簡単なレシピ

冷海の幸パスタ・サラダ

先週金曜日いつものように外食すると違って土曜日に突然”忙しくなりました”ので家に買えて妻のた夕ご飯を作った。
妻がパスタを”注文”したから暑い季節に合わせて冷海の幸パスタ・サラダを用意した:

材料(2人分):
パスタ:spaghetti。”適当”
生帆立貝:4個、それぞれを”3枚”で切って
通再トマト(アメエラ。ギビンズ):6個(半分で切って)
アボカド:1個、”12枚”で切って
スモークサーモン:8枚(ちょっと厚い方がよい)
レモン汁(サーモンのため1個分)
ケーパ:適当
ベビーリーフ:1袋
ボイルド蟹:適当(缶詰めのものだったら水をよく斬って)

ドレシング:
ハーブ:(生)バジル、イタリアン。パーせり、ヂル(みじん切り):適当
バジルマスタード:大匙いっぱい(山盛り)なかったら辛くないマスタードを使って上のバジル分を増やして。
白いワイン酢(できればタラゴンハーブのもの):大匙一杯
くるみオイル(普通のオイルかオリーブオイルでも宜しいけれども味がたりないかもしれない)
黒+グリーンオリーブ(薄く切って):適当
塩、白胡椒、スパイス(辛くない):適当

作り方:
塩水を温めて。
その間ドレシングを用意して:
大きい容器の中にマスタード、酢、塩や胡椒とスパイス(始めに少しだけ。後で味を整えば宜しい)。よく混ぜて。
少しのオイルを流して滑らかになるまでに混ぜて。使いたい量になるまでに何回同じやり方を繰り返して。みじん切りハーブを加えて混ぜて。必要なら味を整えて。
パスタができてすぐに水を斬って冷たい水で冷やして又水をよく斬って。
大きい容器の泣きいれてどれ新gの半分とオリーブを加えて混ぜる。

二つ広い皿の真ん中に”山”の形でパスタを置いて。アボカドのスライスを軽くドレシングでぬってパスタの周りに置いて(祖するとパスタが”広がない”。指を使えば簡単!)。
帆立も軽くドレシングでぬって回りにおいてその上にトマトで飾って。
ベビーリーフとドレシングを混ぜてパスタの上に置いててっぺんに残りドレシングと混ぜられたかに置いて。
サーモンをレモン汁で塗って写真のように揃ってケーパで飾って。
お召し上がって!

注意:食べるすぐ前に造って下さい。野菜、特に葉っぱは長くドレシングと置いてしまうと美味しくない!
————————–
コンフィ鴨ニョッキ

gnocchi.jpg

久しぶりにインターネットの陰で妻のために料理ができました!
大阪でとても便利Dining Plus Comと名前のサイトがあります。フランスやイタリアやベルギーなどから色々な惣菜を輸入してくれる。質が高いし値段は安いサービスがとても早い!

材料:(2~4人)
dining-plus-confit.jpg
(Dining Plus Com)
キュイス ド カナール コンフィ : 1
dining-plus-gnocchi.jpg
(Dining Plus Com)
ポテトニョッキ : 200g
ベーコン:薄い切れx2枚(又1cmで切手くさい)
好きの様な茸:”自分の手がいっぱい”位(冷凍茸も宜しい。汁がたっぷり出る!残り物を旨く使用するからね)必要したら適当に切ってください。
大蒜:一粒(みじん切り)
マデーらワイン(ポートワインでも):50cc
生クリーム:200cc
サワークリーム:1x大匙
ハーブ:パセリ、ジル、スイートバジル(勿論自分の好みにして!)x(みじん切り)2大匙
塩、胡椒、ナッツメッグ、タイム、ロレル(皆粉状態)。塩があまり必要ないと忘れないで下さい(肉の中に含まれている)

