静岡グルメ。ガイド:修繕時

静岡県産酒米地酒:万代酒造―純米吟醸原酒誉富士

万代酒造が静岡県の恐らく一番人気がある観光地の修善寺で位置する。(旧)修善寺市と呼ばれたが現在(新)伊豆市修善寺ですけれども観光客がまだまだただ修善寺という風に呼びます!温泉と宿屋で全日本で有名な修善寺へ車かバスで行けますが三島駅からで電車に是非乗ってね!それに修善寺駅のお土産の店も是非訪問してね!そこでは万代酒造の作品が全部販売されていますから!黒米地酒と本物の山葵焼酎まであります!

静岡県で万代酒造が一番古い酒造の一軒である。別の名前で16世紀まで歴史を持っています!
他の県産酒米が減ってる為酒米静岡県在酒造と同じようにだんだん静岡県産酒米を使用用になりました。

米:誉富士100%
精米歩合:60%
日本酒度: +3
アルコール分:16=17度(原酒)
製造:2010年7月

透明さ:非常に透明
色:薄い金色
香り:強くてフルーティー:バナナ、バニラ、ほんの少しのパイナップル
ボディ:滑らか
味:口当たりに強い。純米の特徴も強いし非常にフルーティー。まるやかで美味しいアルコールで口の奥を暖める。
細かい:バナナ、グミ・カンディー、アーモンド。その後コーヒー豆も現れる。
なにかを食べるとよりやわらかくて辛口になる
     アーモンドとバナナが順番で何回も現れる。

コメント:+3という日本酒度にもかかわらずちょっと甘口ですから冷やして飲めば最適。静岡県の基準だったらちょっと甘口。
欧米人ならアイスクリームの上流せば美味しい!
     飲みやすくて食べ物と一緒に飲めばよりから口になります。
     ポートワインの代わりにブルーチーズに会う!たぶん食後酒で宜しいと思っております!

——————————
万代酒造・江川酒特別純米

伊豆半島修善寺市にある万代酒造がいくつかのプライヴェート・ブランドを作ります。
”江川酒韮山”という酒が蔵屋成沢でしか販売されていない。
実際蔵屋成沢の地ビールを作っている杜氏が冬になると万代酒造で働きます。

万代酒造・江川酒特別純米

こめ:山田錦
精米歩合:60%
アルコール分:15~16度
製造:2008年5月

透明さ:非常に透明
色:ほとんど透明
香り:強いけれども早く消える。アーモンド、ビターチョコレート、コーヒー豆
ボデイ:滑らか
味:口当たりは優れている。早く消える。はじめはちょっと甘口けれどもすぐに辛口に変化する。
  フルーテイ:アーモンド、栗、ビテーチョコレート。
  純米の特徴は強い。津s儀の一杯を飲むと逆に辛口からちょっと甘口になる。
  飲みやすい。何か食べるとまたコーヒー豆が現れる。

コメント:”静岡形酒”
     刺身から焼き鳥まで食べ物に対する作られた酒です。
     室温で飲めば最適。
—————————
万代酒造・江川酒坦庵・純米大吟醸

修善寺にある万代酒造は色々なプライヴェートラベルを出してます。
江川酒坦庵が伊豆長岡にある蔵屋鳴沢でしか売られていない。実際は蔵屋成沢の杜氏は冬になると万代酒造でで働きます!
江川 英龍(えがわ ひでたつ)は、江戸時代後期の幕臣で伊豆韮山代官。通称の太郎左衛門(たろうざえもん)、または号の坦庵(たんなん)の呼び名のほうでよく知られている。地元の韮山では坦庵と書いて「たんあん」と読むことが多い。洋学、とりわけ近代的な沿岸防備の手法に強い関心を抱き、日本に西洋砲術を普及させた。現在はレジャースポットとなった東京湾岸のお台場を作った人物でもあり、日本で初めてパンを焼いた人物だとも言われている。

万代酒造・江川酒坦庵・純米大吟醸

米:山田錦100%
精米歩合:50%
アルコール分:16~17度
製造:2008年5月

透明さ:非常に透明
色:殆ど透明
ボデイ:滑らか
香り:ふるーてい:西洋梨
味:口当たりがすげれている。長く残らない。フルーテイから早くから口になる。
  細かくてフルーテイ。西洋梨、アーモンド,八角、バナナ。軽い純米の特徴。
  二杯目からドライ。アーモンドが現れる。

コメント:”静岡型酒”
     飲み易い。非常に辛口。細かい特徴にもかからずアルコール分が高いため食べ物にあう鮭です。
     塩っぱい物を食べると甘口になる。
——————-

万大酒造:伊豆萬耀誉富士純米吟醸

bandai-izubanyo.jpg

先週万大酒造の酒を静岡市の伊勢丹デパートで発見して嬉しかった!本音を云えば驚きました。それは先ず万大酒造の酒を伊豆半島から離れると非常に手に入れにくい。もう一つは飲み物(得に静岡県産の物)を売る時に伊勢丹デパートが間単に言わせたら馬鹿みたい商売!先月彼らは森本酒造(菊川市)が掛川しにある酒造を発表しました。私がスタッフに瓶のラベルを見せながら間違いを丁寧に説明しましたがそのスタッフは”この酒造は合併された!”を叫んだ。。。”分かりました!来週私が又来ますからまだ間違いを直さなかったら静岡県酒造組合に伝えます!”と(冷たい声)答えました。
直してくれた。。。

それにしても万代酒造の酒を売っていただいて伊勢丹デパートに感謝します!

万大伊豆萬耀誉富士純米吟醸
米:誉富士
精米歩合:60%
日本酒度:+3
酵母:静岡No-2

透明さ:非常に透明
色:殆ど透明
香り:薄い。ちょっと甘い。葵野菜。
ボデイ:滑らか
味:細かい。純米の特徴。上品。飲み易い。葵野菜。
  後びたーちょこれーととヴァニラが現れる。

コメント:上品。細かくて中々”捕まえない”。
     テーステイング会に面白い酒になる。
     クリスマスにフワーグラ(foie gras)戸一緒に飲みました。凄くよいコンビになりました!
     後でチョコレートを食べながら飲みました。非常に辛口になりました。とても興味深い!

———————

万大酒造:あらばしり

bandai5.jpg

伊豆半島修繕時にある万大酒造はおそらく静岡県の一番伝統と古い(創立は1497年だと云われる)です。
遠い位置しているため静岡市では中々手に入れにくい地酒です。だから二週間前に打ちの鬼(妻)と一緒に修繕時を訪れた時にちゃんと買った!

あらばしり辛口
普通酒/清酒
米:静岡自米
精米歩合:70%
酵母:協会No5

透明さ:非常に透明
色:金色
香り:フルーテイ。捕まえにくい。
味:始めは柔らかい。フルーテイ:アーモンド。美味しい酸味は口の中に残っている。
  何か食べると変化する:ビターチョコレートが現れる。

コメント:普通酒なのに驚くべき飲みやすくって滑らか。
     辛口が発表されてにもかかわらず口に柔らかい。
     温ま出飲むと酸味と一緒にアーモンドが現れる。もっと滑らかにって最後にビターチョコレートがあらわれる。
     やっぱり静岡県産普通酒を見逃がして派だめだね!
———————-

万大酒造:黒米四台仕込み清酒

bandai4-1.jpg

ずっと前から黒米酒を味わかった。遂に修繕時を訪れた時にそこにらう万大酒造の黒米を手に入れた!

黒米四台仕込み清酒
米:黒米
アルコール分:15~16度
清酒ー普通酒

透明さ:非常に透明
色:柿色
香り:軽い。米。ウイスキー。モルト
ボデイ:飲み安い
味:鋭くて泡感。辛口。軽い焼酎かウイスキーっぽい。モルトの味。保し柿
  段々読みやすくなります。

コメント:とても辛口の酒。男っぽい酒。
     おそらく”燗”で飲めば良い。油っぽい食べ物と旨い。そのとき口の中にちょっと甘くなる。

——————-
朴念仁

bokunenjin3.jpg

蕎麦愛好者である家の鬼(妻)は昔から修繕時の朴念仁の蕎麦を味わいたかった。
静岡市からちょっと遠いけれど修繕時は面白いところですから良いたびになりますね。

bokunenjin5.jpg bokunenjin1.jpg
朴念仁派伝統日本の家の中にあります。全部の席は畳の上の座席です。硬い体の外国人の私はちょっと大変だけど楽しい。
bokunenjin2.jpg
どうしてか蕎麦屋に入るとすぐに卵焼きと蕎麦ミソ焼きを食べたい。鬼は”今日卵焼きにして!”と言われたから蕎麦ミソ焼きは次に修繕時へ一人で集材する時行く。。。(笑い)。独特の造り方で美味しかった。
bokunenjin3.jpg bokunenjin4.jpg
鬼は鴨の(暖かい)蕎麦、私はおろし蕎麦を注文した。朴念仁の蕎麦は皆10割上品の味。値段はちょっと高いけれどまあ観光地だから仕方がない。
欠かせない地酒はひとつを提供しますから(磯自慢本醸造)文句なし!

朴念仁
静岡県伊豆市修繕時3451-40
Tel.: 0558-730073
営業時間:10:30~16:00
定休日:水曜日
—————-

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

静岡県にはどの位良い物あるか知っていますか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。