タグ別アーカイブ: 掛川市

静岡県産地酒:山中酒造- 遠州横須賀葵天下純米吟醸外伝山田錦

YAMANAKA-YAMADANISHIKI-2

静岡市で手にははなかなか難しいので本当に久しぶりに掛川市にある山中酒造の地酒を試飲しました!

YAMANAKA-YAMADANISHIKI-4

毎年提供してくれても見つけにくいマイ柄です!
遠州横須賀葵天下純米吟醸外伝山田錦!

YAMANAKA-YAMADANISHIKI-5

米:山田錦(兵庫県)
精米歩合:55%
日本酒度:+4.8
酸味::1.4
酵母:協会1501号
アルコール分:15~16度
瓶詰:2016年5月

透明さ:非常に透明
色:ほとんど透明
香り:ドライでフルーティー。バナナ、パイナップル
ボディ:滑らか
味:強い純米の泡を出しながら辛口で非常にフルーティーな口当たり。
複雑。パイナップ、薄い西洋梨と杏。
一寸の間口の中で残ってより辛口カスタードとナッツを出しながら去る。
料理と一緒に飲むとより辛口になってナッツとカスタードをだす。

コメント:毎年試飲しますが相変わらず新しい発見になります!
からkちで非常にフルーティーな地酒。
上品飲みやすい>
どんな世代の男女の方が好む地酒!
そのままママで非常に美味しいがどんな温度でどんあ料理と一緒に楽しめる地酒!
一年中美味しく飲めるね!
おすすめのペアリング:シチュー、おでん、チーズ。

広告

静岡県駅弁シリーズ:掛川市JR駅の浜松三ヶ日牛

浜松市にある三ヶ日は蜜柑んのおかげで全日本で有名ですがそこの牛肉もよく知られているし大人気です!
先日かけがしJR駅の中にあるキオスクが出している色々な駅弁の中でで発見してやっぱりすすぎ甲斐マイsた!

SN3O5460

箱とカバーが素敵!
牛の間いる蜜柑の生産者を見えますか?
日本酒を飲む3人の”媚とも!

SN3O5461

材料がはっきり発表されていますね!

SN3O5462

浜松市にある自笑亭会社が日本で一番古い弁当う・駅弁の会社の一軒です!創立は1824年です!

SN3O5463

The food inside is protected by a rigid transparent vinyl lid!

SN3O5464

中身をちゃんと守る透明のシートを蓮す!

SN3O5465

さて何がるのかな・・・?

SN3O5466

わさびおろしのドレッシング!

SN3O5467

胡瓜の漬物!

SN3O5468

薄い牛焼きのスライスの二層!美味しい!

SN3O5469

三ヶ日産の蜜柑の混ぜご飯が牛に来にピッタリ!

SN3O5470

赤生姜の漬物!Red ginger pickles!

一寸高いが軽くて健康的で美味しかった!
電車旅に最適!

キウイ&アグリツーリズム:「キウイフルーツカントリーJapan」

平野正俊さんと常代さん、掛川市にある「キウイフルーツカントリーJapan」にて。

「自然の素晴らしさ、農業の大切さ、本物の味を提供します! 共に学び、価値のある人生を探していきましょう!」これは平野正俊さんが語る農園を経営する上でのモットーです。

キウイフルーツカントリーJapanの入り口

平野正俊さん(2人の息子さんも)はとても流暢な英語をお話になります。というのも平野さんは両親の農園を継ぐ前アメリカに渡り、長期間4つの州で柑橘類の勉強をされていたからです。
正俊さんは農家の19代目になられる方で、彼のお家は伝統ある農家として歴史を見て来られました。
しかし正俊さんは、伝統は伝統とし、農園の経営はまた別のことと考えておられます。

駐車場の前にあるキウイの木!

新しい栽培作物を取り入れ農園経営を拡大しようとする正俊さんの伝統に囚われない考えは、当初両親の賛成を得ることはできませんでした。
例えば、正俊さんがアメリカから持ち帰ったスプーン一杯のキウイの種からキウイ栽培を始めようとした時もそうでした!

