タグ別アーカイブ: Asian

フランス風美食・Restaurant Bio-S・レストラン ビオス・富士宮市!

サービス:笑顔でプロのサービス。細かくて素晴らしい説明。熱心!
設備:非常に綺麗。素晴らしい男性と女性用の御手洗い!
値段:品質で考えれば本当にリーズナブル!
得意:主に地元の野菜や肉と魚を使用する。野菜は主に自分で栽培する有機の物。2週間ごとにメニューが変化する!

地図

富士山のふもとで3年間前に富士宮市に開店されたRestaurant Bio-S・レストラン ビオスヲ尋ねたがった!

悪い天気でも富士山が美食と美酒を楽しむ客さnを守る!

先日遂に訪問する機会を捕らえました!フランスのアンティーブ市から来た二人のフランス人のジャーナリスト、Camille Oger・オジェ カミユととJulien Morello・モレロ ジュリアンさん( 上野写真で松木一浩のそばに立っている)と一緒に富士宮市でBio Farm MatsukiとRestaurant Bio-SとBio-Deliと静岡市でComptoir de Bio-Sの経営者である松木一浩さんを取在させていただきました!

フランスと同じように外で発表されているメニュー!
長崎市で生まれた松木一浩さん(フランス語がペラペラ!)二年間パリのホテルニッコで働いて2000年に静岡県(奥さん臥静岡市の中心です!)富士宮市に来て有機栽培を始めた。2009年に遂に有機野菜の美味と健康を広く知らせるためにRestaurant Bio-Sを開店しました!

松木一浩さんと兵庫県生まれ若い力がいっぱい(猟師の免許を持っている!)川崎芳範シェフ!

玄関!

フランス産2CV Citroen車!

プレートナンバーが富士山で登録されている!

玄関でBio Farm Matsukiの有機野菜が販売されています!

色々な本を書いて色々な雑誌で現れた松木一浩さん臥全国でゆうめいですね!

説明がいっぱい!

デグソタションの美食の昼食を楽しむテーブル!

松木一浩さんが親切にサービスしてくれましたシャンペン!

勿論野菜が主食です!
さてと・・・何をいただきました?

この有機のやミントとローズメリーが飾りですが是非味わって!

ハーブのミニクロワッサン!

本当に可愛い!

ローハムが先ずスペインから輸入されて長い間レストラン内熟成されています!

松木一浩さんが自分で来て出してくれました!

ローハムと有機葉野菜サラダ!

別のアングルから見て!

鶏肉とマッシュルームのテリーヌ!写真を撮るために我慢する事は大変だった!

鶏肉が富士宮市で青木さんが生産して物でマッシュルームが富士市で長谷川さんが栽培した物です!

自家製の胡桃パン!

最初の魚の料理:クレッソンソースで調えた岩魚・イワナ!

石魚は富士宮市岩本さんが育った魚です!炒め・焼く前に一寸スモークされている!

クレッソンは全部富士山から流れている川で自然に成長したものです!

二番目の魚の料理:鱸と日本エシャレット!

鱸派駿河湾で釣られた!

日本エシャレットはカリカリ焼かれたBio Farm Matsukiの有機野菜です!

お肉料理の前に御口直しとして美味しい有機人参のポタージュ!

お肉料理:富士宮市岡村牧場の富士山和牛とBio Farm Matsukiの有機野菜!

野菜を見るために別のアングルから見て!

野菜の中に人参やレッドム0ンジャガイモや菜の花や筍や蕪と大根!

美食のお肉:富士山和牛。2006年静岡県農業経営士に認定された岡村さんの和牛です!
天国!

デザート:お前に又御口直しとして美味しいスルガエレガントミカンの冷や下スープ!

デザートを選ぶ前にそのデザートの材料を紹介してくれました。勿論皆を注文した!

スルガエレガントミカンの冷やしたスープに同じの材料のムース。その上にヘーゼルナッツとダークチョコレートチップス!

有機人参のクレームブルレとカーダモンのシェルベット・アイスクリーム!

富士宮市にある富士錦酒造の大吟醸の酒粕のブランマンジェとキウイソース!

静岡産抹茶のムースケーキと金柑のシェルベット!

最後に(別バラは本当にギリギリ!)エクスプレッソや紅茶とミニュアルディーズ!

小豆と抹茶のカステラと柚子マカロン!

松木さんと一緒に岡村牧場を訪問する前に松木さんが自分のお客さん野ために栽培する有機野菜の“庭”を覗きに行きました!

又土に植える間に注意深く苗を育っている!

松木さん砥スタッフが一所懸命育っている!

玉葱!

レストランで本当に沢山の葉野菜を使用する!

蚕豆!

勿論混同の取在のテーマがその有機の野菜の栽培です!

RESTAURANT BIO-S
419-0303富士宮市大鹿窪939-1
Tel.: 0544-67-0353
Fax: 0544-67-0098
営業時間: 11:30~14:30, 17:00~20:00
いぇい旧日:火曜日夜砥水曜日
特に夜に予約下方が良い!
カードOK
8台の車のパーキング有り
HOMEPAGE
全面的に禁煙!

広告

居酒屋・Table Ribbon結・静岡市

サービス:非常に親切で笑顔、生き生き!
設備:綺麗。サイケデリックな御手洗い!
値段:リーズナブル
得意: T典型的な居酒屋の食事と飲み物。遅くまで営業!

地図

時々(実際できるだけ!)静岡の高級のレストランを忘れて日本風の伝統の居酒屋でのんびり友達と一緒に食べたり飲んだりすることはやっぱり楽しい!
静岡市ではそういうところが遅くまで溢れる!
年砥仕事にも変わらず先日男性と女性の方が良く行くところを訪問した:静岡市葵区に Table Ribbon結!

面白いグチャグチャに飾られた居酒屋!席を選ぶだけで楽しい!
御手洗いを絶対に見てね!クレージー!

メニューが筆で書かれたが外国人の客に一所懸命に説明してくれる!

先結った通り典型的な居酒屋の食事:パスタから・・・

煮込み物・・・

ソーセージの唐揚げ・・・

常温の地酒をティーポットで出す!

美味しいホレンソウの玉子焼き!絶品!

水餃子も本間に美味しかった!

外国人も大好きもやし!

勿論静岡風の焼きそば!

本当に忙しい所ですから週末に予約した方が良い!
男性の方に女性の方にも二歩人の方にも外国人の方にも楽しい!

TABLE RIBBON結
420-0044静岡市葵区西文町1-22宅間ビル1F(静岡JR駅北口から歩いて5~10分)
Tel.: 054-8670-1937/090-8670-1937
営業時間:17:00~02:00
定休日:月曜日

2012年度静岡祭の屋台と踊り子!

団子を売る可愛い女性の方!

この三日間毎年のように静岡(市・駿府)の祭臥開催されました!
年々少しずつ盛り上がりますが静岡市県の政府でなく主に民間のおかげで・・・
とにかく昨日は短期臥晴れた日曜日だったから一寸写真集を撮る気になった!

先ず駿府城公園に行きました!

屋台に訪問者が膠着した”スクエアー“の空間の玄関を通りました。

駿府城公園の地図を良く見て・・・!

障害子供の伝統音楽団!

太鼓の女の子がしぶとい!

日本では太鼓が子供に大人気!

暇で相変わらずのんびりする静岡市のお巡りさん・・・

この城はなんだい?

巨大な子供用のエアークション遊び!

人力車!

静岡市春桜花ともいえる!

再起こんなファッションがはやっている!

花見パーティー!

弁当の屋台!

日本風の田舎の地元の食事材料の屋台!

ヨモギのパンケーキ!

静岡おでん!

つぶあん萬従!

シズオカ風のお好み焼き!

子供のために!

やってみるかい?

静岡県産開物:桜海老とシラス!

世界中の子供たちが大好き!

又静岡おでん!

ゴミ箱がちゃんと用意されていた!

やっぱり着物が可愛い!

お好み焼きの揃い!

日本風のソフトクリームが色々!

韓国風の唐揚げ鶏!

おんちと黄粉の和菓子!

又お好み焼き!

違うんだてば・・・!カンガルー焼きじゃない!

静岡県が苺で有名ですね!

日本人もハンバーガーが大好き!

焼そば!

静岡県産の有名な初亀の地酒!

たこ焼き!
休憩を取って先の地酒を飲みながら食べた!

炭焼きのあやめとあゆ!

団子!

広島風のすわがに天とにぎり天!

宇都宮風の餃子!

玉蜀黍!

ミニお好み焼きかな?

又静岡風のお好み焼き!

ソーセージ!

巨大な佐世保風のハンバーガー!

焼き鳥とおでん!

ヒッピーのソフトクリーム?

遂に青葉公園通りに移動しました!
又子供用の巨大なエアークッションの遊び何処!

市役所の前!公務員の子供さんたちがいっぱい来た見たい!

遂に市役所の前の”広場通り“煮踊った団体を邪魔しに行った!

セクシーな踊り子!写真臥一寸ボケてる・・・どうしてかな?

自分の番を待っている母娘!

日本人は写真が大好きですね!しかし低い太陽の光臥邪魔・・・!

あれ!男もいるの?笑い・・・

自分が一番気にいったコスチューム!

最後の写真!

他の地元の祭を探しに行きましょう!

イタリア美食・SOLOIO・ソーロイオ・“春のオヤツ”!

このリゾットは何でできましたかな?
下に答えを読んでね!

サービス: プロで非常に親切
設備:全面的に非常に綺麗。素晴らしいお手洗い。
値段:リーズナブル
得意:できるだけ新鮮で地元の材料を使用する。伝統と現代イタリア料理を旨く合わせる!リーズナブルの値段のワインのリスト。遅くまで営業してくれる!

何回も静岡市葵区にあるSOLOIO・ソーロイオを紹介しましたが遅い仕事の休憩に良くワインを一杯飲みなgら一品の料理を食べに行きます。
最近食べた“オヤツ”を紹介しましょ!

このサラダがシェフの御隣の奥さん臥栽培している有機のルッコラのサラダです!
静岡県では一級のレストランがあまり輸入野菜をあまり使わない。大量栽培の野菜を全然使わない!

綺麗なルッコラ乃葉っぱ!本当に大きい!それにしてもカリカリで美味しい!ドレッシングをほんの少し付ければ十分!天国の健楼的な食事?

橙色のトマトも静岡市産物です!

SOLOIO・ソーロイオのリゾットでできるだけ季節の材料臥使用されています。
先日加藤武彦シェフに”秘密“を説明していただきました。
次ように答えてくれました:
“どんなシェフが優れている材料を使えば美味しいリゾットを作れます。腕の差が出しです!
とても良い返事でしたが出しの秘密を勿論教えてくれませんでした!
上のリゾットはなんで作られていましたか?

静岡県産の菜の花砥北海道産の毛蟹!
贅沢!

次は上野クリーミーなリゾットはなんで作られているかな?

蚕豆とイタリア産のタレジョチーズ!

加藤武彦シェフが次できるだけ遅くか暇の時に来てくれないかと尋ねた・・・質問が多いからね!それにしても殆どいつもメニュー外のリクエストですから・・・

続く・・・

SOLOIO・ソーロイオ
420-0858静岡市葵区伝馬町9-7北1
Tel./fax: 054-260-4637
営業時間:16:00~24:00
定休日:月曜日
カード可
パーティは是非!
20:00まで全面禁煙!

静岡県産チーズ。Queso Fresco・ナチュラルチーズ・Jean Sabedora Garcia・ジャン サベドラ ガルシャさん・静岡市清水区Before

日本産のチーズがないと誰が言ったか?
実際特に北海城でチーズが沢山作られている。静岡県でも結構に前から特に東部で作られている。それに加えて沢山の生産や臥スモークチーズも作る・・・

でもでも!静岡市清水区で牛乳のチーズの生産者を発見しました!

Jean Sabedora Garcia・ジャン サベドラ ガルシャさん(取材する時にスペルを知らばなきゃ・・・)が南米風のフレッシュタイプのチーズを作るペール人の方です。

そのチーズがはっきりラベル通り牛の殺菌乳や食塩や塩化Caとレンネットで作られている。

賞味期限まで発表されている!保存方法は10度で冷蔵保存です。

Queso fresco (スペイン語)、Queijo Fresco (ポルトガル語Portuguese) 又は”ナチュラルチーズ(日本語)の色は非常に綺麗な白色 でしっかりして切りやすいチーズです。
コンセプトやしっかりさと色はフェタチーズと同じですけれどもより一寸しょっぱいかもしれない(勿論フェタによります!)。
香りが優しくて優れている。
驚くべきバランスが良くて食べやすいチーズです。
牛乳で作られていますができたばかりヤギチーズ近い味です。
そのまま美味しいクラッカーに乗せてかカプレーゼ風のサラダで美味しく食べられる。
でも自分が自家製のパンに乗せてトーストにすれば最適!
静岡県産の絶品!

Jean Sabodera Garcia・ジャン サボデラ ガルシャさん
DEKASEGUI PRODUCTS-JF 食品工業
静岡市清水区港南町1-11-1F
Tel.: 054-537-0374
携帯: 090-65953065

増一酒造。幻い地酒?増一大吟醸!

もうすでにこの一年間静岡市にある増一酒造が休造してもう酒を造れない。
増井伝次郎経営者杜氏が今年49歳の若さでこの世から去って1882年で創立した増一酒造を続ける人はいないため休業になりました。

増井伝次郎杜氏

静岡県の地酒の父である河村伝兵衛さんから伝次郎の杜氏名を得た増井杜氏が三人の志田杜氏の一人だった。
今回味わった地酒は僕が静岡県で探す増一酒造の地酒の揃いの三種類目の瓶です!

大吟醸ですからトップの品種!

透明さ:非常に透明
色:透明
香り:軽い、上品、フルーティー。メロン、パイナップル、バナナ
ボディー:滑らか
味:美味しいアルコールによってバクアップされている口当たりが辛口でフルーティー。
複雑。ミカン、メロン、パイナップル。
早く去る。
辛口のもかわらず非常にエレガントな地酒。
  飲み易い!
二杯目からミカン臥強くなる。
何か食べてもより辛口以外変化しない。

コメント:非常にエレガントな地酒!
 食べ物・料理が合うよりも”邪魔”になるからそのままで飲めば最適です。それにもかわらず贅沢なアペリティフ・食前酒になって白いアスパラのような薄い味の野菜煮ピッタリ!
 明らかにテースティングのため造られた地酒です!

増一酒造。幻い地酒?増一純米吟醸!

もうすでにこの一年間静岡市にある増一酒造が休造してもう酒を造れない。
増井伝次郎経営者杜氏が今年49歳の若さでこの世から去って1882年で創立した増一酒造を続ける人はいないため休業になりました。

増井伝次郎杜氏

静岡県の地酒の父である河村伝兵衛さんから伝次郎の杜氏名を得た増井杜氏が三人の志田杜氏の一人だった。
今回味わった地酒は僕が静岡県で探す増一酒造の地酒の揃いの最初の瓶です!
見つけったら子の記事を是非読んでね!
二種類目です!又他のを探す!

この素敵な地酒の瓶のカップもう見えなくなる・・・

純米吟醸ですからアルコール臥ブレンドされない!

精米歩合:50%
アルコール分:15~16度
瓶詰め:2012年3月

透明さ:非常に透明
色:透明
香り:強い。フルーティー。複雑。
メロン、甘草(かんぞう)。美味しいアルコール
ボディー:滑らか
味:純米の特徴を出しながら口当たりが深くかくてフルーティー。複雑。
  アーモンド、メロン、薄い蜜柑。
  ドライコーヒー豆を出しながら早く去る。
  なん気袈食べてもあまり変化しないがミカンとドライアーモンドが強くなる。
  食べ物から離れてすぐにコーヒー豆砥ダークチョコレートが現れる。

コメント:非常に辛口で上品の地酒!
     洋風でも和風でもどんな料理と上手く合う!
素晴らしいアペリティフ・食前酒になりますが非常に辛口ですからチョコレートと絶対合う地酒です!