美食の旅:北海道

1)知床半島と斜里町

毎年、で切れば八月下旬と9月上旬の間静岡県から離れて美食の旅ヲする企画が有る。昨年フランスにある自分の故郷、ブルゴニュでワインを飲んだり自家の食事を楽しめました。
しかし今回燃料が世界中高くなったため外国のたびをあきらめて北海道へ行きました!

羽田空港唐出発して女満別空港に降りまして、ゆっくり観光地を訪れながら(友達が運転してくれた)レンタルカーで網走市まで走ってホテルで泊まった。

次の火網走市からフェリーで3時間をかけて知床半島の先端まで移動した。船がいっぱいだったが外国人が少なかった。やっぱり凄いところですね。日本ではこんな自然が殆ど残りませんね!
正直に言わせば富士山を登るよりも良い!(まだ登っていません。。。)

そこには日本の一番美味しい海の鮭が釣られているそうです。実際地元の水夫が撮ったばかり鮭をフェリーにおろした。びっくりしました!やっぱりその地方であたら区人たちは皆が同じ組合に関係があるね。それだけで網走市のマーケットやレストランで食べる魚は一番新鮮だと解る!

一休屋


網走に戻るとやっぱりお腹が空いた。うとろの観光地を訪れながら斜里町(読めますか?北海道の地名を読むのは本当に難しい!)に有る一休屋という居酒屋を探しました。妻の計画だった。彼女は早めに故郷の料理を味じわいたかったからね。

妻は”親子丼”を注文した。静岡県では鶏と卵ですけれども北海道では鮭刺身とイクラです。
突然テーブルの周辺が音なしくなりました。。。美味しかっただろう!

我々の二人の友達が(一人はずっと運転してくれてありがたかった)うに丼

と雲丹イクラ丼ヲ注文した。贅沢!しかしいい値段で新鮮さが完璧!静岡市でいくら払わなければならないかな!
三人ともに幸せそうだった。

その日雨が振ってちょっと冷えたため暖かい料理を選んだ:エビフライ定食。車海老はデカイ。。。
妻が自分の贅沢雲丹とイクラを食べながらその海老を見たみたい。。。
とりあえず旅の続きは安心しました!

一休屋
北海道県斜里町ウトロ東13(ウトロ温泉バスターミナルから歩いて2分)
Tel.: 0152-242557
営業時間:11:00~18:00 (忙しい時に午後休憩する場合がある。早めに来てね!)
——————————-
網走市

知床半島のたび後網走市野下町からのんびり周辺の森の中に運転して”北の暖暖”というオーベルジュ/Auberge(フランス語で宿屋)に着いた。

白樺とモミの木(その森の中に茸がるって!)で囲まれて近くにある湖の景色ヲ窓から見える丘の上に2年前に立たれた伝統的の日本の家です。
中にはアンテイークや民芸品の博物館みたい。

寝室は伝統と最新の設備の面白いコンビ。その家を訪問するのは十分楽しい。夜のt期に朝までお腹が空いている脚のためにラウンジで食べ物が置いてある!

それぞれの寝室にはお風呂がありますが締め切りの温泉風呂を使用することができるし素晴らしい露天風呂も自由に使えます!これだけで満足。
しかし、。。。
どうして”Auberge”斗呼ばれているかしら?
単純な理由:夕食と朝食と共にできるだけ地元の材料を使用してフランス風料理を提供します。
フランス。ワインモある!

勿論2食を予約しました(外に何もない!)。だから夕食を期待した!

食前酒として北海道産地酒を選んだ:大雪の蔵本醸造と北の勝普通酒。

ワインリストから新鮮なフランスのKuentz Riesling 2005、Bas Alsace(アルザス地方)ヲ選んだ.
遂に美食を始まりました:

青ソイと水蛸の洗い、おつくり風。野菜は隣の庭で育てた!

毛蟹の冷製カッペリーニ。マアフランス風よりもイタリア風ですけれど美味しい!それに毛蟹の足がでかい!

太平の生ハム巻き。又イタリア風かもしれない。でもとても美味しいですから許します!笑い。

焼茄子とマスの大和蒸し。やっぱり日本料理です!

帆立のポワレ。自分だけがクリームと裏ごされた海草がソースに含まれたと解った!

当たり前かもしれないがワインが早く消えたため次は赤を注文した:Paul Jaboulet社のCote du Rhone, 2006, Parallele 45 . 肉名dに丁度いい!

斜里町、田村さんが育てた山麓豚のロテイ。野菜の上に寿司みたい!口の中で肉が解ける。。。

カスペホッペもろみ焼き。カスペは北海道産の魚です。発見!

ご飯・香の物。汁物。又日本の料理!普段蕎麦の上に鰊にあまり興味がないけれど美味しかった!

本日のデザートは本当に珍品!
野生山葵のシェルベットとインゲンを含むクレーム・ブルレ!
後は勿論コーヒーなど頂いた。お腹がいっぱい大満足!

北の暖暖
093-0045北海道網走市大曲39-17(網走駅から車で3分)
Tel.: 0152-45-5963
Fax: 0152-45-5995
カードOK
—————————-
3)札幌市

網走市で素晴らしい温泉で止まった後のひ稚内まで車で走って利尻島までフェリーで行きました。底二日間過ごしたけれどもあいにく雨がずっと降ってしまった。とても残念でした。良い天気で訪れば素晴らしいところです。
次の日又フェリーに乗って稚内市から電車で札幌市まで行きました。外の風景はいつも変わって楽しい買った。

札幌市に着いたのは晩だったからホテルで着替えてすぐに予約した居酒屋へ。
”開”は日本風の牡蠣と海の幸の居酒屋です。牡蠣だけでは32の料理方法柄う!
やっぱり選択に悩んだ。だって4人でも全部を試すのは無理。。。

とりあえず食べた順番で述べてみます:

ーこの記事の上の写真を参照して下さい:牡蠣のおとし。冷たい料理で大根下ろしとポンズと一緒に出されている。

ーステーキ牡蠣。鉄板の上に茸と野菜と一緒に炒められた。

ーフライ牡蠣:とても新鮮で温かくて美味しかった。

ー塩焼きやまめ。この店のオーナが連れたものです!全部(頭と尻尾)ヲ食べられる!

ーエスカルゴ風。面白かった!

ー牡蠣春巻き。地酒とぴったり!

ー牡蠣だけでなくかものような美味しい肉がある!

だけれど美味しかった!

ーキムチ炒め。やっぱり韓国は近いですね!

-Some sushi rolls to satisfy our need for carbohydrates! LOL,

ー牡蠣天婦羅。初めて食べた。様相外美味しかった!

ーお蕎麦。この店そばでも有名ですから注文した。美味しかった。

”開く”のスタッフはとても親切でいつも笑顔ですから嬉しい。普段こんな大き名店で葉ちょっと荒っぽいですからね。
後は飲み物のメニューも立派だった:フランスワインと北海道地酒まで提供してくれた。

小さい団体で訪れば理想的な店かもしれない!

開く

060-0061札幌市中区第一条西5丁目17-2プレジデント松井ビル100-1202
Tel.: 011-272-6866
Fax: (011)272-6895
予約用電話:(011)241-6165
営業時間:17:00~23:00
定休日:日、祭日
かーどOK
Homepage
HOMEPAGE
——————————
小樽市

札幌で食べた牡蠣の山にもかからず次の日小樽市の三角市場を訪問しました小樽JR駅から出て左に有る要って一分しかかからない。小さいかもしr内が欠かせない見所です!そこで日本中で食べている海の幸をはあ県することができます!

樽市の三角市場


各屋台の間にゆっくり歩いて海と土の幸を見て!

北海道は魚などでなく野菜、特にトマトと野生茸で有名です!

生魚か干物がいっぱい。善意本に遅れるから役に立つ!

ラシャ人の客も蟹を買うんだ!

海と川の王:鮭!

小樽市の珍味:八角。生でも煮物でも干物でも美味しい!

比較的早くついたから1回でも魚を忘れてちょっと肉を食べにしました。
勿論北海道は牛肉とラムで有名ですけれど鶏肉も優れているからチキンを食べました。

ニューなると


ニューなるとは非常に小さい店です。20人まで座れない。
いつも込んでますから早く来るか待つしかないが込んでる時には肉が無くなるため突然営業を休むことがよくある!

とにかく値段は非常に良くてサイズは本当にでかい!(ラシャ人の責かな?)。たとえば半チキン、
The prices are simply ridiculous low by any standards. The portions are Gargantuan (thanks to the Russian tourists?) like the above half chicken.

又はフライチキン。四人だったから二個ずつ斗生ビールをたのんだ。チキンが多すぎたため食べ切れなかった。残っては持ったないから自分の注文を待っていた隣野若者にあげた!

ニューなると
小樽市花園1丁目10-10
Tel.: 0134-328003

もう必見の店がある
小樽市色内1丁目1
Tel.: 0134-241233

おたる政寿司

北海道で最後の夜だったからやっぱりもう1回地元の魚ヲ食べ二生きました。
”寿司道理”では良い値段の寿司臥ある:おたる政寿司

魚は十分美味しいし小樽地酒も出している!小樽市の田中酒造の鬼ころしは寿司にぴったり!

何を注文するか悩んだら”盛り合わせ”を頼んで:
最初に出るのは烏賊そうめん。醤油と生気味卵と雲丹を一緒に混ぜてつけてみて!

次は握りのセットです。我慢できなかったから後で北雲丹軍艦を撮らなかった。最後に味噌知ると漬物。

おたる政寿司
小樽市花園1-1-1(寿司道理)
Tel.: 0134-220011
Fax: 0134-22-8118
定休日:水曜日
カードOK
HOMEPAGE

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

静岡県にはどの位良い物あるか知っていますか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。