静岡グルメ。ガイド:裾野市

地酒:すその

この酒もを9月14日浜松市で友達と味わった。
純米絞りたてですけれどもちょっと変わっているものです。
実際は裾野市には酒造がないため裾野市もののふの里銘酒会が浜松市の花の舞酒造に裾野市の周辺で栽培されている米と富士山の水を使用して頼みました。

原材料名:静岡県産五百万石
精米歩合:55%
日本酒度:+5.0
瓶詰:18年11月2日

透明さ:とても透明
色:殆ど透明
香り:フルーテイ;バナナ;西洋梅(プラム)
ボデイ:飲み易い;滑らか
味:細かいけれども軽い;フルーテイ;バナナ;美味しい酸味;二杯目にビターチョコレートが現れる。

————————–
もののふの里純米吟譲

mononofu-1.jpg

明日はフランスの実家に9月7日まで参りますから今夏の最後の記事です。
特別のお意味の記事です:
この15年間活躍している裾野市もののふの里銘酒会が芝川町にある富士錦酒造と手を組んで裾野市の米と富士山の湧き水しか使わないで作った酒です!

名前:裾野の名手、もののふの里
発売元:裾野市さけ高青年会
製造もと:富士錦酒造株式会社

アルコール分:15度以上16度以未満
原材料名:米。米麹
仕込み水:富士山の湧き水
醸造方法:和釜蒸し。床麹速譲もと。低温長期型
日本酒度:+4
酸度:1.4

透明さ:とても透明
色:薄い金色
香り:軽くって上品的/アーモンド、プラム
ボデイ:軽くって滑らか
味:典型的の純米の感じ/アーモンド、ピラム、ビターチョコレート
  滑らかで飲みやすい

コメント:酸味は殆どありません。柔らかい、ほとんど甘口。
     そのまま飲めば最適。女性の方は説特に好むだろう!

————————–
富士山すその三七七六茶焼酎

3776-shochu.jpg

2007年7月14日に裾野市と沼津市に新しい焼酎が発売された!
15年間活動してくれた裾野市もののふの里銘酒会のお陰でした!
裾野市とその周辺には酒造がないため芝川町にある富士錦酒造と手を組んで裾野市とその周辺の米や茶葉と富士山の湧き水しか使用しないで本物の茶焼酎を誕生させてくれました。
実際は二回目のテーステイングです。
火曜日に三島屋酒店で他の二つの「茶焼酎」と比べブラインド。テースチングしました。3776はまったく違って本当の茶味を出したわけでした。

原材料名:米。米麹。茶葉(裾野市産)
蒸留方式:単式蒸方式(乙類)
仕込み水:富士山湧水

透明さ:とても透明
色:完全に透明で綺麗
香り:鋭い緑茶と緑野菜の香り
ボデイ:軽くって非常に飲み易い
味:はっきりする緑茶葉の味。口の中に広げると易しくなります。又ちょっと時間が立つと緑茶葉のあじ強く現れる。
  なにか食べると甘くになります。

コメント:発見!
     どうしてか大抵の焼酎は本特徴は弱すぎる。他の「茶焼酎」とまったく違います。
     「静岡割」が好きな人々はそれを止めて3776を飲めば良い私はと強く感じます。
     まだ限定品だけれども早めに沢山を作ったほうが良いね!

裾野市か沼津市に行けない方は江森様と連絡して下さい:

三島屋酒店
410-1118静岡県裾野市佐野1489-3
Tel.:055-9931553
Fax:055-9931554
Homepage

——————
裾野市の地酒!-裾野市もののふの里銘酒会

mishimaya1.jpg

2007年8月14日に裾野市は本当に暑かった!駅から三島屋酒店歩いて10分鹿かからないけれども時間余裕がありましたからゆっくり散歩しながらその街を見回った。静岡市と比べば小さいがやっぱり田舎の良い所が沢山あります。ビックリしたのは街にあちこち流れる水は非常に透明であり綺麗だ!どうしてこの地方には沢山の酒造がないかしら?後で説明を聞いた:もともと農産物の地域で戦前から醤油の生産地です。残念かな?
mishimaya2.jpg
近くにある小さい公園から遂に離れて三島屋酒店に着いた。忙しいそうだった。江森甲二会長はそこでお兄さん妹サンたちとその家族は酒店と別館を皆で支配する。それでも笑顔で歓迎していただきました。もうすぐに仲間のように話を始まりました!
裾野市もののふの里銘酒会は平成4年4月創立してこの15年間驚くべき行動を起こした。
静岡県産地酒をもっと知らせるたねに富士錦酒造(芝川町)と花の舞酒造(浜松市)を説得して
mononofu-1.jpg
もののふの里(平成8年10月一日)を発売し
susono-1.jpg
すその(平成9年11月23日)誕生させた!
その二種類の酒は純米や絞りたて等存在して裾野市の周辺の水とその地域で栽培されている五百万石米でつくられている!
ちゃんと手に入れたからいずれもテーステイングの結果をだします!
それ以外イチゴワインと桜ワインの誕生も助けた。
3776-shochu-1.jpg
遂に2007年7月14日に富士錦酒造と一緒に「富士山すその三七七六個目と茶焼酎を考えて出した!
又裾野市の周辺の水や米と茶で作られている!
江森様は私の判断を聞きたかったから三つの茶焼酎をblind tastingーブラインドーテーステイングの方法で味させた。
ちょっと怖かった(笑)。幸いどちらか本当の茶の味したかはっきりわかりました!(ホットした!)
遂に品物の静岡産の茶焼酎ができて本当に嬉しかった!
それも手に入れたからいずれも細かいテーステイングの結果をだします!

今度江森様と彼の仲間さんたちと一緒に裾野市内の居酒屋で飲みたいなーーーー

裾野市か沼津市に行けない方は江森様と連絡して下さい:

三島屋酒店
410-1118静岡県裾野市佐野1489-3
Tel.:055-9931553
Fax:055-9931554
Homepage

————————
新しい焼酎が出来た!:富士山すその3776

3776.jpg

2007年七月14日(私の国であるフランス国日!)裾野市もののふの里酒会が芝川まちにある富士錦酒造に新しい焼酎
作っもらった!
その焼酎の名は”富士山すその三七七六”です。地元の茶と米で作られている。
価格/720ml→1,260円(税込み)、1.8L →2,625円(税込み)。
もっと詳しい:三島屋酒店のHomepage

英語を読めれば次のブログを是非ご覧になって下い!
Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

静岡県にはどの位良い物あるか知っていますか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。