タグ別アーカイブ: 菊川市

早川ナナさんとTop Hatグループの甘甘娘玉蜀黍・静岡市!

KANKAN-5

Top Hatグループ という集団は早川ナナ三十ご主人がリードする菊川市や島田市と牧之原市の若い生産者のグループです。

KANKAN-4

お客さんの注文!

もうすでに静岡市で彼らの甘甘娘玉蜀黍を葵区・パルコデパートの向こう側にあるおぐし神社の前で売る夢いになりました!

KANKAN-3

今年贅沢なな玉蜀黍(5本か6本で1000円)7月19日まで11:00AMからうっているが毎日1000本がお昼位で売り切れなりますから急いでね!
その人気の理由は朝で収穫された野菜が美味しいだけでなく信頼できる安心安全で栽培荒れておることです!

KANKAN-1

早川ナナ三十スタッフ!

甘甘娘玉蜀黍の販売は6月4日から7月19日まで、金、土、日、月と火曜日。
又焼津市コメダコーヒ店ヤイzづインターの前に土と日曜日6月11日から7月10日まで販売します

Top Hatグループが次の野菜を提供します:
レタス(11月上旬から5月上旬まで)
トマト(11月上旬から5月上旬まで)
サニーレタス(10月中旬から4月中旬まで)
グリーンリーフ(10月中旬から4月中旬まで)
枝豆(6月上旬から7月中旬まで)
ロメーンレタス(10月中旬から4月中旬まで)
胡瓜(6月中旬から10月上旬まで)
オクラ(6月中旬から8月中旬まで)
ブロッコリー(12月下旬からご多雨中旬まで)
お茶(一年中)

TOP HAT
Tel.: 090-2574-0025
E-mail: taiki2525n@gmail.com
Fax: 0537-36-6666
FACEBOOK

静岡県産地酒:森本酒造-小夜衣甘口特別純米

MORIMOTO-AMA-2

菊川市にある森本酒造の経営者・杜氏、森本ひとしさんがちょっと変わっている杜氏と思われている!
今回静岡県産地酒が一般的に辛口にも拘らず”森本甘口”という地酒を造ってやっぱり他の道を見せるつもりでしょう!

MORIMOTO-AMA-3

もちろん限定品ですね!

MORIMOTO-AMA-4

精米歩合:60%
アルコール分:15~16度
日本酒度:-4
酸味:1.6
瓶詰:2016年4月

透明さ:非常に透明
色:薄い金色
香り:思ったよりもドライ。薄くってフルーティー。レジン
ボディ:滑らか
味:強い純米の泡を出しながら優しくてフルーティーな口当たり。
思ったより辛口。
複雑:レジン、マスカット、カスタード、蜂蜜、カステラ
口の中でちょっとの間残ってより辛口のカステラを出しながら去る。
料理と一緒に飲とまず甘口になるがすぐにおり辛口に戻る

コメント:思ったより辛口ですが非常に深くてフルーティーな地酒。
甘い白シェリーのように飲める!
デザートワインの代わりに飲めば最適!
おすすめのペアリング:チーズ、チョコレート

静岡県産地酒:森本酒造-古酒浪漫2011原酒純米

HASHIGO-MORIMOTO-4

日曜日5月日22に毎年静岡市の各居酒屋で行う静岡DEはしご酒といううイベント華音と呼ばれる素晴らしい居酒屋で久しぶりに友達に会いました:菊川市にある森本酒造・森本ひとし経営者・杜氏!

HASHIGO-MORIMOTO-2

このイベねとの紹介された地酒が本当に珍しい宝だった:2011で造られた古酒!
こんな素晴らし地酒を造るために両方優れている擬似つと勇気が要る!

HASHIGO-MORIMOTO-7

精米歩合:60%
アルコール分:17度
火入れ:一回だけ
常温で熟成されました
瓶詰:2011年

透明さ:非常に透明
色:金色
香り:ドライとフルーティー。ドライシェリー
ボディ:滑らか
味:ほんのり純米の泡をだしながら深くてフルーティーな口当たり。
複雑・細かい。ドライシェリー、プラム。
ちょっとの間口の中で残ってより辛口のシェリーと青い野菜を出しながら去る。
お料理と一緒に飲んでもほんのり甘い白いシェリーをだす以外あまり変化しない

コメント:贅沢!滅めったに飲む機会が内地酒!
常温でも軽く温めても素晴らしすぎてシェリーの代わりに楽しむべき地酒です。
食後酒とうして特別な”友達”と一緒に飲んでゆっくり楽しめる地酒です!
仕方がなくてお料理とペアリングしたかったら次のおすすめさていただきたいと思っております:ロースビーフ、BBQ、焼き鳥、チーズ!

静岡県産地酒:森本酒造-H. Morimoto Filtered特別純米生原酒

MORIMOTO-FILTERED-2

先日静岡市にある大好き”かすり”ちいうおでん屋でママさんが静岡市にあるとみたや酒店から手に入れた森本酒造(菊川市)を試飲しました!

MORIMOTO-FILTERED-3

また森本ひとし杜氏が”変わっている”限定の酒を出して遊んだね!
H. Morimoto Filtered特別純米生原酒!

MORIMOTO-FILTERED-4

米:五百万石(静岡県)
精米歩合:60%
酵母:協会901号
アルコール分:17~18度
日本酒度:-4
瓶詰:2016年2月

透明さ:非常に透明
色:薄い金色
香り:ドライで薄い。米、薄い西洋梨
味:強い純米の泡を出しながら非常にフルーティーでちょっと甘い口当たり。
複雑。りんご、プラム、杏、甘い西洋梨。
ほんのり間残って甘い果物や花と蜜柑を出しながら去る。
酸味芽全く現れないがくどい甘さも感じませんでした。

コメント:非常にフルーティーで花っぽいの素晴らしい地酒です!
普段地酒が辛口である静岡県では珍しいタイプ!
非常に深くて複雑で色々な”顔”が現れないが続ける。
そのまで飲んだ良いしデザートワインの代わりに飲めば最適かもしれません。
か西郷のリキュールとしても飲んで楽しい!
おすすめのペアリング:チョコレート、ブルーチーズ

フランス美食:菊川市・Cava.K./サヴァカでランチ!

SN3O5165

熊のワインシチュー!

サービス: 非常に親切。細かい説明
設備: 全面的に完璧に綺麗。素晴らしいお手洗い
値段:適当ですが品質とオリジナリティーを考えれば非常にリーズナブル!
得意:静岡県で一番美味しいジビエ/野生の肉!地元と自分の庭の野菜を主に使用する。自家製の色々の燻製とハム!

SN3O5144

Cava.K./フランス レストラン が菊川市の“奥田舎“で地位する理由がある:シェフ山口祐之さんはどんな季節でも地元の猟師が野生の動物を狩猟する地域とできるだけ近く居たい!

SN3O5143

地元の野菜に加える自分の野菜も栽培しています!

SN3O5145

CA.Va.K/サヴァカという名前には意味が溢れている:フランス語で “Ca va” が“旨く行っている・元気“等の意味です。さらに沢水加というところにあるから:さばか/サバカとう発音ですね。”K“はフランス語で”カ“と発音する!

SN3O5148

日本でも変わっているデザインの建物!

SN3O5149

そこで色々加工品も買えます!

SN3O5150

其の日のスペシャル!
心配しないで本当に旨く説明してくれる!

今回のランチに5名の友達と一緒に訪問しました!アルコールをパス仕方がなくても贅沢なジビエを含むビジネスランチになった!
さてと・・・何をいただきましたかな・・・?

SN3O5152

赤海老、あおり烏賊、自家の穂連想、魚のスープと烏賊墨のtuile・テゥイル(タイル)!

SN3O5153

グジェール!日本人の友達にフランス語のレッソンになってしまった!
忙しくてパンの写真撮れなかったが勿論自家製の物だった!

SN3O5154

日本でも中々見つけ難い前菜:山鳥ササミ、鴨と雉の燻製!

SN3O5155

また前菜をいただきました!

SN3O5156

セレイアク、葱とジャガイモのスープと菊川市産のカルガモ!

SN3O5157

クリームソースの仔猪、黒ラッパ茸、コーラビとパイ!

SN3O5158

少女蕪、白バイガイ、帆立、井川産蓮根とイクラ!

SN3O5159

野生の鹿でだけ造られたコンソメが!フェネルで仕上げ!

SN3O5160

魚料理!
御前崎の平目、ビスクソース。エシャレットと井川産の在来種の玉蜀黍!

SN3O5151

実際食事を始まる前にジビエのメニューから一人に一品を選択するように尋ねられた!
上から:
野生のカルガモのロースト
菊川産の野生雉のロースト
川根産の野生仔猪(マルカッサン)のロースト
井川産の野生の日本鹿のロースのロースト
ハクビシンのロースト(初耳!)
菊川の野ウサギのロースト
川根産キツノワグマの赤ワイン煮込み
川根産キツノワグマのロースト
ニホンカモシカのハンバーガー

何を選んだと思う?

SN3O5162

ハクビシンのロースト
全部を6人に分ける仕事が僕だった!

SN3O5163

腎臓を含む野ウサギのロースト!

SN3O5164

野生雉のロースト!
SN3O5165

僕が選んだ!
キツノワグマの赤ワイン煮込み

ところで残酷な食事と思う方に言わせていただきます!上で述べた動物が非常に増えたため殺さなければならないから食べないと非常にもったいないことになる!プロの猟師がしか狩猟できない!

SN3O5167

静岡県の一番優れているチーズトレーの一つ:
半分はフランス製、もう半分は長野県製のちーず!

SN3O5168

最後は中々調べる時間がなかった色々なデザート!
今度ちゃんと調べる約束します!

SN3O5169

こんな素晴らしいデザートを潰す事は殆ど罪みたい!(笑)

SN3O5170

最後の最後は四つのチョコレートのシンフォニー!

いくら払ったかこの記事の目的ではないが品質やオリジナリティーと味、香り、うまみだけで考えれば本間に易かった!

東京でも経験できないから電車切符を予約した方が良い!

CAVA.K./サヴァカ
シェフ:山口祐之さん

439-0003 菊川市沢水加791-11
Tel.: 0537-37-1820
Fax: 0537-37-1850
営業時間: 11:30^14:30, 18:00~21:30
8台のパーキング有
カード不可
予約した方が良い!
完全に禁煙!
HOMEPAGE
BLOG

静岡県産酒米地酒:森本酒造―小夜衣得別純米誉冨士

森本酒造の地酒の刺激は自分に地酒の驚くべき”変わっている感動!
年々飲んでもいつも違う“顔“が現れる!

この地酒が静岡県産誉冨士酒米で作られている!

森本酒造―小夜衣戸区別純米誉冨士

米:誉冨士(静岡県産)
精米歩合:60%
アルコール分:15~16度
製造:2010年10月

透明さ:非常に透明
色:透明
香り:フルーティー、カスタード、マカダミアナッツ。ちょっと甘くて良い香り!
味:口当たりが優れて非常に辛口。美味しいアルコール。純米の特徴
フルーティー、カスタード、アーモンド、緑野菜。
 コーヒーまま得妬アーモンドを出しながら早く消える。
シャープではっきりする酒です。何かと一緒に食べ地酒です。
何か食べるとあまり変化しません。よりも著と辛口。

コメント:とても美味しい酒だけでなく食べ物、特に濃い味の食べ物に良く会う地酒です!
食事に優れているバランスを提供する。
勿論そのままで美味しい!

静岡酒:森本酒造・小夜衣特別純米


The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ

静岡県のたちテイの酒造が柔らかい味の酒を出すが菊川市にある森本酒造の森本ひでとし杜氏が”変わっている人”で有名で強くて”男らしい”酒を提供します。
諸時期結って私の好みです!笑い

したがって今回の酒またそのとうり:

森本酒造:小夜衣・特別純米

精米歩合:60%
アルコール分:15度
製造:2010年2月

透明さ:非常に透明

色:薄い金色

香り:フルーテイーで細かい:バナナ、パイナップル、アルコール、アーモンド

ボデイ:滑らか

味:口当たりに強い純米の特徴。フルーテイーと酸味のコンビが素晴らしい。まもなく消える。細かい:ばななと花
辛口のドライアーモンドで突然消える。
どんなものを食べても得長が続ける。

コメント:静岡県では珍しい”男の酒”。森本酒造の典型的な酒です。
焼き鳥や鍋という料理と一緒に飲むと美味しい
説く弔意のある酒の愛好者がそのままで飲めば楽しい酒です。

————————-
英語を読めれば次のブログを是非ご覧になって下い!
Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet