カテゴリー別アーカイブ: ビール

静岡県産地ビール: Baird Beer・ベードビール-Red Rose Amber Ale・レッドローズアンバーエール

要求が爆弾のようにされますからBryan Baird。ブラヤンベードさんが工房を最近沼津市から伊豆半島修善寺に移転しました。一方ベー度さんの地ビールをだんだんデパートやスパーで買えるようになりました!

SN3O0677

ベードさんがこの地ビールの味が薔薇の味と似ていると思いますから”Red Rose Amber Ale”という名前をつけた!

SN3O0679

製品名: Baird Beer-Red Rose Amber Ale
無濾過
材料:麦芽、大麦、砂糖種、ホップ、酵母
内量:360 ml
アルコール分: 5.5%
プロセス:無濾過低温。二次発酵。生きている酵母

SN3O0680

透明さ:曇っている(無濾過)
色:濃い橙
泡:長く持つ。細かい。薄い橙色
香り:しっかりしているフルーティー。蜜柑、柑橘、食パン
味:深くて辛口でフルーティーの口当たり。非常に新鮮。
 ドライみかん、食パンとほんの少しの柿。薄い杏が後で現れる。
 より深くてドライなみかん意外食事と一緒に飲んでもあまり変化しない。
 より辛口で去る前に美味しく口で残る。

コメント:非常に新鮮で深くて信頼があってエレガントな地ビールです。
   どんな季節でも美味しく飲める。食事にピッタリな地ビール。
   自分がそのままでちょっと冷やして出きるだけゆっくり(難しい!)飲みました!
   蜜柑の味と橙の色ですから静岡県内飲んだほうが良い!((笑))

静岡県産地ビール:Orache Wind Valley Beer/オラチェ風の谷ビール・季節限定ピルス

先日運が良くて静岡県田子郡函南町にあるオラチェ風の谷ビール社がめったに造ってくれない季節現照りの地ビールを手に入れた!

SN3O0339

実際風の谷がオラチェ 社がある谷の名前です!

SN3O0341

贅沢なピルス!

SN3O0342

品名:オラチェ・風の谷のビール季節限定ピルス
生、無濾過
内容:麦芽、麦、ホップ、イースト
内量:360 ml

SN3O0345

透明さ:一寸スモーキー(生きているイーストと無濾過で普通)
アルコール分:5.5度
色:濃い金色
泡:細かい.長く持つ
香り:強い。フルーティー。みかん、食パン
味:とても新鮮でまろやかな口当たり
  複雑。蜜柑、柿
 口戸喉の中で美味しくて長く残る。
より辛口になって美味しい酸味戸蜜柑のピールを出しながら去る。
食事と一緒に飲んでもあまり変化しない。

コメント:非除にエレガントで美味しい。優れているバランスを出しながらフルーティーで辛口。
   どうしてか直ぐに次お一杯を飲みたくなる地ビール!
   食事を食べながら飲んでも美味しいがやっぱり、特に暑い日・夜、そのんままで飲めば一番美味しい!

ORACHE WIND VALLEY BEER/オラチェ風の谷ビール

〒419-0105 静岡県田方郡函南町丹那349-1
Tel.: 055-974-4192
営業時間:09:00~17:30
HOMEPAGE

Aoi Brewery開業パーティー・静岡市!

昨日午後(日曜日2014年6月22日)静岡市葵区浅間神社の周辺にある静岡県の最新地ビール酵母Aoi Breweryの開業パーティーが開催されました!(夜悦のパーティーがGrowstockで行った!)

SN3O0299

11:00ぐらい写真を撮るために早く訪問した!

SN3O0298

徳川家康のたち葵の紋!

SN3O0300

実際早く来て良かった!丁度花屋さんの車が待っていた。経営者と思われて”花土しますか?”と質問された!

SN3O0301

携帯で満藤直樹さんを読んで、早く来て頂きました!

SN3O0317

静岡銀行の花!

SN3O0303

そのお陰でパーティー・ルームの中の写真を沢山撮れるようになった(ほなじ部屋が秋にパブになる!)!勿論新しいポスターの写真を撮った!

SN3O0304

ポスター 1!