造り方
ー(1リトル)塩水を沸騰するまで暖めて。
ーテフロンパンを暖めてその中にキュイス ド カナール コンフィ(皮は下向け)を置いてグラス製蓋で閉めて。火を小さくして皮がカリカリになるまでに調理して(肉が既に調理してあることを忘れないで)。
火を切ってキュイス ド カナール コンフィを出して。パンの中に残っている脂絶対捨てないで(後で使うから)。暖かいうちに肉を骨から外してできるだけ薄くばらばらにして(後ソースに混ぜるから)。骨にまだ付いている脂を捨てて。別の容器で置いて。
ーキュイス ド カナール コンフィ乃脂で大蒜を炒めて大蒜が茶色になったら大蒜を捨てて。
ー大蒜油でカリカリになるまで荷ベーコンを炒めて。ベーコンを綺麗に脂から出してキュイス ド カナール コンフィの容器において。
ー同じパンの下の火を中間まで下がって茸を炒めて。できてから綺麗に出してキュイス ド カナール コンフィの容器において。
火をちょっと強くしてマデーラワインを入れて木製スプーンで残っている汁と欲混ぜて生クリームとサワークリームを入れてよく混ぜて。
その間冷凍ニョッキを沸騰している水に入れてニョッキが水面に上がってから1~2分調理して。
ーソースに塩やスパイスを加えてよく混ぜて。キュイス ド カナール コンフィ屋ベーコンと茸を加えて。
ーニョッキができて出して水を切って(ちょっと水が残しても問題がありません。ソースに役に立つ。ソースがあまり濃い状態だったらお湯を加えて)パンに入れてソースと混ぜて。
ー大きい皿に出してその上にみじん切りハーブを撒いて。

ヒント:パンを絶対途中で洗わないで!パルメザンチーズを区亜ウェ手は宜しいがちょっと重くなるかもしれないから気をつけて。

————————–
野菜と海の幸のグラタン

seafood-gratin1.jpg

グラタンはそんなに難しい料理ではありません。どうしてレストランがそれよく提供すると思いますか?造りやすくて儲かる。特にちょっと贅沢な”飾り”を付けると良い商売になるんだね。。。勿論家で造られたものよりも格好が良いからその分を払うんだ!
自分で作る気があれば鍵は材料や道具を先に準備することです:全部を手が届く場所に置いてね。
今回のレシピには十分好きな変更ができるし海の幸を抜ければ菜食主義者も喜べます!

材料:
・ジャガイモ:”ミデイアム。サイズ”2個。食べられるサイズで切って。
・カリフラワー:ジャガイモと同じ位。食べられるサイズで切って。
・ムール貝:12~24個
・牡蠣:12個(殻を使えないね。。。)
・蟹:中サイズの一匹の湯で毛蟹。肉を全部出して(殻を使えないね。。。)置いて、”ミソ”を別の皿で置いて。なかったら缶詰めのものを使って。皿で置く前によく絞って。汁をホワイトサースで使えます。
・大きいエシャロット(ベルギー産)1個、みじん切り。なかったら赤玉ねぎか甘い玉ねぎでもよろしい。
・大蒜:粒2個。みじん切り。
・バジル(スイートバジル):葉っぱ12枚。薄切り。
・Noilly PratかDry Vermouthか甘口城ワイン50cc
・オリーブオイル
・塩、胡椒

ーホワイトサース:
牛乳:300cc
バター:50g
小麦粉:60g(大匙x2)。ホワイトソースの濃さか薄さを変更するために増やすか減らすか自由に決めて下さい!
塩、胡椒,ナットメッグ、ロレル。適当。
カレーペースト:大匙x1.辛いの方が好きだったら増やして。
糸きりピザチーズ:好きのように

