柿島養鱒の虹鱒・岩魚と桜鱒・富士宮市!

岩魚・イワナ!

先日静岡県在”山葵の会”のシェフと生産者と一緒におそらく静岡県(と日本)の一番有名な養鱒会社(富士宮市だけで5社がある!)を訪問するために富士の癒しへ云って富士山を700メートルまで登った!

柿島養鱒会社社長と話している静岡県内一所懸命に静岡産の美食と生産の知識を拡大する“山葵の会”のシェフ(フランス、イタリアとスペイン料理)と生産者(藤枝市在)!

岩本いづみ社長!

その朝は又猛熱(30度超える)にも拘らず二代目の岩本いづみ社長が素晴らしい説明をしながら柿島養鱒所で案内してくれました!

柿島養鱒会社が富士宮市35年前に創立されて(函南町と伊豆市にも養鱒所があってスタッフは全部で8人)。鱒を育つ一年中12度ぐらいで安定している温度一定の水供給の理想的の条件・環境を提供する富士山に登って700メートルという高さの場所に一意する。

山から流れる豊な河の水を一回見れば素晴らしい環境を十分解る!

富士山から水が鳥と落葉に対するネットで守られているコンクリート製のタンクの中に直接に流れる。

水をフィルターするためにそれぞれのタンクの入り口にネットが設備されている。

水が一定にタンクの中に流れる。

最後に水を自然に戻す。
魚の肉の安心・安全ヲ完璧に守るために同じ水を一回しか使用されていない。その上水が絶対に溜まらない。
スバrしい自然のお陰で人間の仕事が比較的に楽になりましたが魚に餌を与える事やネットをいつも調べて修理する事やタンクを掃除する事と周辺を綺麗にする事だけで御労働ですね!

養鱒所の周辺の自然の中に一切も農薬や人工製肥料が使用されていない!

2キロ超えてデカイな岩魚!
育ちが二年画かかる!

柿島養鱒社が一年間で200トンの岩魚や虹鱒と桜鱒を育っている。

2キロの岩魚!

虹鱒!

夜明けから夕暮れまでの仕事です。その日にもインタービューの前に5:00に起きて岩本社長が息子さんと一緒に魚に餌を与えた仕事下!

勿論毎日(夏沢山の氷を使って)魚をお客さんのために用意しなければならないが全国に釣り穴会社にも生きるままで送る!実際日本で両方ともにレストランと釣り穴会社に鱒ヲ提供する会社は柿島養鱒社しかないそうです!理由は岩本さんのsかなが美味しいだけでなく凄く丈夫で釣り愛好者に賭して本物のファイティンフィッシュですからね!

でも素晴らしい環境と厳しい日常的の手入れを提供しても一番用心が要るのは餌です!
そこで経験と一定の研究之35年間が宝です!
以前餌が半分自家製で(ペルー産のアンチョビー等)半分買った物だた。.

しかし同時に値段が高くなって質が落ちた理由だけでなく安心・安全のため日本産、特に焼津市産の鰹、餌をしか使用しないようになりました。
鱒が毎日朝餌を与えなければならないいつもお腹がペコペコ之魚です!

餌が厳選された一定の高質の魚や小麦やバイタミンと自然塩のミクスです!
魚の成長を加速するために油等も一切も使用しない。
今年からポリフェノールを含むココアの殻m、まで自然の材料しか使わない!
ところで岩本社長が魚の肉色を調べるために必ずカーラーメータを手鞄で囲んでいる!

贅沢な魚を提供するためにこんなに一所懸命働いても自然も大変な条件です:2年前恐ろしい台風の大損害で魚を全部失った!

富士宮市で花月日本料理土岩魚!

柿島養鱒の魚が静岡県で静岡県農産物として指名されて静岡県内外の美食派のシェフに注目されて地元の優れているレストランで期待して!

柿島養鱒株式会社

本社:419-0115静岡県田方郡函南町新田125-1
Tel.: 055-970-3031
Fax: 055-970-3032
携帯: 090-6942-3438 (岩本いづみ)
メール: izumi_iwamoto@kakishima-troutfarm.com

主養鱒所:418-0108静岡県富士宮市猪之頭中村495-1
Tel.: 0544-52-0181
Fax: 0544-52-0216

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中