美食の旅:フランス

Saint-Martin du Mont/サン・マルタン・デウ・モン: Restaurant L’Auberge du Moulin/オーベルジュ・デウ・ムラン

ブルゴニュ地方のブレス地域で日本人が殆ど誰も知らない美味しいし、値段が嘘みたい安いし、ゆっくり食べることできるレストランがある!それにしてもインタネットで調べないとちょっと見つけられないかもしれない。村の名前はSaint-Martin du Mont/サン・マリタン。デウ・モン。一番近い市はlouhans/ルアン。でもブレス地域は日本でモ知られている。そこでは世界一の鶏が育てる!


セット・コースを選べば15ユーロで三品、20ユーロから4品コースがあります。子供のコースは8ユーロです。


Auberge du Moulin/オーベルジュ・デウ・ムラン臥提供するワインは主にCote Chalonnaise/コート。シャロネーズです。そのワイン値段の基準すればブルゴニュ地方の一番良い値段です!土曜日のランチで凄く美味しいGivry !er Cru (私の故郷!!), La Renarde(ラ。ルナルド), Clos du Cellier aux Moines(クロ・デウ・セリエ・オー・モアヌ), Rouge(赤), 2004年.
下に注文した料理にぴったり:


“Jambon persille au vin de Chablis”/パセリを含むシャブリ・ワイン・ノ・ジェリーのハム。Jean-Jacques Martineauシェフは自分でその地方の豚の”脚”ヲかって唐作る!典型的なブルゴニュ地方の料理。良く家庭で主食として食べられる。


“Terrine au poivre vert”/緑胡椒のテリーヌ。こんな大きい前菜が自分の前出される瞬間”今日食事を全部食べられるかな。。。”と考えてしまう!


“Oeufs Meurette”/茸入り赤ワインソースの中に出されるポーチュッド卵とそのガーリック・トースト。もう一つの典型的なブルゴニュ地方の料理!


“Meli-melo d’escargots et moules, sauce au Roquefort”/ロクフォール・チーズソース付けエスカーゴとムール貝。海と地産のコンビ!


“Rognons de veau”/仔牛の腎臓。日本人に苦手かもしれないコニャックと生クリームで焼いて美味しい!


“Cuisses de Grenouilles”/蛙の足。マア日本人の方が良く知っているね。。。ブルゴニュ地方でよく食べる。手で食べてね!


“Cassolette de Saint-Jacques au Noilly Prat”/ノアイイ・クリーム・ソースの帆立貝。海老ではない!ザリガニです!絶対日本人に食べて欲しい!


“Salade bessane”/ブレス風サラダ。その地域の典型的な一品:生野菜、ベーコン、ポーチュッド卵、鶏の肝臓とガーリック・トースト。家で食べれば十分の食事になるね。


“Nous v’la Bien-Quasi de porc mitonne avec un duo de champignons bolets at cepes dans un veloute de cidre legerement creme, accompagne de pommes de terre vapeur”/シドルとクリームで煮た骨付き豚肉(茸入り)。ステイームド・ジャガイモと一緒に出される。
この一品は凄く古いやり方で調理された”Cocottes bressanes”/ブレス地域鍋。


“Dix sept a point-Jambon de porc fume par nos soins et cuit dans du vin de la cote chalonnaise avec lardons et champignons, accompagne de pommes de terre vapeur”/自家製Cote ちゃぉんあいせ/コート¥シャロネーズワインで煮たスモーク・ハム(ベーコンと茸入り)。ステイームド・ジャガイモと一緒に出される。


“Travers de porc laque/豚の”spare ribs”。男の料理?


遂にデザート!”Profiteroles au chocolat”ショコラ。プロフィテロル。


とでもない大きい”Creme brulee flambee”クレム・ブルレ・フランベ。!


“Baba au rhum”ババ・オー・ラム。私が注文酢田デザート!お腹がいっぱいで中々歩けなくなった!

L’Auberge du Moulin/オーベルジュ・デウ・ムラン
71580, SAINT MARTIN DU MONT, France
TEL 0385740233
——————————
CHalon Sur Saone/シャロン・スール・ソーンヌ: Restaurant L’Essentiel/レサンシェル


(Cote Chalonnaise Vineyard/Givry/コート・シャロネーズ葡萄畑/ジブリ市・自家の裏に有る)

フランスのブルゴニュ地方にあるChalon sur Saone市/シャロン・スール・ソーンヌ市の名前は実際10キロ以上離れている葡萄のアリアの名前になりました:銘柄は主にジブリ、メルキュレ、ブザロン、ルイイ、モンタニイ等。同じ値段でもっと有名のブルゴニュ銘柄よりも美味しいが事実。しかしどうしてかシャロン・スール・ソーンヌ市という名前は美食の世界10年前まで中々表示されなかった。凄く残念だと思った。だってブルゴニュ地方のど真ん中一意するからどんな美味しい材料をすぐに手に入れることができました。そこで突然変わりました。


その理由はサン・ロラン島だった。非常に広いソーンウ川野真ん中にある同名の橋を通て簡単に歩いてもいける。

その島の主な道Rue de Strasbourg/ルー・ヅ・ストラスブルが込んでいる中心から離れて静かですから20件以上の色々な専門のレストランが立たれた。
私が大好きその店の一件はL’Essentiel/レサンシェルです。名前の意味は”欠かせない物/必要物だけ”とおりブルゴニュ地方の伝統料理を出しています。皿が本当にいっぱいにもかからず値段は凄くいい。
この前言った時に(フランスの)家族と一緒に行った。そのお陰で数枚の写真を取れました。親方の奥さんとスタッフはいつも笑顔で優しく説明してくれて我侭な客さんを満足する気をみせた。
何とか取れた写真は次ように:

Loup de Mer sur un lit de pommes et de poires/るんごと施用梨の上の鱸。

Sandre avec sa couverture de pommes de terre/焼きジャガイモ付けSandre/サンドル魚。

私が注文したRis de Veau/仔牛のリー(りんせん)。凄く大きくて外面はカリカリ中はyわらかくてジューシー!

Tournedos de Boeuf et Tomates cuites au Four/牛肉のヒレとオブン焼きトマトとクスクス。写真はちょっと下手!実際は肉はその倍の大きさ!

Canard roti avec son Coeur et Foie/鴨ロスと都その心臓と肝臓

Escargots avec echalottes et ail confis/エスカルゴとオンフイ。エシャロットと大蒜

ごめんなさいね。後は写真を撮るj巻は中々なかった!まあ数回行かないと全部を味わう葉無理だから。。。
でも行ったら絶対デザートを試して!ワインリストを勿論ゆっくり参照してね!

ところでシャロン・スール・ソーンヌ市は2500年の歴史を除いて一つの発明で有名。解るかな!
底で世界の最初の写真とカメラができました!
href=”http://www.museeniepce.com/”>Musee Nicephore Niepce/ニセフォール・ニエプスの中で見えるから是非訪問してください!

L’Essentiel/レサンシェル
14, Rue Strasbourg
71100 Chalon sur Saône, France、フランス
Tel: (33)(0)3 85 42 95 75‎

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

静岡県にはどの位良い物あるか知っていますか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。