静岡県産の焼酎

杉井酒造:小金ー男爵焼酎

kogane-danshaku

藤枝市の杉井酒造は又新しい作品を提供してくれました!しかし又限定品だ!
本間に気をつけないとすぐに見逃がしてしまう!
鹿児島県と違って静岡県産焼酎は変わっているだけでなく贅沢で見つけにくいです。比較的にちょっと高い値段かもしれないがラベルはマニアの収集品になる!

杉井酒造:小金ー男爵焼酎

材料:
小金芋と男爵(ジャガイモ)。静岡県産。
酵母:静岡NEW-5(日本酒の酵母)
米麹
内容量:500ml

透明さ:非常に透明
色:透明
香り:綺麗で強い、ナッツっぽい
味:ちょっと甘口で口当たりが優れて綺麗な味。
  深いナッツの味。
  辛口で終わって早く去る。
  コーヒー豆がちょっと現れる。

コメント:”変わっている”、珍しい味。綺麗。上品。強い特徴。捕まえない”顔”。
     小金芋と男爵という組み合わせがはじめてかな?
     静岡産日本酒NEW-5酵母乃影響が強い。
     ロックで飲めば最適!
—————————–
新しい焼酎が誕生!:千寿酒造/醸造:”鼈甲蜻蛉”(ベッコウトンボ)

bekkotonbo
(静岡新聞)

12がう11日磐田市にある千寿酒造/醸造が面白い目的のため新しい米焼酎を造ってくれました!
名前は”鼈甲蜻蛉”(ベッコウトンボ)です。
磐田市の周辺の沼に生きている鼈甲蜻蛉とその環境を守るために一本売れるごと10円をそのプロジェクトに援助する。
新商品は瓶のラベルに鼈甲蜻蛉のシルエットをあしらい、鼈甲蜻蛉が絶減危惧類に指定されていることを説明するシールが張られている。
一本当たりは720ミリ入り瓶は893円です。
ほのかな甘みとキレイが特徴、酎ハイに最適とPRされている。
問い合わせは千寿会社:0538-327341
—————–
杉井醸造・ハマコマチ本格芋焼酎

藤枝市にある杉井酒造・醸造がやっぱり凄い!だってリスクがあっても必ず挑戦感をみせてくれる!


(静岡新聞)

この新しい焼酎は静岡新聞と中日新聞で9月24日に発表されました。
その日ハマコマチ普及研究会が静岡県庁を訪問して石川県知事に紹介しました。

上の写真に見えるように遠州灘で色々な商品が提供されています:焼酎だけでなく菓子もアイスクリームもサツマイモ新類「ハマコマチ」殻作られている。ベタカロチンが豊富に含まれているが特徴ですからやっぱり飲むべきです!

杉井醸造・ハマコマチ本格芋焼酎

材料:
ハマコマチサツマイモ
米麹

アルコール分:25度

透明さ:非常に透明
色:透明
香り:強い、殆ど甘い。特徴がたっぷりでとてもいい香り。
味:口当たりが優れているが早く消える。特徴のある味。
  柿や甘いナッツの味。
  上品で飲みやすい

コメント:驚くべきソフトでフルーテイーな焼酎!
     ストレートでも非常に飲みやすい。
     アルコール分は低くいにもかかわらずウイスキーの代わりにも美味しい!
     ずっと特徴画守られているから凄く安定する。
     地酒のコンセプトでどうしてか次の一杯を飲みたくなる!
————————–
新しい焼酎!:杉井酒造・いもおとこ


(静岡新聞)

藤枝市にある杉井酒造が新しい焼酎を造った!
長泉町で栽培されているヤマトイモを使用して”いもおとこ”という芋焼酎です!

10月10日から地元の長泉町内7件の酒店で販売される。

はじめに町内産のヤマトイモ約510キロを用い、720ml入りボトル690本を作った
アルコール分は25・5度。
料金は一本二千二百円(税込み)。

早く味わいたいな!
—————————-
富士錦酒造・醸造:ちゃっきり節・茶焼酎

にほんブャ??村 グルメブャ??へ

芝川町にある富士錦酒造・醸造ずっと前か酒と焼酎等の研究のため柱m区されています。
それに出来るだけ自地自産物を使用しますから特に彼らの色々な焼酎を味わうべきです!
今まで色々”静岡産茶”焼酎見たけれども残念ですけれども静岡県外で作られているもの”偽者”と戸いえます!
富士錦だけ本物の静岡産茶焼酎を作っているんだ!
この小野銘柄”ちゃっきり節”は静岡市【駿府し)に住んだ徳川家康二関係がある。

ちゃっきり節・茶焼酎

材料:
生茶葉10%以上。静岡産徳川家うかり本山茶。
米:JAきぬひかり
米麹
水:富士山の湧き水
アルコール分:25%
内量:720ml

透明さ:非常に透明
香織:緑茶が鋭い。青野菜
ボデイ:軽くって飲みやすい
味:茶葉は鋭い。口の中に早く軽くなる。茶葉の味は南海も回復する。
何か食べると甘口になります。

コメント:発見です!
     特徴がはっきりする焼酎です。”茶割り”よりもずっとおいしい!
     そのままかロックで飲むと最適。水で割ればおいしい水しか使わないでね!

———————
花の舞酒造:やら舞いか米焼酎

浜松市にある花の舞酒造が自分で栽培する山田錦米を精米してから残る米粉で又は酒粕で贅沢な米焼酎を作ってくれる。

やら舞か
米焼酎
米:静岡産山田錦(精米の後の米粉)
アルコール分:25%

透明さ:非常に透明
色:透明
香り:鋭い。米、アルコール、お茶、メロン
味:口値が良いした(ベロ)に易しい。殆ど甘口。
  すぐに消えるからどうしてかもう一杯を飲みたくなる。お茶、メロン
  飲み易い

コメント:のみ易い。上品。
     そのままかロックで飲める。
     暖かいお茶と混ぜると凄く美味しい!
—————————
限定三島焼酎!:チットラッツ


(静岡新聞・2008年4月29日)

三島特産の甘藷(かんしょ=サツマイモ)と湧き水を使ったご当地焼酎「チットラッツ」(方言で「少しずつ」の意味)が出来上がり、5月10日から販売することが決まった。糖度が高い芋を原料に静岡酵母も使い、香り高い焼酎に仕上げた。
藤枝市の杉井酒造・醸造が造った限定の焼酎(800本)です。
三島市出身の女性によるモダンなラベルを張った。販売や提供は市内限定。来年は三倍程度の製造を予定している。
”チットラッツ”という名前はその名の通り、”じっくり味わってほしい”と背いつ名されました。
500cc入りで1,500円(税込み)。問い合わせは三島商工会議所<電055(975)4441>

—————————

富士錦醸造・富士のしずく、純金箔入り

fuji-kizuku-gold.jpg

遂に酒から休むことができて友幸と一緒に新しい静岡焼酎を味わうことができました!
富士錦醸造・富士のしずく、純金箔入り
本格米焼酎
原材料:米、麹、米麹。富士山の湧き水。
アルコール分:25度
竹炭濾過

透明さ:非常に綺麗で透明
色:透明
香り:フルーテイと花:連芸,ヴァニラ
味:口当たりは綺麗でしっかり。殆ど甘い:ビターチョコレート、ヴァニラ、コーヒー豆

コメント:とても綺麗でとても飲み易い。香りと味は豊かで優れている焼酎です。Tasting Sessionの焼酎!
     女性の田茂立ちが大好き焼酎。そのままかロックで飲んでください。何かと混ぜると持ったない!
     本当に序品で贅沢!
—————-
“幸浦”本格芋焼酎”遠洲袋井”

sachiura-bottle.jpg

遂に手に入れた!
袋井市の焼酎の愛好者会の望みを叶って芝川町にある富士錦酒造ー醸造が袋井市の南部に栽培されている芋を使ってこの新しい小通を提供した:

幸浦、”Special thanks to brave historical people”(ラベルに英語で)
本格芋焼酎”遠洲袋井”

現材料:こがねせんがn芋。米。米麹
内容:720ml
アルコール分:25度
透明さ:非常に透明
香り:軽くって気持ちが良い。ヴァニラとバナナの香り
味:鋭いけれども問えも軽くって飲みやすい。

コメント:そのままで飲めば良い。氷だけにもOK。
     どんな食べ物と美味しい。
     香りが強過ぎないため女性の方や若人たちと外人に最適。

—————-
袋井市の芋焼酎「幸浦」が完成!

sachiura.jpg
(静岡新聞10月38日)

袋井市の新な特産品として地元農家が中心となって製造している芋焼酎「幸浦(さちうら)」が完成し発表されました!
「袋井芋焼酎を育む会」が芝川町にある富士錦酒造。醸造に袋井市南部で栽培されている黄金千貫(こがねせんがん)と呼ばれるサツマイモを使って芋焼酎を造ってとの要求の結果です。

味わうのを待てないね!
—————
浜松酒造。醸造ー五郎七

goroshichi-shochu.jpg

天神蔵と出世城とゆ名前でも知られている浜松酒造。醸造(浜松市)は贅沢な米の焼酎を前から作ってくれるんです。
そのなけでは五郎七を紹介させていただきたい:

名前:五郎七
現材料名:米。米麹
アルコール分:28%

香り:上品。こめ。甘い
ボデイ:滑らか
味:フルーテイ。米。殆ど甘口。細かい。”愛人”のように口の中に長く残っている。

コメント:上品な焼酎!そのままかロックで飲んで下さい。他にかと混ぜるのは意味がありません。
どんな方、年齢も男も女性の方も楽しく飲めます!

浜松酒造HOMEPAGE
——————–
新しい焼酎誕生:高島醸造ー弟いち峰

hakuin-kome.jpg

新しい焼酎が又誕生しました!
高島酒造/醸造(沼津市ー白隠正宗)で吟醸酒の粕から贅沢な米焼酎あできた!
弟一峰とゆ名前になる。
静岡酵母NEW5
スタンダード25度
すでに上のサンプルを味わった!とても美味しくて滑らかに飲めます。殆ど甘口で素晴らしい焼酎です!
—————
富士山すその三七七六ー茶焼酎

3776-shochu.jpg

2007年7月14日に裾野市と沼津市に新しい焼酎が発売された!
15年間活動してくれた裾野市もののふの里銘酒会のお陰でした!
裾野市とその周辺には酒造がないため芝川町にある富士錦酒造と手を組んで裾野市とその周辺の米や茶葉と富士山の湧き水しか使用しないで本物の茶焼酎を誕生させてくれました。
実際は二回目のテーステイングです。
火曜日に三島屋酒店で他の二つの「茶焼酎」と比べブラインド。テースチングしました。3776はまったく違って本当の茶味を出したわけでした。

原材料名:米。米麹。茶葉(裾野市産)
蒸留方式:単式蒸方式(乙類)
仕込み水:富士山湧水

透明さ:とても透明
色:完全に透明で綺麗
香り:鋭い緑茶と緑野菜の香り
ボデイ:軽くって非常に飲み易い
味:はっきりする緑茶葉の味。口の中に広げると易しくなります。又ちょっと時間が立つと緑茶葉のあじ強く現れる。
  なにか食べると甘くになります。

コメント:発見!
     どうしてか大抵の焼酎は本特徴は弱すぎる。他の「茶焼酎」とまったく違います。
     「静岡割」が好きな人々はそれを止めて3776を飲めば良い私はと強く感じます。
     まだ限定品だけれども早めに沢山を作ったほうが良いね!

裾野市か沼津市に行けない方は江森様と連絡して下さい:

三島屋酒店
410-1118静岡県裾野市佐野1489-3
Tel.:055-9931553
Fax:055-9931554
Homepage

————————-
千寿酒造/醸造:米焼酎ー稲泉

inaizumi.jpg

磐田市にある千寿酒造/醸造だけ静岡県では米アルコールを作る許可を持っている。 
現在三種類の焼酎を醸造しています。稲泉はその一つです:
スタンダード25度酒のために精米歩合された米の残った文で作られた。

香り:米、バナナ、バニラ。軽くって上品的

味:米。バナナ、バニラ。香り通り。辛口

コメント:とても辛口で滑らか。氷の上にゆっくり流せば最適。
     香りは軽くって上品的ですから男性の方、女性のかたにも好まれる。
     とても飲みやすい。実際はそのままでも私は好きです。水以外と混ざれるのは意味がありませんね!
—————
新しい焼酎が出来た!:富士山すその3776
3776.jpg

2007年七月14日(私の国であるフランス国日!)裾野市もののふの里酒会が芝川まちにある富士錦酒造に新しい焼酎
作っもらった!
その焼酎の名は”富士山すその三七七六”です。地元の茶と米で作られている。
価格/720ml→1,260円(税込み)、1.8L →2,625円(税込み)。
もっと詳しい:三島屋酒店のHomepage

———————–
富士高砂酒造ー醸造:富士の露

takasago-tsuyu.jpg

富士の露は静岡県の酒造が作るもう一つの典型的な贅沢の米焼酎です!
富士宮市にある富士高砂酒造/醸造は米(米粕)と米麹から25度の本格焼酎を作ってくれた。

香りは軽くって米っぽい。非常に透明であり綺麗な焼酎です。
味は最初軽くって殆ど甘い。しかし口の中に広げるとすぐに細かい味になります。

完璧な焼酎で上品な飲み物。本物の果物汁を加えれば女性の方にくせになるかもしれない!昨夜静岡県産赤紫蘇の
ジュース、氷と美味しいみずを加えて最高!
——————-
富士錦酒造ー醸造:いもにい

imonii.jpg

この本格焼酎は又芝川町にある富士錦酒造ー醸造の一つの贅沢な物です!
芋焼酎なのに典型的な強い芋の代わりにちょっと甘い米っぽい香りを出します。
それは米麹を使いますからね。
味はアルコール25度にもかかわらず様相外殆ど甘くて細かい。口の中にそんなに長く残らないけれども滑らかなたくましさを感じる。
ストレートでもとても飲み易い。
チーズと果物最適!

——————
富士錦酒造ー醸造:百笑一喜
hyakufuji.jpg
松崎町商工会は6月15日、同町石部の棚田で生産した黒米を使った焼酎yakushyouikki.jpg
百笑一喜は昨年、同商工会の地域特産品開発事業として発売。原材料の黒米は、糖化しやすいために発酸させるのが難しく、希少価値の高い焼酎として注目を集めた。独特の香ばしいにおいとほのかな甘さは女性や若者にも人気で、県外からも注文が寄せられるほどの好評ぶり。追加生産した三千本も間もなく売り切れた。
杉井酒造/醸造の初代才助米焼酎

杉井酒造/醸造の初代才助は静岡県の酒造が作った贅沢な焼酎の典型的な例です!

材料は:
原材料:米。米麹
原料米:静岡県産 ひとめぼれ
精米歩合:麹米65%、掛米70%
麹:黄麹
酵母:静岡NEW-5(清酒酵母)
蒸留:常圧式
アルコール:25.5度
18年12月(2006・12)に醸造された

香: 米/鋭い
味:深い、殆ど甘い。セミースイート。シェリのような味。細かい特徴を見せる

そのまま室温で飲んで下さい!
————————-

富士錦酒造/醸造:百笑市喜

yakushyouikki.jpg

富士錦酒造/醸造は本当に素晴らしい焼酎の専門醸造みたい!
この焼酎は珍しい材料で作られてる:
酒の米だけでなくて伊豆半島で栽培される黒米も使用される。
25度でスタンダードだけれども、味はエレガントでシャープ殆どう甘い。
シンゴルマルトウイスキーみたい。
最適は室温で生果物飲むんだ!

—————————
花の舞酒造/醸造
hana4.jpg

5月14日ついに静岡県の一番大きい酒造/醸造を訪れました!花の舞酒造は浜松市宮口(昔浜北市)に位置する。
浜松JR駅に降りてからでて200m離れている遠鉄に乗って小松駅に降りてタクシー(10分)か歩いて(70分。時間がたっぷりありましたから歩きました!)
hana1.gif
外からだけ見るとそんな大きいではないと思うかもしれないが中に入るとでかい!
杜民土田一仁様は親切に待っていただいた。びっくりする程暖かくてとても熱心の方!ももと北海道で生まれましたが父様の仕事の移転のため小学生時代のときに浜松にいらっしゃいまいした。実際は二人は殆ど同じ時間を静岡県に過ごしました!だから静岡人だと信じる!
hana2.gif
1864年から1949年まで花の舞酒造は引佐酒造とよばれました。
現在は代表取締役は高田和夫様です。土田杜民は製造部長で青木順様は酒の製造責任者です。言いました用に花の舞酒造/醸造静岡県の基準で大きい:スタッフは酒製造10人(女性2人を含めて!)を含めて65人がいます!
酒製造も焼酎製造の材料全部静岡県産です!
米は静岡県産山田錦、誉富士、静岡県産誤訳万石と夏静。
hana6.jpg

土田杜民は自分の静岡H-D1 NEW5と静岡K901酵母を作ります!
アルコールも静岡県産です。
花の舞酒造は1995年から特定銘柄酒のみの製造を行っています。
1978年からとても贅沢な米焼酎を製造します:
hananomai-shizu.jpg acha-no-tsubone.jpg hananomai-supponshu.jpg hananomai-aratamanosato.jpg
と素晴らしい梅酒!
hana-ume1.jpg
花の舞酒造はオペンだけでなくて親切である会社:誰でも自由に彼らの井戸の水をいただける!
hana16.jpg
取材の主な質問を答えてから土田杜民は私を案内していただきました。
酒造の中は全部イフォームされまして設備はコンピュターシステムを含めて現代物です。
hana3.jpg hana5.jpg hana7.jpg
米の精米倉庫もと酒製造タンクもても大きい!。
hana11.jpg hana9.gif hana10.jpg
新しい製品(ちよびっと乾杯)の瓶詰め加工作業までみせてくれました!
hana13.jpg hana14.jpg
訪問の間神様はずっと見守りました:
hana8.jpg

とても長くて楽しい集材だった!お土産いっぱいいただいて恥ずかしいぐらい嬉しかった!

現在花の舞酒造は酒を米国、かなだとホング。コングに輸出います!

酒マニヤックには他のよいニューズがある:花の舞沢山のプライベート。ブランドも出します!

ところで5月21日にニュヨーク、東京と静岡で行うバーツオル。テースチング(virtual tasting)で花の舞の酒の2種類のテースチング結果を次のブログで発表されます!
hana15.jpg
Last, but not least, two sake brewed by Hana No Mai will feature in an international virtual tasting in New York, Tokyo and Shizuoka whose results will be silmutaneously published on the 21st of May by Melinda, Etsuko, Valerie, Timothy, Hiroko & EricShizuoka Sake!

花のまい酒造
434-0004 浜松市宮口, 632
Tel.: 053-5822121
浜松市JR駅内コスタ東別館
Te.: 053-5474855
420-0923 静岡市河合, 100-7
Te.: 054-2657210
140-0011 東京品川区大東, 6-4-3, エストメル大東, 502
Tel.: 03-37657391
Homepage
———
高島酒造/醸造
takashima10.jpg
2007 5月7日に突然時間が空いたので沼津市にある高島酒造に電話して集材させていただきました。丁度長島酒店の長島様と横山様も行きたかったから一緒に訪問が決まりました!
takashima3.jpg
間もなく29歳になる高島一孝様5年前大学から自家に戻って、自分で選んだ岩手県の南部トジと一緒にお父さんの蔵に新しい集発さした。
優れてる柔道家である高島様はまだ若いと思われるかもしれないがとても熱心で凄い研究心を持っています!新しい蔵人ジェネレーシオンの典型的な例です!高島様のような蔵人の人口が増えれば日本酒世界は明るくなるはずです!
takashima2.jpg takashima1.jpg
高島酒造に入るとすぐに壁にかけられた絵気がついた!白隠正宗の酒ラベルと同じ絵だ!実際はその絵のデザイン高島一孝様の”孝”です!自分の周りアンチーク一杯!
とりあえず取材を始めさせていただきました。
takashima9.jpg
高島酒造が使う水を自分の50mの深さの井戸から出します。その水はそばににある富士山の雪です。雪は解けてから井戸まで流れることは350年がかかる!とても美味しかった!やっぱり美味しい酒は美味しい水でしかできない!
酒造は1804年にできましたが高島家がもともと沼津の魚夫のために網を作った。自家製の酒を気に入った偉い人の影で本格的な酒造になりました!
takashima4.jpg takashima5.jpg takashima7.jpg takashima8.jpg
次に高島様は我々に酒造見学だ!意味深い伝統的のと現代的の設備の合わせ!
日本酒だけでなくて高島様がんこの数年間醸造した米焼酎も見せた。
hakuin-en.jpg takashima6.jpg
その贅沢な円と呼ばれる焼酎をスペーン製シェリー樫樽で熟成します!
事務所に戻って高島様が新しく作った60%山田錦の山灰酒を味和させてくれました。39度まで暖めてもう一回飲ませた。ビックリ!又よりも美味しかった!凄い勉強になりました!
現在高島様は約50,000本を生産する(1,8l。主に使う米は五百万石、山田錦、青森県のムツ誉と誉富士。酵母は静岡NEW5.純米酒は生産の40%。
でも高島様は近い将来酒を造る材料を全部静岡県産の物にするつもりです。
やっぱり又難解も集材しなきゃ!

高島/白隠正宗
静岡県沼津市原254-1
Tel.:055-9660018
Fax:055-9668324
Homepage
直販売不可
—————–
高島酒蔵/白隠正宗:EN

hakuin-en.jpg

この焼酎はとても珍しい物だけでなくて本当(ほんま)に素晴らしい飲み物です!

