静岡県産地酒:駿河酒造・萩の蔵純米!

SN3O0348

萩の蔵という銘柄には複雑な歴史がある!
掛川市曽我鶴酒造と一緒―に酒を造った時に曽我鶴・萩の蔵という酒造の名前で萩の蔵銘柄を造っていた。
掛川市から離れて休業した静岡市吉屋酒造の免許を手に入れて駿河酒造になりました。それで又萩の蔵という銘柄を提供してくれました
一方静岡市平喜会社が曽我鶴酒造の免許を買って静岡平喜酒造を創立した!

結果的に萩の蔵の銘柄が守られて歴史が続けている!

SN3O0349

精米歩合: 60%
アルコール分: 15~16度
日本酒度:+2
酸味: 1.4
瓶詰め:2014年2月

透明さ:非常に透明
色:薄い金色
香り:辛口でフルーティー。アーモンド、パイナップル、カスタード
ボディー:滑らかで一寸シロップっぽい
味:強い純米の特徴を出しながら辛口で非常にフルーティーな口当たり。
非常に複雑。カスタード、ミルクコーヒー、ミルクチョコレート
一寸だけ残る。
リクールっぽいで非常に飲み易い。
食事の時に飲むと一寸寄り辛口になる。ミカンを出す以外あまり変化しない。

コメント:どんな温度でそのままでも食事しながらでも非常に飲み易い地酒です!
 非常に複雑ですから一寸”捕まえにくい“。次のカップで次の“顔”を見せる! おそらく食事から離れて一寸冷やして最適に楽しめる!
 女性の方に絶対に人気になりそうです!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中