ベアードビールニュース&タップルームイベント情報eメール配信サービス(2011年05月27日)

にほんブャ??村 グルメブャ??へ
ベアードビールニュース&タップルームイベント情報eメール配信サービス 2010年05月07日

bryan-sayuri.gif

初登場季節限定販売開始:ダブルドライ ベルジャンインペリアルIPA
タップルームに集う仲間達とベアードビールファンの皆様へ、

ビールは、無限と言っていいほどの多様性を持つ飲み物だ。ベアードのブルワーほど、この多様性を情熱やこだわりをもって楽しみ祝う者はいないだろう。10種類の定番ベアードビールに加え、毎年数十種類の季節限定ビールを造ることに励んでいる。その最新版が初登場となるこのビール:ダブルドライ ベルジャンインペリアルIPAだ。

新季節限定販売開始:
*ダブルドライ ベルジャンインペリアルIPA(アルコール度数8.5%):
アメリカでクラフトビール革命が起こる以前は、強力なホップの個性とベルギー酵母を組み合わせビール造りを実行するブルワーなんて誰一人としていなかった。しかし今は違う。今ではホップが強くベルギー酵母で発酵させたIPAが太陽の季節に楽しまれている。ベアードビールのブルワー達は、ビーチへ向かいパーティを楽しむ時に、このベアード版の一見矛盾したおもろいスタイルのビールを持っていこと思う。

ダブルドライ ベルジャンインペリアルIPAの名前は、(a)ダブルドライホッピング、 (b) 2種類の酵母を使用しダブル(実際はトリプル)発酵 させ、 (c)インペリアルレベルのホップ (煮沸窯内で100 IBUs)、比重 (17.8 P)、アルコール度数 (8.5%)が由来となっている。

これは、非常にビターで、唸るほどドライで、アルコール感が容赦なく迫ってくるビール。例えて言うならば、オルヴァル、デュヴェル、ストーン ルイネーションが融合した感じだ。モルトの代わりに30%の国産氷砂糖が発酵対象の原材料として加えられており、これがより高いアルコール度とより軽いボディを導いている。ホップは、ドライホップも含め、アメリカ産(ウォリアー、コロンバス、ホライゾン)とヨーロッパ産(ジャーマンハースブルッカー、スロベニアンスティリアンゴールディング)を使用している。発酵は3度に渡り行われ:第1段階はベアードのハウスベルギー酵母、2段階目はベアードのハウススコッチエール酵母、そして充填後もその2種が引き続き活発に発酵活動を行った。

ダブルドライ ベルジャンインペリアルIPAは、本日(5月27日金曜日)より各タップルームで販売を開始します。アルコール度数が高いので、ゴブレットグラスで、チェイサーと共にゆっくりと楽しんでください。飲みやすいのでおかわりしたくなりますが、飲みすぎには注意!いつの間にか撃沈されちゃいますョ。全国のベアードビール取扱店では明日より樽や瓶で飲むことができます。家飲みを楽しみたい方はE-shopから購入可能です。馬車道タップルームでは、正式にお酒の販売免許も取得し、瓶のテイクアウトもできますので、是非ご利用ください。

乾杯!

ベアードさゆり

Baird Brewing Company
Numazu, Japan
HOMEPAGE

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中