高島酒蔵/白隠正宗は贅沢日本酒の粕を利用してこの焼酎を醸造してからスペーンでシェリーの樫樽で熟成させた!
26度で一般の強さけれども味は軽いウィスキーみたい!
寒い時に暖かい家の中で、又は火の近くロクス(アイスだけ!)ゆっくり御飲みになって下さい!
女性の方はジンジャーエールとアイスで飲めば美味しいハイボールになる!

———————-
富士錦粕取り焼酎
fujinishiki-kasutorishochu.jpg

この焼酎はとみ井日本料理レストランの親方、富井一矢に又紹介しまいた!
贅沢な米の焼酎です!富士錦酒造(富士郡)が自分が作りました酒の粕を使って醸造しただからね!
値段は焼酎としてちょっと高いがとても美味しい!
栗の香りと味する。男らしい焼酎です。
アイズだけで完璧!

——————–

花の舞酒造の阿茶の局
acha-no-tsubone.jpg
長い間浜松市の花の舞い酒造が素晴らしい酒だけでなくて贅沢な梅酒と焼酎も醸造してくれる。
今回味わった”阿茶の局”は又別の世界の焼酎だと言えると思います!
ただ米の焼酎ではない。純米の酒から醸造されてる!
香りはフルチで穏やか。
味は驚くバナナ/ヴァニラ/リクオリス。
スタンダード25度で女性が絶対知りたい焼酎だ!
アイスとトニク。ウオター(Schweppes)素晴らしいハイ。ボールになります!

—————-
富士錦酒造のかぐや姫のささやき
fujinishiki-kaguyahimeno-sasayaki-mugi.jpg

以前の記事で伝えた通り昨日とみ井の親方富井一也に静岡県産の焼酎を紹介しました!
今回富士錦酒造(芝川町)が譲造した麦の焼酎を薦めた。
度数はスタンダードの25度です。
この焼酎の香りは沢山の人々にとして様相外フルーチです。

味わうとフルツでバナナみたい。
女性の方たちは間違わない気に入る!
アイスだけで十分!

ところがこの焼酎は静岡県で住んでいる外人にとても人気!

——————

——————-
浜松市の居酒屋:にこまん馬
nikomanma5.jpg
4月13日(金曜日!)Abondance のエベルlレ様と一緒に彼が大好き“にこまん馬”を始めて訪れました!
源馬道明様長い間京都等で料理経験を吸収してついに2004年に浜松市和知山公園の近く自分の伝統的な日本居酒屋を開店した。
外側も内側もアンチーク一杯!座席やかうんたーやテーブルを選んで座れます。
nikomanma2.jpg
にこまん馬はの専門は焼酎!ちゃんと浜松産の“どうまん”(天神蔵ー浜松酒造)米焼酎があります。すごく美味しい!同じ蔵の出生城純米酒も出します。
nikomanma1.gif
とても人気ある居酒屋ですから金が土曜日に予約絶対に!今回予約無しで入れましたけれどlucky!
メニュにはとても面白い料理を発見!特にイカ墨天ぷら!
nikomanma3.jpg
卵焼きと唐揚げ鶏も欠かせない。
刺身勿論万全!
sashimi1.jpg
とりあえず後何回行かないと全部を味わうことができないから当然又くる!
にこまん馬
432-8003浜松市和知山3-4-3
Tel. & Fax:053-4725558
営業時間:18:00~24:00
定休日:日曜日
Homepage
VISA等カードOK

——————-

夢心

yumeshin.jpg
夢心2006年上旬に開き、私はずっと訪れたかった!
単純な外側が実際に興味深い場所をかなり隠す: 長いカウンターに並んでいるコタツ席に座るとここは日本語だ!の感じです!
どこでも見ても焼酎、焼酎、焼酎! 屋久島の三岳もありました!面白いのは山岡氏がただ一の静岡産の焼酎一しか出してない:藤枝市市の杉井酒造が作る”才助”。
shochu1.jpg
山岡氏は毎年杉井酒造のとじと一緒に作る!
yumeshin-1.jpg
マスター最初に静か恥ずかしがり方ですが、会話にすぐにあたためる。
すでにこんな非常に短間画立ても沢山のお客様は山岡氏が出している読め切れない焼酎の リストから選んで毎晩味わいに来る。
すばらしい焼酎を飲むだけでなくてかなり伝統的日本の居酒屋の食糧を味わうことができる!:
yumeshin-ankimo.jpg yumeshin-tempura.jpg

夢心
住所:静岡市葵区千代田1-2-1(北街道)
Tel.& Fax:054-2473651
営業時間:16:00~夜おそくまで!
定休日:不定休

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

静岡県にはどの位良い物あるか知っていますか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。