SN3O0305

ポスター 2!

SN3O0306

ポスター 3!

SN3O0309

ポスター 4!

SN3O0308

ポスター 5!

勿論たち葵の紋のラベルの写真を撮った!

SN3O0298

玄関の黒・白
実際スティッカーの白・黒が存在します!

SN3O0307

青・白Blue on white!

SN3O0310

緑・黒!

SN3O0311

茶色・白

SN3O0302

パーティーに準備が大変だったが直樹さんのスタッフのおかげでなんとけうまくいった!

SN3O0316

タップの生ビールの準備!

SN3O0318

Aoi Breweryの最初の4種類の地ビール!
Summer Ale, Pale Ale, Slight Stout and Australian Ale!

SN3O0320

準備ができた!

SN3O0322

Aoi Breweryのチーム!

SN3O0327

地ビールのための美味しいつまみ(ちょっと贅沢!)!

SN3O0323

初めていらっしゃいましたお客さんの中で有名な地元のシェフ!

SN3O0321

用意しているテレビ!

SN3O0331

地ビール酵母の中!

SN3O0326

取材で忙しかったね!

SN3O0319

Summer Ale・サマーエール!

SN3O0324

Pale Ale・ペールエール!

SN3O0325

Slight Stout・スライトスタウット!

SN3O0329

Australian Ale・オーストラリアンアール!

SN3O0330

地ビールの話題・議論!

SN3O0332

直樹さん!お疲れました!有難うございました!

AOI BREWERY

現代に地ビールを出す店!:
AOI BEER STAND
静岡市葵区御幸町4-6デンビル1F
Tel.: 054-260-5203
営業時間: 11:00~23:00
カードOK

GROWSTOCK

420-0852静岡市葵区紺屋町Koyamachi Naka Building, 5F
Tel.: 054-293-9331
営業時間:17:00~25:00 (月~木), 17:00~27:00 (金、土), 17:00~24:00 (日)
パーティー是非(予約した方が良い」
カードOK

MANDO Neo Japanesque Bar

420-0031静岡市葵区呉服町2-4-6, Mori Blg, 1F
Tel/Fax: 054-221-5103
営業時間:17:00~26:00
2Fでパーティー是非!
カードOK

新しいバーと地ビール醸造所:静岡市・静岡ブルーイング/ Shizuoka Brewing!最新情報!

SN3O0066

サービス:凄く音無しけれども非常に親切
設備: 全面的に非常に綺麗。綺麗なお手洗い。完全に禁煙!
値段: 適当
<strong得意:日本産と海外産地ビール。今年7月から静岡ビールも提供される!

SN3O0062

最近静岡市間の地ビール界で色々な新報が行なう!昨年12月21日に静岡JR駅に南(駅南・駿河区)Shizuoka Brewingバーが開店して、同バーでは今年6月8日から新しいShizuoka Beer・静岡ビールが醸造される!
今から他の記事を期待してね!

SN3O0063

バーとビール醸造所が一緒にコンパクトなスペースの中で旨く設定されている。広いラウンジで座りながらか立ちながらゆっくりビールと会話を楽しむ事が出来る!

SN3O0073

勿論テーブルや椅子に座って美味しいビールを飲める!
ところでShizuoka Brewingは完全に禁煙ですからビールの本物の味を楽しめる!

SN3O0072

ホップ形の電気球!

SN3O0064

音無しい山本哲史さんが醸造するだけでなく地元の生産者とコラボしてオリジナルな地ビールを考えて活躍します!

SN3O0065

静岡市清水区で栽培された有機のホップ!

SN3O0066

現在9個のタップ殻日本産と海外産の地ビールを提供していますが7月からAmerican Pale Aleを含むとりあえず自分の地ビールの三つの種類を醸造する。後税務署によって時ビルを少しずつ増やすつもりです!

SN3O0067

糖化(マッシング; mashing)器と湯沸し器。

安元さんがご親切に醸造所を見せてくれました!非常にコンパクトなコンセプトで無駄は全く有りません!一年間で最低限の6,000リトルを製造しても静岡県で一番小さい地ビール醸造になる!

SN3O0071

ホップで処理した麦汁をさらにホップバック (hopback)と醗酵器!

ところで醸造所に入る事が出来なくなる!

SN3O0070

瓶詰め機械!

SN3O0068

ビルの樽とタップのアクセス!

SN3O0069

タップの寸前!

完全禁煙の中で他の地ビール愛好者と一緒に美味しい地ビールを飲む新しいレポートをまた間もなく書く!

SHIZUOKA BREWING/静岡ブルーイング

422-8062 静岡市駿河区稲川Shizuoka City, Suruga Ku Inagawa, 108029
Tel.: 070-6588-6041
営業時間: 17:30~23:00
定休日:月曜日
カード不可
完全に禁煙!
FACEBOOK

ベアードビールニュース&タップルームイベント情報eメール配信サービス(2013年11月22):季節限定販売開始:ウエストコーストウィートワイン

bryan-sayuri.gif

季節限定販売開始:ウエストコーストウィートワイン

タップルームに集う仲間達とベアードビールファンの皆様へ、

11月は、年末のホリディシーズンの気配を少しずつ感じ始める頃ですよね。ベアードブルーイングでは、2001年より毎年このシーズンの始まりを、この特別なビールをリリースして祝っています:ウエストコーストウィートワイン。

新季節限定販売開始:
*ウエストコーストウィートワイン2013(アルコール度数9.5%):

ウィートワインは1980年代にアメリカの西海岸で生まれたスタイルで、カリフォルニア州サクラメントにあるRubicon Brewery Pubで最初に造られたと言われている。イギリスのバーレィワインスタイルが発想の原点にある。ウィートワインは、大麦ではなく小麦のモルトをベースに造られているため、その特徴として、非常にリッチで複雑であると同時に爽やかさも持ち合わせている。それは、まさにアメリカ西海岸のクラフトブルーイングの基盤となっている、ビールに対する比類ない創造性と揺るぎない情熱を象徴するようなスタイルである。ベアードウエストコーストウィートワインは、そのアメリカ西海岸のクラフトブルーイングのパイオニア的な存在の洗練された腕を持つ一流のビール職人や、失敗を恐れないビールの新鋭企業家達へ敬意を払うために毎年醸造されている。

2013年版のウエストコーストウィートワインは、キャラクターモルトを一切加えずに、フロアーモルテッドマリスオッター(45%)、ウィートモルト50%)、そして四国産の小麦を使用した。そのため、少し濁りのある、まるでサンセットゴールドのような美しい色に仕上がっている。フレーバーは、深く、幾層にも重なる小麦麦芽の複雑さと、クリーンでキレのあるのホップの個性(アメリカ西海岸産のホップを限定使用:サミット、ガレナ、シトラ、ソラチエース)が絶妙なコンビネーションだ。充填時には、フレーバーをより複雑に、そしてピリッとした自然な発泡性を生みだすために、クロイズンという製法を用いた。

ウエストコーストウィートワイン2013は、本日(11/21・木)より各タップルームで販売を開始します。樽と瓶(360ml)の両方があり、全国の業務店様からのご注文も本日より承ります(価格帯:Type6)。

また、日本ではあまり馴染みがありませんが、アメリカの感謝祭Thanksgiving Day(11月28日・木)に、各タップルームでは、各店舗の特徴をいかした特別なターキー料理を用意して皆様と祝いたいと思います。各タップルームのブログ等をチェックしてみたくださいね。

乾杯!

ベアードさゆり

——————————————————————————–
ベアードビール、ベアードブルーイング:http://www.bairdbeer.com
ベアードビールE-Shop:http://bairdbeer.com/ja/shop/
お問い合わせ:info@bairdbeer.com

※本メールはベアードビールメルマガに登録しているメールに送信しています。
※メルマガ種別の変更(Textメール→HTMLメール、又はHTMLメール→Textメール)を ご希望される場合は、お手数ですがこちら(newsletter@bairdbeer.com)にメールでお申込みお願い致します。
※本メールに覚えがない方もしくは登録解除手続きを行うためには、 お手数ですが下記のリンクをクリックし解除手続きを行って下さい。
http://bairdbeer.com/ja/newsletter