静岡県駅弁:掛川市JR駅の一豊御膳

一豊御膳は16世紀戦国時代に掛川市で住んでいた山内一豊と千代を記念する駅弁です。2009年テレビドラマで紹介されました!
この駅弁を仕事場へ行く途中掛川JR駅で買った!

この駅弁は本当にお土産になる!

あいかわらず葉ままつぃに有る自笑亭会社の説明が正確ですね!

ステッカ梨の姿。
紙製の風呂敷は本当に丈夫だった!

箱のふた“おたく”の収集品になるね!

勿論中身が透明の神で守れた。オシボリまで提供されました!

さてと・・・中身は?

二個の桜形お結び。
一個目は桜花干しで飾られた山菜ご飯。

二個目は影がわしの緑茶ご飯。

漬け物、山葵漬砥和菓子。

鶏肉の団子と煮物(人参、菊豆腐、里芋、枝豆、牛蒡、椎茸、高野豆腐、湯葉巻)。.

マイタケ砥海老天婦羅と 薩摩芋の煮揚げ。

天婦羅のため塩抹茶!

塩抹茶で味を調えた天婦羅!

16世紀でこんな美味しい食事を召し上がったぁな・・・?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中