タグ別アーカイブ: Bistro

ワイン食度:Kichi To Naru Kitchen・静岡市!

SN3O4269

サービス:笑顔で親切で親しい
設備:全面的に非常に綺麗。素晴らしいお手洗い
値段 リーズナブル
得意 非常に新鮮な地元の野菜を使用する。ビストロ風の健康的と満足になる料理。一日中ワインを飲めます!

最近静岡市に段々新しいコンセプトのレストランが開店されます。どんな“財布に会える”リーズナブル値段だけでなくモーだーンな環境でのんびりに地元の材料を含む美味しいくて健康的の国際的料理を楽しめるというコンセプトです。

SN3O4265

静岡市の一番新しい店が実際富士市にあるKichi To Naru会社の三件目のレストランです。

SN3O4249

そのレストランが夏の暑さも冬の寒さからも逃げる事が出来る非常に綺麗と入りやすいころです。

SN3O4247

美食が主にイタリア風ですけれども日本とフランス料理を含む現代のビストロのFusion風の料理です。

SN3O4248

一人だったらキチン内働くシェフ達を見ながら食事を楽しめます!

SN3O4246

ランチにも色々なメニューの中から選択する事が出来ます!
僕の最初のランチに(富士市在)長谷川農産の魔手ルームが入ったミルクライスのカレー(リゾット風)を注文しました。

SN3O4250

新鮮な野菜と豆のサラダと・・・

SN3O4252

ポタージュと一緒に提供されている。

SN3O4251

典型的な日本料理のコンセプトのミルクライスのカレー!

SN3O4253

外国人のも発見!カレーソースにぴったり!

SN3O4267

二階目のランチにトマトソースと揚げ茄子のクリームパスタヲ選んだ!

SN3O4268

やっぱり美味しいイタリア風の一品!

SN3O4269

とても健康的のアルデンテスパゲッティ!

SN3O4254

デサーと葉k¥自家製のティラミス!

喫茶とディナーの時の記事を期待してね!

Kichi To Naru Kitchen
シェフ:荻原諒山
静岡市葵区七間町5-8ミラエ七間町1F
Tel.: 054-255-5036
営業時間:11:00~23:00(金・土曜日~24:00)
定休日:月曜日
HOMEPAGEとBLOG

その他:
Kichi To Naru Kitchen(居酒屋)
富士市高嶺11-9
Tel.: 0545-57-0111

Kichi To Naru Izakaya(ワイン食堂)
富士市瓜島108
Tel.: 0545-53-0187

広告

静岡県農産物:可愛い“口ひげと眉毛のウサギ”のCappucino・カップチーノ・Patina・パティナ静岡市Before & After!

SN3O2885

サービス:非常に親切で笑顔
設備:非常に綺麗。素敵なお手洗い
値段:リーズナブル
得意:ゆっくりしながら美味しい食事か飲み物だけでも一日中楽しめる本物の伝統の喫茶店。興味深いリーズナブルワインリストとフランス産シードル。

静岡市にあるPatina・パティナで沙緒里ちゃんが造ってくれたCappucino・カップチーノ!

SN3O2886

このウサギを述べる事はちょっと難しい!

SN3O2887

どう思う:口ひげか美人の眉毛ですか?
まあ別の名前もできるだろう:耳で飛んでるウサギ?

SN3O2888

この小さいハート葉誰のためにかな・・・?笑い

PATINA, Café & Brasserie・パティナ
静岡市葵区伝馬町17-9
Tel.: 054-266-9500
営業時間:食事は11:00~21:30 (LO)月曜日~土曜日。10:00~22:00(LO)日曜日
定休日:火曜日
カードOK
BLOG
15:00間で完全禁煙!

フランス料理・Caravin・カラヴァンのテリーンヌ・静岡市!

SN3O2874

サービス:一寸恥ずかしがりが非常に親切
設備: 全面的に非常に綺麗。素晴らしいお手洗い
値段:リーズナブル
得意:本物の伝統のフランス・欧州風のビストロの料理。優れている野菜値段野ワイン野リスト

フランスでも日本でも世界でもフランス風のビストロの伝統の料理の一品はテリーンヌ化パテですね!それだけ食べればシェフの腕を解ります!
其の理由で静岡市葵区にあるCaravin・カラヴァンが頭の中に残ってしまう!

