誉富士酒米の田圃の訪問:宮田祐二さん

宮田祐二さん!

23年前に色々な方が良く考えてから静岡県が沢山の理由で(賛成させるのは時間がかかったけれども・・・)自分の酒米(とりあえず一部)を栽培するべきだと解りました。
その理由は先ず(ご飯野米と違って)酒米の栽培には予想外の原意で経済的のリスクが多い。その上酒造が兵庫や広島や岩手と新潟県等という遠い件から酒米を“輸入”しなければならないので(酒造の蔵人さんたちが第三者の前に云いたくないが・・・)その品質を調べる事が出来ない・・・

焼津市中新田、村松さんの田圃(30a)

結果的に自分の酒米を栽培するに仕方がない!
平成10年(1998)磐田市農業試験場で一番優れていると思われている酒米種である山田錦から静岡県産の酒米を作る研究が始まりました。
7年後(2005)宮田さんのような専門家の指導を受けて地元の生産者がその酒米を栽培するのを本格的に始まりました!

他の酒米よりも茎が太い。「

15人の生産者を含む焼津酒米研究会は誉富士という名前の山田錦の別種を60%栽培しています。実際同じ会が誉富士(10.3 ha)や山田錦(5.6ha)五百万石(4.7ha)を栽培しています。
現在静岡県内28酒造の中で(場合によって)純米吟醸まで誉富士酒米を使用する20件まであります!

宮田祐二さんとJAおおいがわ池谷弘巳営業経済係長

もう大きい企画煮なったため今年から焼津JA農協が焼津市産の誉富士酒米を買うと決まりました!

そこで本当に一所懸命にJA等の色々なえらい方と旨く話するために助けてくれました静岡県志田榛原農林事務所の三宅良平さんを感謝させていただきたいと思っております!
三宅と宮田さんが藤枝市のJR駅まで迎えに来て一日中を案内してくれて本当にありがとうございます!
二人様が先の村松さんを含めて3人の生産者の田圃やJAの方を紹介してくれました!

それぞれの田圃の中で宮田さんが米を茎を選んで細かく爪で開いて中にすでに成長している種を見せて何時完全に出るかその米を何時収穫されるかまで予想を説明してくれました!

二か所目の田圃は焼津市東益津の松村さんの物(20a)。
そこでは良く種植えると米収穫野イベントが行う!

誉富士野酒米には大きな良い点がる:
茎が山田錦よりも25cmで短いためもっと上部で中々台風の風でも倒さない。
もう一つはタンパクが少ないため地酒を長く熟成させる効果がらう!

場所によって焼津市に二種類の土がる。大井川の元の河床では砂の土地で山の近くは粘土の土地です。先の二つの田圃は砂土です。勿論土によって栽培野仕方が微妙に違います!

誉富士酒米が比較的に茎長(かん長)が短くだけでなく“さや”がもっとながく“ふし”がもっと短くて太いです。

三番目の田圃が”誉富士の心“です!
そこで梅原利浩さんが三年前から“種”の生産の責任者になりました!

梅原さんの田圃(30a)が藤枝市平島煮あります!

この種が後10日間に出て10月煮収穫されます!

本間の日本の田舎!

静岡県産誉富士地酒に欠かせない二人:宮田祐二さんと梅原利浩さん!

この二人のお陰で上の写真の米が誉富士酒米を使用して静岡県在酒造の蔵人が素晴らしい地酒を提供してくれます!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中