売店の前に用意されたアグリツアー

ここ21年で正俊さんは耕作地を広げ、日本最大のキウイ農園を経営されるようになりました。他にもお茶、有機栽培の野菜や柑橘類そして食用の花の栽培、家畜(食用とペット)、セルフサービスの作物スタンドや直売所、子供も大人も楽しめる森、500人を収容できるBBQエリア、キャンプ場、子供たちのための自然体験プログラム、そして外国の方にも対応したアグリツアーなど、経営を拡大されています。

赤ちゃんヤギ

ペットの羊

ペットのヤギ

ペットのウサギ

やんちゃな赤ちゃんヤギ!

赤ちゃんブタ、イノシシではありません!

クジャク!(2種類飼われています!)

キウイ(80種類のキウイと50種類の新品種を開発!)は巨大ビニールハウス(このハウスはBBQ場も兼ねています)と野外で栽培されています。

地元のアーティストにキウイの木は人気があります!
自然をリサイクルする良い方法ですね!

実際に目で確かめられるようにハウス栽培されたキウイが展示されています!

色々な種類のキウイのテイスティング用のサンプルが用意されています!

キウイを試食している間に日本語と英語でキウイについて知ることができます!

食肉用と卵用のニワトリ

さらにニワトリの写真!

もっとニワトリの写真! このニワトリはウサギと一緒にペットとして飼われています!

もっともっとニワトリの写真。いつも餌に飢えていますね!

この農園で採れる食用の花と山菜の種類!

有機栽培のシイタケ

有機栽培のカボチャ!

おとなしい羊たち

有機栽培のミカン

自然のコンポストと混ぜられた土から草や他の植物がありのまま生えています。

前の写真とは別の品種の有機栽培のミカン

茶畑

キウイの木の広大な果樹園。ここにあるキウイの木の全てを平野さんが手で剪定されています! 骨の折れる大仕事です!

古い森のなかの写真。 何百年前からある道が横切っています!

森のこのスペースで小規模のコンサートが開かれます!

子供にとって天国です!

この呼吸根を見てください! これはまさに古代樹ですね!

農園のお店で売られている100%有機栽培のジャガイモ!

お店で販売されているキウイ。
少しお金を支払えばキウイが食べ放題です!

あらゆる種類の包装されたキウイを日本全国に直接送ってくださいます!

これは私が持って帰ったキウイです!

この記事は「キウイフルーツカントリーJAPAN」についての第一弾に過ぎません!
これからAGJ のライターさんが毎月取材に行くことになっています!

キウイフルーツカントリーJAPAN /観光農園
平野正俊さん&常代さん
〒436-0012
静岡県掛川市上内田2040
Tel: 0537-22-6543
Fax: 0537-22-7498
フリーダイヤル: 0120-014791
E-mail: wbs02626@mail.wbs.ne.jp
ホームページ(日本語ですが電話は英語でも可)
営業時間:9:00~17:00
BBQ(雨でも可能)とツア

静岡県の地酒:土井酒造ー開運純米


The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ

先日静岡市にあるとい井日本料理レトランで土井酒造の新しいらるを発見した!当然味わいました

土井酒造ー開運純米
米:おやまちにしき
精米歩合:60%
アルコール分:15度
日本酒度:4
酸味:1.5
アミノ酸:1.2
製造:2009年3月

透明さ:非常に透明
色:薄い金色
香り:フレッシュ、薄い、女性っぽい、フルーテイー:バニラ、バナナ、パイナップル
ボデイ:滑らか
味:口当たりに優しい感じ。丸みが優れている。早く消える。
  優しい、捕まえ難い、女性っぽい、上品
  辛口でフルーテイー、とても滑らかな酒です。
  パイナップル、ソフトなシトラス
  何かを食べると純米の特徴がアーモンドと一緒に現れる。
  フィニシュが非常にソフトでドライアーモンドが残る。

コメント:贅沢な酒!
     ”上品”、”女性のように捕まえ難い”と用述べ方は最適だと思います。
     どうゆ風に飲めば良いか?
     ”愛人”と一緒にか贅沢な食前酒としてか町から逃げるためか。。。

————————-
英語を読めれば次のブログを是非ご覧になって下い!
Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet

静岡地酒:曾我鶴ー萩の蔵酒造・大吟醸原酒Blend


The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ

sogatsuru-blend

驚くべき歴史を持っている珍しい酒です!
四年まえに掛川市で休業中曾我鶴酒造が再生して曾我鶴ー萩の蔵酒造二なりました。
長い休業してもかかわらず売られらなかった酒がずっと5度以下で保存されたため現在又味わえられます。
私を含めて非常にラッキー数人だけが非常に珍しい酒を飲めるようになりました。
その酒が消えた酒造の幻Blendです!

曾我鶴ー萩の蔵酒造・大吟醸原酒Blend

Sake blend酒のBlend:
1991年, 12%. 1994年, 38%. 1996年, 50%.

米:山田錦
精米歩合:40%
アルコール分:17~18度
Blendと瓶詰:2008年6月

透明さ:非常に透明(信じられない!)
色:薄い金色(当然!)
香り:フルーテイー:ビターチョコレート、コーヒー豆、バニラ(少し!)
   上品で優しい。
ボデイ:滑らか
味:丸みが優れている。非常にふるーていー。細かい。上品。凄く飲みやすい。
  ビターチョコレート、コーヒー豆、バニラ。
  早く消える。
  二杯目を飲むと蜜柑とアーモンドが現れる。
  ちょっと甘口だけれども辛口で去る。

コメント:英語で”extraordinary”結っても十分気持ちを示すことができない。贅沢すぎる酒です!
食後酒として飲むべきだと思います。美味しいフランス産チーズかベルギー産チョコレートと飲めば最適!
残念ながら限定品です。。。
同じ値段だったらワインが絶対に負ける!

————————-
英語を読めれば次のブログを是非ご覧になって下い!
Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet

静岡地酒:曾我鶴・萩の蔵酒造/純米吟醸”酒楽々・Shurara”


The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ

shurara-jungin

まだ掛川市にある曾我鶴・萩の蔵酒造の秋季節酒を日本がらる:二本目です!

曾我鶴・萩の蔵酒造/純米吟醸”酒楽々・Shurara”

精米歩合:55%
アルコール分:15~16度
製造:2008年10月

透明さ;非常に透明
色:薄い金色
香り:フルーテイー:バナナ、バニラ、アーモンド
ボデイ:滑らか
味:口当たりはちょっと甘口。すぐに消える。細かい。
  フルーテイー:バナナ、バニラ、アーモンド、ビターチョコレート。
  ちょっとレモンを現せながら美味しい酸味で終わる。
  何か食べる又とちょっと甘口二なってすぐに消える。

コメント:典型的な”静岡型”酒です。
     どんな食べ物と美味しく飲む酒。
     色々な”顔”を見せながら細かて複雑な酒です

英語を読めれば次のブログを是非ご覧になって下い!
Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet

静岡地酒:曾我鶴・萩の蔵酒造/特別純米”酒楽々・Shurara”


The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ

shurara-toku

まだ掛川市にある曾我鶴・萩の蔵酒造の秋季節酒を日本がらる:一本目です!

曾我鶴・萩の蔵酒造/特別純米”酒楽々・Shurara”
精米歩合:55%
アルコール分:15~16度
製造:2008年10月

透明さ:非常に透明
色:非常に薄い金色
香り:上品でフルーテイー:バナナ、バニラ
ボデイ:滑らか
味:口当たりがスムーズで純米の特徴が現れる。まもなく消える。細かい。口の裏を暖める。
  フルーテイー:バナナ、バニラ、メロン。
  コーヒー豆を出しながら美味しい辛口で終わる。

コメント:典型的な”静岡型酒”。
     フルーテイー、スムーズ、上品。美味しく滑らかに飲める。
     そのままでも食べながら飲めば美味しい酒!

英語を読めれば次のブログを是非ご覧になって下い!
Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet