岡村千代次産の富士山・岡村牧場・富士宮市!

元気でしぶとい岡村千代次さん!

先週金曜日にRestaurant Bio-S・レストランビオスの素晴らしい昼食の後松木一浩オーナーとフランスから来たフランス人のジャーナリストCamille Oger。カミユ オジェさんとJulien Morelo・ジュリアン モレロさんと一緒に富士山の森の中に運転して富士山のふもとにある富士山・岡村牧場に行きました!
その岡村牧場では(富士宮市に葉全部3件がある)素晴らしい牛肉の牛を育っている!

富士山・岡村牧場からの富士山の風景!

岡村千代次さんが1955年に滋賀県で生まれた。
五人目の子供だったから独立するしかなかったと云うってくれました。
1978年に東京農大学から卒業して色々な農業で経験を葉詰めて1990年に富士宮市30砥砥牛を持って牧場を創立した。

妊婦の牛のための富士山のふもとにある美味しいくさがいっぱい牧場!

岡村さんが自分で買った2ヶ月間の仔牛か人為的に受精させられた自分の牛が生んだ仔牛から雌だけの和牛牛を育っている。オス仔牛が産まれた場合は去勢されます。

とても健康的で元気な妊婦している雌牛!

24か月臥立って牛が肉になります。西洋方法砥比べて短い。
屠殺場臥非常に離れているため牛にはストレス臥ありません。
ところで岡村さんが仔牛肉を生産しない。

笑っている雌牛!

もともとに岡村牧場で育っている牛が牛乳牛と肉牛尾のハイブリッドです。
BSEの問題があったため岡村さんにとして大切であるのは牛の健康だけでなくトレーサビリティ (流通) も非常に重要です!だからこそ“顔を見えなかった”お客さんに自分の牛の肉を売らない!

毎日(休みなし!)自分たちの300頭以上の牛の健康を守るために一生懸命に働くにも変わらず岡村夫妻がいつも笑顔で物すごく元気な人間だ!感動的!だって、全部を二人だけでやるんだからね!それにしても友達とバーベキューをする時間もある!

牛小屋(実際大きい!)と設備が2003年に完全にリフォームされて遂に2006年に静岡県農産林省に認定されました!

それぞれの仔牛が優れている健康を守るために自分の小屋の中に”暮らしている“!

その牛小屋は本間に綺麗です!
富士山のふもとという場所ですから汚染がなくて水と草が自然で綺麗ですからね!
岡村さんが厳しく知らばられている外国産の輸入します。
牛の糞を自然な肥料としてリーサイクルします!

主に厳選された玉蜀黍と大麦を含む餌を牛に与える!
岡村さんが牛に与える餌がな年間がかかった研究の物ですから岡村さんの牛肉が最高級です!

牛小屋が毎日掃除されてわらが替わられて衛生が最高状態です!
岡村奥さんの日常的の仕事が仔牛の面倒砥岡村牧場会社の経理です。のぉりは全部岡村三の仕事です!学生が何人も牧場に働くことを要求しますが本気だけの学生ウィ決まっている時間の間を受け取る。やっぱり厳しい!

お腹がペコペコの仔牛!

本間に大変な労働の仕事ですからやっぱり岡村夫妻が元気で絶対太らない人間だと思う(僕が違う!)!比較的にシャイな人間ですけれども非常に熱心でここらが暖かい方々です!
その結果?

中々まねできない高級しつの牛肉!
松木さんも同じように思ったが岡村さんの牛肉の中には脂が殆どないにも割らず非常に柔らかい!やっぱりまねできない高質の牛肉です!

富士山・岡村牧場
418-0102 富士宮市人穴137-318
Tel.: 0544-52-3668
Fax: 0544-52-3668
Eメール: oka5@alpha.ocn.ne.jp

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中