居酒屋美食・Villa D’Est Quisine/ヴィラ・デスト・クイジヌ・静岡市(2011年秋)

サービス:非常に親切
設備:伝統で非常に綺麗。可愛いお手洗い。
値段:リーズナブル
得意:自家製風季節の料理。ワインや地酒と焼酎。典型的な居酒屋の雰囲気!隠れ屋の美食の愛好者にぴったり!

美食の隠れ屋が溢れる静岡という市では大勢の居酒屋の愛好者は自分が一番好きな店を中々紹介してくれない。僕がこういう態度は間違っていると思っていますが同時にその店の雰囲気を守れない客に教えたくない。一方本気に地元の美食や“美飲“と優れている雰囲気を促進したかったらやっぱり紹介する義務がある!

僕の場合ですけれどもVilla D’Est Quisine・ヴィラ・デスト・クイジンが自分の職場の近くに有りますから方真音したい程できません。日本では職場の近く有る居酒屋にいくと一寸“危険”・・・
できるだけ大勢の客がいる週末を避ける。一方平日に行けば新しい“同考“の友達を作る機械が十分になる!

Villa D’Est Quisineヴィラ・デスト・クイジンを訪れる理由が沢山あります:
静岡市の中心から離れて人気ある鷹匠で残っている伝統の細道煮一位する。
殆どタイムスリップの雰囲気を持っている日本の伝統の作り方の中に古くて暖かい木材のカウンターやテーブルや畳の席で筆書きメニューから注文してオリジナルな陶器で料理を出してくれる。外の植え鉢や中の絵やオブジェ等等・・・
料理のジャンルが色々で主に地元の材料で作られて日本人の客も”外国人“の客も十分喜ばす。
飲み物のリストが短いが最適です:地酒、焼酎、ワイン等・・・
松浦敏春親方がプライバシーを守りながら一所懸命脚を喜ばす気がいっぱい。“音無し“かもしれないが会話に参加してくれる方です。

二日前は祝日の前だったから五月蠅い静岡市の中心から逃げてスローライフを楽しみに行きました。実際新しい友達ができて本間に瓜買った!
菊川市にある森本酒造の美味しい地酒飲みながら美味しい菊の花を含むお浸しをいただいた!
店の中は気持ち良い暗いが写真は一寸撮りつらい・・・

一枚がしかないのにメニューを読むのは時間がかかるびっくり!まあ注文する前にゆっくり考えてね!
いきなりメニューにこしょう鯛の刺身をはっけん!
敏春さん煮何処で見つけたか質問下けれども旨く返事から逃げた・・・
多分自分で駿河湾で釣ったかもしれないが、また僕が知っているマーケットかな・・・
刺身が一般の鯛よりも歯ごたえがしっかりして美味しかった

アミ茸下ろし大根和え

上の料理はやっぱりベジタリアン向け!実際ベジタリアンだったら親方が十分助ける事が出来ます!

手羽先と野菜クリームシチュー

寒い夜で欧米人が大好きな料理だろう!コンセプトが欧米風ですが典型的な居酒屋の美食!

牡蠣ふわふわ蒸し

度やって作ったか一寸解らないが日本料理ですね!牡蠣の愛好者が絶対に食べたい!

いざ伽のクラッシック!ユリ根と海老かき揚げ

やっぱり日本のかき揚げと天婦羅派最高!
僕がフランス人ですからユリ根を食べる事が楽しい!どうしてだろう・・・?

色々なポテトフライ

又居酒屋のクラシック!薩摩芋のチップ、ポテトと里芋!又ベジタリアンの天国!

メニュー煮会った料理を少ししか食べられなかった・・・まあ次にします!

VILLA D’EST QUISINE・ヴィラ・デスト・クイジン
静岡市葵区鷹匠3-10-19
Tel.: 054-251-4763
営業時間:17:00~24:00
定休日:木曜日
パーティー是非!e
HOMEPAGE/BLOG

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中