静岡県の刺身&寿司

とみ井の”小さい”(Christmas?)御造り

ランキング: 
サービス: すぐれて非常に笑顔で親切
設備:
値段:~
得意:全日本の味と静岡県の味を素晴らしく合わせる。静岡県産地酒揃え。一番新鮮と季節の材料をしか使用しません。
個人部屋有

自分がクリスマスも正月にあまり関心がないが友達に祝います。
実際25日は仕事の日でした。休憩のとき原がぺこぺこで仕様がなくてちょっと静岡市にあるとみ井を訪れました。
そこで”小さい”御造りを頼んで上の写真に撃ったものその注文です:

後ろが寒鰤。
手前が本鮪吐露と赤身。と平目

色はやっぱりサンタクロースやクリスマスの色かもしれない!笑い

おめでとう!

TOMII/とみ井
静岡市葵区常磐町1-2-7とみ井ビル1F
Tel.: 054-274-0666
営業時間:17:00~22:00
定休日:日曜日
HOMEPAGE
————————–
とみ井で御造り

TOMII-09-07-31

先日また仕事中ちょっとおお腹が空いたためとみ井に”おやつ2を食べに行った。
”簡単”な御造りを出しtいただいた:

ー上:甘エビ

ー中央:平目、環八、鮪のトロ

ー下:鮪の赤身、平目の縁側、赤烏賊、秋刀魚。

何を飲んだか?
沼図氏にある高島酒造の白隠正宗山灰!

とみ井
静岡市青い区常磐町1-2-7とみ井ビル1F
Tel.: 054-274-0666
営業時間:17:00~22:00
定休日:日曜日
HOMEPAGE
————————-

すし幸で夕食(09・12・10)

妻と一緒に静岡市ですしを食べにいくほとんどいつも静雄証の青葉公園にあるすし幸を訪れる。
理由が数えられない位あるがとにかく静岡市で最適なすし屋とおもっております。

前菜はアンキモだった!
それを食べて静岡県産の地酒を飲みながら刺身のメニューを参照しました:
次用に注文した:

左下:本鮪中トロ(青森県大間から)
左上:本鮪大トロ
中央下:アオオリ烏賊 (静岡産)
右下:本鮪赤身

伊豆半島の金目鯛。

もうひとつの刺身:鯵たたき。ゆっくり食べた!

鯵は非常に新鮮で(静岡産で生きているまま)頭と骨の分をから揚げてくれました!

珍しくてお腹がすごく空いていましため帆立グラタンをいただきました。フランス料理かな。。。

やっぱり見てしまうと食べる:北海道産の牡丹蝦。

とそのから揚げてくれた頭分!

握りならかならず鮪付けを注文する。

すしの得意:ミルフユー(またフランス料理?笑い)
中に間八、数の子”鰹節”。上はかつお武士と微塵きり細葱。周りは飛び子!

後はやっぱりいろいろな握り:帆立

塩とレモン汁をかけた平目。

芽葱”。健康的!

でもまだお腹が空いたため蠣フライ!

妻がいつも注文するいくらミニ丼

私が必ず注文する卵焼き!

”デザート”は”Anago/穴子。止められない!

よく飲んだから対にお腹がいっぱい!
又ね!

すし幸
静岡市青い区両替町2-3-1(青葉公園)
Tel.: 054-2512898
営業時間:17:00~25:00. 17:00~23:00 (日曜日)
定休日:水曜日
予約した方が良い
カードOK
HOMEPAGE
—————-
とみ井の御造り(’09・10・04)

とみ井を紹介するのはもう必要かな?笑い
とにかく静岡県の中に最適(最優?)日本料理のレストランだと思って降ります。
先日大学から飼えて途中久しぶりに訪れました

そんなにお腹が空いていませんでしたためただ御造りを注文した:

左から:
黄色人参、鱸、スプラウト、京人参、赤烏賊、紫蘇、紅時雨大根。

野菜をもっと近く見ると。。。

左から:
寒鰤、紫蘇、紅大根の上に乗せた海栗、ばち鮪。

とみ井
静岡市青い区常磐町1-2-7とみ井ビル1F
Tel.: 054-274-0666
営業時間:17:00~22:00
定休日:日曜日
HOMEPAGE
—————————-
寿司屋:銀太

ginta-1

この前井亜tリア人の友達に静岡県の隠れやを紹介下方ため由比まで連れて行きました。
そこでは小さい寿司屋があります:銀太
由比駅から歩いてただ5分がかからない。
サクラエビの季節のとい絶対欠かせないといえる訪問するべきところ!
サクラエビだけでなく由比の一番美味しい地魚を提供してくれる!

ginta-21

原親方の店が小さいため目立たないが特にお昼二忙しいから電話で予約するか午後1時以降行った方が良い。

とにかく値段が安いから色々試してください!
奥たちが3000円のサクラエビフルコースを選んだ:

ginta-3

サクラエビの刺身。勿論その朝で捕らえた!

ginta-4

ゆで桜海老サラダ。由比の英君酒蔵と一緒に飲んで素晴らしい!

ginta-5

サクラエビの酢物.

ginta-6

豆腐入りサクラエビの吸い物。外国人が大好き!

ginta-11

サクラエビの掻き揚げ。大きくて美味しい!まあ静岡の全日本で有名!

ginta-7

サクラエビの掻き揚げは塩と抹茶と一緒に食べた。箸でなくて指で食べました!

ginta-8

寿司セット:
鯛・揚げられた鱗が含まられた!
鯵。生姜と一緒に食べた。
カワハギ・軍艦で肝と混ぜられた。珍品!
サクラエビ・勿論軍艦で!

原親方と絶対ゆっくり話して!凄い勉強になり案酢から!

次時魚のフルコースを試す!

ginta-9

上の写真が何だろう?
サクラエビの”ひげ”です!

