タグ別アーカイブ: Desserts

フランス風デザート・タルト。Patina/パティナ・静岡市!

サービス:非常に親切で笑顔
設備:非常に綺麗。素敵なお手洗い
値段:リーズナブル
得意:ゆっくりしながら美味しい食事か飲み物だけでも一日中楽しめる本物の伝統の喫茶店。興味深いリーズナブルワインリストとフランス産シードル。

ケーキならどうしてかタルトを食べたくになる!
子供から楽しんだケーキの味を一番思い出せるケーキです!
フランスでは一番典型的な季節野ケー系です!

タルトを食べたかったら必ず静岡市葵区にあるPatina・パティナを訪問して大きいなcappucino・カップチーノを飲みながら食べる!
下に最近自分が美味しく食べた二種類をしょかいさせていただきます!

一般的にタルトヲも一回軽く焼いてアイスクリームと一緒に出される!

カリカリのpate sucree・パートスクレの中にmarzipan・マルジパンで詰めて上に果物を乗せて焼く!

仕上げとして美味しいコンポトの林檎やエレガントなカスタードソースとミント!

可愛いcappucino・カップチーノと一緒に出してくれたタルトの二種類目.
果物はなんだろう?

林檎や無花果とバナナ!

本間に美味しいそう!

”罪”似なるカスタードとカラメルのソースとアイスシュガーのエレガントなデザート!

暖かいタルトとアイスクリームの結婚は最高!

最後にパン生地をゆっくり食べる!

PATINA, Café & Brasserie・パティナ
静岡市葵区伝馬町17-9
Tel.: 054-266-9500
営業時間:食事は11:00~21:30 (LO)月曜日~土曜日。10:00~22:00(LO)日曜日
定休日:火曜日

BLOG
15:00間で完全禁煙!

カードOK

広告

静岡市興津のデコポン生産者:小沼宣彦さん!

睦代娘さんと良子奥さんの間立っている小沼宣彦さん!

デコポンは1972年に九州で最初に栽培されたキヨミとポンカン(ナカノ3号)のハイブリッドです。
元々ただのブランドの名前で最近完全にミカンの品周名になりました。現在本物のデコポンが不知火(シラヌヒかシラヌイ)と呼ばれている。
寒さに弱いデコポンが最近理想的の気候の静岡県産の農産名物になりました!

眩しい太陽の中の興津の山。

最近新しい友達になった静岡子供病院で勤められている小沼睦代さんから彼女の両親が静岡市清水区興津でデコポンの生産者で有る事を聞いたために邪魔させていただきました!
睦代さんの御両親がこんな“外人”と話してくれて本当に嬉しかった!
静岡県の興津産の柑橘が全国で有名です。それは海と太陽に向かっている坂の上に栽培されう事のお陰です。昼間と夜間の温度差が大きく違って柑橘の甘さが凄い!

あいにく収穫臥もう終わりだったけれども小沼さん野家の中で保存されているデコポンを見に行った。
小沼さんが毎年デコポンを3000キロと青島(青島シュタロウ)を1000キロを生産する。それ以外キヨミと駿河エレガントも栽培する。

典型的な静岡県の農家!

小沼さんが自分のミカンを一部JAで売りますが主に自分の客に直接に送ります。勿論電話かファクスの注文を受けてくれます!でも早く消えるから急いでね!

小沼さんが上の細かい説明まで書いて用意してくれた!やっぱり親切な方です!

でも神で書いた以外他の仕事臥いっぱい!

カビ等の病気を防ぐために一年間で12回農薬を使いますができるだけ少なくして他のアグリケミカル を使わない。

また柑橘を皆低い温度の暗い小屋で熟成させなければならない。
当度が13以上なってからだけデコポか不知火として売る事が出来る。
小沼さんがちゃんとう静岡県農林省からデコポンと不知火の公認と許可を得た!

実際小沼さんのデコポンが賞まで受け取った!

不知火砥いう感じを読めるか?

小屋の中の温度が安定しないと困る!

何時でも真っ暗!

それにしてもデコポンが一個一個ビニル袋で詰められている!
本間に大変な仕事!

後は10キロの箱を運ぶことも大変です!

私の弁当を飾る小沼さんのデコポン!

完璧で素晴らしい柑橘!
小沼さん!本当にありがとうございました!

デコポン生産者:小沼宣彦
424-0202静岡市清水区興津井上町177
Tel./Fax: 054-369-2670

フランス美食・有機の野菜のサラダ・Pissenlit/ピサンリ・静岡市!


サービス:優れて非常に親切
設備:全面的に非常に綺麗。素晴らしいお手洗い(マウスウアッシュと爪楊枝マフェ提供されている!)!
値段:リーズナブル~一寸高い。
得意:面白いワインリスト。地元の材料、特に有機野菜と肉を主に使用する

もうそろそろ春が来るはずですね。今年は本当に寒かったがそのおかげで野菜臥甘くなりました!やっぱり自然よりも良い物がないだろう!
そすると静岡市葵区のPissenlit・ピサンリフランス料理のレストランで”野菜の軽いランチ“を食べたくなりす!


遅く店に入ってお客さんを邪魔しないように台所の中を覗いた!

全てが有機の野菜!


主に静岡市の自然の力の農園や富士宮市の北山農園と三島市の広川農園の生産物です!


有馬亨親方臥僕の注文を用意する間美味しい暖かい有機南瓜のポタージュをいただきました!

有機の野菜サラダ!


本当に食べるよりも写真を撮る事は楽しいかもしれない(嘘です!)!


野菜のフラン・フランス風野菜プッヂング!
フランでは玉子が使用されてるためベジタリアンだったら親方に抜くように頼めば宜しい!


やっぱり相変わらずドレッシングが最高の仕上げです!

続く・・・

PISSENLIT・ピサンリ
420-0839静岡市葵区鷹匠2-3-4
Tel.: 054-270-8768
Fax: 054-627-3868
営業時間:11:30~14:30; 17:00~22:00
定休日:火曜日と日曜日(夜のみ)
HOMEPAGE
カードOK
全面的に禁煙“

フランス美食のデザート・マカロンフランボワゼ&抹茶パフェカヌレ・Pissenlit・ピサンリ・静岡市!

サービス:優れて非常に親切
設備:全面的に非常に綺麗。素晴らしいお手洗い(マウスウアッシュと爪楊枝マフェ提供されている!)!
値段:リーズナブル~一寸高い。
得意:面白いワインリスト。地元の材料、特に有機野菜と肉を主に使用する

良く考えると欧米人と違って日本人がレストランでも食事の終わりにあまりデザートを食べないが食事の間オヤツとして食べる。
だからこそ日本人の客が或るレストランで必ずデザートを食べったら素晴らしいレストランの印・証拠になると言えますね!
静岡市葵区煮或るPissenliit・ピサンリフランスレストランの有馬亨シェフが自分の客さんにデザートを食べるように説得する事が必要としない!(実際メニューを調べる時に皆さんがににデザートの選択臥悩み!)

遊びだけでなく仕事のためPissenlit・ピサンリを良く訪問しますから前回(実際二回!)素晴らしいデザートを食べさせていただきました!
最初は本当に大きい(でも女性向け!)マカロンフランボワゼ・Macaron Framboiséだった!

より詳細に見ることのために!

本当に大きくて厚くてマカロンだったためナイフとフォークを使って食べました!
名前通りラスベリー・Framboise・木苺の味と果物臥含まれた。その木苺が勿論バターとマージパンの中にありました!
英語でもフランス語でもこんな美味しいデザートを食べる事が“罪”砥呼ばれる!
勿論“天国の罪”!

次は誠にBordeaux・ボード(フランス)と静岡の美食の組み合わせ!
皿の真ん中に本物のボード風のcanelé・カヌレを見えますがその中に秘密!

中身は何だろう?

静岡市産本山緑茶の抹茶のアイスクリーム!
Cannelé・カヌレがアイスクリームと一緒に凍らせた!
僕が初めてcannelé・カヌレをフォークとナイフで食べました!
勿論又やりたいね!
誠に美食の絶品!

PISSENLIT・ピサンリ
420-0839静岡市葵区鷹匠2-3-4
Tel.: 054-270-8768
Fax: 054-627-3868
営業時間:11:30~14:30; 17:00~22:00
定休日:火曜日と日曜日(夜のみ)
HOMEPAGE
カードOK
全面的に禁煙“

「春の食の都 仕事人ウイーク」スペシャルディナー!

土曜日3月10日に静岡市葵区にあるPissenlit・ピサンリでThe 仕事人of the year 2011として選ばれた藤枝市煮或るノリ・Noriの藤谷文紀親方と静岡市煮あるピサンリ・Pissenlitの有馬亨親化やが藤枝市在井口芳則さんと富士宮市在平垣正明さんが栽培している野菜を使用して「春の食の都 仕事人ウイーク」スペシャルディナーというイベントを開きました!

今回珍し事で食事を食べるよりもずっとキチンの中で取材をさせていただきました!
次のレポートが写真集としてをご覧になってください!

有馬亨 と藤谷文紀シェフさん達!

まだ暗いダイニングルームの中で企画中・・・

テーブルセッティング・・・

白いアスパラのフラン臥待っている・・・

このドライ人参はなんおためにかしら・・・?

これらを又後で見えるね!

魚煮オリーブオイルをかけて。

味整えは十分かな・・・?
大丈夫!

ダイニングルームの準備ができた!

富士宮市で功刀さんが育った虹鱒!

食前酒を用意する!

井口芳則と平垣正明さん達のお陰ですね!

先ず魚を炙る。

ただ炙ったのに綺麗ですね!

パンは勿論自家製!

有機の野菜!

食前酒が富士宮市にある富士高砂酒造の抹茶味の梅酒!

パイを玉子黄身で塗って。

最初の(冷たい)前菜の様子を見える。

見るだけ苦しかった!

ジェノヴェーゼ カッペリーニを加えて。

小松菜 山菜の冷製ジェノヴェーゼ カッペリーニで!

孔子とカイエットのクレピネットを炙る!

二番目の(暖かい)の前菜を作って始める!

白いアスパラのフラン!

ポワローと日本ほうれん草のパイ包み焼きトリュフ風味!

北山農園のポワローと日本ほうれん草のパイ包み焼きトリュフ風味、北山農園の下仁田葱と富士宮産孔子のレバー、喜多方産ホワイトアスパラのフラン 北山農園産のフキノトウのソース!

大浦牛蒡チップ!

大浦牛蒡ブルーテ。

滝乃川ごぼうと雌猪のアニエロッティを茹でる!

パスタが段々できている!

殆どできた・・・

ペコリノチーズを使用して・・・

滝乃川ごぼうと雌猪のアニエロッティ 西洋松露の香り 大浦ごぼうのブルーテに浮かべて!

まだ孔子とカイエットのクレピネットが残る。

藤枝市産の筍!

魚の下の笹!

飾っりの紫蘇乃花!

魚のコースを殆ど見える・・・

殆どできた・・・

(黒い皿の上に)富士宮産功刀鱒 西京山菜焼き 萌黄色ソース

同じ、白い皿の上に!

孔子砥カイエットのクレピネットに戻って・・・

炙られて・・・

オーブンに入れて・・・

ソース!

最後に強く炙って!

皿に飾って・・・

シンプルで美味しそう!

仕上げて!

富士宮産仔牛とカイエットのクレピネット 根菜を添えて

有機の紫人参のジェラート!

ドライ人参に砂糖を撒いて・・・

有機の滝乃川ごぼうたりと!

外国にありません!

滝の川ごぼうのタルト 紫人参のジェラート添え
本当に健康的で美味しい!

猛去る時間煮なりました!

ところで料金が一部福島の援助金になりました!

PISSENLIT・ピサンリ

420-0839 静岡市葵区鷹匠2-3-4
Tel.: 054-270-8768
Fax: 054-627-3868
営業時間:11:30~14:30; 17:00~22:00
定休日:火曜日砥日曜日ディナー
HOMEPAGE
E-Mail: pissenlit2008@ybb.ne.jp
カードOK
全面的に禁煙!

NORI。ノリ

426-0204 藤枝市時ヶ谷864-3
Tel./Fax: 054-641-4778
英漁時間:11:30~14:00; 18:00~22:00
ディナーは予約のみ
定休日:火曜日と第一月曜日
カードOK
HOMEPAGE
全面的に禁煙!

オーストリア美食・藤枝市でオーストリアンケーキ工房!