SN3O2785

メニューを良く読んで!季節によって小野田シェフ臥ずんずん出すからね!
次はただ沢山の作品の中のいくつかの例です!

SN3O2781

Now here is a terrine that not many chefs dare to tackle in Japan!
日本人のシェフ臥あまり挑戦しない:豚の耳のテリーンヌ!

SN3O2782

とても美味しいが日本人には豚のジェリー臥あまりなじみがないかもしれないね。実際美味しい野菜と一緒に提供しますからバランスが優れている食事になります。

SN3O2784

それにもちゃんと肉臥有る!
止められない!

SN3O2787

野菜テリーンヌが大大大好きです!
小野田シェフの野菜テリーンヌが本間に美術見たい!

SN3O2786

又綺麗なでサインだけでなくバランスが優れている美食!

SN3O2790

タプナード!南フランスに旅見たい!

SN3O2789

他のアングルから見ると・・・!

SN3O2788

やっぱり素晴らしいルッコラと椎茸の風味臥大切です!

SN3O2794

少しずつ壊してそれぞれの材料を食べて楽しい!

SN3O2874

パテ・デゥ・カンパニュ!
実際テリーンヌ・デゥ・カンパニュを呼ぶべき!
フランスの一番有名な伝統料理!

SN3O2876

横からベーコンの包みを見える!勿論ディジョンマスタードとコルニションと一緒に出してくれる!

SN3O2877

フォワーグラ!

SN3O2875

黒コショウの仕上げのお陰で完璧!

SN3O2878

テリーンヌという料理は肉や魚と野菜だけでなくスバrしいデザートも成る!チョコレートと胡桃のテリーンヌ!

SN3O2879

他のアングル見ると・・・!アイスクリームとその結婚(組み合わせ!)!

SN3O2880

柔らかいチョコレートとカリカリの歯ごたえの胡桃の組み合わせ臥びっくり!

どうですか?納得しましたか?笑い・・・

CARAVIN・カラヴァン
静岡市葵区鷹匠2-25-17
Tel.: 054-246-3539
営業時間:16:00~24:00
定休日:月曜日
カードOK

フランス風美食と美術:ホロホロ鳥とTaku Yamada・Foyot展覧会・ Patina/パティナ・静岡市!

SN3O3422

サービス:非常に親切で笑顔
設備:非常に綺麗。素敵なお手洗い
値段:リーズナブル
得意:ゆっくりしながら美味しい食事か飲み物だけでも一日中楽しめる本物の伝統の喫茶店。興味深いリーズナブルワインリストとフランス産シードル。

展覧会所なら大きいビストロがより有利な立場に立つ!静岡市葵区にあるパティナに丁度今地元の若いアーティストの作品が展覧されている!

SN3O3426

Taku Yamadaアーテイスト、金子マネージャーと近藤シェフ!

Taku Yamadaさんはナイフかローラーしか使用しないアーティストです! 3月4日まで展覧されていますから是非美味しい食事しながらまたはゆっくり飲みながら彼の注目するべきの絵を見に来て下さい!

SN3O3394

アーティストがメニューまでデザインしてくれました!

SN3O3395

眼乳ーにフランス人が大好きの一品を発見しました:オーブン焼きホロホロ鳥!

SN3O3404

近藤シェフが僕のホロホロチョウヲ焼く間写真を撮るために店をゆっくり訪問しました!

SN3O3396

先ず廊下の壁に掛かれてある絵を見おう!

SN3O3398

Taku Yamada山がそれそれの絵に名前を付けたが僕の印象を伝えさていただきます!
“夏の色”?

SN3O3399

“自然のモザイク“?

SN3O3400

火の関門“?

SN3O3401

“霧の中の雨“?

SN3O3402

“花”!

SN3O3403

二ヶ国語のアーティストの紹介と挨拶!

SN3O3405

“牧場“?(お手洗いの中で!)

