静岡県地酒:国香酒造・国香吟醸

袋井市にある国香酒造は静岡県の地酒の世界と歴史に偉大な立場をする。初めて静岡酵母を使った酒造でした。その後その酵母の陰で静岡県の地酒が全日本で有名になりました!

普段国香酒造がラベルに法律で決まっている内容しか発表しない。
アルコール分:16~17度(原酒)
瓶詰め:2011年8月

透明さ:非常に透明
色:透明
香り:フルーティー、掴めにくい、辛口。バナナ。
ボディー:滑らか
味:口当たりに強くておいしいアルコールでバックアップされている非常に辛口の酒。
複雑。フルーティー:バナナ、コーヒー豆、ドライアーモンド
口の中を温めながらドライ杏子とコーヒー豆を出して早く去る。
何かと一緒に食べるとより案口になりますが食べ物から離れるとすぐに又非常に辛口になります。

コメント:静岡県産の地酒でも日所湯に辛口の地酒!
 食事の非常にうまく合う地酒です!
 特徴が強いにもかわらず上品の地酒で静岡県では“変わっている”地酒の愛好者にぴったり!
吟醸にしても僕が食べながら飲むのは最適です!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中