昨日ケーキが大好きパットさんという友人が藤枝市仮宿まで素晴らしいオーストリアのケーキやデザートを作るオーストリア人のシェフと彼の奥さんを訪問するために乗せてくれました!

ウィーンで天野昌子奥さんに合う前にオーストリアやフランスとアメリカで働いたPeter Golbach・ゴルバハ・ペターさんが三年前に藤枝市で新しいケーキ屋を開店しにいらっしゃいました。

彼らの店・住宅までに行くのは一寸時間がかかるが岡部や藤枝の田舎の“裏道“に乗らなければならないから楽しい旅になる!

“Austrian Cake Factory”・オーストリアンケーキ工房!

訪問したかったら勿論先に携帯電話で呼んで下さいね!

ケーキ工房はオーストリア風ですがやっぱり日本の伝統の田舎の家庭!素敵!
ペターさんと生き生きする昌子奥さんが中々みえないおもてなしの夫婦で彼らの仕事の熱心が本当に驚くべきだ!その上取材よりも楽しい出会いになりました!

ケーキが全て非常に綺麗で知覚可能で実際的で格好を付けないキチンで作られている!

ペターさんのケーキを焼くオーブン!

ペターと昌子さんがKugelhof・クグロフの7種類や Sachertorte・サハゾルテのⅠ種類やVanille Kiffel・バニレキッフェルやチョコレートケーキやチーズケーキと色伊rなデザートを作っています。
使用される材料は自然の物だけです!その中に自分の玉露茶の抹茶砥柚子を使います!

一部の美味しそうクグロフの揃い!

僕が大好きでお勧めの藤枝産の玉露抹茶のクグロフ!本物の静岡産のクグロフ!

ペターさんのスペシャルの一品:ヨーグルトと柚子のケーキ!

オーダーメードのバースデーケーキ!

ヨーロッパについて長く話しながら四人でコーヒーを飲んで美味しいケーキを食べながら本当に楽しい時間を過ごしました!
中々帰る気がなかった!

でも帰る前に美味しいヨーグルトとレモンのムースをいただきました!中々忘れ味だった!又食べたいな・・・

ペターと昌子さんが五月に静岡市葵区青葉公園で行うイベント煮参加して三日間の間自分のケーキを売ってくれる!
勿論時間煮なったらもう一回先に発表して取材料のため邪魔させていただきます!

携帯電話で又はメールでケーキを注文する事が出来ます。行き方を調べてね!

オーストリアンケーキ工房
426-0001藤枝市仮宿1092
E-mail: shoko-amano@hotmail.com
携帯電話: 090-1629-3004
HOMEPAGE

抹茶のケーキとアイスクリーム・静岡市・ななや静岡抹茶SWEETS FACTORY!

抹茶ジェラートNo8!

藤枝市にある丸七製茶株式会社がななや店を営業している。
藤枝市砥静岡市に2件を持っています。
今回のレポートは静岡市にあるななや店についてです!

静岡市葵区青葉公園で見逃がせないね!だってお茶の緑!

ななやのなな・・・やっぱり丸七の七ですね!

自分がそう思っているが・・・抹茶の緑色は世界中の一番綺麗な緑色です!

その抹茶は全て藤枝市岡部町の茶圃のお茶から作られている!

抹茶のシュークリームなで提供している!

本当に綺麗な店!衛生が素晴らしい!

Ichinose・イチノセの健康な加工品も提供している!

テレビを絶対見てね!色々な勉強になります!

でしょう・・・!?

素敵な茶碗も売っている!

健康なケーキも是非見てね!

しかしやっぱり僕がアイスクリームに弱い!

アイスクリームが一番美味しい“罪”かな・・・!?

抹茶の内容量によってレベル1~8がある!

店の中の椅子の上に座りながらアイスクリームをゆっくり楽しめる!

やっぱりレベル8を選んだ!
こんな素晴らしい濃い緑色が大人気!

ななや静岡店
静岡市葵区両替町2-3-1(青葉公園)
Tel.: 054-251-7783
営業時間:11:00~19:00
水曜定休(祝日の場合は営業)

ななや藤枝店・自家製菓子工房
藤枝市内瀬戸下141-1
Tel.: 054-646-7783
営業時間: 10:00~18:00
水曜定休(祝日の場合は営業)
HOMEPAGE
STAFF’S BLOG