静岡農産物:畑田農園の葉生姜!

畑田農園の7代目:畑田敏克さん!

静岡県が千葉県や茨城県と日本で葉一番葉生姜を生産します。静岡県で一番有名であるものが静岡市久能で栽培されていると云われる。おそらく海の近くで砂土地がその理由!

先日朝畑田農園を訪問した時に皆さんがその朝収穫した葉生姜を出荷する前に綺麗にしたり分けたり切ったりと包んで非常忙しかった。邪魔させていただいて本当に有難うございました!
1500坪の面積のハウスで栽培してお父さんやお母さんや息子さんとスタッフ4人が葉生姜のピークシーズンに向かっています。

忙しい敏克さんのお父さん!
敏克さんのおじいさんが始め34年前に葉生姜の農業を始まった!

出荷の寸前、綺麗ですね!?

もっと近くから見ましょう!

生姜の根の先が手で取る!(ナイフで切らない!)

とられた部分を捨てるわけじゃない!ものすごく美味しいですからね!綺麗にして色々なやり方かレシピで美味しく食べられる。敏克さんが美味しいベーコンで包んでフライしてとの進め!

敏克さんが自分で蜂蜜だけ加えて美味しいジャムを作っている!正に健康食品!

または甘酢で漬ける!いただいた!やっぱり美味しい!弁当でいっぱいもらった!

出荷する前に葉生姜が厳選されています。

普段毎朝ボックス100個を主格しているけれども最近で行った東北地震のため現在40個に減らした。

ボックスが半分東京へ半分静岡県内出荷され地増す。

ハウスの中は本間に暑い!
入る前に服を半分脱いだほうがよいと云われた。
40度!なるほど!!
ハウスの中の温度が自動的に換気装置で調整されているが敏克さんが毎日朝と晩葉生姜の上のビニールを開いて調べないとそのビニールの下の温度が簡単に70度まで上がってしまう!

敏克さんが有機肥料しか使いません。農薬の場合は一年一回だけほんの少ししか使用しない。

葉生姜の健康と安全にこだわりますから無駄になるものが仕方がないと敏克さんが思っています。勿論枯れた物をすぐに取らなければならない。

敏克さんが寝紺を売ってないがそれらを“種”として使います。

その“種”を選ぶのは単純な事ではない。手や目と耳も(切り音が大切です!)使って選択しなければならない。
植える間に選ばれた根を分ける。一月から四月まで似植えて主格が三月から七月までです。
植えるだけは本間に労働です!

敏克さんとご家族が七月から十二月まで葉葱を同じのハウスで栽培しています。
300坪の別のハウスで一年中主に桃太郎と中玉トマトを栽培します。
やっぱり次の集材はトマト!

畑田さんのは生姜をたくさん静岡市の美食の居酒屋に持って行きましたからその記事を期待してね!

畑田敏克
畑田農園
422-8015/静岡市駿河区中平松

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中