タグ別アーカイブ: Breweries

静岡地ビール。酪農王国・伊豆エール

y

三島市函南にあるWind Valley Brewery・ウィンド・ヴァレ・ビールは名前通り(風の谷のビール) 険しい山の間にある谷の中に位置する。そこで特に冬風が穂何に強い!
1997年に創立して真だ“若い”酒造ですけれども名前は段々知られている!

レギュラービールが3種類戸季節ビールも3種類を造っている。伊豆エール葉レギュラービールです!
そのビールが地元の契約で栽培した二条麦を工房内で製麦舌モルト、イギリス産エールモルト・ホップを使用した本格的なエールビールだ!

原材料:麦芽、ホップ、富士箱根系の天然水
内量:330ml
アルコール分:5.5%
活来ていいる酵母!

透明さ:スモーキー・曇っている
色:琥珀
泡:細かい。すぐに消えない
香り:食パン、酵母、薄いオレンジ
味:深くてしっかりしている口当たりにミカン。辛口の食パンで去る。
最初の“ひと口“は複雑ですが段々もっと複雑になる。
ドライオレンジ戸食パンは長く残る。
 段々飲む戸少しずつより辛口になる

コメント:しっかりした満足感のあるジービル!そのままで十分楽しいです亜g勿論ソーセージーとピクルス戸一緒に飲むと美味しい!.
 四季節のビール!

Wind Valley Beer 。風の谷のビール
酪農王国株式会社
静岡県三島市函南丹那349-1
Tel.: 055-974-4211
HOMEPAGE

米久社・森のビール工場。富士燦燦

静岡県でも沢山の人が御殿場ビールを呼びますけれども本当の名前は米久株式会社森のビール工場です。
名前通り有名な米久株式会社が経営者です。

一年中醸造するレギュラーが三種類:ピルス、デュンケルとヴァイツェン。
季節野限定ビールも提供する。
富士燦燦 というビールは最近スパーや色々な店で売るようになりました。
近80mから富士山の水をくみあげてピルスタイプのビールという風に発表されています。

米久社・富士燦燦

内容: 300ml
アルコール分: 5%
水:富士山の湧水

透明さ:非常に透明
色:金色
泡:細かい。早く消える。
香り:軽い。パン。ホップ。
味:予想外両方ともにしっかりでソフト。
パン。少し野ミカンが現れる。
両方ともにリフレッシュで満足感。
バランスが優れている。

コメント:夏にも冬にも満足感を提供する面白いビール
     どんな食事に会うビール。
 予想外美味しかった!

米久社 森のビール工場
静岡県御殿場市保土沢字炭焼沢1015-1
Tel.: 0550-89-7611

クリケットの選手は美食愛好者です!


The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ

クリケット(他のスポーツも)の選手には世界中でただジャンク・フードの山を食べながら安いビールを飲むばかり評判がある。しかし皆がクリケットの選手である友達と私がちょっと違います!
先週土曜日夜東京から来てくれたPredators Cricket Clubの選手と一緒に静岡市で外食しに行きました
一日がかかった長いクリケット試合(私がずっと仕事だったけれども)の後友達が喉臥からからとお腹がぺこぺこのため最初にCaffetteria Il Cuoreでやっぱりビール沢山を飲みながら美味しいピザとパスタをがぶがぶ。
遂に安心して残る七人が(数人が寝たくて仕方がなく姿が消えた。。。)そろそろ日本料理をゆっくり楽しむ所を探した。
最初に言った”おだっ喰い”が満席。。。電話をかけて”花音”も満席。。。どうしょうううう?
幸い”おだっ喰い”の親方が”野菜亭”に電話してくれスタッフに無理させて店を我々のためだけ残業させました!

私達の連取は本当に国際的:Australia人が2人(アンドルーとジェッフ様)、Sri Lanka人が2人(チャヌカとアサンカ様、South Africa一人(フランソワ様)、Japan一人(フランソワ奥さん)とFrance一人(私)!
結果的に野菜亭へ行けまして良かった。スリ。ランカの友達が赤肉を食べないからね!
他の三人がビールを飲み続けた一方フランソワが浜松酒造の”どまん”米焼酎を飲んでアンドルー、ジェッフと私がやっぱり静岡地酒を注文した:神沢川酒造の正雪(由比町)、磯自慢(焼津市)と花の舞(浜松市)!
とy今日から来た友達がホンマに泣くぐらい楽しかった!静岡県で葉こんな酒があるなんて!
お酒が好きな人やっぱり美味しい物を食べたいね。スリ。ランカの友達のために特別の野菜のちゃはnを造っていただいた。彼らの顔が光ってた!アンドルー等は揚げ豆腐や唐揚げ鶏(二回!)枝豆(外国人は皆が食べたくて仕方がない。。。)をグングン食った!面白いのは”オトウシ”は大人気:冷豆腐+湯葉+水母!

やっぱり帰る前に写真時間!Vサイン!遅くまで働かせてごめんね!

でもやっぱりアンドルー、ジェッフと私がスポーツ選手ですから最後に外国人バーでイギリスのAbbotビールを飲みに行った!

やさい亭
静岡市葵区常盤町1-6-2グリーンハイツ。ワモン1-C
Tel.: 054-2543277
営業時間:17:30~22:00
定休日:日曜日
予約した方が良い!

Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet

限定三島焼酎!:チットラッツ


The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ


(静岡新聞・2008年4月29日)

三島特産の甘藷(かんしょ=サツマイモ)と湧き水を使ったご当地焼酎「チットラッツ」(方言で「少しずつ」の意味)が出来上がり、5月10日から販売することが決まった。糖度が高い芋を原料に静岡酵母も使い、香り高い焼酎に仕上げた。
藤枝市の杉井酒造・醸造が造った限定の焼酎(800本)です。
三島市出身の女性によるモダンなラベルを張った。販売や提供は市内限定。来年は三倍程度の製造を予定している。
”チットラッツ”という名前はその名の通り、”じっくり味わってほしい”と背いつ名されました。
500cc入りで1,500円(税込み)。問い合わせは三島商工会議所<電055(975)4441>

Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet

静岡地酒:根上酒造。金明

kinmei2.jpg

金曜日10月26日御殿場駅には雨が降りました。でも雨が嫌いわたしが二つの理由の陰で心が明るかった:
kinmei1.jpg
一つは駅には金明の地酒を看板に発見!
もう一つは根上陽一杜氏はご親切に駅まで迎えに来てくれました。
kinmei3.jpg
フランス製Peugeot車(嬉しいね!)蔵まで乗せていただいて本当に助かりました!
根上酒造は富士山を上って550m高い位置にするかrね。。。実際は30年目に御殿場駅から水が汚いから離れた。
kinmei4.jpg
現在70mまで彫られた井戸から美味しい湧き水を利用して純米だけの地酒を造っている。
”純米だけって?”
蔵の杜氏になる前に葡萄酒を研究した根上様は次ようにこたえてくれました:
”葡萄酒だったらポートのようなクックド。ワインいがいアルコールを加えるわけはないでしょ?だから酒を変化させる気がありません!”
私どもこんな勇気のある心を尊敬する仕方がありません!つまり大変なリスクを取る:他の酒造と比べれば製造する酒種類は半分だから!それに金明の地酒はとても美味しい!
kinmei5.jpg kinmei6.jpg kinmei7.jpg kinmei8.jpg
根上杜氏は二人のスタッフが助けて家う時以外一人で自分で考えた伝統のと現代設備を使いながらさけを造っている。何回も”すみません、ちょっと汚いですから許して下さい”を言われてどうしてか酒造はピカピカだと思っており増しいた。綺麗にされた根上酒造はちょっと想像できません(笑)!
根上酒造は1870年代当時根上家の次男が創立した(長男はビールにしか興味持てかったそうです。)。元々の五件の酒造のなかで根組み酒造しかのこらない(戦前の春海酒造、戦後の山中酒造、富士自慢酒造と富士位置酒造)。
金明(富士の水)以外泉の館(清水町)と金太郎の里(小山町)とゆプライヴェーットブランドを造ります。
根上酒造金明地酒はつぎの方法で販売されちます:
根上酒造

株)根上酒造店
〒412-0046 静岡県御殿場市保土沢850-4
TEL:0550-89-3555
FAX:0550-89-7588

インター店 食彩の蔵
〒412-0043 静岡県御殿場市新橋737-3
TEL:0550-82-5000
TEL:0550-82-0009
FAX:0550-82-0367

またはHOMEPAGE

勿論東京の”地酒友達”の会のために金明地酒を買いました!又根上様に会う期待しますね!

英語を読めれば次のブログを是非ご覧になって下い!
Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet

静岡地酒:志田泉ーひやおろし。普通酒ー原酒

shidaizumi-futsu.jpg

遂に藤枝市にある志田泉酒造の清酒ー普通酒を手に入れた!下のコメントを読んでいただけばどうして静岡県産普通酒に特別なランキングが必要すると賛成していただけると尾見ます!

志田泉ひやおろし清酒ー原酒
アルコール分:18度
麹米:五百万石(富山県)20%
掛け米:ひとめぼれ(山形県)80%
精米歩合:65%(贅沢すぎる?)
酵母:静岡県酵母NO-2
日本酒度:+4
酸度:1.3

透明さ:非常に透明
色:殆ど透明
香り:軽い。米
ボデイ:飲みやすい
味:しっかりしている味。ビターチョコレート。美味しい酸味

コメント:驚くべき美味しい普通酒。まあ精米歩合を見ると当然かもしれない。。。
     美味しい酸味。どんな食べ物と美味しく飲めます。
     静岡県産普通酒の新ランキングを考える基準としてう使うべき!

英語を読めれば次のブログを是非ご覧になって下い!
Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet

静岡居酒屋:馬居面

umaizura7.gif

馬居面(実際”馬”は店や住所と親方の名前に見つける!)は案内してくれる人が居ないと見つけられない隠れやせす!
運が良くて小山様とゆ新しい友達が連れてくれた!

umaizura1.jpg umaizura4.jpg umaizura5.jpg

店を遂に見つけて入ると典型的な日本居酒屋を発見!伝統とアンチークの家具がいっぱい。そこに入る外人の方が盗みたくなる(笑い)!堀立つ日本間とかうんたーで席を選んでゆっくり頼ますね!今回おでんが見えるカウンターからはなれて堀立つ席の畳部屋に座りました。

umaizura6.gif

刺身の盛り合わせを見ると小長井知馬親方は馬居面を8年前に開店してから新しい常連がどうしているか欲解ります。
刺身だけ出なくて料理も美味しくて日本人も外国人も絶対喜ぶ。

umaizura3.jpg umaizura2.jpg

でも。。。やっぱりもう一つの重要な繰る理由は静岡地酒です!

初亀(岡部町)
喜久酔(藤枝市)
花の舞(浜松市)
磯自慢(焼津市)
小長井親方と話したほうが良い:酒のリスト雅欲変わるからね。

次おでんを食べに行きたいから次の記事を期待してね!

馬居面
静岡市葵区馬場町39-3
Tel.: 054-2713636
営業時間:17:30~?
休み:日曜日

英語を読めれば次のブログを是非ご覧になって下い!
Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet