ベアードビールニュース&タップルームイベント情報eメール配信サービス(2013年08月28日):季節限定販売開始:ベアードラオホボック

bryan-sayuri.gif

季節限定販売開始:ベアードラオホボック

タップルームに集う仲間たちとベアードビールファンの皆様へ、

猛暑に悩まされた今年の夏ですが、最近は朝夕に秋の気配を感じ始めましたね。そこで、このビールを発売し秋を迎えたいと思います:ベアードラオホボック。

新季節限定販売開始:
*ベアード ラオホボック (アルコール度数6.5%):

ラオホビアは古いドイツのビアスタイルで、起源は1500年代に遡り、ドイツのフランコ二ア地方のバンベルクという町の特徴的なスタイルであった。「ラオホ」とは「スモーク」という意味で、これがラオホビア特有のフレーバーである。このスモークフレーバーは、ブナ材を燃やし緑麦芽を乾燥させることから生まれてくる。ボックとは、ドイツが起源のストロングラガーだ。

ベアードラオホボックは、この古きフランコニアのスモークスタイルを用いて、強く、モルティで、ヴェルヴェットのようにスムーズだ。モルトは、バンベルクにあるワイヤマン社が造った原材料を100%使用している(その内63%はブナ材で燻されたスモークモルト)。ホップ使いは非常に軽く、リッチなモルトのフレーバーとバランスを取るために、ハラタウトラディッションとチェコザーツを加えた位だ。ラオホボックは2012年12月に仕込まれ、今まで8カ月間ベアードのセラーの中で熟成させた。この長期熟成により、独裁的になりがちなスモークの個性がちょうどいいバランスに落ち着いている。

ここでブルーマスターからのおススメ:馬車道タップルームで、桜の木でスモークされたブリスケットと、このラオホボックを是非飲んでください。極上の幸せを感じるでしょう!

ベアードラオホボックは樽だけの販売となります。各タップルームでは本日(8/27・火)より販売を開始します(沼津タップは定休日)。ベアードビール取扱店様からのご注文も樽のみ本日より承ります。数に限りがありますので、早めのご注文をお勧めします。

そして、タップルームのお客様へ、初秋のお楽しみビールもご用意しました。本日シングルホップエールを2種発売します。レシピとスペックは同じで、ホップだけを変えたシリーズです。今回取り上げたホップは、高いアルファ酸のアメリカ種・ナゲットとミレニアムです。この2種はとても似ており、事実ミレニアムはナゲット系の品種です。スパイシー、ハーバル、フローラルといった言葉でよく形容されます。あなたはどう形容しますか?味わいの違いを感じますか?

ナゲットシングルホップエール (アルコール度数4.6%) とミレニアムシングルホップエール(アルコール度数4.6%) は、タップルームい4店舗だけの限定ビールです。本日より発売を開始しますので、味わいの違いを確かめてください。

乾杯!

ベアードさゆり
——————————————————————————–
ベアードビール、ベアードブルーイング:http://www.bairdbeer.com
ベアードビールE-Shop:http://bairdbeer.com/ja/shop/
お問い合わせ:info@bairdbeer.com

※本メールはベアードビールメルマガに登録しているメールに送信しています。
※メルマガ種別の変更(Textメール→HTMLメール、又はHTMLメール→Textメール)を ご希望される場合は、お手数ですがこちら(newsletter@bairdbeer.com)にメールでお申込みお願い致します。
※本メールに覚えがない方もしくは登録解除手続きを行うためには、 お手数ですが下記のリンクをクリックし解除手続きを行って下さい。
http://bairdbeer.com/ja/newsletter

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中