フランス美食の仔牛レバー・Pissenlit・ピサンリレスたおらん・静岡市

サービス:優れて非常に親切
設備:全面的に非常に綺麗。素晴らしいお手洗い(マウスウアッシュと爪楊枝マフェ提供されている!)!
値段:リーズナブル~一寸高い。
得意:面白いワインリスト。地元の材料、特に有機野菜と肉を主に使用する

日本に生産者臥少ないため仔牛の肉を日本のレストランでは中々珍しい材料です。
見つけても大米風の日本産の白い肉の仔牛肉は殆どありません。
その逆は日本産の仔牛肉は柔らかくて美味しいピンク色です。
日本人が勿論レバーが大好きですから是非珍しい仔牛のレバーを食べてみてね!

有馬亨シェフが僕に“仔牛を手に入れた!”と告げてくれた時にすぐにPissenlitへ行きました!

其の仔牛のレバーをフランス風でワインビネガーとディジョン種マスタードでポワレ・炒めた・
僕の母国のブルゴニュー地方のやり方!
しかし野菜はやっぱり日本風だったかな!?
大きい筍のウエドジュ・三角切りの調理方法は日本でも珍しかった:カリカリになるまでにフライポテトのようにゆっくり炒めた訳です。
中身は柔らかい外面がカリカリで凄い歯ごたえで珍味!

この小さいキャベツは実際富士宮市北山農園で早く収穫された本物のキャベツです。
調理は一寸てま臥かかった!

有馬亨さん は簡単に開ける丹に最初に軽く茹でて葉とはあいだ・隙間を島田産の野生のイノシシのラグーで詰めた!キャベツの葉をちゃんと閉めて仔牛レバーと一緒に炒めた! 静岡県農産物の種類を使用してフランス美食!
天国!

続く・・・

PISSENLIT・ピサンリ
420-0839静岡市葵区鷹匠2-3-4
Tel.: 054-270-8768
Fax: 054-627-3868
営業時間:11:30~14:30; 17:00~22:00
定休日:火曜日と日曜日(夜のみ)
HOMEPAGE
カードOK
全面的に禁煙“

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中