静岡県農産物:伊豆:堀江養鶏の天城軍鶏!

社員と父と一緒に堀江としやきさん(右)

県内よりも県外静岡県産鶏、特に軍鶏、が知られ散るかもしれない。しかし最近静岡県の市民がどんな“宝”の上に”座っている“解かるようになりました!

その理由はこんな一流の軍鶏が比較的に高い所と自然の中に育たなければならない。又厳しい衛生の規則のため街では無理だろう。

軍鶏を”不問する“前にとしやきさんが自分で立った”ゲスト。ルーム”で集材させていただきました。とkろでとしやきさんの臭味は太鼓!

三代目年焼きさん(33)がそれらの太鼓を全部自分作った!スタミナを作るため太鼓はとても良い臭味ですね!

夏の時期のための換気装置。

としやきさんの父が23年前に軍鶏(もともとタイから来た鶏の種類)の養鶏を始まりました。
堀江養鶏の軍鶏が天城軍鶏というブランド名前ですがもとも静岡県西部の一黒軍鶏の品種です。
天城軍鶏が島田市の星野養鶏で生まれたばっかりひよこから育てる。
ほかの軍鶏と違うのは主に餌です。としやきさんが一般的のえさに伊豆山葵の葉っぱと地元の豆腐のメーカーの豆乳を加える。後は儀実! また衛星を厳しく守ることです。たとえば鶏の子や野間全部コンクリートでその面を何回も石灰で塗るわけ。
水は養鶏のそばに流れる川の水です!
歳によって鶏が4ヶ所の小屋の中に育つ。鶏を小屋から移動させるとその小屋を完全に綺麗にして新しい土を入れる。取られた土が地元の生産者のための肥料になります。.

ひよこが30日間暖かいところで育つ。その時に寒さに弱いから。後は寒いの環境のほうが良い。
ところで鶏にストレスにならないためフラッシュなし写真を撮った!

えさのサイロ。

60日間がたったとワクチンされてほかの子や二移動させる。
どんなときでも合わせて3000羽ぐらいが居る。その半分はオス。
としやきさん画3年前から天城軍鶏の卵も売り始めた。

90日間がたつと三番目の小屋に移動される。その時時から召すと御巣別々される。その時も二回目ワクチンされる。

青いの容器に豆乳!

メス鶏
状態によって120~150日間の間で加工される。
非常に難しくて細かいプロセスです。羽を取る以外全部手でやらなければならない。特に血を流すのは気をつけないと肉はだめになる。肝や心臓と押すの白子は厳しく綺麗にしなければならない。静岡県では生天城軍鶏刺身と肝は人気の珍品です!

押す鶏。

巣で二静岡市で天城軍鶏を提供質得るレストランを知っているしとしゆきさんが色々な美食イベントに参加するからまもなくの記事のシリーズを期待してね!

堀江養鶏
410-3203静岡県伊豆市矢熊296
Tel.: 0558-87-0644
携帯:090-7449-5655
Fax: 0558-87-0763
HOMEPAGE

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中