静岡県の地酒(3)

静岡県産酒米地酒:千寿酒造・純米吟醸誉富士


The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ

千寿酒造がヤマハ会社で有名である磐田市にある唯一の酒造です。ちょっと見つけにくい酒造で彼らの酒を買うのは場所によって難しい。

静岡県産誉富士酒米で作られている地酒の瓶には一般的に“誉富士”のラベルで飾られている。実際はそのラベルが大学生が2年前ほどでサインした物!

千寿酒造・純米吟醸誉富士

米:誉富士100%
精米歩合:55%
アルコール分:15~16度
製造:2010年8月

透明さ:非常に透明
色:薄い金色
香り:”捕まえ難い“、フルーティー、上品:パイナップル、バナナ
ボディ:滑らか
味:口当たりには辛口。フルーティー。軽くて細かい:ドライナッツ、アーモンド、マカダミアナッツ。すぐ消えます。
とても飲みやすい
冷やされると捕まえにくくなります。
二杯目三杯目になると甘口っぽくなりますがドライアーモンドが又現れる。
何か食べてもあまり変化しないがよりちょっと辛口になる。

コメント:今まで一番美味しい誉冨士酒米の純米吟醸の地酒です
細かくて驚くべき地酒です。
冷やされてもそのままでも最適
常温ではより細かくなり静岡県産の典型的のコーヒー豆の味が現れる。
上品の酒のフアンの為!

—————————–
静岡県産酒米地酒:浜松・天神蔵酒造・出世城秋あがり特別本醸造誉富士

周辺の市町村と合併する前に浜松・天神蔵酒造が浜松市に一番古い収蔵だった。
静岡県では唯一の女性の方の杜氏はそこで素晴らしい地酒を作ってくれます!

浜松・天神蔵酒造の地酒をはっきり区別することができます:食事と飲む酒とそのまま味わう酒!
妻が作った料理にぴったりの酒だった!
それと静岡県産の誉富士酒米で作られている!
結構長い名前になってしまう!(笑い)

浜松・天神蔵酒造・出世城秋あがり特別本醸造誉富士

米:誉富士100%
精米歩合:60%
アルコール分15~16度
製造:2010年8月

透明さ:非常に透明
色:透明
香り:ドライでフルーティー:バナナ、コーヒー豆、ココナッツ
ボデイ:滑らか
味:口当たりには非常に辛口。フルーティー:ココナッツ、アーモンド
すぐにアーモンドとコーヒー豆を出しながらよりも辛口早く形r増す。
何かを食べてもあまり変化しない。
コメント:非常に飲みやすい。辛口酒の愛好者にぴったり!
60%の精米部位歩合で贅沢な特別本醸です!
食事と一緒に飲めば最適!
冷やしても、常温でも温燗でも美味しい!

妻が作った蓮根チプスと唐揚げチーズ餃子に最適!
—————————–
静岡県産酒米地酒:万代酒造―純米吟醸原酒誉富士

万代酒造が静岡県の恐らく一番人気がある観光地の修善寺で位置する。(旧)修善寺市と呼ばれたが現在(新)伊豆市修善寺ですけれども観光客がまだまだただ修善寺という風に呼びます!温泉と宿屋で全日本で有名な修善寺へ車かバスで行けますが三島駅からで電車に是非乗ってね!それに修善寺駅のお土産の店も是非訪問してね!そこでは万代酒造の作品が全部販売されていますから!黒米地酒と本物の山葵焼酎まであります!

静岡県で万代酒造が一番古い酒造の一軒である。別の名前で16世紀まで歴史を持っています!
他の県産酒米が減ってる為酒米静岡県在酒造と同じようにだんだん静岡県産酒米を使用用になりました。

米:誉富士100%
精米歩合:60%
日本酒度: +3
アルコール分:16=17度(原酒)
製造:2010年7月

透明さ:非常に透明
色:薄い金色
香り:強くてフルーティー:バナナ、バニラ、ほんの少しのパイナップル
ボディ:滑らか
味:口当たりに強い。純米の特徴も強いし非常にフルーティー。まるやかで美味しいアルコールで口の奥を暖める。
細かい:バナナ、グミ・カンディー、アーモンド。その後コーヒー豆も現れる。
なにかを食べるとよりやわらかくて辛口になる
     アーモンドとバナナが順番で何回も現れる。

コメント:+3という日本酒度にもかかわらずちょっと甘口ですから冷やして飲めば最適。静岡県の基準だったらちょっと甘口。
欧米人ならアイスクリームの上流せば美味しい!
     飲みやすくて食べ物と一緒に飲めばよりから口になります。
     ポートワインの代わりにブルーチーズに会う!たぶん食後酒で宜しいと思っております!

——————————
静岡県産酒米地酒:杉井酒造―畦蔵維新

“酒米”という米が食べられない!探しても食卓の上に見つけられないよ!
昔から酒米が他の地方で差倍されました。
一般的に静岡県在酒造が自分の酒米を“輸入”しなければなりません。
問題は最近酒米の量がだんだん減って手に入れる物の品質に不満感が良くある。
例えば米の粒が割れたら美味しい酒を造るのは無理です。しかし酒米が手に入れるまでにその品質を調べるのは難しい!
そいうがっかりから避ける為に蔵人達が静岡県内の生産者に頼むのは仕方がありません。
でも。。。誉富士という山田錦の静岡県産品種の栽培が数年前に成功されました!

藤枝市にある杉井酒造が昔から地酒の研究に力を入れて地元の生産者と協力して特に昔の方法でオリジナル限定の酒を良く提供します!
今回も地酒は藤枝市の生産者が栽培した酒米だけで作られた!
面白いのは(変わっているのは?)生産者が大勢たま酒米の粒も色々だった。だからこの地酒が純米のレベルにも変わらずただ”地酒”しか呼べられない。
方法は明治時代の山灰と同じです。ところで山灰という地酒が非常に難しいですからたくさんの酒造がその方法に興味を持っていません。しかし最近静岡県で葉だんだん忍苦を葉詰まります!

過ぎ良い酒造:畦蔵維新

精米歩合: 70%
アルコール分: 15.5 degrees
日本酒度: +2
酸度2.1 (静岡県で非常に高い!)
酒米が皆2009年藤枝市でで収穫されました

透明さ:卑怯に透明
色:薄い金色Colour: Golden hue
香り:アルコールが強くてフルーティー。ナッツ、カスタード、バナナ、バニラ
ボディ:滑らか
味: 口当たりが強い。口の裏を暖める。美味しい酸味を出しながらゆっくり消える
細かい:カスタード、マカダミアナッツ、コーヒー豆、ドライ葡萄、ドライ桜ん坊。
七以下を一緒に食べると様相外軽くなります。

コメント:なかなか述べにくい地酒ですが凄く珍品で興味深い!静岡県産地酒なら完全に“以外”!
     一杯だけで述べるのは無理ですから2,3杯をゆっくり飲んで!
     自分が常温で一番好みですけれども温燗でも美味しい!そのときによりも辛口になります。
     何かを食べながら勿論論美味しいですけれどもそのままで自分の好み!
     非常に興味深い地酒!

—————————-
静岡地酒:森本酒造・小夜衣長期育成仕込み純米


The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ

菊川市にある森本酒造の経営者や杜氏である森本さん又”変わっている酒を提供してくれた!
”長期育成仕込み”が実際山灰の酒という意味です!それにも原酒です!

静岡地酒:森本酒造・小夜衣長期育成仕込み純米

精米歩合:60%(麹米)と65%(掛け米)
アルコール分:15~16度
製造:20105月
内容量:1.8l

透明さ:非常に透明
色:透明
香り:フールティー、細かい、ちょっと甘口。バナナ、バニラ、薄いナッツとコーヒー豆
ボデイ:滑らか
味:辛口と津用意アルコールの口当たり。口の中を美味しく暖める。
  ドライパイナップル。
  ナッツやマカダミアナッツやカスタードをだしながら早く消える。
  食べ物と飲むと辛口が続けるがパイナップルが又現れる。
  香りと味とその間の”ガップ”がびっくり!

コメント:森本酒造の典型的な酒です!静岡酵母を使っても静岡県らしくない酒!
     強い酒だけれども食事に美味しい。私がそままで飲みました!
     是非飲んでみてほしい!
————-
初亀酒造:普通酒


The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ

静岡県産の地酒贅沢です。全日本では普通酒の割合が60%以上ですが静岡県ではわずかに8%です!それにしても精米歩合が一般的に70%以下です。。。

初亀酒造:普通酒

透明さ:非常に透明
色:透明
香り:捕まえ難い、フールティー、アーモンド、ナッツ
ボディ:滑らか
味:口当たりが優れてちょっと甘く口。早く消える。
  フールティー:アーモンド、ナッツ、ビターチョコレート
  どんなものを食べても特徴が守られている

コメント:口にも舌にも美味しくて飲め安い。
     普通酒なのに贅沢!
     食事二ぴったり。早く飲んでしまう!
     冷やしても、常温でも、塗る燗でも美味しい!
     普通酒の愛好者に宝!
————————
磯自慢酒造:国際品評会日本酒部門で金賞を2個!


(静岡新聞・2010年5月20日)

静岡地酒に凄い知らせ!
イギリスで開催中の世界最大級のワイン品評会International Wine Challenge 2010の日本酒部門で、焼津市の磯自慢酒造(寺岡洋司社長)が19日までに

純米酒の部で磯自慢雄町特別純米と

純米吟醸酒・純米大吟醸酒の部に両方金賞を得た!

2007年で酒の部に新設され昨年すでに純米吟醸酒・純米大吟醸酒の部に銀賞を得た。

今年五つの部に176の蔵元から405銘柄が出品されました。

おめでとうございます!
———————–
神沢川酒造:正雪普通酒

神沢川酒造が由比を通る旧北街道二沿って位置します。
昔から贅沢な普通酒を提供しています。味が贅沢なのに値段は安すぎる!

昔みたいラベルを絶対葉まりす!

神沢川酒造:正雪普通酒

アルコール分:15~16度
精米歩合:~70%
製造:2010年1月

透明さ:非常に透明
色:透明
香り:はじめに強い。すぐに薄くなります。
   フルーティー。ビターチョコレート、バナナ、マカダミアナッツ
ボディ:滑らか
味:口当たりが美味しいアルコールでどらいなうっつとバナナが一杯溢れる。
  細かい。普通酒”らしくない”。
  ドライアーモンドを出しながら口のうらを美味しく暖める。酸味を出しながら去る。
  どんな物を食べてもドライ感じがちょっと増えても特徴が変わりません。

コメント:どんな食事にも会う酒です。
     静岡ですから普通酒を結っても普通ではない!贅沢!だて精米歩合を調べましたか?
———————-

英君酒造ー英君普通酒

英君酒造は由比の山の中に立ているからそこまで行くのはちょっと大変ですが由比でよく買うことができる酒です。それに殆ど他の”町”で見つけられない普通酒も由比で買える。実際普通酒を言うってもちょっと贅沢な酒です。それに非常に安い。

普通酒ですからラベルはレトロ感!優れているお土産になる!

英君酒造ー英君普通酒
アルコール分:15~16度
精米歩合:~70%
製造:2010年1月

透明さ:非常に透明
色:透明
香り:フルーティーで米
ボディ:滑らか
味:口当たりに辛口でソフト。捕まえ難い。
  フルーティーでナッツ:マカダミアナッツ、アーモンド、ココナッツ
  ドライナッツが現れる長柄は焼く消える。
  二杯目か三杯目から新しい特徴を出す。

コメント:普通酒なのに上品で贅沢の酒です。
     どんな食べ物と一緒に美味しく飲める酒です。
     日常的の食事にぴったり!
——————
三和酒造ー臥龍梅純米原酒

静岡市清水区にある三和酒造は静岡県の一番古い酒造の一軒です。1686年(江戸時代)に創立されて30年前ほど清水市にありました小泉家しゅぞうと清水酒造と合併して三和酒造になりました。

三和酒造では静岡酵母を使わない南部派の酒を提供してますが酒米をよく研究してくれる酒造です。

三和酒造ー臥龍梅純米原酒

米: 日本晴100%
精米歩合:60%
アルコール分:16~17度
日本酒度:+2
酸味:1.5
内容量:1.8l
製造:2010年3月

透明さ:非常に透明
色:透明
香り:細かい。フルーティーで花。杏、ビターチョコレート
ボディ:滑らか
味:口当たりには美味しくて強いアルコールが現れて純米の特徴も強い。口の裏が暖める。
  細かい:フルーティー:パイナップル、杏、花、薄いビターチョコレートとコーヒー豆。
  短い間残って甘いナッツで去る。
  どんな食べ物と自分の特徴を守る。

私の温燗のセット!静岡市にあるOdakkuiから頂きました!

温燗(40~45度)で飲むとドライ・ナッツが現れる。どんな食べ物と一緒に飲むと美味しい!

コメント:どんな食べ物に会うちょっと贅沢な酒です。そのままでも美味しい酒です。
     ”強い酒”が空きの方のための酒です。日本料理にぴったり!
————————
富士高砂酒造ー高砂premium山廃大吟醸原酒生

富士宮市にある富士高砂酒造の地酒がどうしてか長いタイトルになるね!笑い
富士高砂酒造が大きい会社の枝社にもかかわらず典型的な”静岡県地酒”を造っている。スタッフと蔵人が主に静岡県人であり静岡の酵母をよく使って”静岡派”地酒を提供してくれます。

この一本の地酒が非常に重要です。なぜならば30本しか作らなかった!残りが火入れされたり水が加えられたりしました。

この酒が山廃の酒です。作り方が難しい。原酒と生ですから本当に面白い酒だと思っております。

富士高砂酒造ー高砂premium山廃大吟醸原酒生

米:山田錦100%
精米歩合:50%
アルコール分:18~19度
製造:2010年3月
限定品:30本(4合/720cc)

透明さ:非常に透明
色:透明
香り:フルーティー、細かい、捕まえ難い。パイナップル、ココナッツ
ボディ:滑らか
味:口当たりに甘い。早く辛口になって美味しい酸味が現れる。
  細かい。桜ん坊、ココナッツ、黄色苔桃、パイナップル。
  ビターチョコレートや杏やコーヒー豆とアーモンドを出しながら早く消える。
  アルコール分が高いにもかかわらずマイルド。
  どんなものと一緒に食べても自分の特徴が守られている。

コメント:山廃にしても驚くべき上品。
     だから最近静岡県の酒造がだんだん山廃を緒戦するんだ。どうしてかしら?静岡酵母だろうね。
     いつでもどこでも飲める地酒です。どんな温度でも美味しい:冷やして、常温、温燗(40~45度)!
———————–
高島酒造ー少汲水純米酒SeasonIII


The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ

現在流通している日本酒の汲み水歩合は平均で130~140%ですが、昔ながらの酒造りで用いられた汲み水歩合は100%だったそうです。
昔は酒屋さnが樽で酒を仕入れ、その買った酒を販売をしておりましたので、味の濃いお酒がもてはやされたと聞きます。
当時の日本酒は現在流通している酒よりも度数が低かったのと考えられます。
高島酒造ではいずれ13~14%のアルコール度数で飲み易く心地よい日本酒を造るため、この度実験的に少汲水純米酒を醸造しました。
(ラベルの説明)

高島酒造ー少汲水純米酒SeasonIII

米:誉富士・あいちのかおり(静岡県産)
精米歩合:麹米 誉れ富士60% 掛け米 あいちのかおり65%
アルコール分:15度
内容量:1.8l
製造:2010年3月

透明さ:非常に透明
色:薄い金色
香り:細かい。花。フルーティー。パイナップル、アーモンド
ボディ:滑らか

味:口当たりはソフトで辛口とともに純米の特徴。
  甘いぽっくて花の味でちょっと残る。
  細かい。辛口。フルーティー:パイナップル、アーモンド、黒砂糖、杏。
  口の中に非常にソフトでよい気持ちで飲む。
  どんなものを食べても自分の特徴を守りながら美味しい酸味が現れる。

コメント:どんな季節どんな機会でも楽しめる酒です。
     冷やしても常温でも温燗でも飲める酒です。
     高島酒造の典型的な酒。
     女性の方も男性の方もそのままか何か食べながら楽しめる酒です。
     発見!
————————–

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

静岡県にはどの位良い物あるか知っていますか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。