タグ別アーカイブ: 万代酒造

静岡県産地酒:万代酒造-伊豆満燿純米吟醸誉富士

BANDAI-HOMARE-2

万代酒造が伊豆市と合併された修善寺にあるとても古い酒造です。
万代酒造が静岡県で一番古い酒造ではないが別の名前で500年以上存在しました!

BANDAI-HOMARE-3

伊豆半島で唯一の酒造でちょっと見つけにくいにも拘わらず例えば静岡県産誉富士酒米を使用してちゃんと現代の作り方を研究してくれる。

BANDAI-HOMARE-5

”満燿”という銘柄が is linked to the origin of the brewery back in 1497 as mentioned by Houjyou Souun/北条早雲, himself a native of Izu Peninsula!

BANDAI-HOMARE-4

米:誉富士(静岡県)
精米歩合:60%
アルコール分:16~17度
瓶詰め:2016年1月

透明さ:非常に透明
色:殆ど透明
香り:薄い。どり十フルーティー。メロン
ボディ:滑らか
鯵:強い純米の泡を出しながら非常に辛口でフルーティーな口当たり。
複雑:杏子、メロン、マスカット。
ちょっとの間口の中に残ってより辛口マスカット十なっつを出しながら去る。
温度が上がると甘くなって新しい”顔”牙現れる。
料理と一緒に飲んでもあまり変化しない。

コメント:よく知っている酒造にも拘わらずちょっと発見!
修善寺が遠いけれども知ら得るべき酒造ですね!
非常に複雑でフルーティーな地酒です。
そのままでも旅瑠璃と一緒にどんな温度でも楽しめる。
お勧めのペアリング::おでん!

広告

静岡地酒:万代酒造・江川酒特別純米


The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ

伊豆半島修善寺市にある万代酒造がいくつかのプライヴェート・ブランドを作ります。
”江川酒韮山”という酒が蔵屋成沢でしか販売されていない。
実際蔵屋成沢の地ビールを作っている杜氏が冬になると万代酒造で働きます。

万代酒造・江川酒特別純米

こめ:山田錦
精米歩合:60%
アルコール分:15~16度
製造:2008年5月

透明さ:非常に透明
色:ほとんど透明
香り:強いけれども早く消える。アーモンド、ビターチョコレート、コーヒー豆
ボデイ:滑らか
味:口当たりは優れている。早く消える。はじめはちょっと甘口けれどもすぐに辛口に変化する。
  フルーテイ:アーモンド、栗、ビテーチョコレート。
  純米の特徴は強い。津s儀の一杯を飲むと逆に辛口からちょっと甘口になる。
  飲みやすい。何か食べるとまたコーヒー豆が現れる。

コメント:”静岡形酒”
     刺身から焼き鳥まで食べ物に対する作られた酒です。
     室温で飲めば最適。
     

————————-
英語を読めれば次のブログを是非ご覧になって下い!
Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet

静岡地酒:万代酒造・江川酒坦庵・純米大吟醸


The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ

修善寺にある万代酒造は色々なプライヴェートラベルを出してます。
江川酒坦庵が伊豆長岡にある蔵屋鳴沢でしか売られていない。実際は蔵屋成沢の杜氏は冬になると万代酒造でで働きます!
江川 英龍(えがわ ひでたつ)は、江戸時代後期の幕臣で伊豆韮山代官。通称の太郎左衛門(たろうざえもん)、または号の坦庵(たんなん)の呼び名のほうでよく知られている。地元の韮山では坦庵と書いて「たんあん」と読むことが多い。洋学、とりわけ近代的な沿岸防備の手法に強い関心を抱き、日本に西洋砲術を普及させた。現在はレジャースポットとなった東京湾岸のお台場を作った人物でもあり、日本で初めてパンを焼いた人物だとも言われている。

万代酒造・江川酒坦庵・純米大吟醸

米:山田錦100%
精米歩合:50%
アルコール分:16~17度
製造:2008年5月

透明さ:非常に透明
色:殆ど透明
ボデイ:滑らか
香り:ふるーてい:西洋梨
味:口当たりがすげれている。長く残らない。フルーテイから早くから口になる。
  細かくてフルーテイ。西洋梨、アーモンド,八角、バナナ。軽い純米の特徴。
  二杯目からドライ。アーモンドが現れる。

コメント:”静岡型酒”
     飲み易い。非常に辛口。細かい特徴にもかからずアルコール分が高いため食べ物にあう鮭です。
     塩っぱい物を食べると甘口になる。

————————-
英語を読めれば次のブログを是非ご覧になって下い!
Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet