静岡グルメ。ガイド:藤枝市

静岡県産酒米地酒:杉井酒造―畦蔵維新

“酒米”という米が食べられない!探しても食卓の上に見つけられないよ!
昔から酒米が他の地方で差倍されました。
一般的に静岡県在酒造が自分の酒米を“輸入”しなければなりません。
問題は最近酒米の量がだんだん減って手に入れる物の品質に不満感が良くある。
例えば米の粒が割れたら美味しい酒を造るのは無理です。しかし酒米が手に入れるまでにその品質を調べるのは難しい!
そいうがっかりから避ける為に蔵人達が静岡県内の生産者に頼むのは仕方がありません。
でも。。。誉富士という山田錦の静岡県産品種の栽培が数年前に成功されました!

藤枝市にある杉井酒造が昔から地酒の研究に力を入れて地元の生産者と協力して特に昔の方法でオリジナル限定の酒を良く提供します!
今回も地酒は藤枝市の生産者が栽培した酒米だけで作られた!
面白いのは(変わっているのは?)生産者が大勢たま酒米の粒も色々だった。だからこの地酒が純米のレベルにも変わらずただ”地酒”しか呼べられない。
方法は明治時代の山灰と同じです。ところで山灰という地酒が非常に難しいですからたくさんの酒造がその方法に興味を持っていません。しかし最近静岡県で葉だんだん忍苦を葉詰まります!

過ぎ良い酒造:畦蔵維新

精米歩合: 70%
アルコール分: 15.5 degrees
日本酒度: +2
酸度2.1 (静岡県で非常に高い!)
酒米が皆2009年藤枝市でで収穫されました

透明さ:卑怯に透明
色:薄い金色Colour: Golden hue
香り:アルコールが強くてフルーティー。ナッツ、カスタード、バナナ、バニラ
ボディ:滑らか
味: 口当たりが強い。口の裏を暖める。美味しい酸味を出しながらゆっくり消える
細かい:カスタード、マカダミアナッツ、コーヒー豆、ドライ葡萄、ドライ桜ん坊。
七以下を一緒に食べると様相外軽くなります。

コメント:なかなか述べにくい地酒ですが凄く珍品で興味深い!静岡県産地酒なら完全に“以外”!
     一杯だけで述べるのは無理ですから2,3杯をゆっくり飲んで!
     自分が常温で一番好みですけれども温燗でも美味しい!そのときによりも辛口になります。
     何かを食べながら勿論論美味しいですけれどもそのままで自分の好み!
     非常に興味深い地酒!

————————-
杉井酒造:小金ー男爵焼酎

kogane-danshaku

藤枝市の杉井酒造は又新しい作品を提供してくれました!しかし又限定品だ!
本間に気をつけないとすぐに見逃がしてしまう!
鹿児島県と違って静岡県産焼酎は変わっているだけでなく贅沢で見つけにくいです。比較的にちょっと高い値段かもしれないがラベルはマニアの収集品になる!

杉井酒造:小金ー男爵焼酎

材料:
小金芋と男爵(ジャガイモ)。静岡県産。
酵母:静岡NEW-5(日本酒の酵母)
米麹
内容量:500ml

透明さ:非常に透明
色:透明
香り:綺麗で強い、ナッツっぽい
味:ちょっと甘口で口当たりが優れて綺麗な味。
  深いナッツの味。
  辛口で終わって早く去る。
  コーヒー豆がちょっと現れる。

コメント:”変わっている”、珍しい味。綺麗。上品。強い特徴。捕まえない”顔”。
     小金芋と男爵という組み合わせがはじめてかな?
     静岡産日本酒NEW-5酵母乃影響が強い。
     ロックで飲めば最適!
———————
青島酒造・喜久酔吟醸

kikuyoi-ginjo-09

藤枝市にある青島酒造がそんな大きいではないかもしれないが最近全日本で注目されています。二年連続DANCYU雑誌で選ばれて紹介されました!

青島酒造・喜久酔吟醸
米:山田錦ぎんが
精米歩合:50%
日本酒度:+6~+9
酸味:1.1~1.4
酵母:静岡酵母
水:及川南アルプ湧き水
12度でのむと最適と進められている
製造:2009年1月
登録番号:1101

透明さ:非常に透明
色:透明
香り:辛口でフルーテイー。花、西洋梨、バニラ
ボデイ:滑らか
味:口当たり優れて軽い辛口。
  丸みが良い。早く消える。細かい。
  フルーテイー:花、パイナップル、薄いバニラと西洋梨。
  上品で深くてアーモンドとナッツを出しながら早く去る。
  何か食べるとより辛口になってどんな食べ物とうまく合わせる。

コメント:丸みが凄く良くて序品名酒です!
     どうしてか日本で注目されるかすぐに解る!
     特徴を守りながら食事にうまく合わせる。色々な”顔”を見せて珍味!
     典型的な”静岡型酒”です。
ー———————
杉井酒造・純米樽酒2009年特別限定

sugii-tara-2008

藤枝市にある杉井酒造が毎年この限定酒である純米樽酒を提供する。早めに買わないとすぐ消えますから予約します!

杉井酒造・純米樽酒2009年特別限定
精米歩合:60%
アルコール分:15~16度
製造:2008年10月

透明さ:非常に透明
色:透明
香り:優しくてフルーテイー。丸みが良い。純米の特徴。バナナ、アーモンド。
ボデイ:滑らかで飲みやすい
味:口当たりが辛口。松見が良い酒です。
  細かい。早めに消える。バナナを出しながら美味しい辛口で終わる。
  何か食べると純米の特徴が強くなります。

コメント:上品で細かい。”捕まえにくい”。食べ物と非常に美味しい!何か食べると殆ど変化しない酒です。
——————-
志田泉酒造・蔵出し一番本醸造生原酒

shida-kuradashi

藤枝市にある志田泉酒造が瀬戸川のお陰で素晴らしい水を使って非常に優れている酒を出してます。今回”蔵出し一番”の酒を味わい増した:

志田泉酒造・蔵出し一番本醸造生原酒

米:山田錦(兵庫県)93%、五百万石7%
精米歩合:60%
酵母:静岡酵母New-5
日本酒度:+6
酸味:1.4
アルコール分:18~19度
製造:2008年12月

透明さ:非常に透明
色:殆ど透明
香り:フルーテイー・バナナ、バニラ、アルコール
ボデイ:滑らか
味:口当たりが強くて口の裏と喉が暖める。
  早く消える。
  細かい。フルーテイー、バナナ、バニラ、蜜柑。
  何か食べると、特に二杯目から、優しくなる。

コメント:志田泉酒造の典型的な本所像。60%という精米歩合は贅沢すぎる!
     食べ物、重い食べ物でも、と一緒に飲むと素晴らしい酒です。
     高いアルコール分にかかわらず様相外細かい。贅沢な精米歩合のお陰だろうね。
—————————
志田泉酒造・H18BY特別本醸造生原酒

shidaizumi-18by

藤枝市にある志田泉が静岡県の一番優れている水を提供する瀬戸川の水を利用している。主そうのそばに流れている川を見ると魚まで見える!この前訪問した時翡翠もみった!

志田泉酒造・H18BY特別本醸造生原酒
米:100%五百万石(富山県)
精米歩合:50%(贅沢!)
酵母:静岡酵母New-5
アルコール分:18~19度
酒粕:平均45.5%
日本酒度:+4.5
酸味:1.3
2006年で作られて瓶図目は2009年9月15日

透明さ:非常に透明
色:薄い金色
香り:フル-テイー、上品、ちょっと甘い。バナナ、バニラ
ボデイ:飲み易い
味:口当たりがはっきりで強いにもかかわらず生の特徴が美味しい。口の裏と喉を暖める。早く消える。細かい。
  フルーテイー:甘草、アーモンド、バニラ、コーヒー豆、ビターチョコレート。最後に消える寸前蜜柑や現れる。
   何か食べても殆ど変化しない。
   後で生の特徴がちょっと強くなりながらアーモンドが又現れる。

コメント:強くって丸みがある酒。食べ物に完璧!”男の酒”だけれども女性の方も十分楽しく飲める!
50%の精米歩合で信じられない贅沢!
——————
杉井醸造・ハマコマチ本格芋焼酎

藤枝市にある杉井酒造・醸造がやっぱり凄い!だってリスクがあっても必ず挑戦感をみせてくれる!


(静岡新聞)

この新しい焼酎は静岡新聞と中日新聞で9月24日に発表されました。
その日ハマコマチ普及研究会が静岡県庁を訪問して石川県知事に紹介しました。

上の写真に見えるように遠州灘で色々な商品が提供されています:焼酎だけでなく菓子もアイスクリームもサツマイモ新類「ハマコマチ」殻作られている。ベタカロチンが豊富に含まれているが特徴ですからやっぱり飲むべきです!

杉井醸造・ハマコマチ本格芋焼酎

材料:
ハマコマチサツマイモ
米麹

アルコール分:25度

透明さ:非常に透明
色:透明
香り:強い、殆ど甘い。特徴がたっぷりでとてもいい香り。
味:口当たりが優れているが早く消える。特徴のある味。
  柿や甘いナッツの味。
  上品で飲みやすい

コメント:驚くべきソフトでフルーテイーな焼酎!
     ストレートでも非常に飲みやすい。
     アルコール分は低くいにもかかわらずウイスキーの代わりにも美味しい!
     ずっと特徴画守られているから凄く安定する。
     地酒のコンセプトでどうしてか次の一杯を飲みたくなる!
————————–
志田泉酒造:純米大吟醸

そろそろ藤枝市にある志田泉酒造の酒を飲む時間だと思ったから長島酒店で純米大吟醸を発見したときにやっぱりすぐ買ってしまった!

志田泉酒造:純米大吟醸

米:山田錦100%(兵庫県)
精米歩合:40%
酵母:静岡HD-1 (蔵内自家栽培酵母)
日本酒度:+3
酸味:1.4

透明さ:非常に透明
色:殆ど透明
香り:フルーテイー:バナナ、アーモンド、西洋梨。細かい
ボデイ:滑らか
味:口当たりが非常にソフトで純米の特徴ですがすぐに消える
  口の中に長くまわしても柔らかい味が続ける。辛口とアーモンドを示しながら消える。
  
コメント:非常にソフトで軽い酒です。
     ”静岡型”酒で上品で飲みやすい。テーステイング会の酒です。
     そのままで飲めば最適。
———————————-
新しい焼酎!:杉井酒造・いもおとこ


(静岡新聞)

藤枝市にある杉井酒造が新しい焼酎を造った!
長泉町で栽培されているヤマトイモを使用して”いもおとこ”という芋焼酎です!

10月10日から地元の長泉町内7件の酒店で販売される。

はじめに町内産のヤマトイモ約510キロを用い、720ml入りボトル690本を作った
アルコール分は25・5度。
料金は一本二千二百円(税込み)。

早く味わいたいな!
—————————-
静岡の幻地酒:岩本酒造・松若緑絞りたて原酒

松永酒店を経営している松永さんのお陰で水曜日に幻の地酒を発見しました!
士魂等を作ってた岩本酒造(藤枝市)の最後時代は清水区にある三和酒造にいる。
士魂以外の銘柄は松若緑だった。
この一升瓶は残念ながらすでに売買されたため味わうことができなかった!

岩本酒造(2005年7月4日廃業)
松若緑絞りたて原酒
製造:1992年(4BY)!
————————-
杉井酒造・EXTRA吟醸

藤枝市に有る杉井酒造は9月なると半年間熟成した酒を出して忙しい。

この酒は実際2008年7月8日東京で行ったインターナショナル。サケ。チャレンジ2008で最優秀吟醸受賞ヲ受けた!

杉井酒造・EXTRA吟醸
原 料 米: 兵庫県産 山田錦
精米歩合: 麹米40% 掛米50%
アルコール度数: 15.6度
日本酒度:  +9
酸度:  1.1
酵母:  静岡HD-1 NEW-5
火入れ: 一回
活性炭無使用
製造:2008年8月

透明さ:非常に透明
色:薄い金色
香り:軽くて鋭い。パイナップル、青林檎
ボデイ:滑らかで飲み易い
味:口当たりが優れている。早く消える。
  フルーテイで細かい。西洋梨、青林檎
  上品で飲み易い。
  特に何か食べるとフルーテイからより辛口になる。又細かくなります。
  何か食べるといずれもビターチョコレートとコーヒー豆が現れる。

コメント:相変わらず驚く鮭です!辛口の酒の愛好者にぴったり!
     やっぱり杉井さんの新しい酒を飲むと又発見になる!
     何か食べても食べなくても凄く美味しく飲めます!
     女性の方も男性の方も喜ばす酒です!
————————————–
杉井酒造:”八百萬”(”やおよらず”)山廃純米

藤枝市にある杉井酒造では日本比較的珍しい山廃酒と”きもと”は良く研究されて造られて居ます。
今回杉井杜氏は静岡産誉富士米だけ使って山廃ヲ提供してくれました!

杉井酒造:”八百萬”(”やおよらず”)山廃純米
米:誉富士(静岡産)
精米歩合:70%
アルコール分:15~16度
2007BY
製造:2008年6月

透明さ:非常に透明
色:殆ど透明
香り:フルーテイ、桜ん坊、アルコール
ボデイ:滑らか。軽い。
味:口当たりは凄く良いけれどもすぐに消える。フルーテイ:ドライ。チェリー(桜ん坊)、アーモンド、カラメル、プデイング。純米の特徴が強い。口の裏を暖めながらすぐに消えます。
  何か食べるとより辛口になる。こー暇前は現れる。

コメント:初めの経験!ワインに近い!
     妻が女性っぽい酒と思った!
     細かい。”質問を尋ねる”酒。鶏肉類にぴったりの酒!
     日本風デザートにモ合うと思っております。

——————————
杉錦酒造ー特別純米生もと仕込み

現在藤枝市におる杉井酒造は全日本で一生懸命伝統と最新の酒造乃研究で注目されます。特に杉井酒造の生もとで有名になりました。

杉錦酒造ー特別純米生もと仕込み
米:静岡産山田錦精米歩合:60%
日本酒度:+7
酸味:1.5
アルコール分:15.6度
酵母:静岡HD-1
酒母:生もと
生産:2008年4月8日

透明さ:卑怯に透明
色:薄い金色
香り:軽くって辛口、メロン
ボデイ:滑らか、ちょっと薄い
味:口当たりが良いすぐに消える(今まで”口当たりが短い”という外国人っぽいの日本語をしようしましたが友達が”気持ち悪い言葉”に言われたから普通の言葉に戻りました。。。)
  最初に非常に辛口で細かい。
  フルーテイ、メロン、コーヒー豆
  何か食べると滑らかのなって又メロンが現れる。

コメント:”伝統の酒”。静岡県で葉非常に珍しいタイプ。
     とても辛口。食べ物にぴったり。
     何か塩っぱい食べると純米なのにアルコールが強くになって又コーヒー豆が現れる。

—————————
杉井酒造・山廃純米ー”天保十三年”

杉井酒造は”きもと”と”山廃”のため前二本で有名ですから長島酒店の在庫二はいるとすぐに呼ばれる!
三月号DANCYUを参照してね!

”天保十三年”(1843年)は杉井酒造の創立年です(初代が独立開業した年です)。

杉井酒造・山廃純米ー”天保十三年”
掛米:あいちのかおり78%精米
麹米:ひとめぼれ70%精米
日本酒度:+3.5
酸味:2.5(静岡で非常に高い)
アルコール分:15.2度
生産:2008年3月

透明さ:非常に透明
色:殆ど透明
香り:フルーテイ。ドライ桜ん坊
ボデイ:滑らか
味:非常に辛口でフルーテイ:干し桜ん坊。スペイン産ドライシェリーと似ている

コメント:食べ物のために造られた酒。
     瓶を開けてから2~3日間を待っていればもっと易しくて甘口になります。その時に食べ物に又合えます!
     珍しくて不思議那酒で美味しい!
—————————–

青島酒造・喜久酔ー松下米40.純米大吟醸

matsushita-40.jpg

青島酒造・喜久酔ー松下米40.純米大吟醸は2008年3月号DANCYU美食雑誌で全日本に知らされた酒です!
この酒は藤枝市で栽培されているbioの松下米と藤枝市の井戸水と静岡酵母で造られているからそれ以上local/地元さんの酒がないだろう!

青島酒造・喜久酔ー松下米40.純米大吟醸
米:松下米(藤枝市.無薬栽培米)
精米歩合:40%
日本酒度:+6.5
酸味:1.2
アルコール分:1~16度
酵母:静岡酵母
生産:2007年12月

透明さ:非常に透明
色:薄い金色
香り:軽くって上品。フルーテイ、西洋梨、パイナップル、メロン
ボデイ:滑らか
味:口当たりは軽い、細かい、上品。酢s具に消える。
  二杯目を飲むとか何か食べると辛口になります。
  後コーヒー豆、ビターチョコレート、アーモンドが現れる。
  どうしてかもう一杯を飲みたくなります。

コメント:上品で”優しい”酒。非常に細かくて段々の無と可何か食べると又難解も新しい”顔”を見せる酒です。
     純米の特徴はくどくない。口の中に殻口になります。
     贅沢な酒!special人たちとspecial時間special所で飲むべき酒?
     その通り!絶対忘れない酒です!
—————————-

喜久酔絞りたて生普通酒

kikuyoi-futsu-nama.jpg

以前ある静岡県の酒造を普通酒を造らないから感謝したことをよく思い出します(苦笑い)。その時やっぱり私はまだまだ生意気物だったね!その時から何回も自分のケツを蹴飛ばした!
まあ正直に言わせば普通酒と言っても静岡県産の普通酒は本当に贅沢なんだ!だって米の精米歩合は70%以下ですから!
藤枝市にある青島酒造は典型的な例。集材させて頂きましたときに青島様は藤枝市の市民はまだまだ自分の普通酒を強く要求するんだからねと伝えてくれました。

喜久酔絞りたて生普通酒(冬だけ)
米:黄金晴
精米歩合:70%
アルコール分:19~20度(原酒)
無濾過
日本酒度:+2~+6
酸味:1.2~1.5
酵母:静岡酵母

透明さ:非常に透明
色:殆ど透明
香り:甘い。フルーテイ、バナナ、苺
ボデイ:滑らか
味:甘口。生の特徴。フルーテイ:バナナ、苺。しっかりで強い感動の酒。
  アルコールのバッグラウンドを持って長く口の中で残る。何か食べると美味しい酸味が現れる。

コメント:どうして藤枝市の市民が喜久酔の”普通酒”が空きかやっぱり分かりました!食べ物と美味しい!
     殆どどんな温度で美味しく飲める。
     食事のための酒!
     値段と造り買ったを考えれば盛ったない!
———————-

青い島酒造:喜久酔特別純米

kikuyoi-tokujun.jpg

最近家で酒を味わうのは中々ちょっと飲みすぎ状態ぐらいなっているから居酒屋か日本料理で飲む酒についてもレポートを書くの様になりました。本音で云えば楽であるし親方は構わないね(笑い)。
今回の酒は静岡市のとみ井京都料理で味わった!

喜久酔特別純米
米:山田錦
精米歩合:60%
日本酒度:+6
酸味:1.3
酵母:静岡酵母

透明さ:非常に透明
色:薄い金色
香り:非常にフルーテイ・パイナップル・花
ボデイ:滑らか
味:純米の特徴で辛口。細かい。何杯飲んでも滑らかで辛口が続ける。どうしてかもう一杯を飲みたくなります。
  何か食べると又もっと辛口になってビターチョコレートや青林檎が現れる。

コメント:飲みやすい”静岡型地酒”。上品で細かい。他の静岡地酒よりも辛口を感じる。
     実際弧の酒は”蔵人クロード”漫画で紹介されている!
————————

静岡の冬海産物市場

yagara.jpg
(Aka Yagara, Red Trumpet Fish)

冬海産物季節です!静岡JR駅内FISH.MARKETを除いにいきましょう!皆分かるかな?

yagara.jpg
赤ヤガラ又はカラスウオ。刺身かムニエルは最適!
makogarei.jpg
マコガレイ。刺身や唐揚げ煮物など色々できるね!
hatahata.jpg
ハタハタ。網焼きは美味しい!
magatsuo.jpg
マガツオ。注意:鰹に関係ない!刺身か網焼き美味しい!
tako.jpg
蛸。刺身や酢蛸や焼き物、やオデン等等。
uchiwa-ebi.jpg
団扇海老。刺身か酢漬。
————–
杉井酒造の幻酒:古代米黒本醸造

sugii-kuromai.jpg

私がおそらく飲めない幻酒です!。泣く。。。。

200年に藤枝市の杉井酒造の社長・杜氏である杉井きんお介様は殆ど毎年と同じように変わってる作品を提供しました:
古代米黒本醸造
その時長島酒店の長島隆弘専務はこの一回だけの限定酒を日本手に入れた。できるだけ長く熟成させるつもりだった。
遂に昨年一本を開けて飲み味わった:すーーーごく美味しかった!
12月六日もう一本の瓶を見せていただいて写真を許した。
開けるときに絶対一緒に飲むと約束(?)しました。
長く待てるかな。。。
やっぱり今季節杉井様が提供してくれる限定酒を調べて自分で買う決心した(笑い)。

——————-
杉錦本醸造しずく山廃仕込”きんの介”

sugii-kinnosuke.jpg

遂に新酒季節です!
最初に味わったのは杉井酒造が造った山廃で”しずく”(一番の一番!)
山廃ですからその酒造の特徴がよく現れると思います!
ところできんの介は杉井杜氏ー経営者の名前です!

杉錦本醸造しずく山廃仕込”きんの介”

米:静岡ひとめぶれと静岡あいちの香り
精米歩合:70%
日本酒度:+7
酸度:2.1(高い)
アルコール分:19~20度(原酒)
酵母:7号
生産:2007年11月

透明さ:非常に透明
色:透明
香り:米。強い。塩
ボデイ:飲みやすい
味:強い。山廃の特徴。殆ど塩っぱい。細かい。アルコールの味。
      後でフルテイっぽくなります。バナナ。何か食べると甘くなる

コメント:高いアルコール分のため焼酎近く見えるが柔らかいですから焼酎とはっきり違う。
     ”男”の酒!

—————–
志田泉ひやおろし清酒ー原酒

shidaizumi-futsu.jpg

遂に藤枝市にある志田泉酒造の清酒ー普通酒を手に入れた!下のコメントを読んでいただけばどうして静岡県産普通酒に特別なランキングが必要すると賛成していただけると尾見ます!

志田泉ひやおろし清酒ー原酒
アルコール分:18度
麹米:五百万石(富山県)20%
掛け米:ひとめぼれ(山形県)80%
精米歩合:65%(贅沢すぎる?)
酵母:静岡県酵母NO-2
日本酒度:+4
酸度:1.3

透明さ:非常に透明
色:殆ど透明
香り:軽い。米
ボデイ:飲みやすい
味:しっかりしている味。ビターチョコレート。美味しい酸味

コメント:驚くべき美味しい普通酒。まあ精米歩合を見ると当然かもしれない。。。
     美味しい酸味。どんな食べ物と美味しく飲めます。
     静岡県産普通酒の新ランキングを考える基準としてう使うべき!

———————–
青島酒造

kikuyoi2.gif

1750年ぐらい創立された喜久酔酒造の4代目杜氏である青島孝様に最初に会った時に彼の元気に驚かされました。

kikuyoi1.jpg kikuyoi2.gif

青島杜氏は静岡県の新しい考え方をもっている若い杜氏の一人である。即ち”川村デンベイ様の派”に所属すると言える。国香(袋井市)と志田泉(藤枝市)の杜氏ー経営者に次に自分の名前(傳三郎)を得た。
青島杜氏は色々な特技を持っているの中に一つを注目したい:彼はアメリカに行って4年間大学でマネージメントを勉強しました!
頭だけ出なくてスポーツマンですから全体てき優れている方といえますね!

kikuyoi4.jpg kikuyoi5.jpg kikuyoi6.jpg

一年間の中に喜久酔酒造の蔵人は皆2ヶ月間休みをいただいても本当の労働の仕事だと思います!にも拘らず最近藤枝市在若者は何人も酒造にあたら期待そうです。
それに加えて特に喜久酔酒造が造っている清酒・普通酒の精米歩合は贅沢な70%だを聞くと将来が明るい!

kikuyoi7.jpg kikuyoi8.jpg

青島杜氏は色々な種類のこめを使用します:兵庫県特Aやまだ錦、徳島県山田錦、岩手県ぎぎんが。
この10年間完全地元の吟醸と大吟醸を作るために酒造の近所に居る松下様にオーガニック”松下米”を栽培させるのです。

kikuyoi10.jpg kikuyoi11.jpg

静岡市長島酒店の長島隆博様と遺書に殆ど三時間の間青島杜氏と話して酒造と田んぼを訪れましまいた!
700,000本(1.8l)を造るために100年前から”釜”を使用しながら伝統的と現代的の設備を使います。酵母は静岡酵母だけ使用されます。
水が70mの深さで彫られた井戸(大井川)からでる。とても美味しかった!

kikuyoi9.jpg

静岡市に帰る前に40%精米歩合大吟醸を含めて室温で三つの素晴らしい酒を味和させてくれました!
その後長島酒店で40%精米歩合松下米大吟醸を買って東京のテースチング仲間たちに送りました!

青島酒造
426-0036藤枝市神青島246
Tel.: 054-6415533
Fax: 054-6443156

——————————
志田泉酒造:昇龍

shoryuu.gif

昇龍はちょっと変わっている純米原酒です。志田泉酒造は2007年9月に販売しました:

米:朝比奈山田錦(朝比奈正雄と村越昇介氏が栽培した米)
精米歩合:70%
透明さ:非常に透明
色:薄い金色
香り:米、フルーテイ
ボデイ:滑らか
味:細かい。原酒の感じは口の中で強く広げる。フルテイ。バナナ。
長い間口の中に残る。二杯目を飲むとビターチョコレートとアルモンドが現れる。

コメント:細かい。滑らかで飲みやすい。段々飲むと色々な味が現れる。
どんな食べ物と飲むと美味しい。

—————
志田泉酒造:梅酒ー梅丸

ume-maru.jpg

最近梅酒が段々人気になりますために静岡県在酒造が作る企画が増えるのは事実です。
藤枝市にある志田泉酒造はついに美味しい梅酒を出してくれた!
アルコールはただ11度ですから冷やして暑い夜になると飲みやすい!

原材料名:米、米麹、梅
透明さ:とても透明
香り:干梅、
色:薄い橙桃色
ボデイ:軽くって滑らか
味:細かくて上品様相外ドライ。飲みやすくてどうしてかもう一杯を飲みたくなります。美味しい酸味が口の中に残ります。

コメント:素晴らしい食前酒になります。序品で大人の感じ。欧米産のアペリチフに負けない。冷やしてか氷と飲んで!
——————-
志田泉酒造

shida4.jpg

8月17日は又とんでもない暑かったため本当に酒造を訪問するのは大丈夫かしらと思った。
しかし蔵人として8月がおそらく一番余裕のときですからゆっくり離しができるだろう。
長島酒店の長島店長と一緒に着い瞬間酒造の周辺はびっくりほど涼しかった。志田泉酒造は瀬戸川にそって立っている。その川が焼津市で海にながって非常に綺麗で素晴らしい環境の中に存在します。100歳以上の桜の木がずっと河畔に並んで川の透明な水の中に泳いでいる魚も見えるし鳥とミツバチがいっぱい!
shida1a.jpg
ところで瀬戸川の水は静岡県の一番甘い水といわれる。
来年4月咲いている桜の木を見ながら又訪問するね!
shida2a.gif
志田泉酒造は1884年に創立された。その時向井山の中に流れる瀬戸川の側に立った村の名前は稲葉でした。現在4代目望月雄二郎様は次のように告げました:第二次大戦(WWII)この地方は爆弾されなかったため政府が米が足りないので酒を作るのを禁止させて酒造を軍備倉庫として使命した(当時に25件以上ありました)。戦争の後政府が又酒造を助けるために沢山の援助金を提供してもすぐにお酒を造るのは無理だった。原意は軍備の油だった。殆どう当時の(現)藤枝市にあった酒造の建物を再建しなければならなかった。
現在の志田泉酒造は合理的な伝統とHi-Techのコンビです。
shida3.jpgshida5a.jpgshida6.jpg
shida7.jpgshida8.jpgshida9.jpg
特に興味深い設備はイタリア製の瓶詰機会でした!
shida10.gif
志田泉酒造では研究に限りが無いみたい:米は富山県の五百万石、静岡県の山田錦、広島県の八反35号。酵母は静岡No-2,静岡NEW-5,静岡HD-1,9号酵母。
志田泉の酒の30%は普通酒で比較的に多い。近所に住んでいる市民の望みだといわれた。まあ仏酒と言っても精米歩合は贅沢な65%です!飲みたいなあ。。。
shida11.gif
色々な説明していただくだけでなくて望月様はまだ販売されてない鮭と梅酒を味わせてくれた。酒は朝比奈山田錦の純米だった。梅酒はその酒を利用して造られた!田中杜氏、有難うございました!

志田泉酒造

426-0133藤枝市宮原423-22-1
Tel.:054-6390010
Fax:054-6390777
Homepage
——————–
杉井酒造:杉錦天然醸造山廃

sugii-yamahai.jpg

杉井酒造の杉井様は相変わらず例外(静岡県では)の酒又造ってくれた!
とりあえず瓶の裏のラベルに書いてある説明を紹介させていただきます:
”自然の乳酸菌の酸で雑菌を抑える山廃酒母を純粋培養酵母を添加せずに育ててモロミを仕込みました酸度3.4は明治時代の清酒の一般的な酸度です。濃い味や脂のある料理とも合わせられます。燗酒もOK。”
製造念月:19.6

やっぱりさんど3.4は静岡県産酒の平均と比べると二倍以上ですから珍しい作り方!

原料米:静岡県産100%
掛け米:誉富士90%精白
麹米:ひとめぼれ70%精米
日本酒度:-1
酸度:3.4
アミノ酸度:1.7

透明さ:綺麗でとても透明である
色:薄い金色
香り:軽くって上品的
ボデイ:飲み安いけれども逞しい
味:軽くって上品的/桃
  軽い、緑プラム、ネクタリヌ、杏
  美味しい果物の酸味。日本酒度は-1なのに驚くべき辛口

コメント:とても辛口の白ワインの様に味わう。強い特徴ウィンと一緒に飲める酒です!

——————–
杉井酒造/醸造の初代才助米焼酎

杉井酒造/醸造の初代才助は静岡県の酒造が作った贅沢な焼酎の典型的な例です!

材料は:
原材料:米。米麹
原料米:静岡県産 ひとめぼれ
精米歩合:麹米65%、掛米70%
麹:黄麹
酵母:静岡NEW-5(清酒酵母)
蒸留:常圧式
アルコール:25.5度
18年12月(2006・12)に醸造された

香: 米/鋭い
味:深い、殆ど甘い。セミースイート。シェリのような味。細かい特徴を見せる

そのまま室温で飲んで下さい!

——————-
The Ale House/エールハウス


静岡県には本物のパッブ(英国やアイルランド)は非常に少ない。
だから静岡市から藤枝市までに電車に乗ってまったく構いませんね!
ぎりぎり静岡市方の最後の電車に乗ることができれば藤枝市に戻るサラリマン達の変な目を忘れます!
幸いThe Ale House藤枝市JR駅から歩いても10分がかからない。
実際は静岡県で暮らしている外人の話を聞くと好評の隠れ屋です!

とにかくイグリスの友人パトリックに案内していただいてオーナ/owner斉藤将之を紹介していただきました。
斉藤様は1995年にサラリマンの生活もう退屈を感じて新しい挑戦としてエールハウスを開店した。
そこで自分が詳しいウイスキーを皆に紹介することができました。
ウイスキーマニアックですからいつも閉まっているタンスの中に置いてある。ちゃんと尋ねないと見えない!
ウイスキーだけでなくて素晴らしいビールも提供しています!

斉藤様のお陰で沼津市のBryan Baird様のTaproomhe
行かなくても大丈夫!こんな素晴らしい静岡県産の地ビールを出す方を尊敬するしかありません!
勿論他のビールやコクテール等何でもあります!。
そして他のパッブと比べると美味しい食べ物まで提供してくれる!
困ったなあ!又間もなく行かないと気がすまない!

The Ale House/エールハウス
426-0061藤枝市田沼1-4-12(JR駅の南口から歩いて10分)
Tel & Fax:054-6362889
営業時間:18:30~25:00
定休日:月曜日 (火曜日が祝日の場合営業します)
Homepage

——————-
遊喜智


最近静岡市は混雑になってしまってそこで働く人々野中に大勢は藤枝市に暮らして毎晩もドルわけです。
そのために下町は随分変わりまして色々な店が駅の両方の出口の周辺に開店しました。
それらの店の中に優れてた居酒屋を金曜日6月8日発見!
自分の我がままの基礎ですけれども居酒屋を選ぶ前にその地方の地酒を出してくれるかどうか必ずしらべます。

遊喜智にはちゃんと出してくれます!
藤枝市の青島酒造の喜久酔戸岡部町の初亀酒造の亀印とゆう素晴らしい地酒です!
 
遊喜智葉2005年いに開店されて比較的に若いサラリマンの客が多い。
すぐに混んでますから予約が必要!
いつもと同じ用に先ずお任せの刺身のセットをたんみました!

ちょっと珍しくて名古屋産鶏の刺身も含まれた!珍品!
この店に注目するべきの特徴がります:成岡陽子女将さんがその日の新鮮魚(メニュ外)を見せていただいてお客が気に入る魚を選んで小林正樹板長はそれをお客の好みで調理してくれる。

私たちはキス天婦羅と鮪釜焼きを選んだ。

本当に美味しかった!その後バーへ行く予定ありましたから上の地酒を一杯ずつ飲見ながら卵焼きを食べて去りました。
でもこの近い内にも一回絶対行きますね!

遊喜智
藤枝市駅前1-7-21タイコービル1F
営業時間:17:00~24:00
Tel.:054-6469494
定休日:毎日曜日、第2月曜日

—————–
杉井酒造:登龍門葉純米酒

杉井酒造の一つの特徴は予想外の限定酒です。
又美味しい発見!

登龍門葉純米酒です。米は静岡県産の山田錦で精米歩合60%

透明さ:非常に透明
色:薄いゴルド
香:米
ボデイ:柔らかくて滑らかに飲めます
味:バニラ、チョコレート、コーヒー。最初に軽くて細かい。次に純米の特徴は出ます。三回目飲むとオレンジとグレープフルツは出ます。
滑らかに逃げるように消えます。

コメント:中々捕まえない愛人のような感じ。どしてかもう一杯をm飲みたくなります!
そのままで飲んだ方が良いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

静岡県にはどの位良い物あるか知っていますか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。