SN3O3406

カウンターの前に通てレストランに戻って・・・

SN3O3407

“宇宙のなかのノーヴァの雲”?

SN3O3408

“窓から見えた夕焼け”!

SN3O3410

又“花”!

SN3O3411

金子マネージャーが書いた鏡のワインメニュー!

SN3O3412

“白日夢“?

SN3O3413

ベンチの席の上の先の二枚の絵と鏡!

SN3O3414

アンティーク野中に又花?薔薇?

SN3O3423

ランチが遂にできた!
メルロの葡萄のワインの一杯をいただきます!

SN3O3416

先ずアサリのコンソメスープ!

SN3O3422

フランス産のホロホロチョウ・オーブン焼き!

SN3O3418

甘いヴィネガー砥マスタードソースのホロホロチョウのその皮と一緒に焼かれた“脚“!

SN3O3419

カリカリに焼かれたパンとレッドムーンジャガイモ!

SN3O3420

ベアルネーズ風の野菜!

SN3O3421

勿論沢山の葉野菜!

精神にも身体にも最高(最適!)!

PATINA, Café & Brasserie・パティナ
静岡市葵区伝馬町17-9
Tel.: 054-266-9500
営業時間:食事は11:00~21:30 (LO)月曜日~土曜日。10:00~22:00(LO)日曜日
定休日:火曜日
カードOK
BLOG
15:00間で完全禁煙!

フランス料理のランチ・ビストロ岡村・静岡市!

SN3O3279

サービス:非常に親切ですけれども一寸恥ずかしがり
設備:元日本の伝統のレストランの中ですけれども全面的に綺麗。可愛いお手洗い。
値段:リーズナブル
得意: 魚と海の幸!主に地元の海と地の物を使用する。リーズナブルなワインリスト。
完全禁煙!個室有

岡村卓明シェフが二年前に静岡市葵区鷹匠に移動いた!

SN3O3284

元のン本伝統料理のレストランだった。

SN3O3285

中はそのままでリーフォーム無し!日本の雰囲気のフランスビストロ!素敵!

SN3O3266

カウンターの上にビストロ岡村のエンブレムが掛かれている!

SN3O3283

有名な日本画見たい!

SN3O3271

この絵を盗みたくなる・・・笑い!

SN3O3267

一階に5人が座れるカウンターか2=8人が座れる畳又掘り炬燵の個室を選ぶ事が出来る。又二階にもう二つの個室がある・皆が完全禁煙です!

SN3O3268

三つのランチメニューから選択する事が出来る。
ビストロ岡村が静岡の唯一の魚のビストロです!

SN3O3265

テーブルセッティング!
ホークやスプーンとナイフも提供されている!
さてと、何をいただきましたか?

SN3O3269

前菜!

SN3O3270

人参のムースの上に海栗、甘エビ、魚のムース等!

SN3O3272

暖かい野菜の前菜!

SN3O3273

白いウィン蒸しの葱!

SN3O3274

魚の料理!

SN3O3276

静岡産の太刀魚!
ポワーレ、アンチョビーソース和え!ミニ野菜との組み合わせは完璧!

SN3O3277

ブイヤベース!

SN3O3278

南フランスよりも一寸マイルドですけれども美味しい:鰤、車海老、牡蠣(x2!)、アサリ、帆立貝砥葱!
スープの中に付けたかったからライスよりも勿論パンを要求しました!

SN3O3280

可愛いデザートと紅茶!

SN3O3281

フヤンティーン・feuillantineの下に何が有るかな?

SN3O3282

自家製の向日葵蜂蜜のアイスクリームと地元の苺!贅沢!

今度勿論ディナーに会いましょう!

BISTRO OKAMURA・ビストロ岡村
静岡市葵区鷹匠1-5-2
Tel.: 054-669-2087
営業時間: 11:30~14:30, 17:30~23:00
定休日:日曜日、下超美のランチタイム
カードOK
カウンター:5席。個室x4(~8席)
完全禁煙!

フランス風デザート・タルト。Patina/パティナ・静岡市!

