タグ別アーカイブ: French cuisine

ジャンテイ・レストランでチーズを食べる(再-1)


The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ

gentil4.gif

高級レストランであるGentilのサービスはこまくて優れている。季節によってメニュは必ず変わりますが料理とワインはいつもグレードアップ!
私ども毎月すくなくても一回そこでチーズを食べないと気がすまない!それにこんな高いレベルは静岡県ではそこしかありません!それは久保田様のおかげです!
gentil5.gif
久保田様は全日本で有名なチーズ・ソムリエだけでなくて一番優れてる日本語で書いているチーズの百家全書の執筆者です!又北海度で行ったばかりG8サミットで色々な国の豪い人物のた世界のチーズを選んで出した!
gentil1.jpg gentil2.jpg
久保田様は先ずチーズトレをお客さに見せてチーズを紹介と説明していただきます。お客様が気に入ったチーズを丁寧に出してくれる!私ども必ずチーズと一緒に薦めたワインをいただいて飲みます!天国近い!
最後にチーズは料理になることを忘れていけない!
gentil3.jpg

今度久保田様が方損と熟成させるチーズを紹介させていただきます!

VISA等クレヂットカードOK
住所:420-0031静岡市葵区呉町2-9-1げんあんかいらくbldg2F
Tel.:0542547655(要約可)
Fax:0542210509
営業時間 12:00~14:00、18:00~食事らすとおるだー1:30.
バータイム:18:00~23:30
定休日:月曜日
Homepage

————————-
英語を読めれば次のブログを是非ご覧になって下い!
Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet

美食の旅:フランス(1)


The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ


(Cote Chalonnaise Vineyard/Givry/コート・シャロネーズ葡萄畑/ジブリ市・自家の裏に有る)

CHalon Sur Saone/シャロン・スール・ソーンヌ: Restaurant L’Essentiel/レサンシェル

フランスのブルゴニュ地方にあるChalon sur Saone市/シャロン・スール・ソーンヌ市の名前は実際10キロ以上離れている葡萄のアリアの名前になりました:銘柄は主にジブリ、メルキュレ、ブザロン、ルイイ、モンタニイ等。同じ値段でもっと有名のブルゴニュ銘柄よりも美味しいが事実。しかしどうしてかシャロン・スール・ソーンヌ市という名前は美食の世界10年前まで中々表示されなかった。凄く残念だと思った。だってブルゴニュ地方のど真ん中一意するからどんな美味しい材料をすぐに手に入れることができました。そこで突然変わりました。


その理由はサン・ロラン島だった。非常に広いソーンウ川野真ん中にある同名の橋を通て簡単に歩いてもいける。

その島の主な道Rue de Strasbourg/ルー・ヅ・ストラスブルが込んでいる中心から離れて静かですから20件以上の色々な専門のレストランが立たれた。
私が大好きその店の一件はL’Essentiel/レサンシェルです。名前の意味は”欠かせない物/必要物だけ”とおりブルゴニュ地方の伝統料理を出しています。皿が本当にいっぱいにもかからず値段は凄くいい。
この前言った時に(フランスの)家族と一緒に行った。そのお陰で数枚の写真を取れました。親方の奥さんとスタッフはいつも笑顔で優しく説明してくれて我侭な客さんを満足する気をみせた。
何とか取れた写真は次ように:

Loup de Mer sur un lit de pommes et de poires/るんごと施用梨の上の鱸。

Sandre avec sa couverture de pommes de terre/焼きジャガイモ付けSandre/サンドル魚。

私が注文したRis de Veau/仔牛のリー(りんせん)。凄く大きくて外面はカリカリ中はyわらかくてジューシー!

Tournedos de Boeuf et Tomates cuites au Four/牛肉のヒレとオブン焼きトマトとクスクス。写真はちょっと下手!実際は肉はその倍の大きさ!

Canard roti avec son Coeur et Foie/鴨ロスと都その心臓と肝臓

Escargots avec echalottes et ail confis/エスカルゴとオンフイ。エシャロットと大蒜

ごめんなさいね。後は写真を撮るj巻は中々なかった!まあ数回行かないと全部を味わう葉無理だから。。。
でも行ったら絶対デザートを試して!ワインリストを勿論ゆっくり参照してね!

ところでシャロン・スール・ソーンヌ市は2500年の歴史を除いて一つの発明で有名。解るかな!
底で世界の最初の写真とカメラができました!
Musee Nicephore Niepce/ニセフォール・ニエプスの中で見えるから是非訪問してください!

L’Essentiel/レサンシェル
14, Rue Strasbourg
71100 Chalon sur Saône, France、フランス
Tel: (33)(0)3 85 42 95 75‎

Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet

静岡山葵:大阪で大人気!


The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ

最近インタネットのお陰で新しい友達臥できました!
彼の名前はhref=”http://www.dominiquecorby.com/”>Dominique Corby/ドミニク。コルビです。パリの三ツ星レ・トウール・ダルジャンで長く働いて2002年大阪のニュー・オータニホテルSakura Restaurant/サクラレストランと東京の and of the 6eme Sens/シジェムサンスレストラン二なりました。

コルビ様フランスと日本の伝統美食を愛しているから両国の考えた方を持って季節の材料しか使用しないで一生懸命お客さんの喜ばしだけのために研究しながら食事を提供します。
自分の(フランス語)blogで先日山葵について話したから僕は静岡市有東木地区(安部川。1600年に最初に栽培された!の山葵を彼のホテルに送りました。だって静岡の本物を食べて欲しかった(笑い)。

僕がクールボックスで追ったのは1m高いものだった。根だけでなくて素晴らしい(食べれる)茎と葉っぱも選びました。朝かってすぐに送って大阪に次の朝届きました。
コルビ様と彼の大勢の弟子は本当にびっくりした!皆が始めてこんな姿を見ました!
だからすぐにその夜にいらっしゃいましたお客さんのために限定の料理を考えてくれました!
上の写真を参照して:
-“sur une feuille et tiges de Wasabi, Sawara et Agi abute, kogomi,wasabina, nobiru, mousse de lait au wasabi fraîchement râpée, petite réduction de jus de homard”
訳:
”山葵の葉っぱと茎の上に、鰆と鯵炙って、コゴミ、わさびな、野蒜、下ろした新鮮な山葵に混ぜたミルク。ムースとオマール海老の汁”
凄い!
素晴らしい材料に素晴らしい美食の職人から素晴らしい褒める作品!

Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet

フランス料理:Hana Hana/ハナハナ


The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ

hana-j1.jpg

外国に住んでいる私の友達はどうしてかフランス料理と日本料理はどこでも食べても高級であり高かくて贅沢と思ってしまいます。まあ。彼ら(彼女)はおそらくNew YorkやParisn等の有名な店しか食べないからかな。。。笑い。
静岡県では一級にも変わらず”やさしい値段”の日本やイタリアやフランス料理を楽しめることができる。おそらく皆は静岡県産物をよく使用するから。

毎週妻と一緒に必ず外食しますから先日久しぶり静岡市に有るフランス/イタリア慮利を提供してくれるHana Hanaを訪れました。
ワインを注文して料理がくる前に白子ムニエル(上の写真を参照)を居た着ました。季節になると必ず弧の絶品がでる!

hana-j2.jpg
私が注文した鴨テーリンは美味しいだけでなく軽くって(くどくないとゆう意味)十分出してくれた。それと一緒に頂いた自家製スモーク鴨は別の料理みたい(妻は半部を盗んで食べてしまった!)。

hana-j3.jpg
妻が選んだプロヴァンス風帆立貝を見るとやっぱり”お返し”一個盗んだ!大きくて柔らかくてそれにソースのバランスは完璧!自分の味に自信を持ってますからHana Hanaのシェッフはその上に高級オリーヴオイルを流すのは必要ない!

hana-j4.jpg

妻がメーン料理の詰め物の鶉は小さい鶏の大きさだったみたい。とにかくこの長い年私は見たものの中で一番大きい!勿論妻を助けました(笑い)!中の詰め物は素晴らしくて肉の焼き方二文句なし!足を当然手で食べた!

hana-j5.jpg

私のメーン(妻の命令だった。。。)はアマダイだった。鶉と同じように野菜は皆浜松産。天婦羅の牡蠣の一つが盗まれた(泣く泣く。。。)!先の帆立貝と同じようにソースは丁度十分でとても美味しかった。

僕達がちょっと遅く来たから余裕雅ありましたのでHana Hana の”ハナサン”親方は私達のテーブルに静岡産地酒を持ってきました!嬉しい!実際ハナサンは地酒がフランス慮利二合うと思っていますから私達の意見を聞きたかった。地酒は磯自慢酒造の特別本醸造であってやっぱりフランス料理に素晴らしい味を提供すると思った!
最近静岡県在レストランは分野にも変わらず静岡県産地酒を少しずつ使うようにになりました。アペリチフとして日本人も外国人も絶対飲みたくと信じます!
結果的に素晴らしい酒を頂いたためデザートを止める仕方がなかった!まあ次にしましょう!

Hana Hana/ハナハナ
420-0037静岡市人宿町1-3-12
Tel. & Fax: 054-221-0087
営業時間:11:30~15:00, 17:30~22:00
定休日:水曜日

Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet

フランス料理:すぎもとのランチ


The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ

sugimoto-n6.jpg

できるだけ静岡県産の材料を使用してくれるから”すぎもと”は私が一番好きフランス料理レストランです。勿論ランチでもデイナーでもいつも同じ優れている品質や珍味とサービスを期待することができる!

sugimoto-lunch1.jpg
日曜日13日(妻に言わないでね!)何もすることがありませんでしたから(妻が働いた。。。)静岡市の中に荷ぶらぶらして遂に13時に”すぎもと”に入りました。
ランチC(2,500円、パン、バター、コーヒー込み)を選んだ:
前菜はいため太刀魚サラダでした。太刀魚は駿河湾のもので野菜は浜松市産でした。

sugimoto-lunch2.jpg
主食は駿河牛(静岡市)戸浜松市産野菜。野菜は珍しい紫に陣を含め珍味!

sugimoto-lunch3.jpg
デザートは(フランス人も泣くだろう!)チョコレート。ムース、蜜柑シェル別途とカンパリ。ジェリー!甘すぎないしとても美味しかった!

次やっぱり妻を連れないと可愛そう!

すぎもと
420-0072静岡市青い区二番町4-1
Tel.: 054-2531160
定休日:水曜日

Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet