タグ別アーカイブ: 酒造

静岡県産地酒:大村屋酒造・重兵衛純米生

静岡県の酒造の中で一番好きなのは限定柄を作るだけでなく静岡県の歴史と文化を守る酒造ですね!
“重兵衛”という名前の限定品は初代から4代目までずっと作られた!

SN3O0215

それに加えて酒米は静岡県産の五百万石です!

SN3O0217

米:百万石(静岡県産)
精米歩合: 60%
アルコール分: ~16度
瓶詰:2014年5月

透明さ:非常に透明
色:すごく薄い金色
香り:ドライでフルーティー。青林檎、杏
ボディー:滑らか
味:強い純米の特徴を出しながら非常にフルーティーで辛口の口当たり
 非常にさっぱりで複雑な地酒です。
  林檎、西洋梨、カスタード、杏
少しのダークチョコレートとミルクコーヒーを出しながら辛口とフルーティーの印象を残して早く去る。
より一寸辛口になっても食事を食べながら飲んでもあまり変化しない。

コメント:非常にさっぱりしている酒で、大村屋酒造で一寸珍しい地酒です。
   辛口でエレガントとフルーティーな地酒です。
   どうしてか二杯目と三杯目に誘う!
   居酒屋でピッタリ!

広告

静岡県産地酒:神沢川酒造・正雪本醸造生原酒

静岡市清水区由比の神沢酒造が結構昔から自分の地酒を300ml瓶で詰めた。すごく便利なサイズで無駄の家でテースティングが最適。
同意味で運び易いのでパーティーやBBQで十分に楽しめる!

SN3O0042

精米歩合: 65%
アルコール分:16~17度
瓶詰:2014年2月

透明さ:非常に透明
色:ほとんどう透明
香り:強くてフルーティー。辛口。西洋梨、カスタード
ボディー:滑らか
味:口当たりが非常に辛口でフルーティー
原酒のアルコールが美味しい。複雑。
カスタード、栗。ミルクコーヒーを少し蜜柑が一緒に最後に現れる。
ほんの少しの間残しながらより甘口で猿。
食事と一緒に飲むとより辛口になる。
自分の特徴をちゃんと守りながら食事にうまく合う。
食事から離れてより甘口に戻る。

コメント:非常にエレガントで、特に本醸造原酒なのに驚くべき複雑な地酒です!
   上品級のバフェットパーティーの時にわざと透明な容器からだしてブラインドテースティングとして友達とお客さんを驚かす地酒です!

ベアードビールニュース&タップルームイベント情報eメール配信サービス(2013年11月22):季節限定販売開始:ウエストコーストウィートワイン

bryan-sayuri.gif

季節限定販売開始:ウエストコーストウィートワイン

タップルームに集う仲間達とベアードビールファンの皆様へ、

11月は、年末のホリディシーズンの気配を少しずつ感じ始める頃ですよね。ベアードブルーイングでは、2001年より毎年このシーズンの始まりを、この特別なビールをリリースして祝っています:ウエストコーストウィートワイン。

新季節限定販売開始:
*ウエストコーストウィートワイン2013(アルコール度数9.5%):

ウィートワインは1980年代にアメリカの西海岸で生まれたスタイルで、カリフォルニア州サクラメントにあるRubicon Brewery Pubで最初に造られたと言われている。イギリスのバーレィワインスタイルが発想の原点にある。ウィートワインは、大麦ではなく小麦のモルトをベースに造られているため、その特徴として、非常にリッチで複雑であると同時に爽やかさも持ち合わせている。それは、まさにアメリカ西海岸のクラフトブルーイングの基盤となっている、ビールに対する比類ない創造性と揺るぎない情熱を象徴するようなスタイルである。ベアードウエストコーストウィートワインは、そのアメリカ西海岸のクラフトブルーイングのパイオニア的な存在の洗練された腕を持つ一流のビール職人や、失敗を恐れないビールの新鋭企業家達へ敬意を払うために毎年醸造されている。

2013年版のウエストコーストウィートワインは、キャラクターモルトを一切加えずに、フロアーモルテッドマリスオッター(45%)、ウィートモルト50%)、そして四国産の小麦を使用した。そのため、少し濁りのある、まるでサンセットゴールドのような美しい色に仕上がっている。フレーバーは、深く、幾層にも重なる小麦麦芽の複雑さと、クリーンでキレのあるのホップの個性(アメリカ西海岸産のホップを限定使用:サミット、ガレナ、シトラ、ソラチエース)が絶妙なコンビネーションだ。充填時には、フレーバーをより複雑に、そしてピリッとした自然な発泡性を生みだすために、クロイズンという製法を用いた。

ウエストコーストウィートワイン2013は、本日(11/21・木)より各タップルームで販売を開始します。樽と瓶(360ml)の両方があり、全国の業務店様からのご注文も本日より承ります(価格帯:Type6)。

また、日本ではあまり馴染みがありませんが、アメリカの感謝祭Thanksgiving Day(11月28日・木)に、各タップルームでは、各店舗の特徴をいかした特別なターキー料理を用意して皆様と祝いたいと思います。各タップルームのブログ等をチェックしてみたくださいね。

乾杯!

ベアードさゆり

——————————————————————————–
ベアードビール、ベアードブルーイング:http://www.bairdbeer.com
ベアードビールE-Shop:http://bairdbeer.com/ja/shop/
お問い合わせ:info@bairdbeer.com

※本メールはベアードビールメルマガに登録しているメールに送信しています。
※メルマガ種別の変更(Textメール→HTMLメール、又はHTMLメール→Textメール)を ご希望される場合は、お手数ですがこちら(newsletter@bairdbeer.com)にメールでお申込みお願い致します。
※本メールに覚えがない方もしくは登録解除手続きを行うためには、 お手数ですが下記のリンクをクリックし解除手続きを行って下さい。
http://bairdbeer.com/ja/newsletter

ベアードビールニュース&タップルームイベント情報eメール配信サービス(2013年09月30):新ブルワリー遂に着工!ベアードブルワリーガーデン修善寺

bryan-sayuri.gif

新ブルワリー遂に着工!ベアードブルワリーガーデン修善寺

タップルームに集う仲間達とベアードビールファンの皆様へ、

多くの皆様が既にベアードブルーイングが伊豆に新しいブルワリーを建てるという噂を聞いていると思います。今まで、皆様にはっきりとお伝えできなかったのは、長期に渡る複雑なこのプロジェクトが100%確かだと言えるまで慎重にしていたからです。やっといろいろな申請や許可が下り、役所からもGoサインが出ました。新たに47名の出資者の方たちがパートナーに加わり、彼らの大事な資産をベアードブルーイングの夢へ託してくれました。当社の取引銀行もがんばってくれました。伊豆市も全面的に協力してくれました。土地の購入と貸借も完了しました。ブルワリーのデザインも決まり、建設が着工しました。新しい醸造設備もドイツで製作されています。

ベアードブルワリーガーデン修善寺は、予定通りに進めば、来年2014年の春に稼働し、ビール醸造が始まる予定です。

既存の小規模醸造設備(1KL&250L)も同時に修善寺へ移設する予定です。ベアードブルーイングの創業地である沼津フィッシュマーケットタップルームは、そのまま沼津へ残ります。ベアードブルーイングのこれまでの軌跡を、「クラフトブルワリーにかける夢」というタイトルで沼津フィッシュマーケットタップルームのブログへ投稿しました。ベアードブルワリーガーデン修善寺に関する詳細も書いていますので、ぜひお時間のある時に読んでみてください http://bairdbeer.com/ja/blog_numazu/

ベアードブルーイングを創業当初から知っているファンの皆様にとっても、このブログはとても懐かしく、思い出深いストーリーだと思います。最近ベアードのファンになったという皆様にとっては、ベアードブルーイングの成り立ちや1990年代後半の日本のクラフトブルーイング革命を知るきっかけになるでしょう。今、ベアードブルーイングにとってわくわくする時代になりました。ここまでの道のりを温かく応援してくれた皆様に心から感謝いたします。

新季節限定販売開始:

新ブルワリーの着工を祝って、本日2種類の記念ビールをリリースします:わびさびジャパンペールエール&デスティネーションエール。

*わびさびジャパンパールエール (アルコール度数6.5%):

これは世界で最も人気のあるクラフトビアスタイル、インディアペールエールの日本版である。一般的なIPAよりもハーブ系のフレーバーが強いわびさびJPAは、世界のホップと2種類の日本特有のハーブ(緑茶とわさび・・・どちらも伊豆産)を組み合わせ、その個性を引き出した。わびさびJPAは、力強いビールだが、名前が示す通り、その大胆さは簡素の中に見出される優雅な趣に覆われているようだ。

わびさびJPAは今まで何度か試作してきたが、修善寺のブルワリーがオープンするまで今後も実験的に造り、洗練していくつもりだ。そして完成したら、これをベアードの11番目の定番ビールにする予定である。

わびさびジャパンペールエールは、樽と瓶(360ml)の両方があります。タップルーム各店では本日(9/30・月)より飲むことができます。取扱店様からのご注文も承りますが、発送は明日からとなります。

*デスティネーションエール (アルコール度数5.5%):

私達は地元産の新鮮な果物を醸造に使うのが大変好きである。あまりに好きなので、修善寺の新ブルワリー敷地内で一番最初に行ったのは、フルーツの木を50本植えたことだ。これらの木はまだあと2、3年は実をつけないのだが、幸運なことに、敷地内ではすでに成熟したフルーツの木が何本かあった。その内の1本がすももの木だ。6月にきれいに熟した赤紫色のすももの実を収穫した。そして6月23日に仕込んだ。そろそろ飲み頃になってきたようだ。

オレンジレッドカラーのデスティネーションエールは、原材料に大麦( (85%)と小麦(15%)を組み合わせた。ホップはアロマや苦みには使わずフレーバー付けだけに軽めに加え、2種類のマイルドで素朴な個性を持つ英国産ファグルとドイツ産パールを使用した。カットしたすももは2段階に分け、1回目は熱い麦汁に、2回目は主発酵後の冷たい若ビールに加えた。他のベアードビール同様、充填後、2時発酵と熟成、自然発泡を促した。そのフレーバーはやや甘酸っぱく、少しトロミもあり、非常に爽快である。

デスティネーションエールは樽のみ、小規模生産につき、タップルームだけの限定販売となります。各タップルームでは本日(9/30・月)より飲むことができます。修善寺で収穫したフルーツで仕込んだ初めてのエールです。どうぞお楽しみに!

自然の恵みに、乾杯!

ベアードさゆり

——————————————————————————–
ベアードビール、ベアードブルーイング:http://www.bairdbeer.com
ベアードビールE-Shop:http://bairdbeer.com/ja/shop/
お問い合わせ:info@bairdbeer.com

※本メールはベアードビールメルマガに登録しているメールに送信しています。
※メルマガ種別の変更(Textメール→HTMLメール、又はHTMLメール→Textメール)を ご希望される場合は、お手数ですがこちら(newsletter@bairdbeer.com)にメールでお申込みお願い致します。
※本メールに覚えがない方もしくは登録解除手続きを行うためには、 お手数ですが下記のリンクをクリックし解除手続きを行って下さい。
http://bairdbeer.com/ja/newsletter

ベアードビールニュース&タップルームイベント情報eメール配信サービス(2013年09月20):秋の人気限定販売開始:やばいやばいストロングスコッチエール2013

bryan-sayuri.gif

秋の人気限定販売開始:やばいやばいストロングスコッチエール2013

タップルームに集う仲間たちとベアードビールファンの皆様へ、

毎年といっていいほど、日本の夏は、台風の強風と共に過ぎ去り、そして秋へと季節が移り変わっていくようである。そんな気持ちのいい秋を迎えるためベアードの秋の定番、毎年人気のこのビールを本日皆様にお届けします:やばいやばい!ストロングスコッチエール2013.

新季節限定販売開始:
*やばいやばい!ストロングスコッチエール2013 (アルコール度数7.5%):

スコットランドは、ビール醸造の歴史において、重要で中心的な国の一つであり、その寒い気候の元では、寒さに強い大麦の栽培が適していた。その結果、スコッチエールは、リッチでモルティなビールとなった。ベアードやばいやばい!ストロングスコッチエールを一言で表現するなら、リッチに尽きるだろう!色は、深いマホガニーブラウンで、泡は細かくクリーミィだ。鼻先に、果物の香りがソフトに漂い、アルコール度数の高さも予感させる。ボディはしっかりとしており、フレーバーには、糖蜜やりんご飴、ラムコークや甘酸っぱい果物のような風味が感じられる。秋の肌寒い夜に、スコッチエールを1パイント飲めば、身も心も程よく温まるに違いない。2杯目では、じわーっと汗ばむほど。3杯目からは・・・や、やばい!

やばいやばい!ストロングスコッチエール2013は、本日(9/20・金)より各タップルームで販売を開始します。全国のベアードビール取扱店からのご注文も本日より承ります(業務店向け価格帯:Type3)。樽と瓶(360ml)の両方をご用意しています。秋の夜長にじっくりと味わうのに最適なビールです。E-Shopでも購入できます。自分で飲み頃を決められるのもベアードビールの楽しみ方の一つ。家飲み用なら長期熟成させて、もっと気温が下がってから飲むのもいいかもしれませんね。

乾杯!

ベアードさゆり
——————————————————————————–
ベアードビール、ベアードブルーイング:http://www.bairdbeer.com
ベアードビールE-Shop:http://bairdbeer.com/ja/shop/
お問い合わせ:info@bairdbeer.com

※本メールはベアードビールメルマガに登録しているメールに送信しています。
※メルマガ種別の変更(Textメール→HTMLメール、又はHTMLメール→Textメール)を ご希望される場合は、お手数ですがこちら(newsletter@bairdbeer.com)にメールでお申込みお願い致します。
※本メールに覚えがない方もしくは登録解除手続きを行うためには、 お手数ですが下記のリンクをクリックし解除手続きを行って下さい。
http://bairdbeer.com/ja/newsletter

静岡県産地酒:富士高砂酒造・世界文化遺産登録・山廃純米吟醸

SN3O4526

富士高砂酒造が富士山の元にある富士宮市に位置しますから当然世界文化遺産登録された富士山を記念するべkだったね!

SN3O4525

この“飛んでいるラベル“が今から良く使用されるだろう!

SN3O4527

透明さ:非常に透明
色:非常に薄い金色
香り:薄い。殆どありません。フルーティーで一寸甘口、米
ボディー:滑らか
味:はっきりする純米の特徴でフルーティーで甘口の円やかな口当たり
複雑。梨、アーモンド、薄いダークチョコレート。後ミルクコーヒーも現れる。
口の裏を温めながら一瞬残っている。
二杯目から一寸甘口になる。
食事二美味しく合う。
山廃にも拘らず意外美味しくて甘くて飲み易い。

コメント:明らかに食事と一緒に飲む地酒です。特に濃い居酒屋風の食べ物に旨く合う。
 冷やせば其のままで飲んで美味しい。
 チーズにぴったりに会う地酒です!

ベアードビールニュース&タップルームイベント情報eメール配信サービス(2013年09月12):季節限定販売開始:ケラーボック

bryan-sayuri.gif

季節限定販売開始:ケラーボック

タップルームに集う仲間たちとベアードビールファンの皆様へ、

ビールのフレーバーには、ブルワーが毎日違うスタイルを理論的に醸造しリリースすることができるほど、多種多様なものがある。ビールはまさに毎日飽きることなく送られてくるギフトのようなものだ。そして、本日皆様にお届けするビールギフトとは:ベアードケラーボック。

新季節限定販売開始:
*ベアードケラーボック (アルコール度数6.5%):

ボックは、強くてモルトが主役のドイツ由来のラガー。ボックビールは、歴史的には宗教的なお祭りやそれに関連する特別な行事のために造られていた。また、バーバリア地方の僧侶たちは、断食の時期に栄養補給のためボックを飲んでいたという長い歴史もある。

ベアードケラーボックは、このドイツの伝統的なスタイルを、無濾過で二次発酵させたベアード版だ。色は栗のようなブラウンカラー、リッチで優雅な口当たり、そして豊かなモルトのフレーバーが口いっぱいに広がる。気温が下がり始め、日も短くなりつつある季節に、ぴったりなビールだ。

ベアードケラーボックは樽のみ、本日より販売を開始します(業務店様向け価格帯:Type1)。本数が大変少ないため、早めのご注文をお勧めします。タップルーム各店舗では、本日(9月12日・木)より飲むことができます。秋の気配を感じるこの季節に最高の一杯です。是非お試しあれ!

乾杯!

ベアードさゆり
——————————————————————————–
ベアードビール、ベアードブルーイング:http://www.bairdbeer.com
ベアードビールE-Shop:http://bairdbeer.com/ja/shop/
お問い合わせ:info@bairdbeer.com

※本メールはベアードビールメルマガに登録しているメールに送信しています。
※メルマガ種別の変更(Textメール→HTMLメール、又はHTMLメール→Textメール)を ご希望される場合は、お手数ですがこちら(newsletter@bairdbeer.com)にメールでお申込みお願い致します。
※本メールに覚えがない方もしくは登録解除手続きを行うためには、 お手数ですが下記のリンクをクリックし解除手続きを行って下さい。
http://bairdbeer.com/ja/newsletter