杉井酒造・菩提もと乃介純米誉富士

藤枝市にある杉井酒造が沼津市の高島酒造と菊川市の森本酒造と同じように“変わっている酒”を造ることをいつも新しく挑戦する酒造です。

今回の地酒は”昔の酒“の様に造られた:
“「菩提もと」仕込み登は、生米登粥を水に漬けて「そやし水」を酒母として使用する、室町時代に確立された伝統な技術です。”
“自然に発生する乳酸菌登酵母のみで出来上がったお酒を芳醇な味わいを楽しみください。常温でもぬる癇でもおいしく飲めます。”

米:誉富士(静岡県産)
精米歩合:70%
アルコール分:14.8度
日本酒度:2.5
酸味:2.1
製造:2010年
瓶詰め:2011年7月

透明さ:非常に透明
色:薄い金色
香り:辛口けれどもフルーティー:バナナ、アーモンド、マカダミアナッツ、ビターチョコレート
ボディー:滑らか
味:口当たりに純米乃特徴が強くてフルーティー:ミカン、アーモンド。
又オレンジ、コーヒー豆、ビターチョコレート登ダークチェリーを出しながら早く去る。
強い純米の特徴はずっと現れる。
二杯目以降より辛口になる。
何か食べるとより辛口で酸味を出しながら一寸おとなしくなります。
非常に複雑で一杯一杯新しい“顔”を見せる。

コメント:静岡県で”変わる酒“かもしれないが寿司い酒造の典型的な地酒!
 複雑で驚くべきとても美味しい酒です。自分で常温で一番好きですけれども勿論ぬる癇デも美味しい。とにかく”変わっている酒”です。
 実際結構述べにくい地酒で新しい経験煮なります!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中