居酒屋・おだっ喰い・静岡市!

サービス:非常に親切で気が楽な雰囲気
設備:全面的に非常に綺麗。素晴らしいお手洗い(マウスウオッシュまで提供されている!)
値段:リーズナブル
得意:本物の居酒屋の美食。主に地元の材料を使用する。優れている地酒と焼酎のリスト。ワインも有る。個室も可能。

建物が今年8月に完全にリフォームされる時にも“おだっ喰い“居酒屋がもう既に静岡市の目玉の居酒屋だった。
でも今正に全静岡県のベストスリー(Top 3)の居酒屋の一軒似なりました!

仕事人の杉山信廣さん!

“おだっ喰い”居酒屋がお客さんの好みに合わせるために三つの部屋で分裂されている。
―“おもて”ではカウンターと大きい窓から外を見える掘り畳で座れる。
―“うら”では5人が座れるカウンターの形の部屋で“おもて”から通廊を通してたとえば串焼きのようなフライ・焼き品が運ばれる。その通廊が上手に二階まで走る階段の上に通る。
―“うら”の又裏に三つの個室の部屋ができるスペースがよく使用される。

心配なく!ソフトドリンクを含む飲み物が溢れる!

ワインまで!

美味しい冷たい料理が“待っている”!

ドラゴンと始め野訪問だったから静かなバースタイルの“うら”の部屋で食べました。
勿論“おだっ喰い”の食事を一回で全部を味わうが無理ですから今回“おもて”のフライなどを無視しました。今度にするからね!

先ず飲み物!
ドラゴンが赤ワインを飲んでいるけれども自分が袋井市にある国香酒造臥造った傳一郎ヲいただきました!

どんな居酒屋でもお通しを見て味わうとレベルをすぐに解りますね!“おだっ喰い”の着け出し素敵で綺麗だけでなく大きい!ナプキンが可愛い!

もう一つの、必ず刺身の御造りを注文する。又その居酒屋のレベルをはっきり解るね!
“おだっ喰い”の刺身を東京で出せば幾らなるだろうね?笑い・・・

カリカリで美味しい静岡県産の赤烏賊!

口の中で溶ける鮪赤身!

歯ごたえの良い縁側を含む平目 の刺身!

サービスとして静岡県でしかいただけない山葵の茎の漬け物!絶品!

ドラゴンが赤ワインを飲み続けたけれども次の酒を選ぶ時間になりました(実際サービス野地酒野一杯をいただきました!東洋美人の二種類の中でどちらくを選んだと思う?
赤ラベル勿論!

やっぱり自分の前にカウンターの上に置かれた料理を頼んだ!焼きベーコンとポテトサラダ!

野菜がいっぱい優れているバランスのサラダ!

次が外国人がいつも驚く鶏軟骨唐揚げ!

カリカリで歯ごたえが素晴らしくて美味しい!

その日良く歩きましたのでお腹が本当に空いてたためマーボ豆腐ヲ注文した!

“おだっ喰い”野絶品:石焼きチャハン!

これだけ食事似なるだろう!

優れている居酒屋では絶対奥地な沿いのデザートが提供されている:シェルベット!

続く・・・今度“おもて”で食べるからね!

おだっ喰い
420-0024 静岡市葵区常磐町Ⅰ-8-1青葉横丁2F
Tel./fax: 054-253-6900
営業時間:17:00~24:00
定休日:月曜日
HOMEPAGE
パーティー是非!
カードOK

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中