銀太
421-3111静岡市清水区由比町今宿165(由比JR駅から降りて右へ歩いて5分)
Tel.: 0543-75-3004
営業時間:11:00~23:00
定休日:火曜日
——————————–

すし辛(再)

012

先週非才ぶりに妻を説得して静岡市で大好き寿司を食べに行った:すし辛!
今回の写真を妻のカメラで撮ったから普段よりもうまくいったと思う!

007

鰹季節になりましたから沼津港など来る美味しいものが一杯あるね!

010

毎回妻が鮪ポンカラを頼むわけでまあ美味しいですからかまわないね!

008

カワハギの季節もである。
小田さんが素晴らしいお造りを用意してくれました!

011

刺身で細ネギを巻いてカワハギの肝のソースをつける!

013

唐揚カワハギ顔!

015

今度”面倒くさい”注文した:やさいだけの寿司:
目ネギ・そば芽・三つ葉・かわいれ大根!

017

鮪漬け:すし辛乃得意!

020

鯨の寿司。外国人にも変わらず大好き!日本でも馬頭r細工なりましたかもしれない。

022

静岡県ですから由比のサクラエビを軍艦で!

024

ピリカラホタテ巻!外国みたい!笑い。。。美味しいいい!

026

卵焼!かわいね!

027

いくらの小丼!贅沢!

まあ今回そこまで!

すし辛
静岡市葵区両替町2-3-1 (青葉公園)
Tel.: 054-2512898
営業時間:17:00~25:00. 17:00~23:00 (日)
定休日:水曜日
予約したほうが良い
カードOK
HOMEPAGE
——————————-
すし幸のChristmas Dinner!

sushiko-08-12-25-1

昨夜、12月25日だったからクリスマス気分だった!
日本ですからやっぱり寿司にしました!
静岡市で妻と私が大好きすし幸を選んだ!
すし幸が値段や品質や地酒などなどで一番バランスが優れてる寿司屋だと思う。

最初に多難だ刺身盛り合わせが(全部静岡県産!左から):
めばち鮪、サクラエビ、炙り金目鯛と石鯛。

sushiko-08-12-25-1_00012
鮪ずけが赤実と中トロ。

sushiko-08-12-25-2
今度アナゴを天婦羅として絶対食べてみてね!

sushiko-08-12-25-3
ぼたん海老の季節ですからその卵と一緒に!

sushiko-08-12-25-5
新鮮さがすぐれているため頭を唐揚として美味しい!

sushiko-08-12-25-6
太刀魚が炙りで目葱と紅葉卸とポン酢はぴったり!

sushiko-08-12-25-7
平目には塩(ちょっとだけ)とレモン汁!

sushiko-08-12-25-8
桜(馬肉)二はタレや葱と生姜!

sushiko-08-12-25-9
ホタテ巻きはすし幸のspecialだ!

sushiko-08-12-25-10
バランスが完璧!

sushiko-08-12-25-11
隣さんの散らし寿司!うらやましい!

sushiko-08-12-25-12
贅沢ないくら軍艦!

sushiko-08-12-25-13
又寒い外に出る前に茶碗蒸しが美味しくて暖かい!

ついに静岡地酒が美味しいいい!!!

すし幸
静岡市葵区両替町2-3-1 (青葉公園)
Tel.: 054-2512898
営業時間:17:00~25:00. 17:00~23:00 (日曜日)
定休日:水曜日
予約した方が良い
カードOK
HOMEPAGE
———————
駅前松乃寿司(再)

matsuno-2008-11-10c

日曜日に天気が悪かったためスポーツできなくて静岡市ん煮ある私の職場に行った。お昼に別に家に帰る理由がなかったため私が大好き駅前松野寿司を訪問すると決めました!
どうしてそんなに駅前松野寿司がすきですか?だってできるだけ静岡県産の魚を出しますからです!
それでなく静岡の地酒も出してくれる!

matsuno-2008-11-10b
静岡市にある吉屋酒造の酒(下の記事を参照してください)と一緒に出してくれた前菜が背黒鰯だった。今季節ですから非常に脂がのっている。

matsuno-2008-11-10c
刺身の盛り合わせが皆や出石の港から来たものです:
左から:
赤身、
槍烏賊、
カワハギと自分の肝。網ミソと酢の”ソース”をつけて甘くて絶品!
鯔(ぼら)。柚子だけをつけて美味しい!

matsuno-2008-11-10d

後は親方が薦めました季節の魚:
炙り太刀魚!塩ちょっと、山葵と柚子をつけて甘くて美味しい!それに柔らかい!

matsuno-2008-11-10e
ホウボウ。柔ら会亜甘い!

matsuno-2008-11-10d_0001

デザートとして卵焼き(すみません!写真を撮るのは忘れました!)とかんぴょう巻き!

吉屋酒造:忠正純米吟醸

アルコール分:15~16度
内容:300ml
製造:2008年4月

透明さ:非常に透明
色:透明
香り:辛口、軽い、フルーテイー。米、パイナップル
ボデイ:滑らか
味:口当たりが優れて細かい。早く消える。純米の特徴。フルーテイー:パイナップル、ナッツ、アーモンド、コーヒー豆
  ビターチョコレートやコーヒー豆とバナナを出して美味しい酸味で終わる。
  何か食べると又コーヒー豆とアーモンドを出しながら辛口になる。でも時々甘口で終わる場合もある。

コメント:”静岡型”地酒です
      上品で飲みやすい。
      刺身と寿司二完璧!
      強い特徴と色々な”顔”をずっと見せる。

駅前松乃寿司
静岡市葵区御雪御幸町9-3
Tel.: 054-2510123
営業時間11:00~21:00
定休日:水曜日
カードOK
HOMEPAGE
—————————-
刺身の盛り合わせ:とみ井(’08年11月)

tomii-sashimi-08-11

とみ井の刺身の盛り合わせはあいからず美術みたい!

上左:カンパチ
上中:紫海栗
上右:イサキ
中央左:本鮪
下左:赤烏賊
下中:平目
下右:桜海老(静岡市清水区油井町しか出取れない。今はあき季節!)

とみ井
静岡市葵区常盤町1-2-7とみ井ビル1FTel.: 054-274-0666
営業時間:17:00~22:00
定休日:日曜日
カードOK
HOMEPAGE
———————
静岡寿司屋:すし幸(再)

先週木曜日又妻と一緒に私たちが大好き静岡市にあるすし幸食べに(飲みにも!)いきました!


殆どいつもと同じように鰹刺身、白子とアンキモ(ぽんず+紅葉卸)、ポンカラ鮪、焼きシシャモ(凄く新鮮!)、ホタテ握り、甘エビ(握り)と白えび(軍艦)を注文したが今回の目玉はカワハギだった!

シェフがタンクから用宗で釣られたばかり生きている大きいカワハギを取って”どうすればよろしいですか?”を尋ねました。
”肝を含めて全部を使って負かします!”と二人が答えました。


”御造り”:河豚と同じように切って細葱とポン酢+カワハギ肝の”ドレッシング”と出してくれました。
そういえば今丁度いい季節ですから肝がでかかった!


”御握り”:横に置いた四枚(四切れ?)を握り(シャリ)の上に載せて又その上にかうぁ儀肝と紅葉卸を乗せてポン酢味つけました。


”唐揚”:カワハギの”頬”を唐揚してくれた。驚くべき肉が一杯あった!

一匹(他の言い方があるのかな?)だけで作ってくれました!やっぱり凄い!と珍味・絶品!

すし幸
静岡市葵区両替町2-3-1(青葉公園通り)
Tel.: 054-2512898
営業時間17:00~25:00. 17:00~23:00 (日曜日)
定休日:水曜日
予約した方が良い
カードOK
HOMEPAGE
——————————-
寿司幸:刺身と寿司(再)

木曜日!うまくいけば妻と外食の火です。
まあ今回珍しいことしなかったけれども二人ともが大好き静岡市の寿司幸へ行きました!
何回も紹介させていあただきましたからあまり説明が必要ないだろう。
上の写真は(槍烏賊)”烏賊素麺”です。烏賊なら私が一番好き形です。

秋刀魚の造り。北海道産です。静香さんのものは9月まで待たなければならないね。

縞鯵。季節ですから本当に美味しい!

やっぱり”ぴりから帆立巻き”を頼んだ!どうしてか絶対注文するね!

遂に私が大好き(日本人で有る妻があまり。。。)アンキモ!知っている?英語でjapanese Foie Gras!

勿論他の注文がありましたが(どうしてか妻は白いワインを飲んで、私は日本酒。。。)今日それにしていただきます!

寿司幸
静岡市葵区両替町2-3-1(青葉公園)
Tel.: 054-2512898
営業時間: 17:00~25:00. 17:00~23:00 (日曜日)
定休日:水曜日
予約した方が良い
カードOK
HOMEPAGE
—————————–
末広ー浜名湖恵みの味:どうまん蟹!

”どうまん”は比較的に大きいかにの舐めです。この蟹が浜名湖にしか見つけられないが非常に少ない。一日で全湖で2~3匹しか取れないといわれました!

そのどうまん蟹が浜松市とその辺の一つのシンボルになった。たとえば浜松ー天神蔵酒造が造っている一種の米焼酎の舐めです。中々寿司屋か日本料理屋で珍しい絶品ですから食べる機会がほとんどありません。
けれども寿司屋の姉ちゃんのおかげで先週金曜日ついに味わった!

末広ー浜名湖恵みの味へ行く前に必ずインタネットで予約します。なぜなら静岡県産地酒を用意してくれます。
今回私が大好き岡部町の初亀酒造の”富士山”本醸造ヲ出してくれました!夏では寿司と海の幸にぴったり!ありがとうね!
もう遂に梅雨が終わって物凄く暑かったから最初におツマミを注文した:
Light food was on order as it had been an excessively hot day now that the rainy season is finally off our heads.

自家製茗荷漬物、ハムとアボカドサラダ。冷やした酒に長堂良い。

台所がありますから末広ー浜名湖恵みの味が刺身や寿司と料理御馬区合わせて提供する。外国人ですからあまり別腹を残して去りたくないね。
だから赤身と鱸の刺身と浜名湖車海老春巻きを頂きました!

遂に冷静にどうまん蟹ヲ期待する!
一緒に来た友達がどうまん焼酎を頼んだ(私が一所懸命地酒をのみました。。。)
浜松市ではどうまん蟹が十分美味しいですから蒸して冷めてからそのままで出せば宜しい。
我々が頂いた”半”蟹(一匹はちょっと贅沢ね。。。)の中にはホンマに肉がいっぱい!それに柔らかくて美味しくって甘い!外国人にもかからず絶対お箸を使ってゆっくり食べてね!スプーンかフォークは絶対だめ!!!
残念ながらおそらく初めてと最後の経験かもしれない。。。泣く泣く。。。

”次の店”(外国人バー)に行く前にもう一つの注文した:穴子とイクラの寿司!

末広ー浜名湖恵みの味が必ず季節の寿司を提供してくれるから今度はどいう絶品を食べるために浜松市に行くかしら?

末広ー浜名湖恵みの味
浜松市中区砂山町360-5
Tel.: 053-452-6288
営業時間:11:30-13:30&17:00-22:00
定休日:水曜日と二番目買い曜日
HOMEPAGE
———————————–
寿司やの市

市川(ケンちゃん)様は日本語で言えば”代わっている方”です。高校時代ではバイクに乗って静岡市民ヲ御後ろ過した可も知れない。。。それに加えてお店を回転する前にAustralia間で言って働きました(遊んだかな?)。

英語で言わせて頂けばmacho maverick/”変わっている男”の評判にもかからず皆様(どんな)のお客さんを喜ばす寿司を考えて作ってくれます。特に自分の”ライン”を心配する女性の方のために小さいシャリの江戸前寿司派ですからね。

とにかく刺身は贅沢!まあ値段はちょっと高くてもやっぱりトロと赤身を食べたいね。

自分が外国人でも鰹を食べると絶対静岡産にする!

その日の魚も寿司も(野菜も!)について質問を是非して!形と料理も色々あるからね。ちょっと火に勝てた牡蠣とイクラミニ丼魚を進ませていただきたい!

私が季節のアンキモがあれば絶対注文するんだ!

寿司を尋ねる時に市川様は色々の飾り方か出し方を提供してくれますから又相談して。自分が一般的に2カンを頼んで1カンずつ違う造り方にしていただきます:平目なら柚子と沖縄産雪塩を載せて+醤油に漬ける普通の1カン。穴子は1カンの上に山葵+沖縄産雪塩ヲ乗せて、もう1カンはタレにする。等等。。。
季節によって魚と寿司(と野菜)の種類がいっぱい出るから1回の生地で述べるのは無理ですから次の記事を期待してくださいね!

でも。でも、。。。終わり前にとても重要のことを言わさなければなりません!
静岡地酒!
磯自慢(焼津市)、喜久酔(青島酒造、藤枝市)、増市(静岡市)、正雪(神沢川酒造、由比町)と国香(袋井市)。
静岡産の寿司と刺身にはやっぱり静岡地酒は一番!
What’s better that jizake for sushi, I’m asking you! LOL

寿司やの市
420-0034静岡市常磐町2-7-1
Tel.: 054-2558262
Fax: 054-2522604
携帯:09040874578
定休日:月曜日
宴会可
カードOK
HOMEPAGE
—————————
駅前松乃寿司

久しぶりに私が大好き静岡市にあるを”訪問”した!日曜日22日に大雨の日だったからスポーツができなくてやっぱり寿司を食べに行こうと決めた!
駅前松乃寿司臥好き理由が色々:

静岡地酒を出してくれる!今回静岡市にある吉屋酒造の忠正純米吟醸を選んだ。寿司にぴったり!
その上駅前松乃寿司派本物の寿司屋ですから日曜日昼でも寿司をよく知っている客様ばかりです。

彼らの刺身の盛り合わせは季節物だけで沢山臥静岡県の駿河湾のものです!
上左:3種類の”三角”-真鯛,鱸と鬼カサ(カサゴ)
上右:鯵
下左:トリガイ
下右:鰹

色々凄く美味しいツマミ臥できる:
昆布〆キス
葱ま:本当の葱まは鮪と葱ですね!
煮鰯:季節ですから脂はのっている!
生姜がり

度してか駅前松乃寿司の玉子焼きが欠かせない!絶対注文する!


この牛蒡(読めますか?私ができなかった!)と干瓢巻はヴェジェタリアンの外国人を喜ばすだろうう!

次にくるまで我慢できるかな。。。

駅前松乃寿司
静岡市葵区御雪御幸町9-3
Tel.: 054-2510123
営業時間11:00~21:00
定休日:水曜日
カードOK
HOMEPAGE
———————————–
双葉寿司

昨日イギリス人の友達と一緒に沼津市にあるTAPROOMへ行く前にちょっと寿司を食べに行こうと決めて千本港町の双葉寿司を始めて訪れました。
別に集材するつもりでなかったからテーブルに座ってセットを注文した(上の写真):
赤身、平目、トロ、烏賊
穴子、海老、卵
鉄火巻き、かっぱ巻き
新鮮で美味しくて値段はよかった!

空っぽいお腹を持ってビールを飲んではならないから又寿司を単品で注文した:
味,トリガイ
コハダ、雲丹
とても美味しかった!

サービスは良くて親切ですからやっぱり近い将来取材しに行く!

双葉寿司
沼津市千本港町121-8
Tel.: 0555-9620885
営業時間:11:00~20:00
定休日:火曜日

—————————
とみ井:刺身

刺身?
とみ井に仲居行くから中々記事の題名は難しくなりました(笑い)
上の季節刺身は左から右へ:
鰹、雲丹,トリガイ、平目、石鯛、赤烏賊と赤身

金曜日だったからちょっと忙しくて松ため美味しいサービスを頂きました:子持ち昆布

待てた注文は馬刺しだった。隣の情勢の客さんはそれをずっと身って仕方がなくて少し差し上げた(”刺身、馬刺し、差し上げる”-日本語は面白いね!笑い)。
生生姜、生大蒜と細葱と一緒に食べてやっぱり美味しい!

とみ井
静岡市葵区常磐町1-2-7とみ井ビル1F
Tel.: 054-274-0666
営業時間: 17:00~22:00
定休日:日曜日

———————–
寿し幸(続き)

sushi-ko-08-03-2.jpg

先週木曜日(木曜日は妻と一緒に外食費です。。。)又妻は寿し幸に行きたかった!まあ文句を言えない。ただ今回何を注文すればよいかな。。。

sushi-ko-08-03-1.jpg
とにかく遂に富士錦酒造の”寿し幸”ラベルを手に入れた!自分の収集の中に珍品になりそう!それにとても美味しい純米吟醸生で鮨に非常に合うんだ!

sushi-ko-08-03-2.jpg
とりあえずできるだけ季節の魚を選んで最初は真鯛のカルパチョにしました!
外国みたい(笑い)。
sushi-ko-08-03-3.jpg
槍烏賊そうめんはシンプルで綺麗で掃く消えてしまった。。。

sushi-ko-08-03-4.jpg
妻はどうしてか帆立貝の刺身を食べないと気がすまない。紫蘇の花乃写真をイタリアで紫蘇を栽培したい友達に送った!

sushi-ko-08-03-5.jpg
欠かせない鮨ミルフユを注文した時他の客さんがそれを見て注文した。でも親方は中身を変わって(カンパチ等)ちょっとうらやましいな。。。

sushi-ko-08-03-6.jpg
今度外国の友達と一緒に行ったらスパイシ帆立貝巻きを絶対頼む!

sushi-ko-08-03-7.jpg
もう自分がちょっとお腹がいっぱいため(酒も結構飲んでしまった。。。)や砂田が妻は穴子

sushi-ko-08-03-8.jpg
とミニイクラ丼を食べてしまった!

今度何を食べるかな。。。悩み?笑い?
—————————

寿司幸の珍味

oda-4.jpg

木曜日に又妻と一緒に静岡市青葉公園にある寿司幸又行きました。
毎回必ず注文する物に加えてきんせてうの珍味を食べました:

oda-1.jpg
細魚の造り。レモン汁、醤油ほんのちょっとと山葵最適。
oda-2.jpg
一匹の造りだったので刺身を旨く飾るために魚(可哀想。。。)の骨使用されました。

oda-3.jpg
幸い子持ち牡丹海老が提供された。二匹で精一杯牡丹海老子軍艦を頂きました!
oda-4.jpg
中々新鮮なものを静岡市で見つけられないから嬉しい!
ところで寿司の世界では”青色寿司”はめったにないからね
oda-5.jpg
後は勿論牡丹海老の頭唐揚げを頂きました。ぱりぱりで地酒を飲みながら美味しい。
oda-6.jpg
最後に小田親方に牛炙り芽葱に義理を作っていたきまして絶品(外国人ですからちょっとお肉を食べたからね。)

寿司幸
静岡市葵区両替町2-3-1(青葉公園)
Tel.: 054-2512898
営業時間: 17:00~25:00. 17:00~23:00 (日曜日)
定休日:水曜日
予約した方が良い
カードOK
HOMEPAGE
——————
とみ井の刺身盛り合わせ

tomii-sashimi-2008.jpg

今日は時間の余裕はあまりなかった急いで日本料理のとみ井で”休憩夕食”を食べに行きました。
とみ井は私が一番好き静岡市の日本料理です。味だけでなくてやっぱり上品でいつも勉強になります!(素晴らしい地酒も提供してくれる!)
頼んだ刺身盛り合わせは次ように:
左から右へ:
赤烏賊、平目、赤身,真鯛
醤油とミソを頂いた。ミソは野菜のためだった。ところでその野菜に葉静岡市の大鹿産の竹の子が含まれた!

とみ井
住所:静岡市葵区両替町1-2-7、とみ井ビル1F
Tel.:054-2740666
Fax :054-2730033
営業時間:11:00~13:00(予約要)
       17:00~22:00
休: 日曜日、祭日
VISA等カードOK
——————

武市の刺身盛り合わせ

にほんブャ??村 グルメブャ??へ

bu-ichi-sashimi-08.jpg

夕べ祭日だったから妻と一緒に大好き武市居酒屋へ行きました。
大好きの一番の理由は親方ができるだけ静岡県産の海産物を使うことです。
今回上の写真を見て上から下までと左から右まで:

焼津の天然真鯛
北寄貝とミルガイ
由比の昆布〆平目


水蛸

焼津ー小川の鯵
鮪の赤身

武市
静岡市葵区両替町1-6-10第2松永ビル2F
Tel.: 054-2521166
営業時間:17:30~23:00
定休日:水曜日

———————
寿し鉄大塩

shizutetsu5.jpg

どんな優れている寿司屋にはその店でしか食べない珍味が絶対ある!
静岡市の宣言神社の酢s具近くにある寿し鉄おおしおには実際一品でなくて二品がありました!
3代目大塩和弘はHOMEPAGE/BLOGを書いてくれますから次の一品をその前の晩に注文いました:
shizutetsu4.jpg
”白子柚子釜焼”
とりあえずそれを焼いた間に刺身の盛り合わせを頼みました:
shizutetsu2.jpg
平目+えんがわ、鮪、黒いかと鯵。日本人だけでなく外国人は喜ぶ!
でもアンキモを見つけてしまったやっぱり注文した!
外国で最近凄い人気二なった一品!NEW YORKで甘いプラムソースを漬けて出す!JAPANESE FOI GRASと呼ばれる!
二代目大塩和彦親方は丁度良い季節ですって!
shizutetsu3.jpg
ポンズ、細葱ともに地おろしでシンプル完璧!
花の舞酒造(浜松市、浜北)の純米生private brandを飲みながらちょっと二代目と話しました。彼のお父さんは店を50年前以上開店したって。
shizutetsu1.jpg
実際後で同じの酒造の米焼酎雅提供されていると気がついた。嬉しい!中々静岡県産酒と焼酎を両方出してくれる店はまだ少ないね。
shizutetsu7.jpg
私の”注文”はついきた!素晴らしい味:
中身は、西京味噌で作った玉味噌と玉子の素を合わせ
白子、牡蠣、ホタテ、茸、銀杏を一緒に柚子釜に詰めオーブンへ
と大塩和弘様は説明してくれた。フランスでパン生地の中に焼いて煮ている料理がありますから凄く馴染みを感じました。家真似しても良いかな。。。
その日(金曜日2月8日)ちょっと時間が少なかった勘定を頼のみました。
”ちょっと待って!デザートをだします!”と言われたから又座りました。
shizutetsu6.jpg

出していただいたデザートを後で外国の美食のブログを書いている友達に初回しました。
”ウソウ!贅沢!信じられない!日本の静岡県でしか食べられない、悔しい!”と返事されました!笑い、笑い、わらい。。。
上に山葵付で飾られた酒粕ムース!日本語で説明して短いが、本当に外国で葉長い!
問題は季節の料理ですから今度参るとまだあるかな。。。

寿し鉄おおしお
420-0862静岡市葵区浅間町1-36
Tel.: 054-245-1381
カードOK
営業時間:11:00~22:00
定休日:水曜日
HOMEPAGE (Japanese)

——————–
寿司ミルフーユ/Sushi Millefeuille

sushi-millefeuille.jpg
(一緒に食べてくれたみか様が撮った写真)

外国人が、特にフランス人が大好きミルフーユ(カタカナは正しかな。。。)はケーキだけじゃないよ!
静岡市にあるすし幸が最近大人気二なった寿司ミルフーユを提供しています。友達と一緒にそちら行くと必ず注文します。
下から”シャリ”、赤身,薄く切ってある胡瓜、アボカド、又シャリ。上はとびっこで飾られている。
周りにはポンズ、山葵味マヨネーズ、紅葉おろし
美味しくて、綺麗、値段はreasonable!
真似できるかな。。。(勿論!笑い。。。)

すし幸
静岡市両替町2-3-1(青葉公園通)
Tel.: 054-2512898
営業時間: 17:00~25:00. 17:00~23:00 on Sundays
定休日:水曜日
予約した方が良い
カードOK

HOMEPAGE

———————-
すし幸の刺身盛り合わせ

sushiko-sashimi-set-j.jpg

一昨日静岡地酒愛好者の仲間と一生にすし幸を訪れました!
自分自身はそちらよく行きます。気取ってないし美味しくて値段ははっきり発表されています。
上の刺身盛り合わせを注文した(実際2皿を頼んだ!)
上から下まで左から右まで:
帆立,鰤、カンパチ、太刀魚、赤身
鮭、鰹、鯵、自家製ざる豆腐
どうだ?

すし幸
静岡市両替町2-3-1(青葉公園通)
Tel.: 054-2512898
営業時間: 17:00~25:00. 17:00~23:00 on Sundays
定休日:水曜日
予約した方が良い
カードOK

HOMEPAGE

—————————–
末広。浜名湖の恵味(2)

suehiro-j3.jpg

違う!上の写真は今日の洗濯ではなよ!横田親方(女性の方!)が調理した河豚の派だ皮ですよ!その河豚は遠州灘の魚ですからそれ以上新鮮はないだろう。
語心配しないで。横田様はちゃんと許可をもっていますから。ところで危険な部分はメスの場合は蘭子です、オスは肝臓です。。。日本では河豚の種類は100いじょうで殆どみんなには死ぬ毒がある。。。
suehiro-j4thumbnail..jpg
皮も食べられるから期待して。e-mailで注文した河豚握りはやっぱり浜松市まで旅する理由は十分!
suehiro-j5thumbnail..jpg
どうしてか大勢の人々は河豚の刺身か握り雅しかありませんとかんがえている。天婦羅も素晴らしい!手食べて気持ち!
suehiro-j1.jpg
でも河豚だけ出なくて、アンキモも注文してた。。。
suehiro-j7.jpg
初めて煮てあるアンキモは頂きました!珍味!外国人も絶対大好き!
suehiro-j6.jpg
勿論浜松市と浜名湖だから穴子も出していただきました!

suehiro-j2.jpg
もう一つe-mailで注文してた。。。(笑い)
静岡県産地酒!
今回まいた!
静岡市清水区の三和酒造の雅龍梅
掛川市の土居酒造の開運
袋井市の国香酒造の傳一郎
菊川市の森本酒造の地酒工房
森本酒造を選んだ:絞りたて原酒アルコール分18度で鮨にぴったり!

次に何を注文して横田様に無理にさせていいかな。。。

末広。浜名湖の恵味
浜松市中区砂山町360-6
Tel.: 053-452-6288
営業時間:11:30-13:30&17:00-22:00
定休日:水曜日、第二火曜日

—————-
鮨いろは

iroha-2.jpg

どうしてか一番美味しいレストランか”食処”はいつも”隠れ屋”であろうか。。。
よく考えればお客さんをどこからでも遠い場所に呼ぶに葉勇気がいる。
か。。。自信を持っているからかな。。。
だからこの34年間鮨愛好者に地元の素晴らしい材料を使用して寿司を提供してくれました宮司守親方と彼の母様フサエさんを感謝するべき!
10年前に守親方は遂に研修を完成して母様の店に働きに来ました。その時新しいコンセプトを紹介しました:折角に周辺の農夫さんたち全二本で有名な野菜を栽培してくれるから野菜寿司も出すと決心した。
iroha-1.jpg
金曜日一月18日大学終わってから愛野駅から近い豊田駅まで行ってタクシー(1,000円)に乗って丁度営業開始5時に鮨いろはに着いた。早く来て良かったと思った。だって7人しか座れないね。
実際特にお昼と週末に予約したほうが良い。
すぐに言わせていただきたい:全席は喫煙です!Bravo!
宮司親方はとても親切で知識は本当広いですから是非質問して!
彼が使う材料は地産のものだけでなくて(伊豆半島の金目鯛が美味しいいいい)お酒や焼酎と梅酒は皆い私千寿酒造が造っているものです!
senju-junmai.jpg senju-tamaran.jpg
Tamaran is actually a private brand used for “atsukan”
Shochu fans are not forgotten as they can enjoy an extravagant kome/rice shochu called Inaizumi from the same brewer:
inaizumi.jpg
やっぱり女性の方は梅酒を飲むだろう。自分が純米酒とそのあと”たまらん”のぬるかん”を注文した。
刺身の後野菜鮨!
iroha-2.jpg
ところで宮司親方は焼津市から来た海水を48時間かけて自分で造った塩だけ使用いない。
今回頂いた野菜を見分かりますか:
上から下まで左から右まで:蒟蒻、甘酢と梅干でつけたセロリ、城葱、菜の花、牛蒡、サツマイモ、大根。
皆完璧!

iroha-3.jpg
次海老根芋(二色)とシャリのMille Feuilles。ドレシングはオリーブオイルや胡麻油と醤油。外国人も絶対満足します!

iroha-4.jpg
それでもまだちょっと別腹がありましたからうわさのデザートを頂きました:
暖かいプディング:上半分は西洋のもので下半分は餡子!美味しいいい!

もうお腹はいっぱい!宮司親方、駅まで乗せていただいて本当にありがとうございます!母様も感謝します!

鮨いろは
磐田市草崎116-4
Tel.: 0538-35-7159
営業時間:11:30~13:30; 17:00~21:30
定休日:水曜日
予約したほうが良い

HOMEPAGE

—————————
とみ井の刺身盛り合わせ

tomii-sashimi-dec.jpg

昨日静岡市にある京都風料理レストラン”とみ井”に”ちょっとだけ”食事しました:
刺身を適当に作ってと頼んだ。それでもちょっと贅沢だった。。。

左から:
黒鯛
カンパチ
赤烏賊
マグロの赤身
平目

それと一緒に藤枝市青島ー喜久酔酒造の特別純米を飲んだ。
やっぱり贅沢!

とみ井
静岡市葵区常磐町1-2-7、とみ井ビル1F
Tel.: 054-274-0666
営業時間:17:00~22:00
定休日:日曜日

————————
静岡駅前松乃鮨(2)

kiku-1.jpg
(ほうぼう・背黒鰯・甘海老)

昨日静岡駅前松乃鮨の三回目野訪問!もうクセになったみたい。
理由がいっぱいだからね:魚は最高で自分の前着てくれし、美味しい静岡地酒も提供しているしとびっくり絶品:

kiku-2.jpg
傳兵衛柿酢 柿酢(袋井市)で仕上げされた”なめろう”鯵のたたき(城ミソ+生姜)。外国人が絶対喜ばす!静岡地酒と飲むとかぺきなツマミですね!

駅前松乃鮨
静岡市葵区御幸町9-3(静岡JR駅北口の向こう側)
Tel.: 0542510123
営業時間:11:00~21:00
定休日:水曜日、第二火曜日
カードOK
——————
末広。浜名湖の恵味

suehiro2.jpg

“Sushiya No Neesan/寿司屋の姉さん” Blogを発見してからずっと浜松市の末広寿司屋を訪問したかった。遂に金曜日12月14日袋井市理工科大学の仕事を終わって直接に浜松市へ参りました。
suehiro1.jpg
いつも道理新しいレストランか飲食店を訪れる前に近所の中にぶらぶら(うろうろ?)歩きながら町/市の雰囲気を身に着けた。浜松JR南出口真っすぐ歩いて二番目の信吾にあります!
28年前にもともと日本和食から鮨に変わりました。現在二代目横田和久親方と三代目智佐子様が鮨の担当します。そです!三代目は女性の方ですよ。小学生からずっとお父さんの技を見てどんな男に負けない!
suehiro3.jpg
最初の訪問だったからちょっとわがままの注文しました:白子(外人の友達に説明すると面白い感覚!)ポンズと紅葉おろし(男だから)元気が出る!
suehiro4.jpg
欠かせない赤身を頼むと智佐子様は”浜名湖の車海老はいかがですか?撮ったばかりだから!”
やっぱり美味しい。初めての経験、浜名湖の車海老。嬉しかった!
suehiro5.jpg
末広。浜名湖の恵味は河豚料理が得意ですから唐揚げ河豚を頼見ました。箸を使わず指で食べて旨い!頂いた河豚の皮は箸で食べました。笑い。。。イギリス人の友達は唐揚げ河豚を召し上がればFish and Chipsをやめるだろうね。
suehiro6.jpg
刺身に戻って平目を頼んだ。美味しい歯ごたえがあり、やめられない。
suehiro7.jpg
ちょっと気になる親方がカウンタの上の料理の大皿を覗いた。自家製煮鰻肝!本当に絶品!お酒(浜松市の花の舞酒造)とぴったり!
suehiro8.jpg
もうそろそろ巻きを注文しようと考えた時ハゼ(漢字を見つけられませんでした)の天婦羅を頂いた。又指で長野県の胡椒と塩をつけてすぐに消えた!ハゼは典型的な浜名湖の魚ですね。

折角隣に座っていらっしゃるお客さんと面白い話を始めましたのに決まっている電車に乗らなければ時間が来たためにGood-bye/Au revoirを仕方がなくて。。。
まあまだまだ食べたいもの(河豚握り?)と飲み物(遠州灘の地酒?)を試したいから(それにお客さんに又会いたい?)又参るのは時間の問題だけだね!

末広。浜名湖の恵味
浜松市中区須山町360-6Tel.: 053-452-6288
Business Hours: 11:30-13:30&17:00-22:00
毎水曜日と二番目の火曜日休み

————————
和心nの刺身セット

wagocoro7.jpg
マグロ、ボタンえび、カンパチ
—————-
静岡市駅前松乃鮨

matsuno-2.jpg
(キハダマグロ、コハダ、アオリイカ、カンパチ)

どうして(静岡市)駅前松乃鮨を訪問するのは31年間がかかりましたか?家か職場から遠いですか?謎。。。
まあ母国の諺通り”遅れても一回来ないことよりも良い”遂に顔を見せるのは本当に良かった!
matsuno-1.jpg
名前どおり静岡JR駅北口二たっています。実際昭和10年からたっています!静岡市の大火事を見た寿司屋でまだバリバリ元気2代目の親方はいつもご親切に告げてくれる。彼の話を聞くのは十分来る理由になる。
matsuno-4.jpg matsuno-5.jpg matsuno-6.jpg
とにかく魚の刺身と寿司はとても美味しい矢指値段です。今回訪門した時に名古屋からいらっしゃみした外国人の客さんもいました。
一階はカウンターとテーブル、2階は座席と三階には宴会室です。
魚類を食べきれないからまだな貝もいかなければならないね(笑い)。それに卵焼きは本当に美味しい!

遂にもうひとつの目玉がある:静岡地酒の5種類!
国香(袋井市)、吉屋ー中正、増一(静岡市)、喜久酔(藤枝市)、初亀(岡部町)!

