日行ける!! 是非来て下さい。絶対に驚くべきの発見をすると思っております!
とりあえず今日イベントを見に行きました。今回のレポートが短いが度言うイベントであるか解りやすいと思っております。

実際イベントの前と途中に買い訪問した!

あっぐりぐらふのスタッフが自分のブースの準備で忙しかった!

このスタンド・ブースが特に生産者の収穫の表示や販売のために独特にデザインされました!

美味しい野菜を出す中!

”赤オレンジ”のジャムのパンフレット!

麻収穫された大きなズッキーニー!

綺麗な蕪。葉と茎をスープか漬けものとして美味しい!


看板を書いて忙しいね!

日本語だけでなくフランス語も!

二回目参りました!
静岡県立農業高校の学生が自分の有名なパンとケーキを沢山売りました!

サンプルを切って忙しい!

フランス産ワインを売っている友達を見つけた:Matsukiya酒店!

色々な商品を売っている店が色々!

フランス製鍋等!

<

可愛い物がいっぱい!

日本風自転車タクシー!

アグリグラフのブースに葉・・・

食べてみたいばっかり!

このセットが大好き!その中にはお0がニック野菜が多い!

生産者のジャムを味わって・・!!

ちび子ちゃがこの地位sくておいしいトマトが欲しかった!!!

明日に会いましょ!

静岡県農産物Before & After:松本亙のフルート・コックテール:デコポン

ランキング: 
サービス: プロであり笑顔ですごく親切
設備: 素晴らしい手洗い。全面的に非常に綺麗
値段: とても良い
得意: フルート・コックテール。女性の方に入りやすい。
地図

約束どうり静岡市にあるBotanical/ボタニコル(Comfort Bar)の経営者・バーテンダー松本亙のフルート・コックテールを紹介させていただきます!
ご心配しないで、秘密のレシピではありませんし松本さんが親切に教えていただけます!”秘密”があれば、それは厳選された材料です!

フルート・コックテール6:デコポン

実際このコックテールはデコポンミモザも呼ばれても宜しい!

材料:

ーデコポン:1(フレッシュジュース)
ー氷
ーMumm/マッムシャンパーニュ

作り方:

ー大きいグラスで大きい氷の塊の上にデコポンのジュースを絞って入れて。ジュースを十分冷やすためスターして。氷出して捨ててください。

ーワイングラスにジュースを流して。

ーMumm/マッムシャンパーニュを加えて。優しくスターして飲んで。

酸味が凄く美味しい!

BOTANICAL/ボタニコル (Comfort Bar)
420-0082静岡市葵区両替町1-6-13シェードビル1F
Tel.: 054-221-8686
営業時間: 17:00~01:00
定休日:月曜日
カードOK

静岡県農産物Before & After: 松本亙のフルート・コックテール:ハール・レモン

(小杉陽子)

ランキング: 
サービス: プロであり笑顔ですごく親切
設備: 素晴らしい手洗い。全面的に非常に綺麗
値段: とても良い
得意: フルート・コックテール。女性の方に入りやすい。
地図

約束どうり静岡市にあるBotanical/ボタニコル(Comfort Bar)の経営者・バーテンダー松本亙のフルート・コックテールを紹介させていただきます!
ご心配しないで、秘密のレシピではありませんし松本さんが親切に教えていただけます!”秘密”があれば、それは厳選された材料です!

フルート・コックテール1:ハール・レモン

ハール・レモンというものは日本産のMeyer lemon/メヤー・レモンで橙色でとても甘い!

材料:

-ハール・レモン:1
-ジン(Beefeater): 1 standard measure/メジャー
-シロップ: 1 dash/適量
-氷
-ソーダ

レシピ:

-ハール・レモンの(飾りのため)スライスを切って

-シェーカーの中にハール・レモンを絞ってジンとシロップを加えてアイスをたっぷり入れて。

ーよくシェークして。

-Long/tall glass/高いグラスの中に愛すの上に流して

ーソーダをぎりぎりまで荷加えて軽くスターしてレモン・スライスで飾って。

お楽しみ!乾杯!Sante!

BOTANICAL/ボタニコル (Comfort Bar)
420-0082静岡市葵区両替町1-6-13シェードビル1F
Tel.: 054-221-8686
営業時間: 17:00~01:00
定休日:月曜日
カードOK

静岡家農産物Before&After:松本亙のフルート・コックテール:葉生姜

ランキング: 
サービス: プロであり笑顔ですごく親切
設備: 素晴らしい手洗い。全面的に非常に綺麗
値段: とても良い
得意: フルート・コックテール。女性の方に入りやすい。
地図

約束どうり静岡市にあるBotanical/ボタニコル(Comfort Bar)の経営者・バーテンダー松本亙のフルート・コックテールを紹介させていただきます!
ご心配しないで、秘密のレシピではありませんし松本さんが親切に教えていただけます!”秘密”があれば、それは厳選された材料です!

フルート・コックテール5:ジンジャー

ジンジャーは即ち生姜が果物ではないがコンセプトと作り方の基準が同じです。
だって葉生姜を食べることができるね!
モスコーミュールのバージョンでも考えても宜しいだろう。ジンジャーエールの変わりに生ジンジャー/生姜とソーダを使う。

材料:

ー葉生姜:1本
ーライム汁:メジャーの1/6分
ーライム:一切れ
ープレーンシロップ:少々
-Smirnoff Vodka/スミrノッフヴォドカ:1メジャー
ーソーダ
ーアイス/氷

作り方:

ーは生姜の根紺の部分を卸してジュース/汁を絞って。茎を綺麗に切って。飾りになりますから。

ートール・グラースの中に氷を入れて。

ー生姜汁やライムジュースやシロップとヴォドカを加えて。

ースターして。

ーソーダを加えて優しくスターして。

ー葉生姜の茎をグラスに入れてライムのスライスを上において。

BOTANICAL/ボタニコル (Comfort Bar)
420-0082静岡市葵区両替町1-6-13シェードビル1F
Tel.: 054-221-8686
営業時間: 17:00~01:00
定休日:月曜日
カードOK