サービス:非常に親切で笑顔
設備:非常に綺麗。素敵なお手洗い
値段:リーズナブル
得意:ゆっくりしながら美味しい食事か飲み物だけでも一日中楽しめる本物の伝統の喫茶店。興味深いリーズナブルワインリストとフランス産シードル。

ケーキならどうしてかタルトを食べたくになる!
子供から楽しんだケーキの味を一番思い出せるケーキです!
フランスでは一番典型的な季節野ケー系です!

タルトを食べたかったら必ず静岡市葵区にあるPatina・パティナを訪問して大きいなcappucino・カップチーノを飲みながら食べる!
下に最近自分が美味しく食べた二種類をしょかいさせていただきます!

一般的にタルトヲも一回軽く焼いてアイスクリームと一緒に出される!

カリカリのpate sucree・パートスクレの中にmarzipan・マルジパンで詰めて上に果物を乗せて焼く!

仕上げとして美味しいコンポトの林檎やエレガントなカスタードソースとミント!

可愛いcappucino・カップチーノと一緒に出してくれたタルトの二種類目.
果物はなんだろう?

林檎や無花果とバナナ!

本間に美味しいそう!

”罪”似なるカスタードとカラメルのソースとアイスシュガーのエレガントなデザート!

暖かいタルトとアイスクリームの結婚は最高!

最後にパン生地をゆっくり食べる!

PATINA, Café & Brasserie・パティナ
静岡市葵区伝馬町17-9
Tel.: 054-266-9500
営業時間:食事は11:00~21:30 (LO)月曜日~土曜日。10:00~22:00(LO)日曜日
定休日:火曜日

BLOG
15:00間で完全禁煙!

カードOK

フランス風ビストロ・居酒屋Chez Satsukawa・シェ サツカワ 静岡市!

サービス:非常に親切プロ
設備:全面的に非常に綺麗。素晴らしいお手洗い。
値段:リーズナブル
得意:居酒屋風の伝統フランス料理。優れている地酒とワインのリスト。主に地元の材料を使用する。

Chez Satsukawa・シェサツカワは僕にとって静岡市で一番長く付き合ったフランスレストランです!

1989年独立する前にChez Chinoisですでに薩川富雄シェフを知り合った!
現在のレストランが又新しい住所に移動してコンセプトは”Bistronomie。ビストロノミー”、ようするにフランス風の居酒屋です!
簡単に説明させったらフランスと日本(中国も云える!)のビストロと居酒屋のコンセプトの組み合わせです!
一人だったらカウンターに座れば良いし誰かと一緒に一寸上品な雰囲気の中で食べ買ったらエレガントな部屋のテーブルの席を選べば良い!

メニューが可愛い!非常に解りやすい!

その日のスペシャルヲ必ず調べてね!

いざ伽と同じようにお通しが提供されているがフランス風のお通しです!

日本風の大根のピクルスとキッシュ!

牛蒡と胡瓜!

勿論一回で全部を味わうのが無理ですけれども絶対シェサツカワ風の中華風の刺身サラダSalade de Poissonを注文して!

今回魚が静岡県産の平目だった!

食べる前に自分で混ぜて出して!

勿論フランス風ビストロのクラッシックヲ期待してね!
上は静岡県産の猪のテリーヌ!

上品なフワーグラーが含まられているから贅沢!

シェサツカワの鴨も絶品です!

パンケーキとソース!

鴨の薄い切れと微塵切り野葱!

エーヴワラー!(フランス語で出来た!)
指巻きを巻いて根!

ジャガイモの愛好者のために無農薬野レッドムーンの”Frites・フライポテト”。又絶品!

お腹がペコペコだったら寒い冬にオーブン焼き焼きカレー!

インド風かアメリカン風かフランス風の料理かな・・・やっぱりフュージョン野料理ですね!

続く・・・

CHEZ SATSUKAWA・シェサツカワ
420-0852 静岡市葵区紺屋町4-9、松永耕哉町ビル2F
Tel.: 054-205-5133
営業時間:12:00~14:30, 17:30~23:00 (日曜日:22:00)
定休日:月曜日と火曜日のランチ
かーどOK
HOMEPAGE