タグ別アーカイブ: 藤枝市

静岡県産地酒:初亀酒造ー大吟醸原酒”愛”!

haysukame-ai-1

先日久しぶりにアメリカから来てくれたの行コンサルティングと一緒に藤枝市岡部町の有る初亀酒造を訪問しました!
昔から初亀酒造が静岡県で一番ふるい酒造(380年以上)なので特別な興味を持っておりました。江戸時代の時に静岡市(当時駿府)にありましたが明治時代の初めに岡部町に移動した!

haysukame-ai-3

この大吟醸は”愛”と呼ばれて前の能登杜氏に造られた。今年から杜氏が南部はの方になりました!

米:山田錦(兵庫県)
精米歩合:45%
日本酒度:+3~+4
酸味:1.0(静岡県では低い!)
アルコール分:17度
瓶詰め:2016年3月

透明さ:非常に透明
色:薄い金色
香り:ドライでフルーティー。苺
ボディ:滑らか、殆どシロップっぽい
味:辛口でスムーズで深くてフルーティーな口当たり。
複雑:苺、ダークチェリー
口の中でちょっとの間残ってより苺のフルーティーな印象を出しながら去る。
終わりまで口のンかを温める美味しいアルコールが続ける。
お料理と一緒に飲むとより辛口になって蜜柑と甘草を最後に出す。

コメント:初亀酒造の典型的な絵r癌tで贅沢な地酒!
高いアルコール数にも関わらず非常に飲みやすい!
    どうしてか次の一敗に誘う!
ちょっと冷やして飲めば最適が殆どどんな料理にうまく合わせることができます!
男性の方が混ア美味し地酒を飲むために喧嘩するかもしれな・・・でも女性の方が高いアルコール数に気にしないで先に盗むかもしれないね・・・
特別な”人”と一緒に飲める完璧な食後酒!
     お勧めのペアリング:テリーヌ、生ハム、チーズ、スモーク鴨

広告

鮨ランチ;「魚がし流れ鮨。藤枝市!

UOGASHI-FUJIEDA-2

サービス:忙しいが親切
設備:全面的に非常にきれい。優れているお手洗い。完全禁煙
値段:リーズナブル
得意:寿司の種類が溢れてサービスが早い

ちょっと忙しくてあまり時間がなかったら藤枝駅の南口に便利で美味しくて値段がリーズナブル野寿司店がある。
魚がしながれ鮨がオレビルの二階にあります!

UOGASHI-FUJIEDA-3

比較的に大きいなレストランでが席が十分離れてほかのお客さんに邪魔ならない。
ながれ鮨ですからコンピューターシステムのお蔭でサービスが早くて笑顔のスタッフがすぐに空になった容器を撮ってくれる。

UOGASHI-FUJIEDA-4

静岡県産地酒も色々!

何をいただいたかな・・・

UOGASHI-FUJIEDA-5

鯨握り!

UOGASHI-FUJIEDA-6

四種類の鯵の握りセット!

UOGASHI-FUJIEDA-7

サン趣里の白身の魚の炙り!

UOGASHI-FUJIEDA-8

12種類の寿司のセット!
小肌、ネギトロ、白子、蟹サラダ、茹で海老、卵焼き、鯵、鰹、鯖、烏賊、鯛、鮪赤身!

UOGASHI-FUJIEDA-9

鯵炙り!

UOGASHI-FUJIEDA-10

押上は炙りに魏r野セット:鯵、鮪と烏賊ゲソ!

もちろんガリが食べ放題!

魚がし流れ鮨

藤枝市前島Fujieda City, Maejima, 1-3-1, OLE Building (Fujieda JR Station South Exit)
Tel.: 054-634-2880
Opening hours: 10:00~21:00
Credit cards OK
Take-outs OK

静岡県産地酒:杉井酒造ー純米菩提酛

SUGII-BODAI-1

藤枝市にある杉井酒造が全日本で昔の地酒の研究で注目されていますね!

SUGII-BODAI-3

純米菩提酛
「菩提酛」とは、生米と飯を水に漬けて「そやし水」に自然に発生する乳酸菌と酵母を利用して酒造りを行う室町時代に定まった手法です。

SUGII-BODAI-4

米:静岡県産米
精米歩合:60%
アルコール分:13.8%
日本酒度:+ 5.5
酸味:2.0
瓶詰:2016年2月

透明さ:非常に透明
色:薄い金色
香り:薄い。エレガントとフルーティー。青い林檎、柿。
ボディ:シロップっぽい
味:非常にからくちでフルーティーな口当たり。純米の泡が少ない
プラム、ドライマスカット.
ほんの少し残ってよりからくちでドライな杏と柿を出しながら去る。
料理と一緒に飲むとより辛口で薄くてさみが現れる。その時も量が低いにも拘らずアルコールが強くなる。
温感で飲むとアルコールが強くなりながらドライな蜜柑をだす。

コメント:昔の人間の口がやっぱり違った味の地酒の発見!
自分がその損ぼくな味を、特に料理と一緒に飲むと、すごく気にったが他人には好き嫌い感が激しくなるかもしれない
のんびりに飲むべき地酒です!
おすすs目のペアリング:居酒屋の料理、シチュー、漬物。

静岡県産地酒:初亀酒造・初亀”縁”本醸造

ホムパーティーなら自分が提供したい地酒がやっぱり美味しいだけでなくどんな温度で楽しく飲めるし料理とうまくペアリングできるしリーズナブルな値段だったら最適ですね!
先日仲間の大きいホームパーティーに参加させていただいてそいううj酒を持って行きました!

HATSUHON-2

藤枝市岡部にある初亀酒造が”縁”言う名前のぜいたくな本醸造を造っている!
細かくその酒の造り方を読むとやっぱりお客さんを甘やかせる位地酒ですね!

HATSUHON-3

米:山田錦
精米歩合:65%
日本酒度:+4
酸味:1.30
アルコール分:15~16度
製造:2015年9月
瓶詰:2015年11月

透明さ:非常に透明
色:薄い金色
香り:ドライでフルーティー
ボディ:滑らか
味:辛口でフルーティーな口当たり
複雑。蜜柑、カスタード、栗。
ほんのり口の中に残ってより辛口でドライな蜜柑やカスタードやコーヒー豆を出しながら去る。
料理と一緒に飲むとより軽くてマイルドになってより辛口で去る。
料理から離れると蜜柑とカスタードまた強く現れる。
温感で飲めばより軽くて単純になるがまだ美味しい!

コメント:皆がまだしっかりしてくるえる間このてースティングを友達と一緒に明るい心で行った。みんなさんが値段で考えればやっぱりぜいたくな地酒と思った!
 一年中どんな時にそのままか料理と一緒に常温でも温めても美味しく飲める地酒です!
 この地酒が瓶の中に長く残らない!初心者に紹介するべきの地酒ですね!

静岡県産地酒:ワンカップシリーズ 14): 志太泉酒造・Nyan Cup Shidaizumi 純米吟醸

地酒のとても面白くて安い試飲の方法があります!
ワンカップ地酒です!
勿論河合かっぷの収集になる!

SN3O0472
SN3O0472

なお静岡市松坂屋静岡デパートで見つけたワンカップ地酒の二番目の組の六番目の試飲です!

SHIDAIZUMI-ONE-CUP-2

藤枝市・四ぢ済み酒造の-Nyan Cup Shidaizumi 純米吟醸!
実際Nyan Cupシリーズ(4個)の最初のワンカップ地酒です!

SHIDAIZUMI-ONE-CUP-5

試飲芽終わってカップのなかをみると猫の目が”違う”と解る!

SHIDAIZUMI-ONE-CUP-4

米:山田錦
聖魔歩合:55%
アルコール分:16度
瓶詰:2015年7月

透明さ:非常に透明
色:非常に薄い金色
香り:強くてドライでフルーティ
バナナ、西洋梨、青い林檎
ボディ:滑らか、ほんのりシロップっぽい
味:強い純米の泡を出しながらからくちで非常にフルーティーな口当たり
複雑:バナナ、ドライ蜜柑、薄いアーモンド。
一寸の間口の中に残ってより辛口でドライなチョコレートやカスタードと蜜柑を出しながら去る。
時々コーヒー豆と蜜柑が突然現れる。
料理と一緒に飲むとより辛口になって薄いコーヒー豆が現れる。
ずっと沢山の純米の泡を出しながらからkちでつでける。

コメント:非常にエレガントでぜいたくなワンカップ地酒です!
     本当に買う人が本当の効果を理解するかな・・・素晴らしいお土産になるね!
どこにも持って人ごみから離れてゆっくり楽しむ地酒です!
やっぱり早く売り切れになる!

静岡県産地酒:ワンカップシリーズ 13): 志太泉酒造・Nyan Cup Shidaizumi “Rasta” 梅酒

地酒のとても面白くて安い試飲の方法があります!
ワンカップ地酒です!
勿論河合かっぷの収集になる!

SN3O0472
SN3O0472

なお静岡市松坂屋静岡デパートで見つけたワンカップ地酒の二番目の組の五番目の試飲です!

SN3O0543
SN3O0543

藤枝市にある志太泉酒造のワンカップ地酒です!

SN3O0542
SN3O0542

実際全日本で有名になった”ニャンカップ・Nyan Cup”というシリーズの一本です!
今回中身が梅酒ですけれども元々同酒造の純米で造られた物です!

SN3O0545
SN3O0545

やっぱり”Rasta”という名前はいいね!

SN3O0544
SN3O0544

アルコール分:11度
純米酒


砂糖
果物汁

透明さ:非常に透明
色:薄い茶色
香り:強い。甘い、フルーティー
ボディ:滑らか
味:様相外辛口でフルーティーな口当たり。
複雑。甘さがずっと強くけれども直ぐに消えっる
ちょっとの間口の中で残って梅酒を出しながら去る。
美味しいアルコール。

コメント:凄く上品な梅酒!マーケットで見つける物と全く違います!
比較的に(風通の物と比べば!)高度数のおかげで複雑な梅酒になった!
 中の梅がカリカリで辛口です。
可愛いデザインですから絶品のお土産になる!
  一年樹どこでもいつでも楽しめる梅酒!

静岡県産地酒:ワンカップシリーズ4)-志田泉酒造・Nyan Cup Fujieda・ニャンカップ藤枝純米誉富士

地酒のとても面白くて安い試飲の方法があります!
ワンカップ地酒です!
勿論河合かっぷの収集になる!

SN3O0105

藤枝市にある志田泉酒造が自分のNyan Cup・にゃんこカップ(ワンカップ地酒)のお蔭で全日本で有名になりました。すでに地酒(純米吟醸)と梅酒+地方限定デザインがすでにありますが藤枝市をプロモートする新しい製品を提供してくれました!実際藤枝市とサッカーの5種類を作った!
ところで日本で行った最初のサッカー試合の場所が藤枝市だと知っていますか?

SN3O0108

藤枝市ですから色が藤の花の色ですね!
三匹の猫が現れる:”12番”は雌猫です!

SN3O0109

彼女は二匹の雄猫に囲まれる、”11番”と・・・

SN3O0107

“10番”!

SN3O0110

米:誉富士(静岡県産)
精米歩合:55%
瓶詰め:2015年4月

透明さ:非常に透明
色:殆ど透明
香り:ドライ。米、西洋梨
ボディー:滑らか
味:強い「純米の泡とアルコールを出しながら辛口で非常にフルーティーな口当たり
複雑で”捕まえにくい”。杏子、コーヒー豆、ドライダークチョコレート、ナッツ。
より辛口のダークチョコレートを出しながら素早く去る。
もとの味と特徴をずっと守られて飲められる。
料理と一緒に飲んでもあまり変化しないがよりほんのりと甘くなる。
コーヒー豆がずっと強くカムバックする。」

コメント:非常に美味しく飲める地酒です。
そのままで十分に美味しいが料理とうまく合う、特にチーズや卵と野菜のシチュー。
発表された辛口にも拘わらず上品な地酒です。
サッカー選手よりもラグビーの選手向けの地酒です!