駅前松乃鮨
静岡市葵区御幸町9-3(JR駅北口の向こう側)
Tel.: 0542510123
営業時間:11:00~21:00
定休日:毎週水曜、第三火曜
カードOK

HOMEPAGE
BLOG

———————
静岡JR駅内沼津魚がし寿司

uogashi2.jpg

少しずつ静岡JR駅の中には店の質が上達している。既にASTYのある店を紹介しました。
uogashi4.jpg
次の貴社に乗る前にまたは打ちに帰る前に寿司と静岡地酒を楽しむ目的だったら魚がし寿司を訪問すれば良い。
魚がし寿司とゆう会社はもともと沼津しの企業であり県内と県外沢山の店をだしている。そのお陰で自分の魚の”ルート”を持って比較的に美味しくて安い寿司を提供するすることができます。寿司だけでなくて焼き魚や揚げ魚とおでん料理もある。
11月29日修繕時から帰て入りました。
uogashi3.jpg
牡蠣フライと揚げマンボ(上の写真)は美味しかった。
uogashi2.jpg
マグロ寿司スペシャルセットは質と考えれば本当に安くって美味しかった。
uogashi1.jpg
マグロロルは外国の方にも日本の方にも人気があるに違いない!マグロや生ハムとレタスで作られている。

遂に静岡地酒は7つの酒造のものがある。その中に花の舞(浜松市)と大村屋(島田氏)酒造が造った自分のプライベートブランドも提供しています。

沼津魚がし寿司
静岡市JR駅内
Tel.: 054-2862276
営業時間:07:30~23:00
クレデイットカードOK
———————-
武市の刺身盛り合わせ

sashimi-set-bu.jpg

11月12日友達と一緒に武市(静岡市)でいただいたさしmの盛り合わせ:
上中央から:こはだ、鯒、しめ鯖(真ん中)鯵、鰹、蛸、烏賊

武市
420-0032静岡市葵区両替町1-6-10第2松永ビル2F
Tel.: 054-2521166
休:水曜日
予約した方が良い!

—————–
藤鮨

fuji-sushi5.gif

藤鮨は又静岡市の”かるれや”と言われる店です。また酒のトン立ちの小山様の影で発見しました
fuji-sushi.jpg
実際は自分の職場に近いため難解も前通りましたけれども初めの訪問でした。。。
とても楽しかったのにまだ親方の名前を解らない(!!!)。親方は大人しい方だけれども凄い静岡市県の文化や食材や歴史の知識を持っていらしゃる!
とっと時間が少ないために刺身の盛合わせと珍味の料理しか食べなかったけれどもやっぱり凄く美味しかったです:
fuji-sushi1.jpg fuji-sushi2.jpg fuji-sushi3.jpg
アンキモ、煮牡蛎、昆布締め平目
fuji-sushi4.jpg 
焼きトリガイ
fuji-sushi6.jpg
10時間煮たカンパチの頭もいただきました!骨を全部たべました!
静岡地酒は三和酒造(清水区)の雅龍梅純米吟醸ありまいた!
とにかく早めに鮨を食べる球ねに藤鮨に戻らなければならないから次回の記事を期待してね!

藤鮨
420-0839静岡市葵区鷹匠町2-4-24
Tel.:054-2530335
Fax: 054-2530344
各種の会合、宴会もできます。
ー———————
とみ井の刺身造り

tomii-tsukuri.gif

先週金曜日静岡市にあるとみ井で卯木の刺身造りをいただきました!
素晴らしかった!

左から右へ:
鮪赤身
黒鯛
海栗
とざか海苔のうえに赤烏賊
平目(エンガワを含めて)

——————–
おぼろの月の刺身盛り合わせ

sashimi-oboro.jpg

静岡市にあるおぼろの月の刺身盛り合わせ!
凄く美味しいだけでなくて飾り方がうまい!
刺身は鰹(裏)、鯵と赤烏賊

——————-
丼祭り!

日本人にも欧米人にもお腹が空くとやっぱり丼は最高!
下に最近食べたものです。お楽しみに1

donburi1.jpg
下から”時計の順番”で:海栗、蟹爪、鮪、ナンバンエビ

donburi2.jpg
下から”時計の順番”で:帆立貝、海栗、烏賊、蟹爪

donburi3.jpg
下から”時計の順番”で:蛸、鮭、帆立貝、イクラ、カズノコ、カンパチ、海栗(真ん中)

donburi4.jpg
贅沢!
下から”時計の順番”で:イクラ、カズノコ、カンパチ、蟹爪、湯で海老、帆立貝、海栗(真ん中)
———————-
寿司幸

sushiko04.jpg
木曜日5月17日久しぶりに静岡市で一番好き寿司レストランへ行きました!
寿司幸(田町には本店がある!)は青葉公園に位置し入りやすい店です:値段はちゃんと発表されて親方とスタッフいつも笑顔でとても優れているサービスを提供してくれる。
寿司のネタは静岡県でも素晴らしい!魚は季節の物だけ!大田親方の腕に任せて今回次を注文した:
sushiko01.jpg
まだ脂肪がのっている鰹。口の中解けている!
sushiko02.jpg
生魚だけでなくて料理を絶対に味わって下さい!上は唐揚げの鮪!
sushiko05.gif
外人客さんたちが大好き巻も試して!上は辛い帆立貝と飛び子の巻!
sushiko06.jpg
白身魚も勿論:鯛は凄い!
botanebi3.jpg
寿司幸は全日本で自分のネッタークを持っていますから例え北海道のボタンエビはあたりまえ!
sushiko07.gif
寿司幸の卵焼き全静岡市で有名で田町の本店で作ってもらう。
sushiko08.jpg
季節によって珍品いっぱい!上は桜(馬の肉)。甘かった!市かさし、牛さし、鯨もある!
美味しい食べ物だけでなくて静岡県産に地酒:
(燗)藤錦本醸造
(グラス)磯自慢本醸造、正雪特別本醸造、喜久酔純米、国香吟醸
(300ml瓶)藤錦純米吟醸、増一吟醸
と贅沢の米焼酎:
藤錦の富士の静

営業時間   平日    17時~翌1時
         日・祝日 17時~23時
カウンター 13席 小上がり 20名様位 個室 4名様
定休日     水曜日
住所      静岡市葵区両替町2-3-1
電話      054-251-2898
VISA等カードOK
Homepage

———————-

私は最近食べた刺身と寿司の例です!
それぞれの魚や貝などの名前をご存知ですか?

-Sample 1:
sashimi1.jpg

-Sample 2:
sashimi2.jpg

-Sample 3:
sashimi3.jpg

-Sample 4:
sashimi4.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

静岡県にはどの位良い物あるか知っていますか?