造り方

1)先に”80%”までジャガイモとカりフラワーをゆでて、水を切って皿に置いて。
2)ムール貝を蛇口の下に流れ水で洗って”糸”を抜かして。大きいテフロン。フライパンにオリーブオイル大匙2入れて暖めてみじん切りエシャロットと大蒜をエシャロットが透明になるまでに炒めて。ワインとムール貝を入れてグラス製の蓋を付けて。ムール貝が完全に開くまで待って。日を切って。一個ずつムール貝を出して中に残るソースと野菜をフライパンに残して中の肉を抜けて皿で置いて。その皿の泣き肉から”汁”が出れば捨てて下さい。
3)フライパンの下にも1回中美を付けて汁の中に柿色が変わるまでに煮て下さい。別の差皿で置いて。その皿の泣き肉から”汁”が出れば捨てて下さい。
4)フライパンにある汁を強火で50cc位がんこるまでに煮てグラスの中に裏ごして置いて。後でホワイトソースで使う。
5)フライパンをキチンペーパで拭いて(水で絶対洗わないで!)。ちょっとバターを入れて。中火に付けて最初にカリフラワー、次にジャガイモを少しの塩と胡椒を加えて二、三分間炒めて別の皿で置いて。そするとグラタンの味が”吸い込でくれる”。
6)オーブンを180度に予熱。
7)同じフライパンでバター(50g)を入れて溶かして。完全に溶かしてから小麦粉を加えて滑らかになるまでに混ぜて。海の幸の汁を加えてなんらかになるまでに混ぜて。牛乳を半分ずつ入れて混ぜて。濃くなるまでにずっとゆっくり混ぜて。火を切って。
カレーペースト蟹ミソを入れて混ぜて。塩、胡椒、ナットメッグとロレルを加えて味を調べて。最後に蟹の肉とバジルを加えて混ぜる。
広い浅いグラス製オーブン用皿でジャガイモ、カリフラワー、ムール貝と牡蠣(後の喧嘩を避けるため。。。)”合理的に”置いてその上にホワイトソースを流して伸ばして糸チーズを上に撒いて。オーブンの中において30分間ほどやいて(又は狐色になるまでに)。

seafood-gratin2.jpg
すぐに出して御召し上がって。勿論個人の皿で焼いても宜しいがやっぱり大きいスプーンで切って出すと美味しそう打楼。
写真はちょっと下手で御許してくださいね!

小さい秘密:全部を同じテフロンフライパンで料理して。途中で水でzっ対洗わないで。必要なら拭いて。祖すると味のコツになる!
——————–
自家製丼

丼を上手に作ってくれる妻が居るとおそらく寿司屋へ行くのは無駄だと言われるけれども妻は寿司屋へ行かないと造れないだろうね。

とにかく今日の昼ご飯は丼だった!
出来立てご飯の上に赤身の薄い刺身、湯で白子と飛子(+ヒジキ)、アボカドサラダ(アボカド+マヨネーズ+山葵着け)。
その上に軽く山葵ドレシング(静岡市産)を撒いた。

シンプルで美味しい!
——————-

Coq au Vin/赤ワイン煮鶏肉

coqauvin.jpg

年の中に今は一番たくさん土産か御歳暮の贈り物を頂く時ですね。。。
その切欠で全部飲めないわいんはよく残ってどうすればよいかと思っている方が大勢いるだろう(笑い)。ご心配しないで!ワインをたっぷり使って私の故郷(フランスのブルゴニュ地方)の簡単レシピを教えさせていたきます!

Coq au Vin/赤ワイン煮鶏肉

材料(6人):
適当に切られた鶏(骨付きは一番美味しい!):2kg
バター:40g
ラード(豚の白い油):100g
玉ねぎ:1個(適当に切って)
エシャロット:2個(適当に切って)
人参:1本(小さい)(適当に切って)
大蒜:粒x3(適当に切って)
小麦粉:40g(大匙山のようにいっぱい)
ブランデイ(コニャック、ウイスキーでも良い):50cc
トマト。プーレ(トマトの濃いソース、そのまま乃味):大匙x1
赤ワイン(強いの方が美味しい):異本ー750cc
ベーコン:125g
マッシュルーム:250g
ブーケ。ガーニ(新鮮なタイム+パーせり+ロレル)
塩、胡椒:適当

