有機酒米生産者:松下明弘さん!

松下明弘、宮田祐二、青島傳三郎!

藤枝市に住んでいる松下明弘さんが本物のパイオニールです!
17年前に自分の米を全部有機米として栽培を決めました!当時に補修的の日本の農業会では革命が起こったぐらいと云えました!
幸い現在遂に公認されました・・・

それで15年前に明弘さんが藤枝市にある青島酒造の経営者・杜氏である青島傳三郎さんに会って有機酒米に興味を持ってないか尋ねた。パイオニールでもある傳三郎さんが喜んでその挑戦を対応しました。
本間に挑戦らしい挑戦だった!


藤枝市にある青島酒造!喜久酔は銘柄です!

結構まえから僕が長い間傳三郎さんを知っています。彼の英語が完璧ですから外国人のフアンに紹介させる時に本当に助かる!

宮田祐二、三宅良平、青島傳三郎!
日本ですから先ず名刺の交換!

静岡県の酒造の世界の中に沢山の友達がいる事も僕の日本人の友達や仕事仲間煮本当に役に立つ煮なります!
松下明弘さんに会う前に静岡県志田榛原農林事務所の宮田祐二さん(焼津市誉富士酒米)と三宅良平さん(茶業農産課)と一緒に青島酒造までへ行って経営者・杜氏である青島傳三郎さんに会い巻いた。傳三郎さんが誉富士酒米を使用しないが熱心の酒煮関係者にいつも暖かい心でお付き合いします!

明弘さんが初対面で大人しく恥ずかしい方に見えますがすぐに自分の仕事や趣味と特技について熱しに話してくれる方です!
日本ではおそらく一番補修的な地方である静岡県ではその熱心と特技がなかったら革命を行わせるのは無理だろう!

現在有機栽培ではない田圃と仲良く付き合う事には問題はないが昔戦争近い状態だった。当時に夜に自分の田圃に投げられたゴミを毎朝拾うのは大変だった・・・
しかし明弘三は今JAS有機認定農家と志田EM有機研究会会長になりました!

田圃だけでなくその周辺も綺麗にしなければならない。それにしても田圃の外から数メートルの中の米を一切も使用する事が出来ない!

日本の一番有名酒米である山田錦!”種“が今月いっぱいで現れる!
大井川乃土地ですから砂土です!

一回だけ見るとすぐに有機栽培だと解る:虫とかたつもりがいっぱい!
一旦それらを防ぐためにアヒルを使用たけれどもそこにどら猫のお陰でできなかった!

宮田さんに専門が誉富士酒米ですが山田錦酒米にも役に立つになるね!

明弘さんの田圃が広くてあちこちにあります。僕が彼に有機米を輸出に興味があるか尋ねたが現在田圃が足りないから無理だと答えた。それだけでを聞いてやっぱり松下三の有機米が本当に皆に認めれたね!

皆さんが話に燃えて僕をすぐに忘れてくれました!

明弘さんが忙しくても研究を一所懸命続く:有機黒米!

自分が日本で長く暮した外国人がこんな熱心を見るとどんな大変な損害が行なっても自分の米と同じように日本と日本人がなんか気も背を曲がっても絶対に倒れません!
感謝!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中