ベアードビールニュース&タップルームイベント情報eメール配信サービス(2013年11月22):季節限定販売開始:ウエストコーストウィートワイン

bryan-sayuri.gif

季節限定販売開始:ウエストコーストウィートワイン

タップルームに集う仲間達とベアードビールファンの皆様へ、

11月は、年末のホリディシーズンの気配を少しずつ感じ始める頃ですよね。ベアードブルーイングでは、2001年より毎年このシーズンの始まりを、この特別なビールをリリースして祝っています:ウエストコーストウィートワイン。

新季節限定販売開始:
*ウエストコーストウィートワイン2013(アルコール度数9.5%):

ウィートワインは1980年代にアメリカの西海岸で生まれたスタイルで、カリフォルニア州サクラメントにあるRubicon Brewery Pubで最初に造られたと言われている。イギリスのバーレィワインスタイルが発想の原点にある。ウィートワインは、大麦ではなく小麦のモルトをベースに造られているため、その特徴として、非常にリッチで複雑であると同時に爽やかさも持ち合わせている。それは、まさにアメリカ西海岸のクラフトブルーイングの基盤となっている、ビールに対する比類ない創造性と揺るぎない情熱を象徴するようなスタイルである。ベアードウエストコーストウィートワインは、そのアメリカ西海岸のクラフトブルーイングのパイオニア的な存在の洗練された腕を持つ一流のビール職人や、失敗を恐れないビールの新鋭企業家達へ敬意を払うために毎年醸造されている。

2013年版のウエストコーストウィートワインは、キャラクターモルトを一切加えずに、フロアーモルテッドマリスオッター(45%)、ウィートモルト50%)、そして四国産の小麦を使用した。そのため、少し濁りのある、まるでサンセットゴールドのような美しい色に仕上がっている。フレーバーは、深く、幾層にも重なる小麦麦芽の複雑さと、クリーンでキレのあるのホップの個性(アメリカ西海岸産のホップを限定使用:サミット、ガレナ、シトラ、ソラチエース)が絶妙なコンビネーションだ。充填時には、フレーバーをより複雑に、そしてピリッとした自然な発泡性を生みだすために、クロイズンという製法を用いた。

ウエストコーストウィートワイン2013は、本日(11/21・木)より各タップルームで販売を開始します。樽と瓶(360ml)の両方があり、全国の業務店様からのご注文も本日より承ります(価格帯:Type6)。

また、日本ではあまり馴染みがありませんが、アメリカの感謝祭Thanksgiving Day(11月28日・木)に、各タップルームでは、各店舗の特徴をいかした特別なターキー料理を用意して皆様と祝いたいと思います。各タップルームのブログ等をチェックしてみたくださいね。

乾杯!

ベアードさゆり

——————————————————————————–
ベアードビール、ベアードブルーイング:http://www.bairdbeer.com
ベアードビールE-Shop:http://bairdbeer.com/ja/shop/
お問い合わせ:info@bairdbeer.com

※本メールはベアードビールメルマガに登録しているメールに送信しています。
※メルマガ種別の変更(Textメール→HTMLメール、又はHTMLメール→Textメール)を ご希望される場合は、お手数ですがこちら(newsletter@bairdbeer.com)にメールでお申込みお願い致します。
※本メールに覚えがない方もしくは登録解除手続きを行うためには、 お手数ですが下記のリンクをクリックし解除手続きを行って下さい。
http://bairdbeer.com/ja/newsletter

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中