造り方:
不快鍋の中にバターとラードをとかして鶏肉を薄い狐色になるまでに炒めて。玉ねぎ、シャロット、人参と大蒜を加えて。その上に小麦粉を撒いてよく混ぜて。ぶらんでいを加えて強い日の上にフランベにして。ワイン、トマト。プーレと水(大体100cc)を加えて。塩、胡椒とブーケ。ガーニを加えて。蓋をつけて小さい火の上に一時間半~2時間(鶏は硬いか柔らかいかによる)煮て下さい。
ベーコンを適当に切って冷たい水(小さい鍋の中で)に入れて暖めて数秒間沸騰して水を切って横において。マッシュルームの茎の黒い部分を切って綺麗にして適当に切って。小さいふらいぱんでベーコン数分間炒めて。マッシュルームを加えて強い火5~8分間炒めて。それを皿の上に置いて冷めないように保存してください。
鍋から鶏を取り出して。ベーコンとマッシュルームの上に置いて。残っているソースを裏ごして(ソースを濃くするために鶏の肝臓をつぶして入れて混ぜて)。ソースを鶏の上に流して。上に微塵きられたパーせりを撒いてボイルドジャガイモで飾って。

———————
林檎のスフレ

Apple Souffle
applesouffle.jpg

まだまだ林檎の季節でちょっと寒くなりましたので簡単にできる暖かいデザートを初回させていただきます:

林檎のスフレ

材料 (4人部):
林檎(緑皮のタイプは最適)1kg
卵:6個
バター:50g
グラヌレ砂糖:100g
すぽんじ。けーき(またはショート。ケーキと同じ量)5本
カルヴァドス(フランス製林檎酒):100cc

作り方:
オブンを200度予熱して。
林檎を洗ってよく噴いて。
茎を取って四分で切ってそのまま蓋で閉められたパンで一時間の間じっくり煮て。
林檎を全部裏ごししてからフライパンで水を完全に取るために5分間小さい火の上に炒めて。
火を切って卵の六個の黄身を入れて混ぜて。
卵の白身を泡立たせてさめた林檎と注意しながらスパツラで折りたたんで。
スポンジ。ビスケットを切ってカルヴァドスを染み込ませる。
スフレ用容器の中側をバターで縫って半分の林檎を入れて、スポンジ。ビスケットをその上において最後に残る林檎を入れて。
15分間200度で焼いて、できてからすぐに食べて下さい!
——————
ブルーチーズ。ポテート。グラタン

roquefortpotato.jpg

冬になると暖かくって力を与える食事を食べたくなりますね!
ここで簡単で安い(フランス)の地元の料理を紹介させていただきます!

ブルーチーズ。ポテート。グラタン

材料 (3~4人):
ジャガイモ:5個(中か大)
バター:50g
小麦粉:30g
牛乳:100cc
サワークリーム:100g
ブルーチーズ(ロクフォル。ゴルゴンゾーラ等):40g
大蒜:粒x2(みじん切り)
バジル:数枚(みじん切り)
イタリアン。パセリ:2本(みじん切り)
塩、胡椒、ナッツメッグ

作り方:
ジャガイモ乃皮を剥いて洗って15分間塩を入れた水で強い火のうえに茹でて。
水を切って薄く切って。
25x3cm位オブン用容器の中側をバターで塗って。
オブンを200度予熱して下さい。
小さい火の上に鍋の中にバターを溶かして大蒜とハーブを2分間ぐらい炒めて。小麦粉を加えて滑らかになるまでに混ぜて。牛乳を加えてよく混ぜて。サワークリームを加えて用句混ぜて。塩とスパイスを加えて混ぜて味を調えて。ホワイトソースが十分濃くなってから火を切って滑らかになるまでにチーズを少しずつ入れて混ぜて下さい。

オブン用容器の中にジャガイモを一層を置いて、その上に少々の塩、胡椒とナッツメッグをまいて。ジャガイモを全部使うまでに繰り返して。
その上にソースを流して25分間焼いて。すぐに出して。ビールと一緒に飲めば美味しいね!

———————-
クリーム。ソース。キノコ

cream-mushrooms.gif

野生の物でも栽培されてるものでもまだまだキノコの季節です!
この簡単なレシピでは好きなキノコを何でも使っても良いのでお楽しみにしてください!

材料:
種類混ぜキノコ:500g(冷凍キノコの場合は先に冷蔵庫で数時間でおいて水を捨てて)
牛乳クリーム(濃いの方が良い):200cc
マデラ。ワイン(黄色ポートか甘口シェリーでも良い):50cc
エシャロット:2個(みじん切り)
大蒜:5分の一個(つぶしてからみじん切り)
パーセリ(みじん切り):50~100cc
オリヴオイルとバター:大匙、2ずつ(好みによって増やしても良い)
塩、胡椒、ナツメッグ(好みで決め手下さい)

作り方:
おりヴおいるとバターを大きいなフライパン煮いれて中火でゆっくり暖めて、シャロットと大蒜をシャロットが透明になるまでに炒めて。キノコを入れて十分な水(キノコの水)が無くなってまでに炒めて。
マデラワインを入れてよく混ぜて。牛乳クリームを入れてソースが滑らかになるまでによく混ぜて。
塩、胡椒、ナツメッグを加えてよく混ぜて。味を調べて。必要したら味を調えて。

大きいな皿の中に全部入れてパーセリを上に撒いて暖かい内に御召し上がって下さい。鶏の肉化仔牛の肉と一緒に食べれば最適!濃い白いワインか酒と一緒に野で!

—————————–
オヴン焼きムール貝

stuffedmussles.jpg

このレシピは簡単で夏にビールかワインを飲みながら美味しいつまみになります!あくまで基本の造り方ですから色々なヴァリエーシオンできる!

材料(二人分)
大きいムール貝:24個
玉葱:1個
エシャロット:2個
セロリ:少々
大蒜:4分の1
生バジル:10葉
トマトプレー:100cc
オリーヴオイル
ドライ白ワイン:100cc

胡椒
ナッツメグ
パン粉

飾り分:
トマト:2個
細い胡瓜:2~3本
ドレシング

1)ムール貝を水で洗って”糸”を抜けて
2)深い鍋にワインを入れて中火で暖めて
3)ムール貝を鍋の中に入れて蓋で閉めて貝が完全に開くまでに炒めて(開けられない貝を捨てる)
4)費を止めて貝を出して中の肉を取って容器に置く
5)一番大きい貝の殻を選んで横に置いて
6)玉葱、エシャロット、セロリ、大蒜、バジル(他のハーブも宜しい)を微塵切って
7)フライパンにオリーヴオイルを適当に入れて中火で玉葱とエシャロットを透明になるまでに炒めて大蒜とセロリを加えてちょっと炒めて
8)7)を容器に入れてトマトプレー、塩、胡椒、とナッツメグを加えてよく混ぜて味を調べて必要ならスパイスを加えて。
9)一つの貝の殻に中にムール貝3個ずつ置いて8)を出来るだけ沢山9)の上に置く
10)オヴンで180度大体10分間焼いて。その間写真のようにトマトと胡瓜をきって飾って。野菜の上にドレシングを掛けて。オヴンからムール貝を出してすうに食べて!

—————————–
ズッキニー。グラタン

zucchini-gratin1.gif

先月何年ぶりにフランスの里帰りました!そのお陰で色々なレシピを紹介することができるようにしました!
今回のレシピは父アンドレ(83歳!)が教えてくれました!とても簡単です!

材料:
(2~人分)
中サイズズッキニー:2~3個
卵:3個
生クリーム:200cc
薄いパン粉
塩、胡椒、ナツメッグ(他のスパイスを加えても宜しい)

zucchini-gratin2.gif

1)ズッキニーを適当に切ってからロボット(手でも)できるだけ細かく微塵きりして少々塩と胡椒をくわえて。
大きいなフライパンに適当にバターとオイルを入れて中火に完全に柔らかくになるまでに炒めて。
火を切って大きいな容器に入れて冷めさて下さい。

2)別の容器の中に卵をよくたたいてナマクリームと混ぜてから塩、胡椒とナツメッグ又よく混ぜて。

3)2)を1)に加えてよく混ぜて。
オーヴン用容器の中面バターでよく塗ってからズッキニー。グラタン。ミクスを入れてその上に薄いパン粉をたっぷりまいて(パルメザンチーズを加えれば勿論宜しい!)。
180どオーヴンでで綺麗な狐色になるまでに焼いてください。
———————
ドラゴン。フルーツの芽の天婦羅

dragon-tempura1.jpg

昨日妻は近くのマーケットから変わってる「野菜」を持って来た:ドラゴン。フルーツの芽
”どやって食べるつもり?”と質問した。
”やっぱり天婦羅にする!”
なるほど。。。新しい野菜を味わうために一番良い方法だろう。
dragon-tempura2.jpg
最初に半分で切手妻はそれを自分の特殊のころもをかけて浅い(妻の好み)油で調整した。
dragon-tempura3.jpg dragon-tempura4.jpg
海老とゴヤの天婦羅に加えてビールと酒に最適のツマミ!
———————–
鮪のバーガー:マグバーガー

magburger.jpg
正直に言わせれば有名なジャンクフード(junk food)の店で売られてるハンバーガーがごめんだね!
普段ハンバーガーを食べたかったら家でつくります!しかし遂に美味しいバーガーをある居酒屋で発見した!
場所はまぐろ家です。バーガーはマグバーガです!
ネギトロ用鮪をハンバーガーの大きさで球を作って小麦粉や卵と唐揚げ粉を付けて揚げるわけです。
カリカリ焼いたハンバーガー用のパンに新鮮な野菜とタルタルソースを挟んで最高!
それにとても安いんだ!

まぐろ家
420-0839静岡市葵区鷹匠1-11-9 (2F)
Tel.:054-2514101
営業時間:17:30~24:00
定休日:日曜日
———–
チーズ。スフレ

cheesesouffle.jpg

友達にスフレを作って食べましょを言いますと必ず”難しい過ぎる!”と返事される。
実際はとても簡単!
だからレストランがその一品をメニュに載せる事を見ると儲かるなーと思ってしまう!

次は一番簡単な種類です:
チーズ。スフレ

材料:
(4人部)
卵:4個
小麦粉:50g
バター:50g
牛乳:300cc
シュレヂッド。チズ(細かく切られた):100g
塩:適当
白胡椒:適当
タイム:少々
ナツメッグ:少々

作り方:
オブンを180度予熱。 
18cmx8cm丸型オブン用皿の中をバターよく塗って。そうしないとスフレがうまく膨らまない。

卵黄身と白身を別けて白身を大きいな容器にいれて少々塩を加えて硬くなるまでに泡たて。

小さい火の上にホワイト。サース(white sauce/Bechamel)を作って: バターが完全に溶かしてから小麦粉を入れて、滑らかになるまで早く混ぜる。それから牛乳を4分一ずつ混ぜて。塩、胡椒、タイムとなつめっぐを入れてホワイト。ソースが硬いクリーム状態になるまでまぜて。火を消す。
先ず卵黄身を入れて滑らかになるまでに混ぜて。次チーズを少しずつ入れて混ぜて。
泡立てた卵白身が液体状態にならなかったを調べて(もう一回泡たったらすぐに硬くになる)4分一ずつゆっくり回しながら混ぜて。強く混ぜるとスフレが膨らまない!

オブン用の容器に全部入れて、45分間焼いて。ちゃんと焼いてるかどうか調べたかったら薄いナイフで深く刺してなにもナイフについていなかったらok。

すぐに出して御召し上がって。

もし4個の容器に焼きたかったら30分間十分になるはずです。

チーズの変わりに色々できますが野菜を使う場合一回炒めてからよく水を切ってね!

————————-

海の幸スパゲッチ。サラダ
seafood-spaghetti-salad.jpg
簡単なれしぴは実際私が彼女が忙しい時に作る料理です!奥様かガルフレンドを怒らしたくない男に役に立つになるはずです!

量や目方に気にせず上の絵を見ながら想像を使ってください!

先ずドレシングを選ぶか作って。普段私は次を使う:ヂジョンマウタード、赤ヴィネガ、油(好みはさまざまあるね!)、塩、胡椒 と数個ピンクペッパー。
スパゲッチを好きのようにボイルして水を切ってよく冷たい水で流して。
スパゲッチはちゃんとさめしたら水をよく切って容器でいれていくつかのドレシングと混ぜる。

絵の上の部分に炒めた帆立貝とオニオン。コンフィです。オニオン。コンフィを作るため(前の日にしても勿論良い)2個の大きな玉葱をむいて薄いスライスに切って。100g位バターで中火ゆっくりで炒めて。玉葱は透明で柔らかくなってから、蜂蜜大匙1つ、赤ワイン200cc、赤ヴィネガー大匙1つ、ポートワイン大匙1つ、塩胡椒を入れて混ぜて。液体(水分)ほとんど無くなって火を消す。もしも十分甘さが足りなかったら少しの蜂蜜を加えて。トマトピュレーも区会えてはよろしい。
よく冷まして火か光から離れて保存して。冷蔵庫に置かないで!かたくなるからです!
帆立貝を少しの塩とレモン。ジュースとゆっくり炒めて色はちょっと変わったら日から離して水分を切るために網の上に置いて。

絵の下の部分に小エビです。
殻や尻尾と頭を外して(捨てるか出汁のために使う)背中にそって浅く切って。ほたてがいと同じように炒めて帆立貝と一緒に網の上に置いて。

二人のたmだと考えながら赤、オレンジ色と黄色甘いぴまんを大匙1つずつ小さいキュブに切って。オィヴオイルでゆっくり炒めて。柔らかくなったら別の容器の中入れて。
冷凍された小さなエビや帆立貝とアサリのミクス(スパーで買って)か好きな海の幸を軽く炒めて。

全部は同じ温度に冷めしたらぴまんや小さなエビや帆立貝やアサリのミクス新鮮なハーブと小さくきったトマト(混ぜる寸前!そしないとトマトの水が出てしまう)をドレシングと混ぜて、半分をスパゲッチと混ぜる。
スパゲッチを皿の真ん中に置いて。
上に帆立貝とオニオン。コンフィを絵と同じように飾って。下にエビを絵と同じように飾って。

ベービ。リーフを残りの野菜と混ぜてスパゲッチの両側に飾って。

ボナペチ!

広告

“簡単なレシピ” への 2 件のフィードバック

  1. 日本語で失礼します。
    スフレ美味しそうですね~♪材料を揃えて作りたいと思います。
    スパゲッティは 主人に覚えてもらうと 私がご機嫌ななめ?のときにいいかもしれませんね・・・
    しかし、覚えて作ってもらうと 私は何歳?でしょうか・・・
    美味しいもの食べれたらいくつになってもいいかな~♪

  2. つくね!こんにちは!
    日本語はOK!
    心配しないで私はつくね様よりもずっと年です!(笑)!
    又きてね!
    つくね様のブログはとても楽しい
    では、
    ロベル

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

静岡県にはどの位良い物あるか知っていますか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。